5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

簡裁代理司法書士(3)

1 :無責任な名無しさん:2006/05/09(火) 09:04:07 ID:fsBp3L+e
訴の利益140万以下の民事紛争を扱える法務大臣の認定を受けた司法書士が
誕生してもうすぐ2年になります。おおよそ7000名の司法書士が大臣認定を
受けました。弁護士以外の法律実務家の誕生はいかかでしょうか。

前スレは 【簡裁代理司法書士(2)】
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1113814082
参考になるスレ
任意整理に強い弁護士教えてください
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1051336326/


 【冷やかしは資格スレでお願いします。】



2 :無責任な名無しさん:2006/05/09(火) 14:13:30 ID:qC+yjIdN
今年はどんな問題が出るのかな?
この試験のための予備校ってあるの?

3 :無責任な名無しさん:2006/05/09(火) 18:16:37 ID:fsBp3L+e
>>2
こっちじゃないの?
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1137854450/l50
研修終わったらこっちになるのかな?
まぁいいか。
金銭消費貸借・売買、賃貸を中心に「要件事実の考え方と実務」
と「簡裁民事事件の考えと実務」「関西訴訟代理関係業務の手引き」
の3冊読んどけば、大丈夫だと思いますよ。
そろそろ、メインの問題は、過去問の組み合わせ的になってくるので、
先輩から、4回分集めるのは必須作業だね。
考査の趣旨から言って、登記関係訴訟や不法行為をいまさら意標つい
て出してこないと思いますが、責任持てませ〜ん
不法行為は、作れる問題に制限があるような気がするし。。。
本当に直前になったら、倫理、簡裁代理権範囲、訴額算定関係等々に重点
を移したほうが、効率的になるように思う。
予備校の模試もあるみたいだけど、それも、利用した人から、問題、
解説拝借するといいよ。


4 :無責任な名無しさん:2006/05/10(水) 12:06:05 ID:STcLzfAh
裁判事件って,コマゴマした提出書類が結構あって,
しかもそれぞれに実務書にも載ってないような「お作法」が
あったりするので,登記事件以上にペーパーワークだぽ

書記官の冷たい視線を浴びつつ頑張るぽ

5 :無責任な名無しさん:2006/05/11(木) 17:22:15 ID:ddsoN36W
やみ金の口座を仮差押か、警察や、銀行に凍結させたつわものカモン

6 :無責任な名無しさん:2006/05/11(木) 22:48:25 ID:LNnyLls2
こちらもどうぞ

★★★大阪司法書士青年会について★★★

http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1147295796/l50

7 :無責任な名無しさん:2006/05/11(木) 22:52:22 ID:PKyQ7jy1
【DQ9】ドラクエのパチンコに鳥山激怒。堀井と仲違いに【開発中止!?】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/uma/1145945212/

8 :無責任な名無しさん:2006/05/12(金) 10:33:31 ID:RIkR0ccg
やみ金の口座を仮差押か、警察や、銀行に凍結させたつわものカモン

9 :無責任な名無しさん:2006/05/12(金) 13:27:20 ID:RIkR0ccg
任意整理案件の債権者が1社、履歴開示無視してやがると思っていたら、
廃業してた。財務支局に確認した。
自分の地元では、債務整理やっていたら、そこそこ、お目にかかる更新7回
の老舗だった。
これからやっぱ増えるなこういう話。
で、ここで働いていた連中が、ヤミ金になりませんように・・・
みんなも、和解するときは、率にばっかりこだわらないで、そこそこ迅速な
入金も検討材料の中で比率をあげておいたほうがいいよ
とりあえず、会社の謄本とってみる。

10 :9:2006/05/12(金) 23:09:11 ID:RIkR0ccg
通常の総会による解散登記が入っていた(会社法施行前)。
破産でも、再生でも、更生法でもないから、理屈のうえではセーフだけど・・
それとも、いま一生懸命、全顧客のうちで、債務者じゃなくて、債権者になる
人特定しているのかね?だったら、速攻で、こっちに履歴送れば作業減るんだか
ら、そうじゃないわな?





11 :無責任な名無しさん:2006/05/13(土) 00:20:13 ID:1Z1JTbhd
司法ジャーナル2004年6月28日号ニュース速報 その4より【弁護士懲戒】大阪弁護士会、北尻総合法律事務所の工藤展久氏を戒告処分に●弁護士12年のキャリア
日弁連は2004年6月25日付の官報に大阪弁護士会が78年度日弁連会長を努めた弁護士会の長老、北尻得五郎氏(88)が主宰する北尻総合法律事務所の工藤展久(42)=92年登録、44期=を戒告処分にした旨を公告した。

12 :無責任な名無しさん:2006/05/13(土) 00:21:48 ID:1Z1JTbhd
公告
大阪弁護士会がなした懲戒の処分について、同会より以下のとおり通知を受けたので、懲戒処分の公告及び公表に関する規定第3条1号の規定により公告する。

1懲戒を受けた弁護士 氏名工藤展久
登録番号22505
事務所 大阪府大阪市北区西天満6-7-4
大阪弁護士ビル501
北尻総合法律事務所 住所 大阪府吹田市千里山東4-8-3-604
2懲戒の種別 戒告
3処分の理由の趣旨
被懲戒者は、A及びBからCの懲戒請求者に対する預託金返還請求訴訟の依頼を受け、Cの委任意思を直接確認しないまま、Aらの用意したCの委任状などを用いて、2001年11月13日訴訟を提起し、2002年3月29日、全面勝訴の判決を得た。
その後、Cが本件に全く関知していないことが判明し、控訴審においては、同9月4日、本件訴訟の提起及び追行が無件代理行為で不適法なものであることを理由に一審判決が取り消され、訴えを却下する旨の判決が言い渡された。

13 :無責任な名無しさん:2006/05/13(土) 00:23:02 ID:1Z1JTbhd
被懲戒者は、1998年頃からAの紹介で数件の預託金返還請求事件を処理しており、本件においては、C名義のゴルフ入会保証金預かり証書の原本を預かるなどの事情があったとしても、被懲戒者がCに対し本件訴訟提起の意思を直接確認するべきであった。
それにもかかわらず、被懲戒者がこれを怠り、本件訴訟を提起し、追行したことは、Cが懲戒を求める意思がないことなどの事情を勘案しても、裁判の公正及び適正手続の実現に努める弁護士の義務を怠り、かつ弁護士に対する社会の信用を失わせるものである。
以上の被懲戒者の行為は、弁護士法第56条第1項の品位を失うべき非行があったときに該当する。
4 処分の効力の生じた2004年5月24日
2004年8月1日 日本弁護士連合会
日本弁護士連合会発行書物「自由と正義」平成16年8月号より
別で、ある女性にストーカーをして、ネットにエロ写真を貼り、「レイプして自殺させるか殺してくださいな」とある。悪徳三流弁護士や事務所に依頼すると危険。「工藤展久」「北尻総合法律事務所」でネット検索を。

14 :無責任な名無しさん:2006/05/14(日) 08:09:45 ID:ADKh8vjv
大阪司法書士会臨時総会訴訟について
http://www.aoitakigawa.com/osakasihoushosi.html

見捨てないで(統廃合阻止キャラバンニュース)
http://www.zssk.org/archives/touhaigo/index.html

ずさんな破産申立をしている司法書士に注意
http://www.bengoshisoudan.com/column/column041104.html

ヤミ金と手を組んだ司法書士の自己破産ビジネス
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/yw/yw04042501.htm

15 :無責任な名無しさん:2006/05/14(日) 13:49:01 ID:3Xk78aQ4
解散した町金があった場合にでも
清算の範囲内で存続しているとして
謄本と残高付けて破産手続きをしても
差し支えないと考えてよいですか?

主婦で収入が0という人の場合でも、
まず業者から履歴出させて引き直して
確定させた上で、破産手続きは履践すべき
でしょうか?
債務総額が数十万になった場合、破産できるのか
心配です。

16 :無責任な名無しさん:2006/05/14(日) 18:34:52 ID:ADKh8vjv
大阪の司法書士は「行政書士に商業登記をやらすな!」と決起集会をした。

17 :無責任な名無しさん:2006/05/14(日) 19:24:46 ID:hA1PBmhM
>>15

たとえ、清算結了登記まで入っていても、それは登記が間違って
いるということになると思いますので、法律的にはなんらおかし
くないはずです。
いろいろな基本書で確認して頂いても、そう書いてあるはずです。


それはたぶん、みなし弁済が死文化した現在、裁判所のほうでも
悩んでいる問題なのではないかと思いますが、貸金業者側に履歴
開示義務が間違いなくある現状で司法書士、弁護士が、債権調査
に手抜きをすることは考えられないと思われます。
無職であれば、個人再生も、特定調停も勧められないので大丈
夫のではないでしょうか?
また、支払不能かどうかというときに、破産法的には「数十万
円を一括で返済可能か」ということになるはずです
分割で返済可能かどうかではないと思われます
各債権は期限の利益を喪失しています。
しかし、個人再生も可能な申立人に関しては、個人再生のほう
への勧告が行われることが考えられますので、それなりの事前
準備が必要です(完全に免責を受けることの必要性の上申等)。

いずれにしろ
現実には、いろいろと、不合理な展開も懸念されますが、債権
調査に関しては、客観的に行わないと仕方ないと思われます。


18 :リベートの件:2006/05/19(金) 12:51:06 ID:iZJlLXF/
最近依頼人が「グレーゾーン」って言い出したね。
いまさら、破産は増えないかもしれないけど、多重債務の相談殺到モードでしょ???

19 :無責任な名無しさん:2006/05/19(金) 20:50:32 ID:iZJlLXF/
殺到してないか?殺到してるぞ。
これからグレー廃止まで、もう、しばらく突っ走るしかないな・・・
もう、オレ、今の開口一番は「サラ金とのお付き合いは長くなるんですか?」
だもんね。。。
最初から、破産に流れると思ったら、「今、破産に関しては、これ以上
受任すると処理不能になるので、他の司法書士を紹介いたします」
って言ってる・・・うそじゃないし・・・
別においしい仕事を選んでるというわけではなくて、任意整理なら、自分
が、ばたばたすれば、それ相応に進んでいくけど、破産や再生で「地雷」の
依頼人踏むと、進めようがなくなっていくもんな・・・・・・

20 :無責任な名無しさん:2006/05/27(土) 11:44:42 ID:kNqqLS4A
個人再生で債権者一覧の各業者債権額は
クレの引き直しのやり方でいいんですか?
毎月返済日から数日遅れ分につき損害金として
きっちり計算しなきゃいけないですか?
業者履歴は損害金逐一計上してあるんですが、でも
履歴中の期限の利益喪失日は受任通知送った日
とか書いてあったりします

21 :名無し検定1級さん:2006/05/27(土) 17:09:14 ID:Brb6WrlN
考査いやだよ〜。

22 :31:2006/05/27(土) 17:39:50 ID:uGaZeTz5
考査の勉強ちゃんとやってる?
おれは今週あたりから、やっと本格始動。
本試験前の集中力が全然戻ってこない…。

23 :名無し検定1級さん:2006/05/27(土) 20:26:49 ID:Brb6WrlN
>>31
おいらも、今週から。
やっても、これでいいのか、自分が分かってるのかどうが分からん。


24 :名無し検定1級さん:2006/05/27(土) 20:31:31 ID:Brb6WrlN
それと、倫理が曲モノだな。

25 :無責任な名無しさん:2006/05/27(土) 22:28:30 ID:8qJvJIM4
司法書士の襟章の実写ありますか?

司法書士と簡裁代理人を襟章で区別するって本当ですか?

26 :無責任な名無しさん:2006/05/27(土) 23:46:38 ID:WOtG787B
>>25
>>http://img1.mixi.jp/photo/bbs_comm/66/0/52266600_73.jpg
で見れるよ。

27 :無責任な名無しさん:2006/05/27(土) 23:52:12 ID:WOtG787B
>>25
倫理プラス書士法ね。

28 :無責任な名無しさん:2006/05/28(日) 00:32:40 ID:Sm9uL1A6
>>26
ジャンプできないのですが・・スマソ(ペコリ。)もう一度キボンヌ。
>>27
やはり、そうでしたか。日司連、割ることぜずw。

29 :無責任な名無しさん:2006/05/28(日) 01:30:01 ID:Sm9uL1A6
どうなんでしょうか?
司法書士筆記・口述合格者なのですが、登録してません。

世間的には認知されていませんが、語学を生かしリーマン海事士としてやってます。
知り合いの弁護士なんかも、色々と聞いてくるし仲良くやってます。
海事士の独立開業は、依頼主が狭限され本当に難しいのですが、
簡裁代理制度から2年の現状はどうですか?

30 :無責任な名無しさん:2006/05/28(日) 10:57:44 ID:tfLbnx6o
>>28
>>http://img1.mixi.jp/photo/bbs_comm/66/0/52266600_73.jpg
ここの「司法書士調査士の本職補助者が語るぽ」スレの
レス307をあたってみて。

31 :30:2006/05/28(日) 10:59:50 ID:tfLbnx6o
↑ごめん、ちゃんと飛べてるね。レス307は当たらなくてもいいよ。

32 :無責任な名無しさん:2006/05/28(日) 20:00:13 ID:Sm9uL1A6
>>30-31
どうも、ありがとうです(ペコリ)。
今後も、カンガッテ下さい。

33 :無責任な名無しさん:2006/05/29(月) 01:11:31 ID:NJbjWjsl
考査はね。もうこの辺になったら、倫理や、簡裁代理権の範囲の問題や民訴の
移送だとか、弁論主義だとか、管轄だとか、書証の認否云々とか、ちまちま
したところスポットでやっといたほうがいいよ
いまさら、メインの問題の勉強やらないといけない人は、もともと、受からな
い人だから

34 :無責任な名無しさん:2006/05/29(月) 11:26:38 ID:r+sNUSbO
今年は金消あたりが出題されるのかな?
それとも明渡?
予備校とかで模試受けた人いないのかな

35 :無責任な名無しさん:2006/05/29(月) 12:17:41 ID:LglH55k9
売・消・賃・売の順できてるから、
順番的には金消かな?
フェイントかけて明渡かもしれないけど。

36 :無責任な名無しさん:2006/05/29(月) 13:45:06 ID:NJbjWjsl
ばいちんしょうでぐるぐる廻っていくんじゃないの?
それ以外は・・・
明け渡しは、実務では、クレサラ専門の会員よりも、むしろ、登記中心の会員
が、不動産屋から頼まれて結構やっている感じだね。


37 :無責任な名無しさん:2006/05/29(月) 13:51:25 ID:ZYkS7Vs8
土地賃貸借で建物を借人が建てて、という場合、
建物収去土地明渡しの実務ってどうなん?
前、申立てたときはボロ屋被告から贈与受けるという形で
期日内和解しかでけんかった。。且つ延滞賃料は分割。
後の更地にするボロ屋取壊し費用結構かかったと言われて。。
よかったのか、悪かったのか。。

38 :無責任な名無しさん:2006/05/29(月) 14:37:23 ID:LglH55k9
土地賃貸借で賃借人が建物を所有してるんだけど、
今は賃借人が年食ったもんで、娘に引き取られて
その建物には誰も住んでいません。
それで、その娘が賃貸人に対して契約を解除するから
建物の買取と、賃借権を買い取れって要求してきてるんだけど、
賃貸人はそんな金は無いので応じられないといってます。
こんな場合はどのような対応を賃貸人サイドは取ればよいのでしょう?
ちなみにその土地は借地法適用の賃貸借で、
一回黙示の更新がされていて、現在まだ期間が残っています。
賃貸人は金払うくらいなら、そんな土地はいらないと言ってるんですが、
どんな解決方法が考えられますか?
 
長文スマソ。

39 :無責任な名無しさん:2006/05/29(月) 16:57:40 ID:EJInln1u
その建物に価値があるのですか。
古い建物ならほとんど価値はないと思われ。

40 :無責任な名無しさん:2006/05/29(月) 17:28:17 ID:LglH55k9
建物はボロ家ですからどうでもいいんですけど、
自分から契約解除を言い出して、その上、
賃借権を買い取れと言って来てるので困ってるのです。
相手から解除を申し入れてきてるのに、賃借権を
賃貸人が買い取らなければいけないものなんでしょうか?

41 :名無し検定1級さん:2006/05/29(月) 23:33:51 ID:o+mJJawR
おれも、仕事で疲れて寝たい。
だが、みんなもやっていると思えば頑張れる。
だから、みんな踏ん張ろうぜ。
この考査は、全員合格できるんだ。
おれは、いい仲間に巡りあえた。
ありがとよ。

42 :無責任な名無しさん:2006/05/30(火) 00:03:49 ID:XbxiI9Xp
http://blog.livedoor.jp/platinumlosey/?blog_id=1483356

43 :無責任な名無しさん:2006/05/30(火) 18:49:16 ID:thmConci
>>40
クレサラばかりやっていると、賃貸借契約のこととか忘れてしまう・・・
以下の書き込みは、間違っていると思う人がいたら、いくらでも指摘してくだ
さい。書き捨てです。

*借地法等に書いてあるのは、「存続期間満了後、更新しない時は、借地
人に建物買取請求権がある」
*事例は、借地人が、「合意解除の申し入れと建物買取請求」をしていると
いうもの
*判例に、「債務不履行で解除の際に、借地人には、建物買取請求権はない」
と言うのが有るが、「合意解除の際に借地人に建物買取請求権があるか」という
判例はない→裁判してみないと分からない。

建物買取請求権があるとしたら、借地人には、支払いを受けるまで留置権があ
るが、解除後明け渡すまでは、地代相当金の支払いはしないといけない。
→合意解除には応じたうえで、明け渡しは済ませてもらう。明け渡さなければ、
地代は請求する。→→旧借地人と地主の間では、買い取るか否か、買い取らな
いといけないとしたら、適当額はいくらかと言う問題のみ残す(そうしないと
お互いの不利益である)。



44 :無責任な名無しさん:2006/05/30(火) 18:49:49 ID:thmConci
>>43 続き
買取請求額は、建物+借地権の価格ではないので、相当安いはず、税理士に算
定してもらう(不動産屋は建物+借地権の価格しか査定しようがないと言うの
ではないだろうか。あるいは、不動産屋にそれで査定してもらったうえで、
税理士に建物のみの価格と言うことであれば、どう算定すべきか確認することに
なるだろうか?)

