5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

安楽死を合法化しよう

1 :無責任な名無しさん:04/02/09 23:17 ID:4nsZo5uZ
自殺したい人は、死に伴う苦痛からその意志を遂行できないというジレンマに陥る。
これは大問題だと思う。
個人の死の自己決定権は、生の決定権と同様、国家が最大限の尊重を
示し、保証すべきであるという理由から安楽死を完全に合法化すべきである。
勿論、末期患者に限らずに、人生に疲れた、世の中とはウマが合わない等の
理由から自殺願望がある人達にも安楽死適格を与えるべき。

これはマクロ的には社会から無駄な人間を排除する副次的効果も期待できる。
(死にたい奴は死ねばいい、だからその手助けをして容易にしてやれば、失業率も社会保障問題も改善)
ミクロ的には不意の自殺者による遺体処理等に係る社会経済的損失を解消できる。
(駅のホームでの飛び込み自殺を起因としたダイア運行停止等の解消)
つまり、個人の人権保障が達成されるのみならず、近代合理主義に合致する制度と言える。

日本は世界に先駆けて死の自己決定権を確固たるものにしよう。

2 :無責任な名無しさん:04/02/09 23:26 ID:4nsZo5uZ
安楽死合法に賛成で法律に詳しい人は草案を作ってください。

3 :無責任な名無しさん:04/02/09 23:41 ID:Q416c0Ed
>勿論、末期患者に限らずに、人生に疲れた、世の中とはウマが合わない等の
>理由から自殺願望がある人達にも安楽死適格を与えるべき。

そんな恐ろしい法律は要りません。

4 :無責任な名無しさん:04/02/09 23:49 ID:4nsZo5uZ
>>3
それはあなたがいらないだけです。
必要としている人もきちんと存在します。

5 :無責任な名無しさん:04/02/10 00:00 ID:9iAcjOvF
死にたければ勝手に死ねという人がいるけれど、
失敗したら現行制度下では救命に保険医療費がかかるし、
植物人間になったらそれこそ大変。生命維持だけでも費用がかさむ。
またそこら辺で死んでもらったら遺体処理に税金をかけて
警察等を動員しなければならない。
これは、社会経済的損失でもあり、死の決定権が完遂できないという個人の人権保障
達成における阻害でもある。
「死にたければ勝手に死ねばいい」というのは、
「生きたければ食べ物がなくても勝手に生きればいい」というのと同程度において、無責任。
そんな不作為が許されるなら、国家など存在する意味がない。



6 :無責任な名無しさん:04/02/10 00:01 ID:9iAcjOvF
安楽死に金などかかりません。
遺体処理費用も含め、予め要する諸費用を安楽死希望者に支払わせればいいだけだし。
変なところで突然自殺されるより遥かにマシ。
安楽死希望者は、楽に死ぬ為だったらその程度の費用など調達するでしょう。


7 :無責任な名無しさん:04/02/10 00:10 ID:9iAcjOvF
安楽死を合法化したら、生命倫理の崩壊に繋がると
のたまう者もいるが、「胎児には自我がない故に生の意志がない」もしくは
「経済的に出産困難」等の理由で以って堕胎がほぼ合法とされる現行制度下において
それこそダブルスタンダードだろう。

8 :無責任な名無しさん:04/02/10 00:13 ID:9iAcjOvF
堕胎問題では合理主義を肯定し採用する一方で、
安楽死問題では合理主義を否定する制度とは如何なものだろうか。

9 :無責任な名無しさん:04/02/10 00:32 ID:9iAcjOvF
安楽死希望者には、死ぬまでの間、拘禁状態にした条件での、
麻薬使用を許可するというのはどうだろう。
勿論、その旨を希望する意思と別途費用が必要。
本来麻薬を取り締まる目的は、その依存症の幻覚症状が社会に
害悪をもたらす故であり、そういった危険性のない拘禁状態にある安楽死希望者
の場合、麻薬使用を制限する理由が存在しなくなるから。
末期患者の場合は痛み止めも兼ねる。
そして、麻薬による効果が臨界点に達した時点で、安楽死措置は実行される。
死ぬまでの間位、幸福な精神状態を提供する。
これは憲法が定めた幸福追求権の達成でもある。