めちゃくちゃ安くて、地主がこれくらいなら払ってもいいやと言い、借地人も
納得すれば、一件落着。
地主が払いたくない金額か、借地人のほうが「安すぎる」といえば、
地主から借地人に「裁判してください。自分は買い取る理由はないと思います。
むしろ、そちらの費用で取り壊す義務があるはずです」と言って、訴状が来るの
を待つ。


45 :無責任な名無しさん:2006/05/30(火) 19:02:11 ID:BarQoKLP
最高裁1954.6/11日

合意解除でも買い取り請求はできないようだ
まあ、一般化はできないが


46 :無責任な名無しさん:2006/05/30(火) 19:27:27 ID:thmConci
>>45
と言うことは、民法の原則どおり、借地人のほうに収去義務があるんだけど、
「そうですね」とは借地人いわないだろうから、地主は、合意解除自体には
応じることにして、いちおう、そっち(借地人)の費用で取り壊してもらう
必要があると思うんだけど、そこは見解が一致しないからしょうがないけど、
とりあえず、こっちの費用で取り壊すことには異論がないよね、と確認のうえ
で、更地にして売っちゃって・・・
あとは、旧借地人と地主の間で、地主が借地人に建物代を支払わないといけな
いのか、借地人が、収去義務に基づいて地主が立て替えた取り壊し費用を支払
う義務があるのかを、裁判ではっきりさせるしかない。
・・・・・ですか?




47 :無責任な名無しさん:2006/05/30(火) 21:31:26 ID:iURmrEfd
>>43-46
お答え有難うございます。
実は、私も司法書士合格者で開業はしていないのですが、
知り合いから本件の相談を受けて、色々調べてみたのですが
条文上からも一体どう対応すれば良いのか分からず
困っていたのです。
問題は賃借権を賃貸人が買い取らなければいけない義務があるか
に尽きるのですが、条文上は何も書いて無いですよね?
財産権だと考えれば義務があるようにも思いますし、
あくまで契約であり、相手方が解除を要求してるのだから
義務は無いのではとも思ってしまいます。
そこら辺のところはどう考えられますか?

48 :名無し検定1級さん:2006/06/01(木) 15:20:52 ID:mNQSWQT+
勉強しとるか?

49 :無責任な名無しさん:2006/06/01(木) 15:46:35 ID:QBBZFCZC
おまいがなw

50 :名無し検定1級さん:2006/06/01(木) 16:09:32 ID:mNQSWQT+
>>49
おまいもじゃ。
落ちたら、みっともないじょwww

51 :名無し検定1級さん:2006/06/01(木) 16:52:51 ID:mNQSWQT+
「4回分の考査過去問」
「要件事実の考え方と実務」
「簡裁訴訟代理等関係業務の手引」
「レックと法学館の予想問題」
で、大丈夫でつか?

52 :無責任な名無しさん:2006/06/01(木) 17:02:26 ID:QBBZFCZC
試しに落ちたろかw

書士法とレンレ、も必要じゃね?
書士法と倫理で各小門でんだべ?

53 :名無し検定1級さん:2006/06/01(木) 17:18:52 ID:mNQSWQT+
でるべ。
おまい、ほんとに落ちるぜ。
書士法と倫理で満点(20点)とれ。
メインが半分(20点)できるように汁。
メインのうち、訴訟物だけで10点あるから、確実にとれ。
漏れも、ヤバいけどな。

54 :無責任な名無しさん:2006/06/01(木) 17:33:04 ID:XeA4ruX6
LECと法学館の予想ではどの辺りがでるってことだった?
去年は的中してたんじゃなかったっけ?

55 :名無し検定1級さん:2006/06/01(木) 17:35:39 ID:mNQSWQT+
両者とも、貸金だよん。
そう、去年的中だよん。

56 :無責任な名無しさん:2006/06/01(木) 18:38:00 ID:XeA4ruX6
貸金でどんな問題?今年は相続を絡めて出題するような気がしてるんだけど。
緑の本にコラムとして載ってるし。。。

57 :無責任な名無しさん:2006/06/01(木) 20:58:18 ID:QBBZFCZC
学んで欲しいのは相続ではなかろうモン
去年は売買に代理・表見からませた
今年は貸金になにからませるか?

58 :名無し検定1級さん:2006/06/01(木) 21:40:00 ID:mNQSWQT+
LECは、貸金+相続予想だよん。

59 :無責任な名無しさん:2006/06/01(木) 21:47:18 ID:QBBZFCZC
マジすか
やべ、見とくわ
貸金債務の相続かえ?

60 :名無し検定1級さん:2006/06/01(木) 21:52:21 ID:mNQSWQT+
>>59
そうだよん。
父ちゃんの貸して、息子1人が相続人だよん。

1.年月日XはAに対して100万円を弁済期を定めずに貸渡した。
2.年月日Aは死亡した。
3.YはAの子である。

でいいんジャマイカ。


61 :無責任な名無しさん:2006/06/01(木) 21:54:48 ID:QBBZFCZC
Yの抗弁事実を問われるおかん

62 :名無し検定1級さん:2006/06/01(木) 21:57:44 ID:mNQSWQT+
総裁か大物便災じゃまいか。


63 :無責任な名無しさん:2006/06/01(木) 23:06:16 ID:ZSuVcNUn
でも再抗弁が思いつかないんだけど、相殺と代物弁済じゃ、、、

64 :名無し検定1級さん:2006/06/01(木) 23:21:31 ID:mNQSWQT+
総裁なら自働債権成立の瑕疵(錯誤とか)主張、
大物便災なら大便契約を原告の無権代理人がしてることについて、被告が悪意だとかあるんじゃまいか?

65 :無責任な名無しさん:2006/06/02(金) 02:35:42 ID:gDsk5cOZ
この週末なんでしょ?
残りの時間は倫理と簡裁代理権範囲だけやっとけ
メインはいまさらやっても非効率だべ

66 :無責任な名無しさん:2006/06/02(金) 08:32:47 ID:pHn3BhvX
金消の典型抗弁アンドゥ
相続で債務小計したことへの抗弁
問いチュウにそうした前提事実
が書いてないのに葬祭だ大便だは
無理でまいか?

67 :無責任な名無しさん:2006/06/02(金) 08:33:44 ID:pHn3BhvX
問いの拡大解釈・捜索は御法度

68 :名無し検定1級さん:2006/06/02(金) 09:25:28 ID:lJtd8v6v
抗弁・再抗弁を言い分の中から、抽出させる場合と
思いつく抗弁・再抗弁を指摘してさせる場合があるのじゃよ。
後者の場合なら、正解は1つとは限らん。

69 :無責任な名無しさん:2006/06/02(金) 10:06:08 ID:TIhTO/UG
じゃあLECと法学館の抗弁、再抗弁はどんなんだったのよ!?
倫理も相続絡みで出題されると可能性があるのかな

70 :名無し検定1級さん:2006/06/02(金) 10:19:00 ID:lJtd8v6v
LECは、贈与主張の積極否認で予備的相殺抗弁(再抗弁はなし)。
法学館は、弁済の抗弁で予備的相殺抗弁←自働債権瑕疵担保解除で消滅再抗弁。

おまい、これで的中したら、漏れに感謝してフーゾクおごれよ! 

71 :無責任な名無しさん:2006/06/02(金) 10:22:16 ID:pHn3BhvX
トンクス
神が御降臨なされました

72 :無責任な名無しさん:2006/06/02(金) 10:56:28 ID:2a3bbgXG
つーか、おまいら法律相談板で考査対策なんかすんなよ。
そんな必死にならんと考査に通らん奴が簡裁代理権を持つのは逆にこわいぞ。

73 :無責任な名無しさん:2006/06/02(金) 10:57:45 ID:TIhTO/UG
>70
サンクス!
みんなでサッサとパスしちゃいたいね。
去年の小額訴訟からの出題ってあるのかな、、、
まあそこは落としてもOKってとこかな

74 :名無し検定1級さん:2006/06/02(金) 11:00:40 ID:lJtd8v6v
ごめんぽ。
漏れも、ヤツも、ナマケモノのアンポンタンだから仕方ないぽ。



75 :無責任な名無しさん:2006/06/02(金) 15:06:19 ID:TIhTO/UG
実務になったら専門書で必ず確認したりするわけで、
細かいとこまで覚えてなくてもいいわけだし、試験とは違うよ。
だから試験に必死になっても問題ないっしょ。。。

76 :名無し検定1級さん:2006/06/02(金) 15:37:08 ID:lJtd8v6v
メインが飽きたら倫理系。
倫理系が飽きたらメイン。
みんな、がんがれよ。

77 :無責任な名無しさん:2006/06/02(金) 20:10:50 ID:2a3bbgXG
>>75
たとえ必死になるとしてもこの板でやるのは恥ずかしいぞ。
考査の問題って、登記で言えば抵当権設定ぐらい基本的なモノだ。


78 :名無し検定1級さん:2006/06/02(金) 21:39:59 ID:lJtd8v6v
>>77
じゃかあしいんじゃ。
気に入らんかったら、来んな。
がちゃがちゃ、ヌカすな、ID:2a3bbgXG



79 :無責任な名無しさん:2006/06/02(金) 22:40:21 ID:2a3bbgXG
>>78
逆ギレすんなよ。そもそも板違いのルール違反だろ。
もう一度言うが、考査の問題は代理権を持つなら当然答えられなきゃならんレベル。
司法書士がみんなその程度だと思われると、とても恥ずかしいぞ。
試験対策するなら隠れてやれ。

80 :名無し検定1級さん:2006/06/03(土) 01:14:07 ID:UFCUl/WY
>>78
じゃかあしい,言うとんじゃ、ボケかす
おまえ、なんぼのもんじゃい
ナニサマじゃ、われ
しょーもないこと ほざくな 
おまえの ねごと 聞いてられるか ID:2a3bbgXG

81 :無責任な名無しさん:2006/06/03(土) 07:28:34 ID:x9yfkTnV
みんな予想問題を一題ずつカキコしてみ
予想問題1

X Y対立 甲認定司法書士  第三者W

X(甲が裁判書類作成)とY間訴訟 

            YとW間のYからの訴訟代理依頼は受任可能か?

答え 法律上はよい 倫理上はダメ

まちがってたら指摘してね

82 :名無し検定1級さん:2006/06/03(土) 08:55:32 ID:UFCUl/WY
倫理上は、Yの同意があれば、いいんじゃまいか?

83 :名無し検定1級さん:2006/06/03(土) 08:56:21 ID:UFCUl/WY
ごめん、Xの同意だ。

84 :無責任な名無しさん:2006/06/03(土) 09:30:10 ID:x9yfkTnV
同意があればイイかな

回答とすれば「Xの同意が無ければ倫理上もダメ」かな

85 :名無し検定1級さん:2006/06/03(土) 09:36:14 ID:UFCUl/WY
消極的表現の方が、いいんじゃまいか?

86 :無責任な名無しさん:2006/06/03(土) 10:25:27 ID:x9yfkTnV
模範解答を求む

87 :無責任な名無しさん:2006/06/03(土) 10:43:54 ID:7BVDdIsm
法律上は同意があれば良いが、
依頼者に不安を与えることがあるため、
倫理上では受任しないほうが良いと思われ。

88 :無責任な名無しさん:2006/06/03(土) 12:58:25 ID:bPwxj+Z7
87さんが正解。

89 :無責任な名無しさん:2006/06/03(土) 18:05:40 ID:x9yfkTnV
みんなお勉強進んでるう?



90 :無責任な名無しさん:2006/06/03(土) 19:47:11 ID:kRU1gfZo
ここまで直前になったら、倫理と代理権範囲内外問題だけやるしかないだろ

91 :無責任な名無しさん:2006/06/03(土) 20:26:08 ID:UuTvcU8f
自分の予想
要件事実の問題

貸金に相続をからめる。(56と同じ。レックはそれで今年の予想問題は出したのか?)

2問、3問は同時履行の抗弁、相殺の抗弁で140万円を超える額の債権が
出せるか・・・ってのが面白い論点だと思ったが。
法学館の予想問題ではそれを出してたな。(法学館の問題は通信で買った。)

どんなのが出るかねえ・・。



92 :無責任な名無しさん:2006/06/03(土) 21:10:07 ID:7BVDdIsm
相殺の抗弁で140万超は当たり前に出来るのは分かるが、
同時履行の抗弁で140万超ってどおいう場合があるの?
俺、馬鹿だからよく分かんないよ〜。
まじで教えて〜。

93 :無責任な名無しさん:2006/06/03(土) 21:13:54 ID:kRU1gfZo
 去年は、本当の直前の直前カトシンを開いたら、コラム「代理の要件事実」
だったのさ
コラムは要注意だべ
「推定」「主要事実と間接事実」「経験則」「釈明」「相続の要件事実」
 いっけん、試験に絡め安いのは、「相続・・・」なので、「相続・・・」
を予想する人が多いのは、これに起因するのかな?
 しかし・・・
 不法行為は大問でだしずらいので、「主要事実と間接事実」のところの
[規範的要件と主要事実・間接事実]を小問で出してみたくなるとか、「経
験則」には問題のねたになる部分に乏しい様な気がするが、「釈明」は要
注意な気がする。
 研修では、そんなのノータッチだったように思う人もいるかもしれない。
でもそれ言ったら、去年の研修で少額債権執行なんて触れられなかったの
だよ。
 あと、文書の成立の真否絡みは、しつこく出題が繰り返しそうな気が・・・

94 :無責任な名無しさん:2006/06/03(土) 21:16:44 ID:kRU1gfZo
>>92
「2問、3問は同時履行の抗弁とか、あるいは、相殺の抗弁で140万円を
超える額の債権がだせるか」って言う意味では?素直に読んだら。


95 :無責任な名無しさん:2006/06/03(土) 21:21:29 ID:kRU1gfZo
>>92
ああ、オレも勘違いしてた、例えば「所有権移転登記訴訟(訴額
140万円)において、
被告の訴訟代理人司法書士が、売買代金180万円の存在を主張して
同時履行の抗弁を提出することは出来るか」
とかのことだ。

96 :無責任な名無しさん:2006/06/03(土) 21:42:25 ID:7BVDdIsm
>>94-95
ああ、そ〜言う意味か。
分かった、素直に考えるよ。
さんくす。

97 :無責任な名無しさん:2006/06/03(土) 21:51:41 ID:+GKDxOze
考査って私服で受けて良いんだよね?みんなスーツでいくんかな?

98 :無責任な名無しさん:2006/06/03(土) 21:53:37 ID:7BVDdIsm
俺はだらだらの服で行くよ。

99 :無責任な名無しさん:2006/06/03(土) 22:12:42 ID:kRU1gfZo
>>92>>94>>95>>96
ちなみに、このての問題の正解は、「許される。しかし司法書士法違反の可
能性」と日司連の「手引き」にあるが、地裁事件の書類作成、それに関する
相談業務があるのに、そういう簡裁事件は受任すべきではない、という趣旨
であれば、それは自分にはとんちんかんな発言になる。
ただしくは「そういう争点のある事件については、代理人として受任する場
合でも、依頼人にも必ず在廷してもらうこと」とするべきではないだろうか?
(考査の受験生は、手引きのとおり書いてね)

100 :無責任な名無しさん:2006/06/03(土) 22:20:33 ID:UuTvcU8f
あと、1,2回で出てた二段の推定も要注意かな?

>>94-95
そういう意味です。わかりにくくてスマソ。

101 :無責任な名無しさん:2006/06/03(土) 22:25:03 ID:kRU1gfZo
>>100
それはほんとしつこく出すような気がしますな

102 :無責任な名無しさん:2006/06/03(土) 22:30:45 ID:7BVDdIsm
俺も保証人を絡めてきたら二段の推定が
出そうな気がする悪寒。

103 :無責任な名無しさん:2006/06/04(日) 08:46:48 ID:xppsX2XC
直前だが、今年変わった、自分が訴訟代理人として受任した事件に関しては
上訴の提起が認められるようになった事に関してはでるかな?
提起だけで、訴訟できないってのは中途半端な気がするが。

それでは皆さん頑張りましょう。

104 :無責任な名無しさん:2006/06/04(日) 13:00:31 ID:sGerETc7
司法書士の試験では六法全書貸与されるのですか?

保存登記が74条1項1号とか、登録税がいくらとかは全部覚えておかないといけないのか、資料が配布されるのかどうなんでしょうか?

105 :無責任な名無しさん:2006/06/04(日) 14:55:36 ID:lywqV3a9
>>103
実際はあってもなくても、よくもなければ悪くもない。
別に、書類作成者として控訴もできるし、控訴されたら、控訴の最初の期日
で、地裁がその時点での地裁としての判断を示して和解勧告が出るから、それ
に乗って和解するだけ。
 それじゃまずい案件なら、司法書士の仕事じゃないと言うだけのこと。

106 :無責任な名無しさん:2006/06/04(日) 16:38:07 ID:Vv0ezCVQ
某信販から引き直しされた履歴がきましたが
こっちで計算すると業者の引き直し残高より
多くなります
計算が間違ってるんでしょうか?

107 :無責任な名無しさん:2006/06/04(日) 16:50:47 ID:lywqV3a9
>>106
ごく少額の際であれば、
*利息計算において、初日の参入の有無
*うるう年に関して「借入した年がうるう年だったら366で計算する」
方法と「借入した日から1年以内に来る2月末日が29日の場合366で計算する」
どっちを選択してるか
の選択の違いだと思われます。
あまり神経質にならなくていいと思います。

108 :無責任な名無しさん:2006/06/04(日) 18:48:40 ID:jb7LhJQI
>>103


>>104
貸与されない。それくらいは全部覚えます。意識してれば自然に覚えるから大丈夫。
資料は配布されません。

109 :無責任な名無しさん:2006/06/04(日) 19:23:40 ID:lywqV3a9
>>106
取引中途で、数日遅れた際にいちいち遅延損害金で計算している場合も
有るが、こっち的にはそんな計算は認められない。

110 :無責任な名無しさん:2006/06/04(日) 21:40:23 ID:g6hYcNqN
今日の考査の正解を貼ってくれる神はまだですか?

111 :無責任な名無しさん:2006/06/04(日) 23:31:29 ID:xppsX2XC
>>108

>>103で家出る前に書き込んだんですが当たったですね(^^)


112 :無責任な名無しさん:2006/06/05(月) 02:42:14 ID:mq3azcTB
難しかった。
とてもうかっているとは思えん。

113 :無責任な名無しさん:2006/06/05(月) 02:59:33 ID:RgnogQcU
抗弁 再抗弁 具体的に書くとどうやねん?

114 :無責任な名無しさん:2006/06/05(月) 08:24:39 ID:cZez4Urd
107.109
サンクスです

1社履歴10年前のものはない、の一点張りなんですが
貸し借り想定して訴えを申立てた後の進め方はどうすべきでしょうか?
依頼者には引き落とし口座の出入金の記録を遡れるだけとってくれるよう
言ってはあるのですが10年以上前の口座記録は金融機関でも残してない
ですかね?

115 :無責任な名無しさん:2006/06/05(月) 10:24:36 ID:me92wvZy
>>114
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/
ここで、「推定計算」「残高ゼロ」で検索するぽ

116 :名無し検定1級さん:2006/06/07(水) 00:33:56 ID:4k03tJjx
あげ

117 :無責任な名無しさん:2006/06/07(水) 20:46:05 ID:4k03tJjx
あげとく

118 :無責任な名無しさん:2006/06/07(水) 22:20:45 ID:SUPS1yOz
じゃ、新人の人も考査も終わったんで、これからは実務を意識した勉強
にモードを変える必要があるわけで、認定後はどんな勉強をしてるかみ
んな書き込むべ?

要件事実の本は、考査まではカトシン以外読むのは余計だったから、カ
トシンだけ読んでたけど、実務を考えたら、市販されている要件事実の
本って片っ端から揃えちゃうよね。
でも、実際は、サラ金や、信販会社や加盟店が相手の裁判だから、カ
トシンも含めて、意外と、ほんとに俺たちが手がける裁判の類型って、
そういう本からはぬけてるのな。
例えば、「支払い停止の抗弁」なんて、カトシンにも記述があるようだが、
あくまで、売買代金請求事件等の被告の抗弁として説明されているだけで、
実戦では、悪質商法の被害者から相談を受けて、こちらが原告になって起訴
する場合があるわけです。
あるいは過払訴訟なんかでも、カトシンだけみてやれるわけでもなく、推定
計算や残高無視の場合どういう書き方するのかとか、慰謝料も請求したい時
の書き方にしても、カトシンじゃ、不法行為に基づく損害賠償債権の請求と
言っても、交通事故の場合しか具体的には記述されていない・・・・
そういう場合は、ぱくれる裁判の判決を手に入れて、参考にしないとしょう
がない
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/とか最高裁ホームページのの下級審判
例の検索ページとかは、絶対みてPDFファイルはプリントアウトしまくら
ないと実際は裁判とかまともに出来ない。
ほとんど、特別研修でそういう作業を教えないのは弁護士側の陰謀かと思う
くらいですわ。

119 :無責任な名無しさん:2006/06/13(火) 14:20:53 ID:W/2Gyagw
保守あげ

120 :無責任な名無しさん:2006/06/15(木) 11:33:13 ID:8V+wBdg4
最新の登記研究(699号)77Pからの
弁護士さんの書いた記事って,
どれくらい信憑性のある話なんですかね?

121 :無責任な名無しさん:2006/06/15(木) 12:15:09 ID:wR9mNVd8
考査、多分受かったぽ。
でも、過払い以外やらないぽ。
まともな裁判は儲からないぽ。
手間ばっか、かかるぽ
だから、やらないぽ。


122 :無責任な名無しさん:2006/06/15(木) 17:37:29 ID:Z54VXq0y
>>121
それでいいんじゃない?
だいたい簡裁事件なんて、片方が、サラ金か信販会社の事件がほとんどなん
だから、必然的にそうなるよね。
あとはせいぜい、信販会社や、その加盟店相手の事件くらいだよね
いわゆる市民間紛争(敷金だの、欠陥商品がらみの代金返還請求だの、焦付き
債権の事件だの)なんて、「意地」だけでやる覚悟あるかどうかさんざん意思
確認してからじゃなけりゃ受任できないよ

逆に言えば、勝って当たり前の過払訴訟なんて地裁事件になっても臆せずやりゃ
いいんであって、おいしい裁判事件に限定して言えば、やらない司法書士がけち
つけるほど、弁護士に対してハンディ負っているわけじゃない。。。

123 :無責任な名無しさん:2006/06/15(木) 23:37:51 ID:Z54VXq0y
>>120
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%A6%E9%87%8E%E9%9B%84%E5%B9%B8
弁護士さんと言っても浦野さんといえば、こういう経歴の人。ちょっと
司法書士びいきな所はあっても当然なので割り引いて読んだほうが・・・
>>訴訟以外の一般的法律相談は、司法書士のほうがはるかに知識経験が広い
登記研究699号94頁

ぅゎゎわぁあ〜「広く浅い」っていう意味かな???


124 :無責任な名無しさん:2006/06/15(木) 23:42:16 ID:Z54VXq0y
>>123
ごめん。
http://ja.wikipedia.org/wiki/
これで「浦野雄幸」って検索して

125 :無責任な名無しさん:2006/06/16(金) 14:56:05 ID:ynhGwXys
>>120
私も読んで非常に驚いた。司法書士法の改正によって職域拡大を目指すのは、
司法書士が簡裁代理といういわばミニ弁護士として位置づけられた以上、近
未来においては無理であるとしたうえで、法テラスの活動においては、司法
書士を「司法支援法務士」として弁護士と共同して事物管轄の範囲を超えて
全ての民事事件に対応できるようにすべきであるといった趣旨と理解した。
登記研究という媒体に元民事局参事官が執筆したということになれば、単な
る私見とはいえないのではないか。これを是とすれば、司法書士が法テラス
に完全に取り込まれる危険性もある。(多くの弁護士は法テラスに懐疑的)
近いうちに簡裁代理以上の大激震があるかもしれない。-


126 :無責任な名無しさん:2006/06/16(金) 16:23:14 ID:Rl4b8PK5

>司法書士が簡裁代理といういわばミニ弁護士として位置づけられた

簡裁民事140万まで、刑事不可で、それはないでしょう。
簡裁民事140万までの業務って、弁護士独占業務のうちのどれくらいの割合?
ミクロ・ppmの世界だわ。
クレサラ訴訟で、弁護士が債務者の代理人にならないから、
仕方なく、認定書士に代理権付与したんだよ。
いちいち、許可代理するのが面倒だから。
それをもって、ミニ弁護士だぁ?笑わせんなよ。


127 :無責任な名無しさん:2006/06/16(金) 19:37:08 ID:AGUvRB/c
すいません、質問です。
過払い訴訟ですが3件で訴額計160万ですが費用はいくらかかりますか?
それと報酬金は後払いなのでしょうか?さきばらいなのでしょうか?
宜しくお願いします。

128 :無責任な名無しさん:2006/06/16(金) 22:11:43 ID:+ti2PaC1
120ですが,内容挙げると荒れるので,
あえて書かなかったんですがね。


129 :無責任な名無しさん:2006/06/16(金) 23:06:55 ID:g/v8AfgM
>>128
だったら何を議論したかったの。
126みたいな揚げ足取りはどこにもいるから、気にしないで真っ向から議論すれ
ば良いんじゃないだろうか。


130 :無責任な名無しさん:2006/06/16(金) 23:12:14 ID:H+hYdHIn
>>126>>120>>129
「ミニ」を「ミクロ」に勝手に書き換えて、自分のほうが正しいんだってさw

131 :無責任な名無しさん:2006/06/16(金) 23:59:53 ID:TjrS0rPx
単純に知識で言えば、弁護士と司法書士でそう差が有るわけじゃないと思う。
ただ法律を使いこなす能力(いわゆるリーガルマインド)には超えられない壁がある。
いまの簡裁代理の認定も甘すぎるよ。



132 :無責任な名無しさん:2006/06/17(土) 09:19:06 ID:a9JYhGAH
地頭のレベルの差は分かっているんだから、特別研修は、もっと実務べったり
な部分もないと苦しいな。
尋問ごっこも、まがりなりにも代理権やるのなら必要だろうけど、もうちょっ
と、実際の相手がサラ金と信販会社が大半というのを意識した内容に変えない
と。
それに、裁判例の検索・調査、みたいなものに一切触れないのはなぜだ?
自分のゼミの講師弁護士は「要件事実は、条文に書いてあります」って言ったが、
司法書士一般に、六法と基本書読んで、要件事実的確に抽出する地頭ないのです。

「特殊な事件なら、やっぱ、弁護士さんに任せないと不安だけど、定型的な、
消費者事件・簡裁事件なら、司法書士一般のほうが、手際よく処理してくれる
し、実情も良く分かっているよ」みたいに市民が言うようにならないと、ただ
の安物になってしまう。

133 :無責任な名無しさん:2006/06/19(月) 00:41:46 ID:KR5xIhh3
>>129
私個人としては,弁護士会が長年保険会社やサービサーに
合法的な名義貸しを許してきたことも考え合わせると,
法テラスの名のもとに限定なく法律事務を行う「司法支援法務士」の
制度は,結構現実的だと思います。

問題は,個々の司法支援法務士にどの程度独立性があるのか,
法テラスの普及のために,司法書士がニンジンをぶら下げられて
体よく使われるのではないか,ということです。

これが認められれば,今まで築き挙げてきた,
成年後見センターLSや簡裁代理認定制度も求心力を失うでしょう。

この論文の意図はどこにあるのでしょうか。

134 :無責任な名無しさん:2006/06/19(月) 11:45:43 ID:ngV+FP+G
>>133
今年10月から稼動する法テラス。スタッフ弁護士の確保も遅々として進まず
法テラスについては、様子見あるいは他人事の弁護士が大半で、当面民事部門
では司法書士に頼らざるをえないという現状分析があるのだろう。それを活路
として積極的に対応するのか。(多分現状の司法書士会はそうするだろう)さ
らに法テラスという活動領域においては簡裁事物管轄の制限がなくなるとなれ
ば、事実上あらたな法律実務家の誕生といわざるをえない。そのようにして司
法書士制度は消滅、崩壊していくのだろうか。

135 :無責任な名無しさん:2006/06/20(火) 09:19:22 ID:pXDD3lKf
能力と意欲のある若手にとっては、登記分野の権限が変わらず、裁判分野の限定が外れるなら、反対する理由はないでしょ。
弁護士みたく国選弁護や犯罪被害者支援を担当させられることもないわけだし。
正直、加入団体が日司連だろうが法テラスだろうがどっちでもいい。

反対するのは認定試験にすら受からないジジイたちでは?



136 :無責任な名無しさん:2006/06/20(火) 15:23:03 ID:+CsokDR1
>>135
司法書士を統括するのが日司連でも法テラスでもどちらでもいいというのは、
やはり反対といわざるをえない。なぜなら少なくとも今の日司連は不完全な
がら自治権をもって当面の課題に対応している。仮に法テラスの監督指導下
に入るとすれば弁護士との共同代理という枠を含めてかなり窮屈なものにな
るだろうし、何より司法書士が専門職として自らを創造していくことは不可
能になる。そんなことよりも、司法書士が完全に法テラスに取り込まれたと
すれば弁護士が増員した暁には、誰に遠慮することなく用済みとして店晒し
になる可能性が大だ。


137 :無責任な名無しさん:2006/06/21(水) 13:17:20 ID:6sjCjNlO
これから刑務所に行くのですが、でてきてから司法書士になることはできますか?

138 :無責任な名無しさん:2006/06/21(水) 13:35:56 ID:LixOv1xe
今年の認定試験問題なにでした?おしえて。

139 :無責任な名無しさん:2006/06/21(水) 13:37:58 ID:eSbREbmW
>>138
ttp://okaguchi.at.infoseek.co.jp/kousa5.htm

140 :無責任な名無しさん:2006/06/22(木) 08:21:19 ID:pEMmRiZG
>>139
解答はどこかで見れないですか?

141 :無責任な名無しさん:2006/06/22(木) 10:19:11 ID:60WQvEGy
>>140
私も色々と探しましたが、見あたりませんでした。
岡口判事の下記のコメントがあるだけです。

今年は,無断転貸,賃料不払を理由とする賃借物の明渡請求の訴訟物,請求原因,抗弁についての要件事実の問題でしたね。
 ◆今回の問題の論点については,要件事実マニュアル下52頁(無断転貸),46頁(賃料不払),上356頁(弁済の提供)に解説があります。

142 :無責任な名無しさん:2006/06/22(木) 11:14:35 ID:MB46zQhK
今年の考査の問題では、「賃料不払を理由とする賃借物の明渡請求」は訴訟物にならないように考えたのですがねぇ。
転貸のみを主張したのですが、マズいですかな?

143 :無責任な名無しさん:2006/06/22(木) 12:05:08 ID:60WQvEGy
>>142
私も、そうしました。賃料不払いは、賃貸人が解除の意思表示してから、賃貸人の意思で家賃を受領していないと
言っていたので、請求原因にはしませんでした。

144 :142:2006/06/22(木) 13:13:13 ID:MB46zQhK
>>143
ですよねぇ。
原告の言い分に、「賃料不払いだ〜」というのは出てこないもんね。
安心した。

145 :無責任な名無しさん:2006/06/22(木) 15:30:11 ID:UhlV6IAM
>>136
現行の強制入会制度が維持されている限り,
単位会や連合会の地位は変わらないのでは。
弁護士の積極的な協力が得られていない現状では,むしろ
法テラスの方が,司法書士を必要としてるように見受けられます。

「共同して」の意味についても,個々の事件を弁護士と
共同受任しなければならないということではないでしょう。

「取り込まれる」とは,どんな事態を想定してらっしゃるのでしょうか。


146 :無責任な名無しさん:2006/06/22(木) 22:28:22 ID:NbT9KpP6
>>145
「取り込まれる」と表現したのは、まさに司法書士を監督指導(懲戒権限が法務局
長にあることは置いて)する主体が司法書士会から法テラス(直裁に法務省)に移
るということです。
論文で提起されているような「司法支援法務士」が司法書士会の監督指導を受ける
とは到底思えません。(本当に司法支援法務士というような「資格」が法テラスの
所掌事務に限定して出現するとすれば、司法支援法務士に対して司法書士会なぞノ
ータッチとなるのは自明です。)
懸念するのはそこにあるのです。司法書士が進むべき方向は法務省の意向でどうに
でもなり、弁護士増員後の処遇は目に見えているといえませんか。
それと、「共同して」の意味はまさに共同受任だと思います。法テラスの領域では
共同受任そのものはそれほど困難なことではないでしょう。スタッフ弁護士と共同
させればいいだけのことです。(司法書士は事実上使い走りにならざるを得ないの
ではないでしょうか)心底よりこのような想定は杞憂だとお思いたいのですが。

147 :無責任な名無しさん:2006/06/23(金) 00:45:23 ID:czDZ2FjB
>>145
司法支援法務士の制度がおっしゃるようなものであれば,
司法書士も賛否両論分かれるでしょうし,
「法テラスのサービス充実」のための特効薬とはいきませんね。

この論文は,現時点では,元民事局参事官とはいえ一大学教授の見解に
過ぎないですが,続きもあるようですので,次号以降での詳解を
期待したいです。





148 :無責任な名無しさん:2006/06/23(金) 05:52:55 ID:TpfefQCf
サラ金の過払い請求しようと思っているのですが司法書士の方に頼んだらやっていただけるのでしょうか?

149 :無責任な名無しさん:2006/07/02(日) 17:14:23 ID:mXp9wvka
保守あげ

150 :無責任な名無しさん:2006/07/03(月) 23:31:13 ID:Pcw1uYwI
本年度司法書士試験スベりあげ

151 :無責任な名無しさん:2006/07/05(水) 22:16:20 ID:KxZGBNP7
司法書士会に弁護士会のような自治権があるのか
甚だ疑問だが・・・。

強制加入というのもおかしい話だな。

152 :無責任な名無しさん:2006/07/05(水) 22:25:13 ID:ltdSP/+K
どんどん値崩れしてます

153 :無責任な名無しさん:2006/07/06(木) 13:55:13 ID:TEwrdm2V
強制加入廃止になったら,司法書士には会費払わなくて済むってメリットがあるかも知れんが,
一般人にはどんなメリットがあるのかね。

154 :無責任な名無しさん:2006/07/10(月) 06:19:04 ID:XeUrgS2j
>>1
こんな煽られるようなスレ立てるなって。格好の煽りのネタにされるぞ。
行書ベテや現役行書バカ、法科大学院の出来損ないが、喜んで、ヨダレ出して食いついてくる
ネタだぞ。このスレの流れがだいたいどういうものになるか、そのくらい想像力働かせろって。
一番実際の事が分かるのは本職で構成されている会員制の(行書は省く)掲示板に行けばいいよ。
そこは行書がいないからとんでもなく荒れてないよ。





155 :無責任な名無しさん:2006/07/21(金) 22:49:09 ID:416NVG5j
保守ついでに148よ、金額によっては出来るよ。

156 :無責任な名無しさん:2006/07/22(土) 00:18:11 ID:5yt6tqoB
考査受かってますように

157 :無責任な名無しさん:2006/07/22(土) 01:19:02 ID:6DBCRxen
発表まで、まだ1か月以上ある。そんなに受験者も多くないのだから、もっと早くして欲しいよな。

158 :無責任な名無しさん:2006/07/23(日) 00:41:39 ID:Hf2w/36A
6割得点でパスできる考査だからな・・・。
落ちるのは、なめてかかって勉強してないか、よほど運が悪いかだと思うが。

159 :無責任な名無しさん:2006/07/23(日) 23:38:23 ID:9f7ZCwBj
もうとっくに落ちたの確認出来ましたが・・・

160 :無責任な名無しさん:2006/08/06(日) 21:16:39 ID:wdo34WFE
質問いいですか?
詐欺の件で司法書士の先生に350万取り返してもらえた場合、報酬はいくらぐらいですか?