10 :無責任な名無しさん:04/02/10 01:51 ID:Zw0fkToX
>>1の主張は、具体的には自殺関与罪の廃止ということになるのだろうか。

 「他人を害しない限りすべてのことが出来る」
 リベラリズムの観点からはなかなか難しい問題だ。

 しかし、>>1の主張の根拠としている「自己決定権の尊重」の論理も
 逆に「自己決定権の支援」というパターナリズムの観点から、
 国家介入の余地はあると思う。

 >人生に疲れた、世の中とはウマが合わない等の理由から自殺願望
 >がある人達

 この人たちは本当に「死にたい」のだろうか。
 

11 :無責任な名無しさん:04/02/10 01:59 ID:fcQYTpQt
「いい事がないから死にたい」っていうのは裏を返せば
「いい事があれば生きていたい」ってことでしょ。
一時的な感情で自殺しちゃったらその後のいいことを逃す可能性もあるんじゃないのか。
末期癌患者などはそれ以前にもう時間がなく、残りの時間は苦しむだけなのだから
安楽死を認める合理性はあると思うが。

12 :無責任な名無しさん:04/02/10 22:33 ID:sNgTrP3R
安楽死を合法にすれば、個々人は死という自我が永久に消滅する現象を身近なものとして
感じるようになる。
それは同時に、自我を強烈に意識する事でもあり、結果その自我を支える生の意味を
実感できるようになるはず。
さらに、「役に立たない奴は死ね」というメッセージを絶えず送り続ける
社会というモノと対立し、その社会を相対化する自我というものも確立出来る。
極端に自我を抑圧して生の意味を剥奪する日本社会において、逆説的に安楽死は絶対必要。

13 :無責任な名無しさん:04/02/13 14:16 ID:7SZi4IZm
勿論、借金して自らの債務を果たさずに、また、犯罪を犯し捲くって
刑事責任を果たさずに安楽死を選択する者が続出するだろう。
やはりそれらを抑制する一定の条件は設け、国家が厳しく管理すべきだと思うけどね。
債務者はその債務の半分を債権者に弁済し、証明できなければ安楽死適格を付与しないとかね。
あと、本人の意思が介在しない形での安楽死やはり認められない。
意識不明状態の回復が著しく不可能な場合等は尊厳死という形で別の項目を定めるべきだと思う。


14 :無責任な名無しさん:04/02/13 14:26 ID:7SZi4IZm
あ、債務者かつ安楽死希望者の死後の臓器提供金から債務が支払われるという形式にしても良いかも。
自分の死後の臓器とは単なる物であり、然るに債務契約の際の担保物権とする事も認められる。
これを認めないというのは、これだけ生命保険やらガン保険やらが氾濫し、
人の生命の価値を金銭で測る事が自明とされる現代社会において、明らかな矛盾だと思う。
安楽死、死後の臓器の売買とは近代合理主義、資本主義に合致する理想的な制度だな。

15 :無責任な名無しさん:04/02/13 14:35 ID:7SZi4IZm
人間を人間たらしめているのは人間固有の自我だと思う。つまり意思決定の事を指す。
従って、自我の存在しない、つまり意思決定のない人間の肉体とは単なる物体と言っても良い。
これが堕胎が公然と行われる現実社会で採用された思想と合致すると思う。
胎児という意思のない物体よりも、意思のある人間の自己決定を優先させた訳だ。
人間の死などは本質的に犬猫の死と変わりがない。
死後の人間の肉体は金銭で売買可能とするべきである。

16 :無責任な名無しさん:04/02/13 20:06 ID:7SZi4IZm
一般的に、臓器提供に悪のイメージが付き纏うのは
然るべき適正な手続きを踏まない、違法行為を伴うケースが横行しているからだろう。
寧ろ、その手続きを定めない現代社会だからこそ、闇に潜って氾濫すると言っても過言ではない。
これは堕胎が禁止された社会での闇堕胎と同じ原理だよね。
アメリカ禁酒法下での密造酒と同じ。
それらには暗黒社会マフィアの跋扈が見て取れる。

本人の意思決定を要件とした安楽死を厳格に定め、また、その死後の臓器提供の
経緯を国家が厳しく管理すれば、違法な臓器提供の問題とは何ら関係のない、
別の問題だという事がすぐ理解できる。



17 :無責任な名無しさん:04/02/14 12:57 ID:uLDN83lw
理論や正論だけで片付けられないのは、命が関係しているから。
人間の命は一つのものとしてよりはるかに大きな存在意義がある。


18 :無責任な名無しさん:04/02/14 14:37 ID:2NMmuAo6
安楽死希望者の命には、存在意義がないのだから、人間の命とは言えない。
そして、安楽死とは生の存在意義がない無駄な命のみを対象としている。
個人の実在的要請(死にたいという意思)と、外部からの社会的要請(無駄な構成員を排除したい)
が合致する場合、安楽死ほど理想的で合理的な制度はない。
何故ならば、この両者の実現は、前者は個人の人権保障達成、後者は社会の維持や
発展に資する形になるからだ。
実在的にも社会的にも生きる価値のある人間には関係ない。

19 :無責任な名無しさん:04/02/16 13:30 ID:5nEmANqZ
生きる意思がある者で、社会で相対的に不利な立場にいる者は、
死にたい人間が簡単に死を選んだ結果、自分の人生が有利に転換するわけだ。
また、例え自分より社会的に劣る者であっても、生きる意思のないお荷物が消えれば
社会全体として、住み易い世の中が実現する。
自分自身がいずれ末期ガンになった場合の事も考えれば、
安楽死ほど最大多数の最大幸福を実現可能足らしめる制度はない。

つまり、別に死にたくない人間にとっても賛同する理由こそあれ、
安楽死を否定する理由などこれっぽっちも存在しない。

皆で安楽死実現に向けて、国会議員やその支援団体、法務省にメールを送ろう。


20 :無責任な名無しさん:04/02/17 18:21 ID:X7cldpdn
40 名前:没個性化されたレス↓ 投稿日:04/02/16 20:02

3つの理由から 安楽死はあっても良いと思う。
理由1.病院で働いているが、RA、脳梗塞で寝たきり。また痴呆患者等に
    話を聞くと、死ぬ時は苦しまないように死にたい。安楽死したいと
    いう意見が圧倒的に多い。(特養、介護保険中心の病院)
理由2.現在 不景気によって3万人の自殺者が出ている。この費用やアパー
    トの評判低下等を考えると、苦しまずに死ねる安楽死は良いと思う
理由3.高齢者の医療負担、年金問題によって若い人に税金の負担が多くかか
    ってきている。安楽死すると、その辺の問題が多少は解決する。相続
    税により、多少の税金増もあり。
反対理由1.年寄りになると、若い人から死んでほしいと思われる可能性あり
反対理由2.鬱により、衝動的に安楽死を選択したが、後悔する可能性あり
反対理由3.家族が本人の意向を無視して、安楽死を進める可能性がある(遺産
      問題等)。まあ反対に相続税が高いから、本当の金持ちはあんまり
      自分の親に死んで欲しくない事もあり

まあ 尊厳死と安楽死は何十年もの間、医療関係者の間で話し合われてきて、今だ
に結論の出ない問題だけど、個人的には安楽死を支持 


21 :無責任な名無しさん:04/02/17 19:38 ID:xZTxZzn7
理由3.高齢者の医療負担、年金問題によって若い人に税金の負担が多くかか
    ってきている。

年寄りは自殺したがらないんじゃないの?