161 :無責任な名無しさん:2006/08/08(火) 13:30:08 ID:K+dbVNFC
15万円ぐらいです。


162 :無責任な名無しさん:2006/08/09(水) 10:24:05 ID:Ru39nlnI
有難うございます
それわ規約みたいにきまってるんですか?何パーセントってぐあいに、

163 :無責任な名無しさん:2006/08/09(水) 11:04:00 ID:s3pOtm2l
規約ではありませんが、大体の相場です。弁護士ならもっともっと高いですが
司法書士は獲得した金額の4パーセントぐらいが実際の相場です。

164 :無責任な名無しさん:2006/08/09(水) 11:35:31 ID:OtsuU1+8
大事なことを忘れていました。司法書士が350万円のお金を取り返すことは
弁護士法に違反しています。その先生の行為は違法です。お礼を支払うとあなたも
共犯として逮捕される可能性がありますので謝礼は支払わない方がよいでしょう。
至急もよりの司法書士会か警察に通報して下さい。


165 :無責任な名無しさん:2006/08/09(水) 12:37:15 ID:qQeke2Wl
163=164?

166 :無責任な名無しさん:2006/08/09(水) 14:18:13 ID:wIvhAS67
「取り返す」の内容によっては違法になるのは事実だけど、
共犯で逮捕される可能性なんてない。

167 :無責任な名無しさん:2006/08/09(水) 16:22:21 ID:Ru39nlnI
どんな内容?

168 :無責任な名無しさん:2006/08/09(水) 16:37:32 ID:kl8xKLP7
1にあるように、我々司法書士は140万円以下の事件しか取り扱えません。
それを越えるは弁護士法に違反します。その司法書士とあなたは弁護士法違反の
共謀共同正犯になります。みそらく相手があなた方を弁護士法違反で訴えるでしょう。
相手が詐欺で逮捕されても、あなた方も弁護士法違反で逮捕される可能性も十分あります。
何よりも、その司法書士はとんでもない人ですので依頼するのはやめた方がよいでしょう。
嘘だと思うなら、警察でも司法書士会でも電話で相談して下さい。

169 :無責任な名無しさん:2006/08/09(水) 16:40:51 ID:eYwCtckX
.

170 :無責任な名無しさん:2006/08/09(水) 17:07:34 ID:wIvhAS67
>>168
つ最判昭43.12.24
書士会では共謀共同正犯になると教えているのか?

171 :無責任な名無しさん:2006/08/09(水) 17:32:36 ID:Ru39nlnI
アドバイス的な事を受けながら取り返してもだめ?

172 :無責任な名無しさん:2006/08/09(水) 17:41:20 ID:5HCmFwi9
作家の宮島鏡
前代未聞の衝撃作、オンパレード!!
少女への愛、人を殺す呪いに関することならおまかせください!!
宮島の本は日本図書館協会が大絶賛!!

http://www5a.biglobe.ne.jp/~kongen/


173 :無責任な名無しさん:2006/08/14(月) 18:38:56 ID:vlvbys/k
>>163
かってに相場つくらんでくれ
>>160
弁護士なら、裁判で350万円請求するなら、
350万×0.05〜0.08くらいが着手金で、
成功報酬が、実際の回収額×0.15〜0.2って言うところじゃないの
「弁護士 報酬」で検索すれば、いくらでも計算方法を開示している事務所が
あるよ。
 大雑把に言えば、350万×0.25=87万くらい。実際の回収額が減れば、それに
応じて安くなる。
 司法書士だと、140万超えれば、裁判前の交渉が代理人としてできないから、
いきなり訴えてもおかしくない状況にすでになっているんなら、いちおう
訴状等書類の作成を依頼すると言うのはありえるけど(合法だけど)、法廷で
弁論は自分でやらないといけないよ。
 勝って当たり前の裁判じゃなきゃ、簡易裁判所の事件以外の民事紛争で司
法書士を使うのはお勧めできないよ。そりゃ、やっぱり弁護士の仕事だよ。


174 :無責任な名無しさん:2006/08/14(月) 18:55:10 ID:vlvbys/k
>>171
 弁護士法がどうのこうのという以前に、詐欺がどうのこうのとか、そういう
民事紛争を代理人たてずに、アドバイスだけで思うように運ぼうというのは、
率直な話、あまいです。
 司法書士を(弁護士とほぼ同様に仕事できる簡裁事件は別として)代書人と
して使うことをお勧めできる民事紛争といったら「勝って当たり前の裁判」、
それも、「実際に回収することはあまり期待できない事件」ということになり
ます。


175 :無責任な名無しさん:2006/08/14(月) 19:23:19 ID:EHjOkLDm
吉永小百合が大学受験の資格がないのに早稲田大学は大学に入学させたらしいですが、これって
違法行為ではないでしょうか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E6%B0%B8%E5%B0%8F%E7%99%BE%E5%90%88#.E7.B5.8C.E6.AD.B4
1965年 - 仕事が多忙で高校を中退したため、高卒と同等以上の学力があるかを調べる早稲田大学が独自
に行う試験を経て早稲田大学第二文学部史学科西洋史専修に入学。


176 :無責任な名無しさん:2006/08/14(月) 19:53:14 ID:EHjOkLDm
すみませんスレをまちがえました

177 :無責任な名無しさん:2006/08/15(火) 20:21:52 ID:Z6XD5nS7
汚物を煮込むような奴らは信用できんな。

178 :無責任な名無しさん:2006/08/16(水) 15:03:13 ID:npdBC8ms


裁判長:   「代書屋の請求を棄却する」
クライアント:「不当判決だ!先生!私控訴します」
司法書士: 「それでは私はここで…」
クライアント:「なんでですか?!明らかに不当な結論じゃないですか」
司法書士: 「いやちょっと急に腹が痛く…」

裁判長の内心:<…原告カワイソス…代書屋なんかに依頼したばっかりに…>




179 :無責任な名無しさん:2006/08/16(水) 15:52:05 ID:zuYD1X7N
控訴の代理権あるじゃん

180 :無責任な名無しさん:2006/08/16(水) 17:22:01 ID:qyn9Y9Im
そんなに司法書士を妬むなよ

181 :無責任な名無しさん:2006/08/16(水) 19:20:09 ID:4aZIbbcv
司法書士なんかを妬む奴いるのか?ww

182 :無責任な名無しさん:2006/08/16(水) 22:33:17 ID:QdtGCXbr
だから、勝って当たり前の裁判しかしねぇつ〜の

183 :無責任な名無しさん:2006/08/16(水) 22:35:23 ID:QdtGCXbr
>>178は、裁判っていうと「白い巨塔」とか想像しちゃうどしろうと

184 :無責任な名無しさん:2006/08/16(水) 22:39:00 ID:QdtGCXbr
ついでに言うと、国平弁護士が敗訴したこと無いのは、負けると思った裁判は受任
しないから。

185 :無責任な名無しさん:2006/08/16(水) 22:39:27 ID:4aZIbbcv
>>182
>勝って当たり前の裁判しかしねぇ

www
はっきり言っちゃえよ、「しない」じゃなくて、「できない」んだってwww

186 :無責任な名無しさん:2006/08/16(水) 23:34:32 ID:QdtGCXbr
>>184の意味を一人でよく考えろ

187 :無責任な名無しさん:2006/08/16(水) 23:42:16 ID:4aZIbbcv
>>186
おまえ本当面白いなwww
たかが司法書士が法曹を例えに出してwww恥ずかしくないのか?
君には何度もいわないとわからないみたいだな。
その弁護士は「しない」だ。でも司法書士は「できない」だ。
僕ちゃん、違いわかるかな?ww

188 :無責任な名無しさん:2006/08/17(木) 00:10:14 ID:hVzmoRzc
>>187
自分は司法書士だが、おたくは何者?
相手にするにしても、あんたが弁護士なのかなんなのかによって話が違うから
答えろ

189 :無責任な名無しさん:2006/08/17(木) 00:10:41 ID:T99nDWhT
>>188
ヒント:脳内弁護士

190 :無責任な名無しさん:2006/08/17(木) 00:32:35 ID:hVzmoRzc
勝たなきゃちゃんとお金もらえないから、相手が争わないのがわかっている
事件か、とりあえず今なら、サラ金相手の過払金返還訴訟(勝って当たり前)
とか、そういう事件しか基本的には司法書士はしていない(別に「事実上でき
ない」って言ってもいいけど)。
 だから、欠席判決でそのまま確定するか、控訴なんかにならずにほとんど和
解で片付く。
万が一控訴になっても、控訴状だけ書いて出したら、控訴で最初にやることは、
地裁の「現時点での判断」が口頭で示され、和解勧告が出る。それに基づいて
和解すりゃいい(そうならない事件なら弁護士のところに行くのを最初から薦
める)。
 確かに、司法書士には、勝つつもりも無い事件を受任して、着手金だけはちゃ
っかり頂くとか、そういうおいしい仕事の仕方は出来ない。そればかりは、君
に言われるまでもなくむちゃくちゃ残念だ or2

191 :無責任な名無しさん:2006/08/21(月) 10:05:33 ID:EWM9ko6r
何年も前から業務をしていない有限会社の謄本をとってみると
役員欄も資本欄も目的欄も全部抹消されてました。どうなってるんですか?
法務局のミスですよね。

192 :無責任な名無しさん:2006/08/21(月) 12:10:46 ID:0ReoQYpO
>191
法務局で聞いてみ

193 :無責任な名無しさん:2006/08/21(月) 12:12:35 ID:p+uYaPNF
原因はなんて書いてあるんだ?

194 :無責任な名無しさん:2006/08/21(月) 12:37:57 ID:0ReoQYpO
>191
支店の登記記録でもとったんじゃねーの?


195 :無責任な名無しさん:2006/08/21(月) 13:14:12 ID:iqdKd/Oc
閉鎖謄本とったとかいうオチな希ガス

196 :みうら:2006/08/21(月) 18:39:18 ID:wpAcAYGI
195へ そりは違う。
抹消はされない。

197 :無責任な名無しさん:2006/08/27(日) 22:06:45 ID:BtMxN+mX
いよいよ来週、認定考査の合格発表ですな

198 :無責任な名無しさん:2006/08/28(月) 22:35:42 ID:7QreHm7C
司法書士には簡裁訴訟代理権の有資格者と未資格者がいると思いますが、
訴訟を通さない形での任意整理の場合は、代理人になれるのでしょうか?

”簡裁訴訟”と銘打っているので、
未資格者は簡裁事件の法廷代理人になれないのは容易に分かりますが、
逆に言えば法廷事件にならなければ無問題なんですかね。



199 :無責任な名無しさん:2006/08/29(火) 00:23:23 ID:wQ1Bvqmj
>>198
簡裁代理の認定を受けていなければ、任意整理の代理人になることは、できません。
訴訟の有無は関係ありません。弁護士法違反になります。

200 :無責任な名無しさん:2006/08/29(火) 22:56:44 ID:v9qXmho0
>>199
ありがとうございます。

当方、某消費者金融勤務の者ですが、
ある司法書士から債務整理の受任通知が届いたのですが、
認定番号の記載が無かったため、その司書に問い合わせたところ、
「現在研修を終えて近日中に合否が分かるため暫く時間が欲しい」と言われ困惑しました。

違法行為では無いのかと問い質したのですが、
先輩の司書から儲かるからとやり方を教わったそうです。
現実にこうした無資格の司法書士からの受任通知が後を立ちません。
今回は不問に付したのですが、こう言う場合懲戒申立とか出来るのでしょうか。


201 :無責任な名無しさん:2006/08/29(火) 23:46:23 ID:3PXtKEHX
>>200
その司法書士の行為は弁護士法違反です。
法務局にタレ込んで懲戒申立てすると、その書士は処分されます。
また、刑事事件にすることも可能です。

202 :無責任な名無しさん:2006/08/30(水) 00:38:29 ID:TX49n4mh
>>201
ありがとうございます。
事を荒立てる気は有りませんが、あまり続くようなら検討しないといけませんね。

203 :無責任な名無しさん:2006/08/30(水) 18:43:52 ID:y/zeltz1
実務について教えてください。

株式会社の場合、設立時には代表取締役の印鑑証明のみで良いと思いますが、
代表取締役の変更の場合は他の取締役の印鑑証明書も必要になるのでしょうか?

検索してみたのですが、そのような記述のあるサイトを見つけられませんでした。
記述のあるサイトもお教えいただければ幸いです。

204 :無責任な名無しさん:2006/08/31(木) 23:34:41 ID:2rIh2/OV
>>202
いや、>>201は不正確。

受任通知を誰が送ろうと、そのこと自体には違法性はない。
しかし金融庁ガイドラインが定めているところによれば、
「弁護士」または「認定司法書士」が受任通知(取引履歴開示請求)を
送付した場合にのみ、貸金業者は開示の義務を負う。
ただの司法書士や他の資格者無資格者が通知してきても、
貸金業者としては、それを無視してもいいわけだ。

したがって質問の件については、その司法書士が認定番号を得るまでは、
とりあえず無視しておいていい、というのが結論。

205 :無責任な名無しさん:2006/09/01(金) 00:09:22 ID:ymvj1MP/
たいていのサラ金が、認定司法書士なんかどこにも存在しない時代から、
司法書士の受任通知で、任意に個別請求やめてただろうが
いまだって、金融庁のガイドラインを読む限りは、任意整理不可能に
なって「破産or個人再生にします」って言ってしまったら、受理票もらう
までは、規制法の範囲外のようにも読めるんだぞ
>>201は司法書士でも、サラ金社員でもないだろ?なにもん?それとも
認定制度前の時代を知らないひよこ君か?

206 :無責任な名無しさん:2006/09/01(金) 00:15:44 ID:lYV6Vw6d
もちろん事務弁護士こと行政書士です

207 :無責任な名無しさん:2006/09/01(金) 00:16:19 ID:ymvj1MP/
そもそも>>200もほんとにサラ金社員なら、まだ、入社したてなわけね
ここでどこの誰か分からん奴(ひょっとして知っている人かな?)に
きく前に先輩社員に教えてもらえよw

208 :無責任な名無しさん:2006/09/01(金) 00:26:14 ID:ymvj1MP/
個人再生が施行されたのが、平成13年。そのころ認定司法書士なんかどこにも
いねぇよ
認定あろうが、なかろうが
受任通知送付して、履歴開示要求しないで、どうやって、司法書士が仕事するん
だよwwwwwwwwwww




も〜お、おなかいっぱいです。僕はまだ宿題が終わってないので
これから徹夜します。

209 :無責任な名無しさん:2006/09/01(金) 13:08:15 ID:xw+hkVfm
>204 205 207 208
お前ら本当に司法書士か? 馬鹿じゃない?
認定を受けいないと代理人にはなれないんだよ。だから受任通知は出せないんだ。
受任通知を出すこと自体が違法だよ。
本当に最近の若いのは馬鹿が増えたのう。サラ金社員の方が何倍も賢いじゃないか。
お前ら馬鹿司法書士は早くやめちまいな。

210 :無責任な名無しさん:2006/09/01(金) 15:28:11 ID:2+HVXwOt
>>209 プ

211 :無責任な名無しさん:2006/09/01(金) 16:25:47 ID:ymvj1MP/
>>209
何回も人のレス嫁
破産や個人再生は代理人でやるわけじゃないつ〜の
書類作成者として受任してるんだから、その事実のとおり通知するのが
違法になるわけ無いだろ
ただ、通知が規制法の効果を受けるわけではないだけの話。
その区別も出来ないのかwwwwwwwwwww

サラのほとんどが、認定制度以前から
=規制法に「司法書士」の「し」の字もないときから、サラのほうが受任通知
を司法書士に要求して、それで、請求をとめる処理をしてたつ〜の

212 :無責任な名無しさん:2006/09/01(金) 16:36:15 ID:GTo3UwQ3
お前は本当に馬鹿だな。198以降をしっかりを読んでみな。

代理人になれるかどうかの話しだよ。サラ金社員の方がよく法律を理解しているよ。


213 :無責任な名無しさん:2006/09/01(金) 16:42:31 ID:ajDB4RrU
よかった〜。
認定考査受かってたよーー!!

合格率61.9パーセントだって。

214 :無責任な名無しさん:2006/09/01(金) 16:58:28 ID:NlMgD/eB
>>213
認定考査って難しいんですか?

215 :無責任な名無しさん:2006/09/01(金) 17:14:46 ID:ajDB4RrU
>>213
うんにゃ、ちゃんと勉強してればどって事はないよ。

216 :無責任な名無しさん:2006/09/01(金) 17:20:13 ID:BwLTVkv6
>>213
私も何とか。

本当によかった・・・・。
去年は落ちて地獄見たもんなあ・・・・。

217 :213:2006/09/01(金) 17:26:32 ID:ajDB4RrU
>>216
なんか、司法書士試験よりずっと簡単なのは
わかってるんだけど、
司法書士試験の合格発表のときよりも
ドキドキしたな〜w


218 :無責任な名無しさん:2006/09/01(金) 17:35:41 ID:ymvj1MP/
>>212
書き込みしてるのが同じ人間なのは分かるけど、>>200から以降は
全然、別の話。ごちゃ混ぜにするなよって言ってるの
>>209
>>認定を受けいないと代理人にはなれないんだよ。だから受任通
知は出せないんだ。


代理人になれるかどうかの話と受任通知出していいかどうかの話は
別の話

219 :無責任な名無しさん:2006/09/01(金) 17:42:10 ID:4ZJB2O5e
>>213
>>216
おめでとう御座います。私もなんとか受かってました。それにしても合格率
6割ですか・・・。研修で同じクラスだったみんなはどうなったことやら

220 :213:2006/09/01(金) 17:45:46 ID:ajDB4RrU
>>219
219さんもおめでとう御座います!