22 :無責任な名無しさん:04/02/18 04:26 ID:gUpF9wh9
良スレだな。やっとこういう話が2ちゃんでできるようになったかって感じだ。

俺も、条件さえ満たせば公的な安楽死の権利を与えられるようにする法律は必要だと思う。
なぜなら、それが自然の摂理に近いから。

自然界というのは、競争と淘汰で成り立っている。
環境に適応できなければ滅びるし、群れからはぐれれば他の動物の餌になる。

人間の、日本の社会では、競争ばかりが制度に組み込まれて、
肝心の「淘汰」の部分はおざなりだった。
これは制度だけの問題ではなく、国民の価値観においてもそう。
競争が生じれば必ずそこからあぶれる者が出る。
自然界ならそれはすなわち死を意味する。しかし現実はどうかというと、
競争にやぶれてもなぜか生きることができる。いや、死にたくても生きろと言われる。
それも「人間の屑は死ね」とののしられながら。

競争に敗れた者を淘汰する合理的な社会システムは必要。
そうして淘汰システム組み込んで初めて、競争原理とのバランスが取れる。
一定の条件を満たした者に対しては「自殺(安楽死)権」を与えて、
公的施設で処理し、それは名誉な死であるという概念を社会的な価値観として
形成していくことは必要不可欠だ。

23 :無責任な名無しさん:04/02/18 08:25 ID:pJi0AYHa
個人単位の、真の競争原理を導入してる社会はアメリカだが。
日本の組織内では一部を除き構成員間での競争原理は機能していない。
家族的共同体秩序を重視する傾向があるので、むしろそれに水を差す競争原理は好まれない。
勿論、学歴社会が象徴するとおり、どの組織、どの世間に属するかという点では熾烈な競争が行われているが。
どんなに能力と収入がある個人でも、安定した世間に属してない者は全く信用されない風潮が
いまだ強烈に支配する社会だから。
日本では主にその所属競争にあぶれた者や企業して失敗した者が安楽死の対象になるな。
競争云々以前に年間数万人の規模に昇る自殺者が、無残な遺体を晒す事で尊厳を損なわず、
かつ苦しまなくて死ねるという保障が確立されるだけでも安楽死を作る意義はあると思うが。

24 :無責任な名無しさん:04/02/18 11:57 ID:hdXQLK1L
俺は感情的には賛成だが、これが合法化されたら日本が崩壊するので反対。

安い給料、サービス残業でこき使われている多くの労働者。
その1%でもこの安楽死の道を選ぶだけで、生産活動が大きくとどこおる。
正直、はした金で馬車馬のように働く層がいることで、今の日本がある。

ほかに、仮に安楽死施設ができて誰かが自殺した場合、なぜそれを事前に知らせなかったと
親族などから非難が出るのは必至。最低でも、同居の親族がいる場合は認められない、って
のを盛り込まないと、残された親族が悲惨な目にあう。特に自殺者が稼ぎ手の場合。

また、各生命保険会社で自殺の場合は一切保険金を出さない、となるだろう。
その場合、せめて残された家族のために借金を生命保険金で返すという最後の手段が取れなくなる。
残された家族も安楽死施設に行くはめになるだろう。

そして、社会の底辺でなんとかはいつくばってた層が次々に自殺すると、今まで底辺より少し上だった層に
しわ寄せがくる。じわじわと国力が衰退するのは目に見えている。

25 :無責任な名無しさん:04/02/18 21:00 ID:cDUqtgH7
なんだか、「合理的」だとか、「自然の摂理」だとか、

 僕は悲しくなってしまうよ。

 自殺を考えるその本人の立場に立って、その人にとって自殺を認めるのが
 望ましいかどうか、を親身に考えるのではなくて、
 社会的効用とか全体の損得とかで判断しようとしていることが。

 思いやりがないみたいで。

26 :無責任な名無しさん:04/02/18 22:34 ID:Ta8+UK2Z
そんな法案が通ったら労働力である若者が真っ先に自殺しそうだな
60歳以降のみってことなら賛成しないでもない