221 :無責任な名無しさん:2006/09/01(金) 18:20:25 ID:caAmxbWt
>218
何をいってんだい。
いいか。代理人になることの委任を受ける→代理権の委任→代理人として受任通知を発送する→規制法を適用を受ける。
代理人になれない奴は、書類作成の委任を受けるだけ→書類作成の委任を受けましたという内容の受任通知を出すだけ→債務者が誰にどんな書類の作成を頼もうが
債権者の知ったことではない→当然規制法の対象外
200以降は話しの流れからして代理人としての受任通知であることははっきりてしるだろ。
代理人になれない奴が、代理人として受任通知を出すことは弁護士法違反行為だろう。













222 :無責任な名無しさん:2006/09/01(金) 18:43:26 ID:ymvj1MP/
>>221
やれやれ、裁判ごっこでもしますか?
>>代理人になれない奴が、代理人として受任通知を出すことは弁護士法違反行為だろう。
→認める
>>200以降は話しの流れからして代理人としての受任通知であることははっきりてしるだろ。
→なにゆえに「はっきりしている」のか釈明を求める
>>200
>>認定番号の記載が無かったため、その司書に問い合わせたところ・・・
この司法書士が、非認定の癖に、代理人を詐称するなら、認定番号(のよう
なもの)くらい書くのが普通だろ?
実際、そういう綱紀事件あったっしょ?
たしかに、この受任通知の現物をみれば、「非認定の段階でこれはwwwwww」
っていう記述内容が見られるかもしれない。
自分が終始言っているのは、非認定の段階でも、「債務者某から司法書士業務
の依頼を受けている司法書士の某です」という受任通知を発送しても、弁護士法
違反なんかならない。ということ。
あえていえば、書類作成業務およびその相談業務として受任することが明確に
されていることが望ましいのは言うまでもないけど・・・・
 認定番号を記載していないし、問い合わせに対しても「認定は無い」って
即答しているんだから、そのへんはわきまえた文書が送付されていると解すのが
自然な理解なのでは?

223 :222:2006/09/01(金) 18:47:19 ID:ymvj1MP/
それとさぁ〜
>>200
>>違法行為では無いのかと問い質したのですが、
先輩の司書から儲かるからとやり方を教わったそうです。

っておまw香ばしすぎるよ全く

224 :無責任な名無しさん:2006/09/01(金) 19:29:24 ID:y2PX7zbi
お前には何も言ってもだめなようだな。
いいか。、「債務者某から司法書士業務 の依頼を受けている司法書士の某です」という受任通知
じゃあ債権者には、何の委任を受けているか分かんないんだよ。代理権の委任を受けているなら規制法の対象になるから
本人に請求はできないが、書類作成の委任や相談を受けているだけなら本人への請求は可能だ。だから、債権者としてはそんな
あいまいな受任通知いを送られりゃ、委任の範囲を確認しないといけない。そんな趣旨不明な受任通知をだしたらいけないんだよ。
司法書士倫理をよく読み直してみなよ。
第2条を読みな、もっと倫理観を持って仕事しなきゃね。

225 :無責任な名無しさん:2006/09/01(金) 20:26:48 ID:Uvtff5e9
>>224
あらあら。弁護士法がらみで勝ち目がなくなったら、次は司法書士倫理ですか。
見苦しいねえ。(失笑)

>「債務者某から司法書士業務 の依頼を受けている司法書士の某です」という受任通知
>債権者としてはそんなあいまいな受任通知いを送られりゃ、

誰もそんなこと言ってません。
話を勝手に作らないように(プ

あ、もしかして認定考査に受からないベテラン先生?
「司法書士が作った訴状は事実を勝手に作っている」なんて
弁護士の批判もあるから気をつけようね。

>もっと倫理観を持って仕事しなきゃね。

お前がな(ゲラ

その前に論理学のお勉強でもしてなさい(ゲラゲラ

226 :無責任な名無しさん:2006/09/01(金) 21:22:55 ID:y2PX7zbi
自分が終始言っているのは、非認定の段階でも、「債務者某から司法書士業務
の依頼を受けている司法書士の某です」という受任通知を発送しても、弁護士法
違反なんかならない。ということ。

227 :無責任な名無しさん:2006/09/01(金) 21:24:48 ID:y2PX7zbi
222 :無責任な名無しさん :2006/09/01(金) 18:43:26 ID:ymvj1MP/

自分が終始言っているのは、非認定の段階でも、「債務者某から司法書士業務
の依頼を受けている司法書士の某です」という受任通知を発送しても、弁護士法
違反なんかならない。ということ。


228 :無責任な名無しさん:2006/09/01(金) 21:25:34 ID:y2PX7zbi
222 :無責任な名無しさん :2006/09/01(金) 18:43:26 ID:ymvj1MP/

自分が終始言っているのは、非認定の段階でも、「債務者某から司法書士業務
の依頼を受けている司法書士の某です」という受任通知を発送しても、弁護士法
違反なんかならない。ということ。


229 :無責任な名無しさん:2006/09/01(金) 21:28:42 ID:y2PX7zbi
225 名前:無責任な名無しさん :2006/09/01(金) 20:26:48 ID:Uvtff5e9

>「債務者某から司法書士業務 の依頼を受けている司法書士の某です」という受任通知
>債権者としてはそんなあいまいな受任通知いを送られりゃ、

誰もそんなこと言ってません。
話を勝手に作らないように(プ



230 :無責任な名無しさん:2006/09/01(金) 21:29:55 ID:y2PX7zbi
225 名前:無責任な名無しさん :2006/09/01(金) 20:26:48 ID:Uvtff5e9

>「債務者某から司法書士業務 の依頼を受けている司法書士の某です」という受任通知
>債権者としてはそんなあいまいな受任通知いを送られりゃ、

誰もそんなこと言ってません。
話を勝手に作らないように(プ



231 :無責任な名無しさん:2006/09/01(金) 21:38:59 ID:y2PX7zbi
この間「世界まる見えテレビ」か何かで見たが、世の中にはほんの数秒前に
自分が言ったことを忘れる症状の人がいるそうだ。そういう人には、何回も同じ事を
言ってあげるのがいいんだってさ。

>あらあら。弁護士法がらみで勝ち目がなくなったら、次は司法書士倫理ですか。
見苦しいねえ。(失笑)
誰が、「 債務者某から司法書士業務の依頼を受けている司法書士の某です」という受任通知が弁護士法
違反になると言ったかな? 事実を作らないように、だから弁護士に批判されるんだよ。

232 :222:2006/09/01(金) 21:51:35 ID:ymvj1MP/
>>224
そもそも、規制法に「司法書士」を入れてもらう前から、弁護士だけじゃなくて
司法書士が「債務者某から債務整理の相談を受けています。破産申立、個人再生
、特定調停等の申立を検討していますが、取引履歴の送付をお願いします」って
趣旨の受任通知を送付したら、サラ金は履歴開示は、キャスコ判決も出てなかっ
たし拒絶することもあったけど、個別請求は、任意に控えていたんだよ。
あなたはそこを無視するから話がかみ合わない。
まぁ、今は、簡裁代理権があるのが当たり前になっているんだから、認定前から
債務整理業務にかかる新人の人は、すこし慎重にやって欲しいけどね
とにかく俺が言いたいのは、「非認定司法書士は受任通知は出せないなんて
そんなことありえない」ということ

233 :222:2006/09/01(金) 21:58:25 ID:ymvj1MP/
>>226くらいから>>231まで誰が誰に噛み付いてるのかさっぱりわからん


234 :無責任な名無しさん:2006/09/02(土) 00:19:26 ID:Bssl+hcv
2006/09/01(金) 20:26:48 ID:Uvtff5e9
論理学のお勉強でもしてなさい(ゲラゲラ

そしたらわかるだろ

235 :無責任な名無しさん:2006/09/02(土) 12:56:22 ID:MMM6hsCl
>訴訟を通さない形での任意整理の場合は、代理人になれるのでしょうか?


要旨はこれ。
受任通知を送ることの可否ではなく、「代理人になれるかどうか」だけ。
もはや>>200の問いから掛け離れている。

>>222は日本人では無いと思う。



236 :裁判所:2006/09/02(土) 15:59:49 ID:Bssl+hcv
サラ金社員氏の方が礼儀正しいし、遵法精神がある
司法書士さんレベル低すぎ

237 :認定おめでとう!:2006/09/03(日) 00:59:18 ID:3nWWWNAw
認定考査は、司法書士(有資格者を含む)が受験してなお約4割が落ちるのであるから、ある意味難しい試験なのかな?
認定司法書士もとうとう1万人を超えたし、今後は本試験同様「落とすための試験」になるかも知れない。
因みに、私は4年前に若干24歳で本試験に合格した認定司法書士。

238 :無責任な名無しさん:2006/09/03(日) 01:07:57 ID:D1BEKYdA
お前IDカコイイな

239 :無責任な名無しさん:2006/09/03(日) 05:41:11 ID:Grx1s07F
ずさんな破産申立をしている司法書士に注意 by弁護士会
http://www.bengoshisoudan.com/column/column041104.html

ヤミ金と手を組んだ司法書士の自己破産ビジネス by読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/yw/yw04042501.htm

みすてないで by全国青年司法書士協議会
http://www.zssk.org/archives/touhaigo/index.html

大阪司法書士会臨時総会訴訟について
http://www.aoitakigawa.com/osakasihoushosi.html

240 :無責任な名無しさん:2006/09/03(日) 15:02:34 ID:L1qKaKLj
>>235
あんたのいってる話は、>>199で終わってる話だろ
>>200から別の質問になって、>>201が不正確なレスをした
>>204以降複数の人間がそれを指摘している
それが読めないのか?

241 :無責任な名無しさん:2006/09/03(日) 15:15:26 ID:L1qKaKLj
見苦しいんだよ
最初にされた質問に無難に答えた
次の質問で不正確なことを書いて、複数の人間から指摘された。
で、何度も何度も・・・・
「最初の質問にはちゃんと答えたんだぞ!!」
「最初の質問にはちゃんと答えたんだぞ!!」
「最初の質問にはちゃんと答えたんだぞォ〜〜〜〜!!」
って、それは分かってるって。

242 :無責任な名無しさん:2006/09/03(日) 17:39:23 ID:L1qKaKLj
>>198>>199の流れは誰も問題にしてないんだよね
>>199の回答を受けてサラ金の社員さん(?)が、「ありがとうございます」
とレスした(>>200)。
ところが、そこから、あらためて具体的に状況を説明し始めている。
そして、それが、
>>235
>訴訟を通さない形での任意整理の場合は、代理人になれるのでしょうか?
要旨はこれ。
受任通知を送ることの可否ではなく、「代理人になれるかどうか」だけ。

とかそういう捉え方で回答すればいい相談ではないことは明白。
問題は、このサラ金社員の受け取った通知書が、非認定司法書士が、認定書士
を詐称している体裁なのか、非認定の司法書士としての受任通知といえる体裁
なのか、どちらかで全然別の話になる。

ところが、回答者は、受任通知の現物を確かめることができないのに、
しかも、非認定だから番号は記載してない、それ自体は、至極当然のことなのに、
>>201>>その司法書士の行為は弁護士法違反です。
って断言してしまった。
でも、そんなことはない、
通知書の具体的な体裁しだいで、違反になるかもしれないし、ならないかもしれない。
それを複数の人間が訂正してあげてるんだろ?

実際の相談でもよくあることだよ。これからはきをつけるんだね。

243 :無責任な名無しさん:2006/09/03(日) 22:38:49 ID:GuVh/Dyz
>ID:L1qKaKLj の異様な粘着さを見て、やはり日本人ではないことを確信した。

馬鹿を指摘されたことがよほど悔しかったと見える。


244 :無責任な名無しさん:2006/09/03(日) 22:47:39 ID:L1qKaKLj
粘着はお互い様だよ
まるっきり中身のある反論が出来ないし

245 :無責任な名無しさん:2006/09/03(日) 22:56:12 ID:GuVh/Dyz
>240 :無責任な名無しさん :2006/09/03(日) 15:02:34 ID:L1qKaKLj
>241 :無責任な名無しさん :2006/09/03(日) 15:15:26 ID:L1qKaKLj
>242 :無責任な名無しさん :2006/09/03(日) 17:39:23 ID:L1qKaKLj
>244 :無責任な名無しさん :2006/09/03(日) 22:47:39 ID:L1qKaKLj



↑どこを見たら「お互い様」なんて言えるんだよw
そもそも俺は235だが、あんたが噛み付いていた相手とは違うんだぞ。
日曜日に一日中2chに貼りついていられるなんて、素晴らしく充実した生活環境だな。
親御さんはどこのオクニの方でつか?

246 :無責任な名無しさん:2006/09/03(日) 23:08:51 ID:L1qKaKLj
それは失礼。
まさか、同じ間違い犯すのが、ふたりもいるとは、思わなかったんだよ。
どっちにしろ>>242にまとめてあるからよく読め
最初、抽象的に質問してくるが、よくよく話を具体的に聞けば全然別の話
相談者が勝手にまとめた筋違いな質問にそのまま答えて、それで良し、ですか?
って言うパターンだろ?

パソにはりついて事件簿の整理してんだよ。何か?


247 :無責任な名無しさん:2006/09/03(日) 23:46:03 ID:HhN7yUtV
>>246
「非学者論に負けず」
きりがないから放置しようよ。

248 :無責任な名無しさん:2006/09/03(日) 23:53:09 ID:L1qKaKLj
まぁ、きりがないから、放置されてもいいけどさ
「自分が司法書士になった時に、すでに簡裁代理制度が始まっていた」
っていう若い人たちは、
「非認定司法書士」=「どんな体裁であれ、サラ金には認定を取るまで
一切受任通知なんてだせない」

そう思い込んでるのが普通なのかな。そう思いました。

249 :無責任な名無しさん:2006/09/04(月) 00:09:02 ID:cy67QF36
>>247
あ?非学論者=GuVh/Dyzっていう趣旨だったらごめんなさい

250 :無責任な名無しさん:2006/09/04(月) 00:32:27 ID:JOOEqtD4
247ですが。
>>248
そう思いこんでるお馬鹿さんはいません。少なくとも私の周囲には。
>>249
そういう趣旨でつ。

251 :無責任な名無しさん:2006/09/04(月) 10:12:51 ID:9f2cFYdM
>248 :無責任な名無しさん :2006/09/03(日) 23:53:09 ID:L1qKaKLjまぁ、きりがないから、放置されてもいいけどさ
「自分が司法書士になった時に、すでに簡裁代理制度が始まっていた」
っていう若い人たちは、
「非認定司法書士」=「どんな体裁であれ、サラ金には認定を取るまで
一切受任通知なんてだせない」 そう思い込んでるのが普通なのかな。そう思いました。

おいおい、そんな馬鹿がどこにいるんだい? そう思うあんたがおかしいだろう。

252 :無責任な名無しさん:2006/09/04(月) 10:44:30 ID:VW8FZdtX
認定の有無にかかわらず、司法書士が、依頼者から相談業務を受けたり、書類作成業務を受けたり、登記供託業務を受けた場合
こんな業務を受けましたよということを第3者に通知して一体何が悪いんだい。
誰に、何を通知しても全く問題ないだろう!
サラ金にだけはどんな形でも受任通知を出せないなんて、あるはがないじゃないか。
そんなこと考える馬鹿なんかいるはずがない。

もっともまともな弁解しなよな。

253 :無責任な名無しさん:2006/09/04(月) 13:03:50 ID:B71aVz3a
>>253
くやしかったら、つべこべ言わずに「認定」とれや。
このクソ「非認定」ヤローが!


254 :無責任な名無しさん:2006/09/04(月) 13:06:09 ID:egvXOQwI
自虐史観乙

255 :無責任な名無しさん:2006/09/04(月) 14:15:12 ID:B71aVz3a
認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ
認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ
認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ
認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ
認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ
認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ
認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ
認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ 認定受けみろ    

256 :無責任な名無しさん:2006/09/04(月) 15:37:35 ID:bxuH17Db
253 名前:無責任な名無しさん :2006/09/04(月) 13:03:50 ID:B71aVz3a
>>253
くやしかったら、つべこべ言わずに「認定」とれや。
このクソ「非認定」ヤローが!

おまいおちたんだな。次ガンガレ、自暴自棄になるな。

257 :無責任な名無しさん:2006/09/04(月) 17:20:41 ID:1fnsUWE0
高卒で事務所で働いてる人いる?

258 :無責任な名無しさん:2006/09/04(月) 20:11:53 ID:/cFlq3OS
いるよー。

259 :無責任な名無しさん:2006/09/04(月) 20:25:12 ID:egvXOQwI
いないよ

260 :無責任な名無しさん:2006/09/04(月) 22:53:17 ID:/cFlq3OS
いるのに。

261 :無責任な名無しさん:2006/09/05(火) 00:13:49 ID:+CHxdqsk
で、
認定番号記載した受任通知出して、履歴送ってもらったまではいいとして、
引き直したら、140万超えちゃいましたよ〜

の場合、それから、
どんな感じで仕事を進めてる?

262 :無責任な名無しさん:2006/09/05(火) 14:55:09 ID:lPT4HDtz
和解交渉

本人訴訟

裁判所法による訴訟補佐人の許可を貰う。→無理なら外野で応援

263 :無責任な名無しさん:2006/09/05(火) 16:53:36 ID:+CHxdqsk
最近時々考えるのだが

サラのほうは、140万円以上をあえて簡裁に持ち込むことも少なくないが、
140万以上の案件を、あえて、書類作成者で簡裁に持ち込んでる人はいますか?

とくに、期日を重ねると、請求を140万以下に減縮しないといけないかもしれな
い事件の場合、積極的に考えないといけないやり方と思うが・・・
また、同じ本人訴訟でも、依頼人の負担が軽くなるようにも思えるので

ただ、こっちは書類作成者に後退するのに、サラ金は社員が許可代理人ででて
これるから、あれだが・・・

264 :無責任な名無しさん:2006/09/05(火) 16:57:27 ID:+CHxdqsk
>>262
>>裁判所法による訴訟補佐人の許可を貰う。
もらえた場合のお話をkwsk or2(土下座でお願い)。

265 :無責任な名無しさん:2006/09/05(火) 19:31:26 ID:V+Q18lP7
この前、1件で200万を超える過払いになってしまいました。
書類作成業務として、和解書を作成し、依頼者本人との間の
直接和解書としました。
債権者との間で和解書作成相談の際、依頼者は目の前にいて、
私は、依頼者の言葉を伝える使者にすぎないという形で。
当然簡裁代理は辞任して。
この方法は許容されるのか?自問しています。誰か教えて?

266 :無責任な名無しさん:2006/09/05(火) 19:42:45 ID:xsShLlX9
>>265
みんなそれでやってますよ。
中には代理人名義で140万円超える和解書作っちゃう人も
いるらしいし、それで相手も何も言わないらしいけど
やめたほうがいいよね。

267 :無責任な名無しさん:2006/09/05(火) 19:47:00 ID:+CHxdqsk
>>265
そういうのセーフにするために「裁判所提出書類作成の事務について
の相談業務」(3条4号、同条5号)が司法書士法に明記されたので
はないのか?