27 :無責任な名無しさん:04/02/19 00:42 ID:sVyY/mqP
>>25
そこまで親身に考えるなら、自殺しないような方向を探って欲しい。
自殺を認めるぐらいなら公的な扶助を充実させろ、みたいな。

28 :無責任な名無しさん:04/02/19 04:08 ID:OdTFgPNj
日本でいう道や階段とはただ歩いて目的地に向かう為に存在する。
階段で座り込んで友達とだべったり、考え事したり、そういった外れた行為は許されない。
目的から逸脱した無意味、無駄は絶対許されない。
許されるのはせいぜい、判断力や肉体的に劣ると見なされる未成年者と老人だけだ。
皆その機能性に優れた社会システムを支障なく運用可能足らしめる為に黙々と個人を殺す。
郵便物もほぼ間違いなく届く。ちょっとでもミスがあれば大惨事のように騒ぎ立てる。
個人が社会システムの為に自己を犠牲にした結果、恵まれた者にとっては
世界一便利で快適な素晴らしい社会が実現した。

一方、この社会で疎外感を抱き、生の実感すら失ってしまう人間も存在する。
そういった弱者を早急に救済する措置が必要だ。
安楽死法はただちに制定されるべき。


29 :無責任な名無しさん:04/02/19 06:49 ID:NiyuoZo4
>>28
お前が死にたいだけなんちゃうんか

30 :25:04/02/19 22:54 ID:AhdnlM+2
>>27
そうだねぇ。
 近年は経済的原因からの自殺が多いらしいから、そういった経済的弱者が
 希望をもてるような福祉的援助策を充実して欲しいね。
 それから高齢者の自殺も多いそうな。老人を孤立させないような
 生活環境の整備が必要かなぁ。

 抽象的なことしか書けずスマソ

ただ、社民党チックな物言いになってしまうけど、
 弱者切捨て的な言説は好くくない。
 近年、新自由主義の潮流で、自助努力とか自由競争とかの価値が前面に出ている。
 けれど、助け合いとか思いやりといった価値も忘れられてはいけないと思う。
 
 なので、自民党抵抗勢力に、ちょっぴりシンパシーを感じる。関係ないけど。
 

31 :無責任な名無しさん:04/02/19 23:24 ID:OdTFgPNj
時代の流れは止められない。
日本もようやく普通の先進国並に、個人主義が浸透し、
拳銃や麻薬の汚染が蔓延する世の中になりつつある。
犯罪は凶悪化し、家族制度もほぼ崩壊する。
そんな殺伐とした社会では安楽死は絶対必要だ。

32 :無責任な名無しさん:04/02/20 05:32 ID:SRUXUWYw
死にたい人を苦しまずに死なせてやるのも思いやり。

33 :無責任な名無しさん:04/02/21 07:36 ID:SJ4Gp+5Y
安楽死賛成。
少子化対策にもなる。

34 :無責任な名無しさん:04/02/21 12:38 ID:YFhemuIA
死ね死ね団の「死ね死ね死ね死ね死ね死ね死んじまえ〜」の部分を延々リピート。
なぜか生きようと思ったよ( ´∀`)

35 :無責任な名無しさん:04/02/21 19:00 ID:SJ4Gp+5Y
子供を一人作るのは、ほんと大変だよ。
人間一人あたり、一人の人間を支えるとするなら、
自立できない、死にたがってる人間が死んでくれることに
まったく問題ないと思う。

36 :無責任な名無しさん:04/03/07 17:33 ID:/RdRTdh0
え、日本ってまだ安楽死も認められてなかったの!
これじゃ、明らかに2流国家じゃないか(゜Д゜)

37 :無責任な名無しさん:04/03/17 19:02 ID:KHO8qfsI
ああああああああ

38 :無責任な名無しさん:04/03/24 01:56 ID:TkJWK03Q
安楽死と自殺とはまるで別物ですが・・・・
安楽死とは、これ以上、手を尽くしても患者が助かる見込みがないときに
必要以上の苦痛を患者に加えて延命をするのは、忍びないから
周りの家族が希望するものではないの?
日本の現法律では脳死・植物状態でも、安楽死は刑法に触れるから実現不能。
自ら命を絶つ自殺と一緒にしないように。

39 :無責任な名無しさん:04/03/24 02:20 ID:1V9AHp2m
遅くとも、あと50年もすれば特養老人ホームが姥捨て山と化して
尊厳死という名前で自殺を肯定、補助する法律が成立するよ。
今、日本は少子化傾向の高まりによって緩やかな淘汰が始まってる。
老人を一気に間引く制度は必ず必要になる。

40 :無責任な名無しさん:04/03/24 22:34 ID:ZNemmiuv
老人よ新でください国のため


41 :無責任な名無しさん:04/03/25 01:34 ID:8nHBmXLp
老人は死ね、か。
豊かさの意味を考えさせられるレスだね。

42 :無責任な名無しさん:04/03/25 02:35 ID:3LO1mLN0
自発的なものなら寧ろ崇高だが、全体の為に個人が犠牲になって当たり前、
と考えてそれを強要するこの日本的発想が気色悪い。
こんな国に誰も誇りが持てる訳ないからいずれ滅びるだろうね。
祖先が移住した日系2世、3世辺りの外国人は皆日本を嫌ってるもん。
さっさとイタリア辺りに逃げよう。


43 :無責任な名無しさん:04/04/18 19:56 ID:znjuKnzm
安楽死を認めるとしたら、もし首相がそれを望んだとしても
当然安楽死していいわけですね。他にもあらゆる役職の人間が
いつでも好きなときに合法的に死ねるようになる。

安楽死と言えば生きる希望も無い無職の人間を連想しがちですが
(このスレでも安楽死肯定派の人の出す例は、ほとんどがこの例のようですが)
実際にどうなるかはわからないわけで、世の中の形成に著しく悪影響を
及ぼすかもしれないことが合法化されるわけないでしょうね。

44 :無責任な名無しさん:04/04/18 20:10 ID:CLXc4N/4
>>43
今でもあらゆる役職の人間がいつでも好きなときに自殺してると思うが

45 :無責任な名無しさん:04/04/19 01:14 ID:oRWyeLty
↑殺人だって毎日起こってるが、それでも殺人を犯せば罪になるということが
抑制になっているのは明らか。自殺にしたって合法化されれば格段に増えるのは明白。

46 :無責任な名無しさん:04/04/19 01:27 ID:HQb6mjyv
>>45
自殺は現在でも合法ですが、なにか。

47 :無責任な名無しさん:04/04/19 01:35 ID:oRWyeLty
スレタイや文脈から「自殺→安楽死」くらい変換してくれや


48 :無責任な名無しさん:04/04/19 01:36 ID:HQb6mjyv
殺人未遂は罰せられるが、
自殺未遂は罰せられないし。
日本だけじゃなく先進国はどこでもそう。

自分の命に責任を持つのは自分だろう。
安楽死と自殺を結びつけて云々というより
自殺が増える原因を探って
その原因をなくすような立法をするほうが
むしろ筋だと思うが。

49 :無責任な名無しさん:04/04/19 01:38 ID:HQb6mjyv
>>47
他人が行う安楽死→殺人
自分が行う安楽死→自殺

はやりの練炭自殺も一種の安楽死だろ
藻前が一人で自殺と安楽死をごちゃまぜにして
興奮してるんじゃないの

50 :無責任な名無しさん:04/04/19 03:06 ID:oRWyeLty
よくわかんないけど

>>45では
>殺人を犯せば罪になるということが抑制になっている

>安楽死にしたって合法化されれば格段に増える(←訂正済みの部分は書き換えた)
ということを言ってるわけだが >>48-49はこれのどこに反論してるの?
まあ>>48はレス指定は無いからともかくとしても、>>49は何?レス指定ミス?
なんか勝手に「こいつはこう思ってるんだな、やれやれ」とかいう感じで
こっちの思想まで自分の脳内で作り上げてそれに反論してないか?w