いったん、提出(提訴)してしまったら、裁判終わるまで案件に関して
相談受けるのは当然なので、5号の内容には、提訴前に「裁判するか、
しないかの相談に応じる業務」と言うのも含まれるのではないだろうか?
つか、それがメインじゃまいのか?

そうすると、「裁判しないで和解したほうがベター」という回答は当然
あるわけだから、>>265っていうのはそういう事例

違いまうか?

268 :無責任な名無しさん:2006/09/06(水) 11:17:59 ID:tK2KRNGE
ずさんな破産申立をしている司法書士に注意 by弁護士会
http://www.bengoshisoudan.com/column/column041104.html

ヤミ金と手を組んだ司法書士の自己破産ビジネス by読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/yw/yw04042501.htm

みすてないで by全国青年司法書士協議会
http://www.zssk.org/archives/touhaigo/index.html

大阪司法書士会臨時総会訴訟について
http://www.aoitakigawa.com/osakasihoushosi.html

269 :無責任な名無しさん:2006/09/06(水) 16:20:03 ID:Hmnpz5Uk
よく「将来的には、地裁代理権も!」とか書いちゃう人みるが、
「おい、おいwwwww」とか思うが・・・・・
貸金業者、信販会社を相手方に限定すれば、べタに代理権は
ともかく、もうちょっと権限が進化することはありえるような気がする。

270 :無責任な名無しさん:2006/09/07(木) 01:20:16 ID:2FFONCR4
弁護士増えるのに・・・

271 :無責任な名無しさん:2006/09/07(木) 01:31:44 ID:pzWLj7xv
そんなに地裁代理やりたきゃ弁護士になれってのw

勉強もしないで政治力に頼っちゃだめよん。

272 :無責任な名無しさん:2006/09/07(木) 09:53:48 ID:R4ISE2Me
裁判所からしてみたら、
いまの過払金請求訴訟とかの現状だと、書類作成でも、司法
書士が地裁にどんどん出してくる。
地方裁判所の本音だと、ちょっと「まんどくせ」となる。
弁護士的には、「司法書士さん分をわきまえてね」だろうが、
地裁の裁判官的には、可能な限り、司法書士にも、ちゃっ、ちゃっ、と立ち回って
もらって、仕事の数は減らしてもらいたいのが本音、つ〜のが傍聴してても
すけすけなんだな(さっさと裁判外和解にもって行って、っていうことね)。

一般的な地裁代理権そのものは、いまさら政治力も何も、外界的には、司法書士に
あげようなんて話は出てくる理由無いけど、対貸金業者限定だと、貸金業規制法が
認定司法書士の受任通知にも一定の効果をあたえた反射的効果で、事実上、地裁事件
でも司法書士が「代理人」じゃないけど、「交渉」してる形がもう出来てる。

まぁ、実際に「司法書士でもちゃんとやってるなぁ」っていう印象が、裁判所一般
になければ、それも、妄想に終わるだろうが・・・


273 :無責任な名無しさん:2006/09/07(木) 19:45:33 ID:pzWLj7xv
ずさんな破産申立をしている司法書士に注意 by弁護士会
http://www.bengoshisoudan.com/column/column041104.html

ヤミ金と手を組んだ司法書士の自己破産ビジネス by読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/yw/yw04042501.htm

みすてないで by全国青年司法書士協議会
http://www.zssk.org/archives/touhaigo/index.html

大阪司法書士会臨時総会訴訟について
http://www.aoitakigawa.com/osakasihoushosi.html

274 :司法書士は低能:2006/09/07(木) 19:52:24 ID:wuNGcfna
ρ.                   
        ゚。σ゚    
        。。    
         il       
         m ドピュッ!! オナニー司法書士の脳内妄想
        C|.| /⌒⌒⌒ヽ/~ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
      /⌒ヽ⌒ヽ___   |  ∴ヽ  3 )
     ./  _  ゝ___)(9 υ   (` ´) ) ハァハァ
    /  丿ヽ___,.───|彡ヽ-―◎-◎-|
    _/ )          (   Y ̄ ̄ ̄ ̄)
   (__/           \____/


275 :無責任な名無しさん:2006/09/07(木) 20:08:05 ID:5hZVKQz1
>>272
訴訟すれば10割、裁判外和解だと7,8割といったところだろうけど
その差は裁判官から見れば(たぶん弁護士の感覚からしても)大したことないかもしれないが
債務者や司法書士の感覚から見ればでかいもんな
利息組み入れ、利息請求になるとさらに違ってくるしね
地裁案件になると訴訟したくなるね

276 :無責任な名無しさん:2006/09/07(木) 20:27:15 ID:5hZVKQz1
一応言っとくと、>訴訟すれば10割
は訴状提出した上で裁判外和解で10割と言う意味

まあ、簡裁代理は弁護士が手をつけない領域だったから取れたのであって
実績積んだからと言って地裁代理まで要求するのは虫が良すぎると思うね
違法に実績積んで相続登記や商業登記を要求する某士業よりは理があるとは思うが

277 :無責任な名無しさん:2006/09/07(木) 22:01:23 ID:R4ISE2Me
よく見るレスだけどさ
>>270
それまでに儲ける話してんだよ。まだ白旗あげんなよw気が早いねぇ
>>271
簡裁代理権は、「棚から転がり落ちてきたぼた餅」だろ?
それをおいしく頂く算段しようって言うのに、「弁護士なれば早い」?はぁ?

278 :無責任な名無しさん:2006/09/07(木) 23:37:37 ID:YEhN9Hr/
簡裁代理のほとんどが債務整理で活用されている現状では、
地裁代理なんて話が早すぎるよ。
一般民事(ここでは債務整理以外という意味)で実績積まないとね。

279 :無責任な名無しさん:2006/09/08(金) 00:29:09 ID:9aoEZOYN
破産・民事再生の手続では、弁護士の数の少ない地方では目をつぶられているが
弁護士が増えて(少額)管財人や(個人)再生委員の給源の目処がつけば、司法
書士はまともに相手にされないだろう。
実際にどれだけ地裁に申し入れをしても倒産関連の懇談会等には裁判官はおろか
書記官等の職員すら派遣してくれない。

280 :無責任な名無しさん:2006/09/08(金) 01:25:59 ID:UohaDKLW
>>278>>279
簡裁はもともと、一方当事者のほとんどが、サラ金、信販会社なので、
簡裁代理→ほとんど、あいてはサラ金、信販→おのずから、債務整理で
活用がほとんどになる。
だから、司法書士は、認定を得たことで、クレサラ裁判は、経験でたた
き上げていけても、クレサラ以外の裁判では、弁護士とのもともとの能
力差を露呈せざるをえないと思う。将来的にもですね orz

だから、「地裁代理なんて早すぎる」というよりも、一般裁判レベルで、
弁護士との差は、半永久的に埋められるわけないと、正直思う。

むしろ、「クレサラ限定なら司法書士もやるようになったもんだ。数字
が小さくなったり、大きくなったりで、訴状の書き方が根本的に変るわ
けでなし、クレサラ裁判に関してなら、司法書士にも代理権を与えても
いいんじゃない」という展開のほうが「まだ」現実味を感じるのです。



281 :無責任な名無しさん:2006/09/08(金) 01:28:05 ID:UohaDKLW
>>280
>>クレサラ裁判に関してなら、地裁でも、司法書士にも代理権を与えても
いいんじゃない
「地裁でも」が抜けた

282 :無責任な名無しさん:2006/09/08(金) 01:39:06 ID:UohaDKLW
東京地裁があんなことになったのは、みなし弁済も、履歴開示義務の不存在も、
まだ、サラの主張が通る時は通る時代に、東京地裁が「不当利得の存否はちゃんと
調査して破産は申し立ててもらう」って決めた時点で、簡裁代理すらなかった司法
書士ははじかれざるを得なかった。
それが読めなくて突っ込んだドンキホーテは↓こうなった。

ずさんな破産申立をしている司法書士に注意 by弁護士会
http://www.bengoshisoudan.com/column/column041104.html

これこの間注意勧告もでたみたいね。


283 :無責任な名無しさん:2006/09/08(金) 08:43:26 ID:T5s463T2
>>282
法人作るぐらいだから膨大な登記の片手間でいい加減なことやったんじゃないの
こういう一部のふざけたのがいると業界全体の打撃だね

代理権取得後、地方ではどちらかというと個人の債務整理に関しては弁護士が適当で
司法書士が厳格なのにね

284 :無責任な名無しさん:2006/09/08(金) 09:00:33 ID:cmmakQIa
>>282
それは法人化して無茶な量の案件を扱ってた(事務員に処理させてた)事案だ。
司法書士だからどうこうではないよ。

285 :無責任な名無しさん:2006/09/08(金) 09:31:07 ID:UohaDKLW
>>284
そういう側面もあるけど、引き直し計算全然してないのが、けちのつき始め
なわけで、代表だった奴も聴聞で必死に「当時、司法書士に代理権無かったので
・・・」なんて言い訳してる。あほな言い訳だが

286 :無責任な名無しさん:2006/09/08(金) 13:17:29 ID:yO/lJAUw
>>285
「あほな言い訳」というのには同意っす。

287 :無責任な名無しさん:2006/09/08(金) 15:06:02 ID:UohaDKLW
>>284>>285
ただ、認定前の債権調査のやり方に、今振り返ると、後ろ暗いところがあるのは、
みんなそうだろ?

288 :無責任な名無しさん:2006/09/08(金) 15:14:49 ID:UohaDKLW
>>286
どうせ言い訳するなら「当時は、サラ金は一般に履歴開示義務を否定して
いて・・・」とか、「みなし弁済も、判決で認められることはままあり・・
・」とか、せめて言えばいいのに。
 もっとも、履歴開示の要求自体は、13年の個人再生の施行がひとつの契機だったが、
そこで、一生懸命頑張っていた書士にしても、せいぜいが、なんとか500万をきれば、最低
弁済額100万になるから・・・というレベルで、個人再生のつもりで債権調査してたら、過
払で全部返せた、なんて自慢話も聞いたことないし・・・・
 この法人の件は、15年9月の受任だそうだが、いちばん、個々の弁護士、司法書士で差が
ついてた頃というのはある。
 まぁ、それ以外にも非司提携の問題とかで、勧告受けてるんで、この人は、どうせアウト
なんだけどね・・・

289 :無責任な名無しさん:2006/09/10(日) 20:23:09 ID:CCbD2K0z
そもそも、どうして「簡裁代理権だけは司法書士にも」ってなったんだ?

弁護士増員の声があがる→
当然のごとく、反対派が存在
(建前:弁護士のレベルが下がる 本音:競争が激しくなるの嫌)→
賛成派から増員の必要性のひとつとして
「簡易裁判所の事件とか、全然、フォローできてない」というのがあがる→
反対派の反論
「増えたって簡裁事件なんか誰もしない。そんなに簡裁事件に代理人が選任
されるようにしたいなら、司法書士にも簡裁事件だけなら代理権上げたら?
司法書士なら喜んでやるかもしれないよ(それで話が終われば、どうせやる
気ない仕事を、かわりに司法書士がやるようになるだけなので一件落着だ)?」


→結果的には、増員することになるが、それまでの中継ぎとして認定司法書士誕生

ってこと?





290 :無責任な名無しさん:2006/09/11(月) 23:18:51 ID:mHNy5NHa
弁護士は比較的低額な事件を受けない。ゼロ地域もある。弁護士をすぐに増やせ

できないよ、時間がかかる。

増員するまで、司法書士にもできるようにする。


291 :無責任な名無しさん:2006/09/11(月) 23:32:51 ID:dGARxj/c
司法書士さんのお仕事だと思うので教えてください。
会社設立の本を読んでいるのですが、定款の謄本は何に使うのでしょうか?
一枚250円とありますが何枚必要なのでしょうか?
また電子認証とその他のものの違いは収入印紙代ということのようですが、
他に違いはあるのでしょうか?

292 :無責任な名無しさん:2006/09/11(月) 23:53:59 ID:dGARxj/c
あと、印鑑証明書って何枚いりますか?
司法書士さんに頼むと幾らくらいですか?

293 :無責任な名無しさん:2006/09/12(火) 00:48:44 ID:vu4i+GJp
あと、捜し物は何ですか?
見つけにくいものですか?
かばんの中も机の中も探したけれど見つからないのに
まだまだ探す気ですか?
それより僕と踊りませんか?
夢の中へ夢の中へ行ってみたいと思いませんか?

294 :無責任な名無しさん:2006/09/12(火) 12:18:45 ID:5v3jVSks
ふふっふー

295 :無責任な名無しさん:2006/09/14(木) 16:03:32 ID:Ublm8YWz
行政書士に聞いた方がいいですよ。司法書士は自分の儲けにならないため
本人が手続をすることを極度に嫌がり、教えてくれません。


296 :無責任な名無しさん:2006/09/14(木) 16:31:04 ID:07JFeDma
ずさんな破産申立をしている司法書士に注意 by弁護士会
http://www.bengoshisoudan.com/column/column041104.html

ヤミ金と手を組んだ司法書士の自己破産ビジネス by読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/yw/yw04042501.htm

みすてないで by全国青年司法書士協議会
http://www.zssk.org/archives/touhaigo/index.html

大阪司法書士会臨時総会訴訟について
http://www.aoitakigawa.com/osakasihoushosi.html

297 :無責任な名無しさん:2006/09/15(金) 22:21:51 ID:jUJh++jW
成年後見:司法書士が法外報酬 1年半で5百万円、処分へ
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20060914k0000m040163000c.html


298 :無責任な名無しさん:2006/09/20(水) 14:41:16 ID:1c8W7SQN
何で出資法改正するんだよ。クレサラで食えなくなるじゃないか!
執行部はおお馬鹿者

299 :無責任な名無しさん:2006/09/20(水) 18:01:15 ID:GW8MuoOJ
心配しなくても、そうはならない。妙な抜け道ができる「おかげ」で、
結局、判例で潜脱は許さない、という流れになる。
零細地場なんざ、法人格濫用して少額枠で多重債務者ぐるぐるまわすに
決まってる。

300 :無責任な名無しさん:2006/09/24(日) 11:10:14 ID:3bDkVI5S
a

301 :無責任な名無しさん:2006/09/24(日) 17:25:42 ID:PrQvXDcm
司法統計によれば、簡裁で司法書士が原告代理人になった事件は
1万6747件で,前年度から7864件の増加。
ちなみに弁護士が原告代理人になった事件は,2万0029件。
双方の絶対数を考えれば、結構司法書士がんばってるみたいよ。
http://www.courts.go.jp/sihotokei/nenpo/pdf/DMIN10~15.pdf


302 :無責任な名無しさん:2006/09/24(日) 22:10:46 ID:63N8N1Il
数より中身で裁判所がイイと言ってくれないと・・・
現状ではいつ無くなってもおかしくない>特例

303 :無責任な名無しさん:2006/09/25(月) 11:25:11 ID:FiJXc5yQ
一応誤解のないように指摘するけど、
簡裁代理制度は一時的な特例じゃなく
司法書士法の本則だよ。廃止するには法改正が必要。

「実績がある」と胸張っていうためには、
ちゃんと統計として残るデータを積み上げるのも重要でしょ。
架空のデータをでっち上げた某資格者団体の要望がどうなったかを
考えればね。

304 :無責任な名無しさん:2006/09/25(月) 12:39:27 ID:8nvB4YmJ
10年、20年で、
「対サラ金に限っては、弁護士より、司法書士のほうが安心」
って世間が言うくらいにならないとだめだな
そうならないと、まじで、どうなることやら

305 :無責任な名無しさん:2006/09/25(月) 16:10:01 ID:8nvB4YmJ
地裁では、司法書士が書類作成で出してくる不当利得返還請求事件が、
いろいろな形で問題になっている悪寒

306 :無責任な名無しさん:2006/09/25(月) 22:26:04 ID:svqy01Lj
>305
どんな悪寒?・・・

307 :無責任な名無しさん:2006/09/26(火) 09:55:26 ID:pxPzOuia
>>304
なぜに対サラ金限定?
目指すべきは「消費者事件の専門家」とか、
「市民間紛争事件の専門家」でよいと思うけど、どう?