安楽死の性質についての是非なんて一言も書いてなくて
「合法化したら増えるだろう」としか言ってないんだけど。
安楽死が合法だろうと違法だろうと構わず自殺する人間とは別に
安楽死が合法化されることによって踏ん切りがついて自殺する人間がいるのだから
もし合法化されれば後者の人数分だけ死者の数が増えるだろう
っていう当たり前のことなわけだが。

それがおかしいというレスでもないし、意味不明なんだよな・・・

本論とは関係無いのでsage




51 :無責任な名無しさん:04/04/19 03:10 ID:oRWyeLty
もしかして「自殺→安楽死」を
×自殺
○安楽死
という訂正文に受け取らなかったとか・・・?
まあ>>46-47の流れからそれは無いとは思うが・・・
第一訂正文と認識しないとそれこそ意味不明だしな。

やっぱりわからんw

52 :名無しさん:04/04/19 03:36 ID:nQLxy0ZH
>>50
> 安楽死が合法だろうと違法だろうと構わず自殺する人間とは別に
> 安楽死が合法化されることによって踏ん切りがついて自殺する人間がいるのだから
> もし合法化されれば後者の人数分だけ死者の数が増えるだろう
> っていう当たり前のことなわけだが。

自分の一個限りの生命なんだから制度化されたから、ではと増えるような性質のものではないのでは、
無論のこと手続きも慎重である旨の主張になろうし。
一人で完結する形で実行してしまわず相談できる土壌の醸成に一役買う事も考えられる
タブーで済ませる事では少なくともないように思うがどうだろう

53 :無責任な名無しさん:04/04/20 17:19 ID:xoKZkPoU
ttp://www.geocities.co.jp/MotorCity/2486/suicide/hangd.html
首吊り死体は汚いか!?
 
首吊りの欠点としてよく言われるのが、死体の見た目が良くない
ということ。確かに失禁したり射精していたりすることがある。
喉を締め上げられるため、舌が飛び出しよだれが流れ、また顔は
鬱血して紫色になり、さらに目玉が飛び出しすなどとも言われる。
しかし、ここまでひどいケースはそんなにはない。死後何日も経
っていないと目玉は飛び出さないし、舌も歯に引っかかれば突き
出ない。こうなることもある、という程度だ。首吊り死体を写真
で見ると、ほとんどが「ダラーン」「ブラーン」としているだけ
で、生きている状態と変わらない。前途したように頭に行く血液
はすぐに遮断されるので、顔も鬱血していない場合がほとんどだ。
見た目が良くないといっても、ビルからの飛び降りや電車への飛
び込みなどの死体に比べれば格段にきれいな死体と言えるだろう。
失禁を防ぎたければ、事前にトイレへ行っておくだけでいいし、
射精をしたくなければ自慰でもしておけばいい。口にガーゼをく
わえ、さらにマスクをしたりと、この程度の準備はしておいても
いいかも知れない。


54 :無責任な名無しさん:04/04/22 12:05 ID:bD0CjQls
自殺?高校校庭の鉄棒、男女3人が首つり死…広島

 22日午前7時20分ごろ、広島市安佐北区可部東5の県立可部高校の校庭の高鉄棒(高さ約2メートル)で、20―40歳代の男性2人と女性1人が首をつって死んでいるのを、登校してきた生徒が見つけた。

 所持品から、3人は山口県内に住む夫婦と夫の弟とみられ、遺書めいたメモがあった。可部署は自殺の可能性が大きいとみている。

 調べでは、3人は同校とは無関係らしい。可部高は、校舎と校庭が隣り合った敷地にあり、間を根谷川が流れている。校庭はフェンスで囲まれているが、出入りは自由という。

 同校は午前8時35分から緊急の朝礼を行い、林雅晴校長が約800人の生徒に事件を説明した。(読売新聞)
[4月22日11時44分更新]