308 :無責任な名無しさん:2006/09/26(火) 13:11:31 ID:F1/ImwU+
事務弁護士に昇格できるのはいつの日か。

309 :無責任な名無しさん:2006/09/26(火) 15:10:09 ID:pxPzOuia
センセ、自宅を買った際にはお世話になりました。
実は、今度トラブルに巻き込まれちゃいまして、
虎ノ門まで行くには大変ですし…

という層の受け皿になるのが、法が予定する司法書士のポジションかと。


310 :無責任な名無しさん:2006/09/26(火) 18:01:01 ID:57Ye4kAT
別に交通事故やっても、ペットの医療過誤訴訟やってもいいんだよ。
だけど、サラ金以外の簡裁代理事件だと、普通、1依頼人1事件だから
140万請求事件でも、報酬としては、せいぜい一人の依頼人から40
万弱取るのが精一杯。
実際は、和解で終わらせないと控訴されるんだから、100万前後で和解
しなきゃいけないので、20万前後が精一杯。
さらに、実際に相談受けてると、数十万程度の1事件で依頼考えてる人なんて、
報酬が、10数万円〜20万弱って言われると目に見えてテンション下がってくる・・・
そもそも仕事になんない・・・

そ も そ も 仕 事 に な ん な い



311 :無責任な名無しさん:2006/09/26(火) 18:03:46 ID:57Ye4kAT
それと、弁護士の裁判のやりかたみると、実際は、20万、30万が精一
杯の損害賠償とかを、請求の趣旨的には200万、300万とかで訴えて
いる。
これは、多くは着手金泥棒をしてるわけじゃないんだよ。
300万円で訴えられたほうが、弁護士に依頼しようとすれば、そっちの
弁護士の着手金は、原告の請求額を基準に計算できるのが普通だから、
これくらいで訴えりゃ被告は、弁護士立てるだけで、10万、20万は
着手金を出損しないといけない。
それで、被告から相談受けた弁護士も、「20万くらいで和解したら」
とかアドバイスしたりする。
原告の弁護士も「実は、判決出ても30万がいいところですからね〜、
これで和解したら?」と原告にアドバイス。んで速攻で裁判外和解。
そんなかけひき司法書士には出来ないわけで・・・

裁判一般で考えたら、能力差の問題以前に簡裁限定代理権なんてのは、
しょせん、そういうところで、簡裁の枠にはまってるということで、
弁護士に対して大きなハンディなんだな。。。

だいたい、簡裁事件のほとんどが一方当事者はサラ金か信販なので、
司法書士の自身の意思とは関係なしに、「簡裁代理≒対サラ金、信販」
になるようになっている

また、司法書士全体に、反復・継続してくる仕事でなきゃ、弁護士との
ポテンシャルの差は歴然とするから、おのずからサラ金・信販会社に限
定されるようになってる。
普通に考えて、とてもマイナーな内容の事件を与えられた時の処理能力
の差は「越えられない壁」があるよ。
唯一、弁護士を司法書士が超えることがあるとすれば、多くの司法書士が
経験とノウハウと最新の情報を蓄積していってそれを共有することが可能な
対サラ金訴訟だろうな、ということだす。
一人の依頼人が何件も事件抱えてやってくるしね。他の類型では、基本的に
それは無い

312 :無責任な名無しさん:2006/09/26(火) 18:37:16 ID:YPJn18Ne
でもサラ金訴訟は法改正でもうすぐなくなる。先細りなんだよ。

313 :無責任な名無しさん:2006/09/26(火) 19:37:40 ID:57Ye4kAT
今が一番良い時代の悪寒はあるけど
改正後は、
登録の零細がほとんどやみになって、保証会社の濫用とかも増えるので
そういう関係の事件が増える。
いまでも、登録ヤミ金なんて超おいしい仕事と化しているんだが?
20万前後の不当利得を2,3日で振り込んでくるし。
どうせ、少額特例がとおったら、サラ金は法人格濫用してグループ企業
で回したり、少額枠開始後、一定期間で増枠したら、潜脱になるの、な
らないのとか、貸付を細分化して、貸付総額が一定期間で少額枠超過し
たらどうなるの?とか・・・そういう裁判になっていくだろう
例えば、(アイフル、ライフ、トライト)(アコム、キャッシュワン)(プ
ロミス、クオークローン)で少額枠で顧客転がしたりとかが絶対問題になる。
それに過払金の時効は10年だよ。破産と個人再生もあるし。いまは過払の
せいで、そっちが拷問みたいな仕事になってるし


314 :無責任な名無しさん:2006/09/27(水) 09:13:02 ID:1e756es1
これからは訴外和解とADRがメインになるんじゃないの?とくにADRは
民間が参入するからね。今、アメリカでは訴外での和解交渉人(資格不要)が
人気らしいが、日本でも定着するかな?

315 :無責任な名無しさん:2006/09/27(水) 09:19:23 ID:1e756es1
ADRがどう化けるか?今まで難攻不落であった民事紛争案件に堂々と
民間が参入するわけだ。今までのような裁判所と弁護士の蜜月あるいは論理が
民間の圧力に耐えられるだろうか。

316 :無責任な名無しさん:2006/09/27(水) 09:43:50 ID:9nQez3jq
>>313
1業者当たり5000万の保証金が必要だから、5件法人をつくろうとしたら2億5000万円
濫用なんてありえない。

317 :無責任な名無しさん:2006/09/27(水) 10:14:51 ID:MkLoTvO7
ADRもいいけど、家事審判事件こそ司法書士がちゃんとしたサービスを提供できて、
かつ法律家として活動するだけの報酬も確保できる分野だと思うけどね。

忘れられた検討課題だけど、来年は簡裁代理5周年の制度見直し時期なので、
17,000件受任の統計は朗報だと思う。

318 :無責任な名無しさん:2006/09/27(水) 17:29:27 ID:Tz9QiQ9P
>>316
そりゃあ東京都(1)業者も大変ですね
www.consumer.go.jp/21seiki/pabukome/3syokeiyaku2.pdf

319 :無責任な名無しさん:2006/09/27(水) 17:35:00 ID:Tz9QiQ9P
>>318
www.fsa.go.jp/news/newsj/17/20060331-7/07.pdf

320 :無責任な名無しさん:2006/09/28(木) 05:55:43 ID:Kt1p4tDJ
家裁・破産&民事再生からの締め出し圧力圧力が強まっている。
弁護士増加と裁判所が司法書士作成書面に対して怒っているから。

法律相談についても破産・民事再生への振り分けのアドバイスは司法書士業務の
範囲外という厳格適用を弁護士会がいくつかの裁判所に申し入れているようだ。

321 :無責任な名無しさん:2006/09/28(木) 08:13:55 ID:DVuoYygh
<成年後見>問題契約の司法書士 候補者名簿から削除
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060928-00000019-mai-soci

東京都文京区の司法書士(50)が男女計3人と交わしていた契約内容に問題があるとして、
社団法人「成年後見センター・リーガルサポート」は27日、同司法書士を
財産などを管理する後見人候補者名簿から削除した。

これにより、事実上後見活動ができなくなる。
この司法書士は、成年後見契約などを結んだ女性(77)から1年半で約500万円を受領し、
「報酬が法外」と返還を求められていることが、毎日新聞の取材で明らかになっている。


322 :無責任な名無しさん:2006/09/28(木) 09:01:13 ID:ybz1+vfF
>>320
簡裁代理権を得てからは同時廃止事件や個人再生なんかについては
司法書士のほうが丁寧に事件処理してると思うがね
その上安いし
地元の弁護士さんの話を聞いてるとそう感じる

というより弁護士でもいい加減な奴、民事再生法の知識がない奴は
いっぱいいるのに、そいつらはスルーして、司法書士については
いい加減な奴が1人でも目に付けば徹底的に叩くといったところだと思うが

323 :無責任な名無しさん:2006/09/28(木) 09:02:55 ID:rFnwcIJA
>>320
それは司法書士法3条4号、5号をどういう解釈してるんだ?
ネット上に見れるところあります?

324 :無責任な名無しさん:2006/09/28(木) 10:16:36 ID:QPkWPxh1
司法書士が裁判所から締出されてるなんてガセ。
統計が物語ってるっしょ。

325 :無責任な名無しさん:2006/09/28(木) 12:49:49 ID:cqC6QeLN
どっちでもいいよ、破産も再生も跡形も無く激減するだろうし。

326 :無責任な名無しさん:2006/09/28(木) 13:27:13 ID:rFnwcIJA
今は減ってるが、引き直しが効かなくなれば、また増えるだろ?

327 :無責任な名無しさん:2006/09/28(木) 13:37:49 ID:Kt1p4tDJ
>323
注釈どおりの解釈。
簡裁代理研修のときの弁護士講師の配付資料に同じ。

328 :無責任な名無しさん:2006/09/28(木) 14:19:15 ID:cqC6QeLN
>>326 近い将来借金の総額が多くても150万円になる総額規制が
あるから、破産とりわけ民事再生は激減するでしょう。普通のアルバイト
でも150万円で利息カットの任意整理をすればまず破産案件とはならない。
任意整理自体も債権者は今後はYESとは言いにくくなってくるだろうが。

329 :無責任な名無しさん:2006/09/28(木) 17:52:11 ID:rFnwcIJA
>>327
ざっと読みましたが、
「いかなる趣旨内容の書類を作成すべきかを判断することは、
司法書士固有の業務範囲には含まれないと解すべき」とかいう、
s29年の民事局長回答のことですか?
「破産すべきか個人再生にすべきかを判断(アドバイス)することは、
司法書士の業務には含まれないと解するべき」と?

「通常は、依頼者の依頼内容を法律的に整除するための相談」(注釈)
 →
「借金がたくさんで首が廻らないからどうにかしたい・・・・」
 から始まって、ああだ、こうだと話を聞いて
「破産(個人再生)申立すべき、ということになるでしょうね」

だめかなぁ


330 :無責任な名無しさん:2006/09/28(木) 18:22:08 ID:rFnwcIJA
>>328総額規制
少額・短期の特例と同様、通常訴訟のつかみどころになるから
むしろ司法書士や弁護士の新しいお仕事のネタだと思うけど
現実にどれだけ貸金業者が守れるかも込みで考ると、とくに
みなし弁済だって、こまか〜い要件作っておいて、合法化
しておきながら、業務の実際はまるで守れてないってところ
から始まり、いまのような状況に至るわけで。
総額規制で言えば、「払えれば、もんだいねぇだろ」という
感じで貸し付けて、債務整理に入ると、これを根拠に減額でき
ると言う形になるのがオチになるとしか思えない。

破産や再生はめんどくさいから、その代わり貸金業者相手の
裁判の類型が増えるなら、そっちのほうがいいや

依頼人片っ端から裁判で総額規制違反で減額の債務額確認訴訟
して、総額150万円に落としたうえで、和解で整理みたいな
仕事の仕方が基本の世界になるのでは?
そしたらむしろ破産の嫌いな自分には夢のような話

331 :無責任な名無しさん:2006/09/28(木) 19:51:44 ID:GaZ+3tEG
大手3〜4社以外はこの改正法じゃ間違いなく営業していけないから
そもそも貸金業登録さえ極論すればいらなくなるが、それでも大手
以外が貸金業をやるとすれば違法貸付しかありえない。今後もし
債務整理業があるとしたらその辺になるだろう。まったくのアウトサイダー
のヤミ金と大手消費者金融の間の登録ヤミ金がどうなるかで今後の
方向性が決まる。

332 :329:2006/09/28(木) 20:07:06 ID:rFnwcIJA
注釈に載ってる先例や裁判例は
司法書士が書類作成者で訴状等を作成する場合は、登記同様、その内容で
いいのか、依頼者に対する意思確認が必要であるという意味に自分は理解
しているのだが、「依頼人の意思確認」とかいう言葉が弁護士の辞書には
ないんだろうな

333 :無責任な名無しさん:2006/09/28(木) 20:51:56 ID:sb1bHwkE
>「いかなる趣旨内容の書類を作成すべきかを判断することは、
>司法書士固有の業務範囲には含まれないと解すべき」とかいう、
>s29年の民事局長回答

「司法書士タイプライター説」か? こりゃまた化石もいいとこだな。
いまどきそれじゃ実務が回らないのは現場の人間なら誰でもわかってること。
喰えない弁護士どもが既得権益にすがってるだけだろ。

334 :無責任な名無しさん:2006/09/28(木) 21:32:04 ID:QPkWPxh1
つか多重債務者が主体的に
破産か再生か特定調停か過払金請求訴訟か任意整理か決められないっしょ。

弁も分かっててブラフかましてんだよ。

335 :無責任な名無しさん:2006/09/29(金) 10:21:37 ID:Z7mvT3F+
>>333
そもそも、その回答民事局長が「タイプライター説」を唱えたつもりなのか
どうか
「判断することは」っていうのは依頼人に対する意思確認なしに勝手に書いて、
裁判所に提出してしまうことだと思う。
少なくとも、注釈に2つあげられている裁判例はそういう趣旨のはず。

336 :無責任な名無しさん:2006/09/29(金) 21:46:58 ID:zYM3ke2K
「司法書士は単に書類の作成に止まることなく、
実体関係に立ち入らなきゃいけない」みたいな
法律構成で、司法書士に対する損害賠償責任を
認めた判例なかったっけ?

337 :無責任な名無しさん:2006/09/29(金) 22:24:19 ID:Z7mvT3F+
それは取引立会がらみの裁判じゃなかったかな
もっとも、取引立会を弁護士法違反という弁護士も存在するんですが

338 :無責任な名無しさん:2006/10/03(火) 18:59:35 ID:3bhQHW40
問題
次のうちで、認定司法書士が代理できるのはどれ?

1)150万円の債務(利息制限法範囲内の約定利率)について
  債務総額を毎月15万円の10回払いで完済とする和解契約
2)600万円の貸金(利息制限法範囲内の約定利率)について
  3年間支払を猶予、3年後に一括返済する、とする和解契約
3)200万円の債務を引き直し計算したところ150万円になった
(貸金業者側がその旨の債権届書を認定司法書士に送付したものとします)
  この150万円を一括返済するとする和解契約
4)200万円の債務を引き直し計算したところ150万円になった
(貸金業者側がその旨の債権届書を認定司法書士に送付したものとします)
  この150万円を毎月12万5,000円12回払いで完済する、とする和解契約

 

339 :無責任な名無しさん:2006/10/03(火) 19:13:18 ID:3bhQHW40
問題
次のうちで、認定司法書士が代理できるのはどれ?

5)200万円の債務を引き直し計算したところ10万円になった
(貸金業者側がその旨の債権届書を認定司法書士に送付したものとします)
  この10万円を一括払いで完済する、とする和解契約
6)200万円の債務を引き直し計算したところ10万円になった
 ところが、貸金業者は個別計算等を主張するため、引き直し計算しても
 160万円であると主張している
  結局、債務額を50万円と確認したうえで、一括返済する、とする和解契約


340 :無責任な名無しさん:2006/10/03(火) 19:20:55 ID:3bhQHW40
問題
次のうちで、認定司法書士が代理できるのはどれ?
7)350万円の債務を引き直し計算したところ200万円になった
 ところが、貸金業者は個別計算等を主張するため、引き直し計算しても
 250万円であると主張している
  結局、債務額を200万円と確認したうえで、
  3年間36回払い(毎月約5600円)で完済とする和解契約

341 :無責任な名無しさん:2006/10/05(木) 09:00:14 ID:EvqYUZEY
>>338
(2)のような額で不動産担保ついてるような案件は良く相談があるが
相手と交渉していいのかね?街金がらみが多いが。
引きなおしの可能性もほとんどないし、金額の折り合いをつけて
競売取り下げやら抵当権抹消の交渉をするわけだが。
まあ、アイフルとか以外は弁護士に振ってるけど


342 :無責任な名無しさん:2006/10/05(木) 11:28:26 ID:Tq2/7ZhT
>>341
2)は『注釈司法書士法』で「範囲内」とされている
紛争の価格は600万×0.05×3=90万だから
全然おk
140万円までになった
いまなら900万円くらいの3年間期限猶予もおk

343 :無責任な名無しさん:2006/10/05(木) 16:16:40 ID:q1rkYM/R
全部出来る


344 :無責任な名無しさん:2006/10/05(木) 19:58:11 ID:Tq2/7ZhT
>>339
5)とか、そもそも和解じゃないかも

345 :無責任な名無しさん:2006/10/05(木) 20:48:03 ID:Tq2/7ZhT
>>341
うわ難し

折り合いをつけた額(一定額の免除を受けた額)を
一括返済して、被担保債権が消滅するから抹消するのであれば、
140万≧被担保債権の免除額 ならおk?
理由:「紛争」は被担保債権の金額がいくらか?という部分のみで、
いったん、免除して「これで債務総額」という和解が成立すれば、
業者が何か主張しない限りは、被担保債権が弁済されたら、抵当権
が消えるのは、あたりまえのことで、「紛争性」がないから?


抵当権の実体上の存否に紛争性があれば、
140万≧土地の評価額×2分の1×2分の1+建物の評価額×2分の1
ならおk?
債権額が、評価額よりも大きい場合は、訴額に債務額は無関係
小さすぎると逆にそちらが訴額の根拠になるが

田舎の更地なら評価560万円以下の土地とか無いわけじゃないし、
中古建物のみの設定なら、280万円以下の評価額になることは
けっこうありますねぇ

教えてエロい人

346 :無責任な名無しさん:2006/10/05(木) 21:03:54 ID:Tq2/7ZhT
http://www.i-less.net/paper/060816.html
例えば、こういう事件で、損害賠償の請求はしなければ、
訴額は、土地の評価額×2分の1×2分の1+建物の評価額×2分の1
で算定するんですよね?

347 :無責任な名無しさん:2006/10/07(土) 17:18:51 ID:yBmUCAnq
過払金請求において
訴額が
イ)0%算定だと140万以内、5%算定だと140万超過
ロ)5%算定だと140万以内、6%算定だと140万超過

それぞれの場合において、a)裁判外で交渉する場合
            b)裁判を提訴する場合
にわけて、
交渉技術上、訴訟戦術上の観点、及び司法書士倫理上の観点から
注意点を解説してください。

348 :無責任な名無しさん:2006/10/07(土) 19:51:03 ID:X+4BGzKP
ずさんな破産申立をしている司法書士に注意 by弁護士会
http://www.bengoshisoudan.com/column/column041104.html

ヤミ金と手を組んだ司法書士の自己破産ビジネス by読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/yw/yw04042501.htm

みすてないで by全国青年司法書士協議会
http://www.zssk.org/archives/touhaigo/index.html

大阪司法書士会臨時総会訴訟について
http://www.aoitakigawa.com/osakasihoushosi.html

成年後見:司法書士が法外報酬 1年半で5百万円、処分へ
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20060914k0000m040163000c.html

349 :無責任な名無しさん:2006/10/08(日) 17:43:13 ID:MkR02gmJ
例えば、
5%で訴額165万円程度だが、0%で138万円になる場合。
もともと、和解内容としても、138万回収できれば十分
という場合。

提訴前交渉では、「代理人」として
「138万払え。払わなきゃ裁判するよ。その場合は悪意受
 益の主張もする」
っていうやり方をとる同職がいるとしたら、みなさんはど
のように思いますか?


350 :無責任な名無しさん:2006/10/22(日) 19:10:10 ID:WMKaqQBt
弁護士は業務として登記の看板掲げるのOKなの?

351 :無責任な名無しさん:2006/10/24(火) 23:52:20 ID:bVTO+1sW
あまり考えにくい話だが、確かに謎だね・・
でも、会社法務などは、会社の内部的な実体上の動きがある以上、登記義務がある(ものがある)わけで、それが済んで完了となるんでしょ
不動産は言わずもがなだしね
やはり実体があり、登記をして完了っつー流れなわけだから、看板出してもOKなんだろーね



352 :無責任な名無しさん:2006/10/25(水) 11:25:41 ID:e7i0C2JR
多分看板は無理でしょ 仮に看板が増え出したら埼玉訴訟のリベンジだろうな

353 :無責任な名無しさん:2006/10/25(水) 13:01:46 ID:bS7e/Fzs
司法書士が勝手に弁護士が登記やりだすっていってるだけのような気がするけど
とうの弁護士が「登記でもやらないとこれからは喰っていけないのかなぁ」
なんて言ってるの?

354 :無責任な名無しさん:2006/10/26(木) 12:25:18 ID:tbv7F9Vv
登記業務ができる以上,看板出すのは問題ないだろぽ

月報に英国のソリシタ事情がのってたけど,
訴訟業務で十分に稼げない収入を不動産譲渡業務で補ってると
書いてあったぽ
埼玉訴訟原告の弁も,訴訟業務で食えずに登記やってた弁だと
飲み会で先輩に聞いた事があるぽ

355 :無責任な名無しさん:2006/10/26(木) 13:41:48 ID:l50NsnPo
俺の知り合いの弁は、貸金業法改正と弁護士増員を睨んで大々的に登記業務に進出する計画だと言ってたぞ

356 :無責任な名無しさん:2006/10/26(木) 22:03:52 ID:fs6/Wgfa
んじゃ、大手不動産とか、銀行とか、もともと顧問法律事務所はあるから、
今そういうところ抑えてる大手司法書士事務所は、
顧問法律事務所がその気になったらそれまでなわけ?

357 :無責任な名無しさん:2006/10/26(木) 23:17:38 ID:fv8tjyYG
>>355 非司になるのかもよ 
    知り合いの書士は登記だけを請け負う業務としては弁護士でもできないと
    言っていた。
    グレーなんだよなだけど はっきりさせてもらいたいものだ

>>354 顧問会社の役員変更登記だかなんかを申請したんだよ
    んで( ゚∀゚ )書士会が弁護士は登記を出来ません云々の手紙を
    その会社に送ったわけよ それに憤慨した弁護士が訴訟を起こしたと
    訴訟で食えないからじゃないと思う

>>356 訴訟業務と並行して登記業務はできないぞ絶対
    登記で食っていきたいのなら書士で十分だったじゃんって話になるよ

358 :無責任な名無しさん:2006/10/26(木) 23:32:40 ID:fs6/Wgfa
>>357
>>グレーなんだけど

埼玉訴訟って司法書士負けたよね?

359 :無責任な名無しさん:2006/10/26(木) 23:59:23 ID:fv8tjyYG
>>358 負けた負けたボロ負け まったく根性ないよな埼玉会は
    グレーってのは他業種尊重みたいなことかな
    もちろん弁護士なら登記申請いいだろうね
    でも何でも屋に成り下がった弁護士にもう訴訟の道はない
    ってのが弁護士の意識にあるから現状は登記に手を
    出さないのかもね 
    ロー生もあがってくるし はやく弁護士の職域をせばめてもらいたい
    ものだ

360 :無責任な名無しさん:2006/10/27(金) 08:53:39 ID:GW+ynU0V
判決、和解の書類持って
弁の事務とか来るけど
それがなくなったら
やばい、と考えたほがいいのか?

361 :無責任な名無しさん:2006/10/27(金) 09:29:30 ID:RCCVnLYX
個人的に弁護士増員っていっても
今の段階で確定してるのは「試験合格者の増員」にすぎない
現に、とうの弁護士の世界でいわれてるのは、新人の就職難
の問題ばっかりで、結局弁護士そのものの数はそんなにふえない
かも
自分らと違って、弁護士って、基本的に合同事務所ばっかりだし
人の事務所に就職できないのが、自分で独立開業してもクレサラ
専門状態でやるのが関の山だろう。
そういう意味では、クレサラ専門の司法書士には脅威には違いない
けど、そんな弁護士が登記に手を出す流れにはならないと思うけど

362 :無責任な名無しさん:2006/10/27(金) 10:03:40 ID:Ovl7K2mu
違うんだよな。有資格者を大量に雇用してやらせるのさ。弁が自分でやるんじゃないよ。


363 :無責任な名無しさん:2006/10/27(金) 10:42:30 ID:euwkQA8J
「法律相談」の看板だと社会的経済的に弱い人も集まってきちゃうけど、
「登記相談」の看板なら不動産持ちとか会社持ってる人に
限定できるわけだから、逆にオイシイと思うけどね。

「弁護士」のブランドが今後どうなるか。

364 :無責任な名無しさん:2006/10/27(金) 12:38:09 ID:RCCVnLYX
>>362
だったら、イソ弁先もないぺ〜ぺ〜新米弁護士の出来るまねじゃないし
弁護士が増える前から、銀行や不動産屋の顧問法律事務所がやりそうな
もんだが・・・


365 :無責任な名無しさん:2006/10/27(金) 12:55:15 ID:Ovl7K2mu
今は大法律事務所も事件減ってるから、だんだん今までみたいに殿様商売
できなくなってきたんだってさ。

366 :無責任な名無しさん:2006/10/27(金) 16:28:07 ID:euwkQA8J
弁護士が登記やって、司法書士が訴訟やるようになったら、
一元化もない話じゃないね。

367 :無責任な名無しさん:2006/10/27(金) 17:36:03 ID:RCCVnLYX
親しい同職が、法人から「負けてもいいからしないといけない(※)裁判」
の書類作成を受任する話になってたんだが、弁護士に「着手金○○○万円で
やるから〜(>А<)ぉ願ぃぃぃぃ」って言われて持ってかれたとか、そう
いう話は聞く

*例えば、時効援用されたらお終いとか分かっていても、ちゃんとした法人
的には、いちおう裁判して敗訴判決貰わないと処理できないので、そういう
のがある

368 :無責任な名無しさん:2006/10/30(月) 12:07:24 ID:22eu7Sye
弁が年間3,000人とか下手したら9,000人とかってペースで増えてくのに、
中途半端な権限もらって一元化されてもしょうがないでしょ。

いずれ登記原因証明情報や識別情報が廃止されるときに、
仏独みたいな登記公証やりま〜すってことにした方が、
オイシイし、司法書士のステータスも上がるよ。

369 :みうら:2006/11/02(木) 21:05:12 ID:GDPhSqyl
私も、そういう裁判しようかな。
終戦時から第三者占有あるのに、援用してくれない。

370 :無責任な名無しさん:2006/11/08(水) 17:17:31 ID:zcMTAS/E
司法書士って事故示談交渉は出来ますよね?
示談書の作成は出来るのですか?
今代理人司法書士って書いてある示談書が届いたのですが法律的に有効なのですか?

371 :無責任な名無しさん:2006/11/09(木) 03:00:56 ID:9j+ELBLn
額にも依るが示談できるよ 要は法的に和解するわけだから代理人として当然に有効だよ
紛争の額が140万までだけど

372 :無責任な名無しさん:2006/11/09(木) 14:36:27 ID:AO8NQZ09
なんで140万なんだろ?

373 :無責任な名無しさん:2006/11/09(木) 21:38:44 ID:4CZCkKdp
140万超過しててもいいけど・・・
非弁委員会は告発してるぞ。>東京
気をつけろ。

あしたは研修だ。

374 :無責任な名無しさん:2006/11/09(木) 22:56:59 ID:wjHS8KdU
何の研修?

375 :無責任な名無しさん:2006/11/10(金) 22:45:22 ID:7svcxGtf
それでもいずれは地裁の代理権も獲得なりますわ。それまで我慢

376 :無責任な名無しさん:2006/11/10(金) 22:59:59 ID:oAiXcE/e
地裁の代理権の取得も意外と早いかもな。
後5年もすれば、司法書士に地裁と家裁の代理権
取得あるかも。


377 :無責任な名無しさん:2006/11/10(金) 23:16:55 ID:oClOFcJr
ないないw
願望にしても高望みしすぎ。

378 :無責任な名無しさん:2006/11/11(土) 01:29:28 ID:aGmVcRNj
うーん、金曜の支部研修は書記官を招いて破産・再生のもの。

面白かったが、時間が足りなかったようだ。貴重な話は聞けた。
ローは癌だということは認識が一致しているようだ。

379 :無責任な名無しさん:2006/11/11(土) 20:28:39 ID:6C4W+Oqa
>>378
詳しくお願い or2

地裁一般の代理権とまで言わないけど

相手方登録貸金業者なら無制限
ってなんねぇかな〜

言い方かえると、ちゃんと簡裁でやってりゃ、そういう話になりうるし
ならなきゃ、「やっぱり司法書士なんてwwwwwwwwwww」って、裏じゃ言わ
れ続けているということのように思うけどね

380 :378:2006/11/12(日) 02:19:55 ID:rvRAhdub
北陸地方の支部研修で書記官2人がきた。

主任書記官は破産全般の話。同廃・管財の振分、少額管財の運用指針とか。基本
的な話。全般的に無難に話していた。
もう一人は、若い書記官が再生の話(簡裁代理の研修講義のときと同じ人)
要約すると私らは「債務者寄りになり過すぎだよ、ゴルァ!弁護士増えて今まで
のような雑な処理すると弁護士を個人再生委員に全件つけるぞ、ゴルァ!」って
って感じです。他には、裏事情的なものとか運用や実状についての話。掘り下げ
て話してくれただけに実務本にものってない話をしてくれた感じ。
もうちょっと時間をとってもらってレジメでも配布してくれればもっといいもの
になっただろうだけに残念。
「ローが癌」というのは若い書記官の話を聞いた後で話していた書士同士での話。

381 :無責任な名無しさん:2006/11/12(日) 02:53:45 ID:cFVKyJGh
「雑な処理」って具体例があげられたのなら詳しく or2

382 :378:2006/11/12(日) 03:50:38 ID:rvRAhdub
レスついてたのか。もう寝ようと思ってたから簡単に書くと、
補正の連絡がいかないようにしてくれってのと、通帳みて他からの借り入れがないか
見ておくことと給与明細や聞き取りで就業先からの借り入れがないか見とく
それから否認対象行為にも気を配れとさ

383 :無責任な名無しさん:2006/11/12(日) 12:01:23 ID:GkYMBo2T
どっちにより過ぎてるかは、自身がバランス崩してること自覚してリャ
自己復元可能だし問題ないと思うが。てかクレ依頼者擁護の急先鋒は弁
に多いと思うが。追随組が大半でねえか?
どっちよりかというのをクレサラだけで考えるなら
何年かかっても全額返せ、とするか、チャラにするか
の価値判断だけでそ?。ならその判断は申立前にみんな
開示すっから裁判所で判断してくれても。。無理か。
非訟的性質なんだからそこまで踏み込んでもいい気がするが。
雑さは、どっちよりかとは別論だけどね


384 :無責任な名無しさん:2006/11/12(日) 12:44:14 ID:cFVKyJGh
>>通帳みて他からの借り入れがないか 見ておくことと
給与明細や聞き取りで就業先からの借り入れがないか
見とく ・・・・

そんなレベルで書記官が
「弁護士はこんな手落ちないのに、司法書士ときたら〜〜〜」
とか思っているとしたらショックだ・・・・
法律の理解力の問題とかじゃなくて、何回やってわかっていても
散々書類持ってくるのまたされて、やっともってこられると、
つい、ぽ〜んとだしちゃって、その後、裁判所から指摘されて
「 あぁぁっ・・・・orz 」
っていう話だからなぁ、そういう失敗って。
書記官同様、いっぺんに全部揃えて持ってくるのを査収
する作業だったら、そんなの見落としたりしないんだけ
どね。まあ、いい訳だけど。

ただ、同職同士で話してて「え?」って思うのは、
「司法書士の管財事件アレルギー」みたいなものかな
個人的には、もう、最近は、
「破産事件は、少額管財であたりまえ」
くらいの感覚でしてるけど
なんか、いまだに、少し強引なことしてでも避け
なきゃっていう意識の人多いような気がする

そのへんが「否認対象行為にも気を配れ」には
含められてるのかもしれないな

385 :378:2006/11/12(日) 13:52:20 ID:rvRAhdub
おっす。今日も頑張って引直刑算中。

法律論については正直な話、私の勉強不足に気づかされた。
 退職金の8分の1の根拠とこれに関する高裁の裁判例
 退職金担保に関する判例(鉄鋼会社の最高裁のもの)
 生保の契約者貸付の処理について
 マンションの修繕積立金未納時の住宅資金特別条項
 小規模個人と給与等の振分基準
 清算価値の基準時
この辺は初耳だらけでしたort
 

386 :無責任な名無しさん:2006/11/14(火) 11:01:01 ID:q1FwEH5W
成年後見やってる人にとっては家事代理は便利かもしれんが,地裁以上の代理はいらんだろ。

司法書士は不動産物権法と相続法と会社法の専門家でよし。

387 :無責任な名無しさん:2006/11/15(水) 02:24:21 ID:HWgRiGny
>>378
もうちょっと詳しく。


よく地裁レベルで職員が研修に来たな。

388 :みうら:2006/11/17(金) 20:36:46 ID:cP7SlQBk
簡裁の限度額撤廃の方がいいでしょうね。
 複雑事案は、もちろん禁止で。

簡裁事件であれば、限度額をなくして、簡裁代理とかさ。

合意管轄したりすれば、上は現在も可能ですが。

389 :無責任な名無しさん:2006/11/18(土) 02:22:54 ID:63zSeYBY
1 名前:口中たん(070111)φ ★[sage] 投稿日:2006/11/18(土) 02:14:13.61 ID:???
原付バイクを飲酒運転したとして、名古屋法務局は17日、
同局の玉越義雄・訟務部長(54)を減給100分の10、3カ月の
懲戒処分にしたと発表した。名古屋区検は同日、玉越部長を道交法違反の罪で略式起訴し、
法務局は同日付で局付検事に降格する人事を発令した。玉越元部長は裁判官出身。
04年4月に名古屋高裁判事から検事として同局に出向し、訟務部長を務めていた。

同局によると、玉越元部長は先月27日午後6時から約1時間半、
名古屋市中区の同局が入っている合同庁舎内の食堂で同僚との懇親会に出席、
ビール大瓶1本を飲んだ。さらに同8時ごろから約1時間半、中区の居酒屋での
2次会でビールを飲んだという。


記事全文
毎日新聞 2006年11月18日 1時50分
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20061118k0000m040167000c.html

390 :無責任な名無しさん:2006/11/18(土) 17:57:59 ID:kBr7wGrB
ずさんな破産申立をしている司法書士に注意 by弁護士会
http://www.bengoshisoudan.com/column/column041104.html

ヤミ金と手を組んだ司法書士の自己破産ビジネス by読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/yw/yw04042501.htm

みすてないで by全国青年司法書士協議会
http://www.zssk.org/archives/touhaigo/index.html

大阪司法書士会臨時総会訴訟について
http://www.aoitakigawa.com/osakasihoushosi.html

391 :無責任な名無しさん:2006/11/30(木) 00:16:42 ID:WtAzzYk2
同僚の司法書士で、事務所にヤバイ奴がいるよ〜
ドタバタドタバタすっげー物音がうるさい
心臓に悪い

社会人時代に人間関係の形成に失敗したらしく、
合格したものの受験勉強でさらに精神を病んだみたい・・・

奴は独立開業するつもりらしいけど、あれじゃ客は寄りつかんと思う
補助者を雇ってもすぐにやめていく画が予想できるよ

早く病んでることに気づいてほしい




392 :無責任な名無しさん:2006/11/30(木) 20:51:37 ID:opP/iTd4
>>384
破産と過払金について、とんでもない書き込みしているのも居るから
益々少額管財は増えるでしょうな。

393 :無責任な名無しさん:2006/12/27(水) 23:31:58 ID:RXR+zuy5
司法書士事務所の従業員は同和出身者の隠れた職場。

394 :無責任な名無しさん:2007/02/01(木) 22:10:40 ID:E5CMqBPg
第6回はじまりましたよ

395 :無責任な名無しさん:2007/02/02(金) 22:57:12 ID:wyLw0nAr
過払い以外の一般民事やってる?

396 :無責任な名無しさん:2007/02/04(日) 01:31:18 ID:pJsCXSsz
司試脱落組のキモヴェテ書士は異常にこの資格へこだわる。普通に会話ができるようになることからはじめないと食えない奴多いのに。司試キモヴェテに仕事おすえんのマンドクサー

397 :無責任な名無しさん:2007/02/04(日) 09:27:55 ID:yuIweCQY
と無資格低学歴が申しております

398 :無責任な名無しさん:2007/02/04(日) 09:30:59 ID:pJsCXSsz
>>397
キモヴェテ釣られてバロスwww

399 :無責任な名無しさん:2007/02/04(日) 09:50:40 ID:yuIweCQY
図星だったようです

400 :無責任な名無しさん:2007/02/04(日) 10:04:12 ID:pJsCXSsz
>>399 ほんと無資格低学歴カワイソ。泣けてきた。

401 :無責任な名無しさん:2007/02/04(日) 20:33:00 ID:In6400FZ
それより、一時期盛り上がっていた司法書士の名称を
「弁事士」や「法務士」にするって話はどうなって
しまったんだ?

402 :無責任な名無しさん:2007/02/05(月) 05:24:28 ID:7NZx7cSp
↑行書と合わせて代書屋でよし

403 :無責任な名無しさん:2007/02/08(木) 23:12:46 ID:bJkmG+wE
「弁護士なしの破産排除」−東京地裁に改善求める

ttp://www.hokkoku.co.jp/newspack/syakai2007020801000448.html

 自己破産手続きをめぐり、弁護士に依頼しない本人による破産申し立てを東京地裁が事実上排除しているとして、司法書士らの団体や多重債務者の支援団体が8日、同地裁に改善を求める要望書を提出した。
 要望書などによると、東京地裁が2005年に受理した自己破産の申し立ては約2万5000件で、うち弁護士の付かないケースは100件以下。全体の1%に満たないが、ほかの地裁では20−30%程度という。
 これに対し、東京地裁は「代理人の弁護士が付いていることを前提に、総費用が安く迅速な『少額管財』という仕組みを採り入れているため、弁護士が付かない割合は低くなるが、排除しているわけではない」と話している。


404 :無責任な名無しさん:2007/02/09(金) 21:01:38 ID:H6cihyKn
行政書士に商業登記なんてくれてやればいいんだよ。
その代わり、許認可や書類作成の代理権をもらった
方がメリットが大きい。
その後に弁事士か公事士に名称変更すればいい!

132 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)