55 :無責任な名無しさん:04/05/17 17:32 ID:U1XjlqMn
age

56 :無責任な名無しさん:04/05/29 15:19 ID:do0EWRAi
安楽死容認派です。
あのイラクの爆破事件の日本人被害者の奥さん、
やたらさばけた表情してるよね。
「自分の思ったとおりに生きて、診断だから仕方がない」と。
死にたくて納得して死んだ奴はそれでいいと思う。
逆に「いのちの電話」になんて電話かけてくる奴は
未練があるから、そういう奴だけ救えばいい。
あとは死に方の残酷度の問題だけだから、
安楽死を容認しちゃいけない理由などない。

57 :無責任な名無しさん:04/05/29 20:21 ID:efmYlfrb
安楽死を容認すると
安楽死をよそおった
殺人が増える。
それを政府はおそれてるんだろうな。
 でも厳格な要件で認めるべきだとおもうけど。

58 :無責任な名無しさん:04/05/31 19:43 ID:CkhnS+84
今NHKで高齢者犯罪の番組やってんだけど・・
安楽死したいやつはさせてやれよ
身寄りも金もない奴はみじめだよ

59 :無責任な名無しさん:04/06/02 18:10 ID:bEtdhGXs
>>57
安楽死の条件に
医師の立会い(病院での注射一本での安楽死)を
義務づければ、安楽死をよそおった
殺人が増える余地はないと思うけど。

60 :無責任な名無しさん:04/06/13 07:40 ID:x+C4e1pw
出生率これだけ低下してんだから、
そろそろ安楽死を認めてもいい頃。

61 :無責任な名無しさん:04/07/22 20:25 ID:s3qd8WNW
こんな面白いスレがあったとは!!!!宣伝してきていいですか??w

>>1
禿同!!!
誰か頭の良い人、マジで安楽死合法化してくれませんかね?
いかにもアホそうな私がこんな主張してもただのキチガイだと思われるに決まってるんでw
安楽死合法化は現実的には無理な話なんでしょうか?

62 :切り込み隊長:04/07/22 20:30 ID:gO0XtmQ1
>>61
焼肉の安楽亭じゅあだめか?

63 :無責任な名無しさん:04/07/22 20:42 ID:s3qd8WNW
>>62
ダメに決まってんじゃんw

安楽死って良いと思うけどなぁ、
死にたい人は死ねて、この社会からは非生産的な人間は消えて、一石二鳥じゃんか!

64 :無責任な名無しさん:04/07/22 21:54 ID:Eoa0R3sa
>>63
はげどう

65 :無責任な名無しさん:04/07/22 23:28 ID:Ry4jArms
優生学の復活ですよ。
「勝ち組」「負け組」を信望する諸君のために
我々は道を譲り消え行こうではありませんか。

66 :無責任な名無しさん:04/07/23 00:32 ID:pFn2ypr6
自分の意見としては、死にたいヤシを無理矢理生かすと 死にたいがために周りの迷惑お構いなしの方法で自殺して周りは大迷惑
最悪の場合死刑になりたいがために犯罪を犯して無実の人間が巻き添えに・・・。
飛び降りた下を歩いてたヤシにぶつかってそのヤシが全身麻痺に・・・。や死刑になりたいがために殺人を犯したヤシに殺されたヤシも・・・。
安楽死を合法すればそういう問題がなくなるわけだが・・・。

67 :無責任な名無しさん:04/07/23 00:33 ID:1g+aUhl6
子供もいないし高齢になり身寄りがなくなる可能性もあり、
そうなってまで生きていたいと別に思わない。
別に自殺をしたいわけではないが長生きをしたいと思っていない。
こういう、私のような人間にまで長生きをと言われてもそれは思いやりというより
強要と受け取れる可能性も大きいと思います。

ず〜っと待っていました、安楽死スレ。
オランダのようにホームドクター制度がなく、都会では海千山千の人間が
隣で何をやっているかわからないような日本で、安楽死を認めるためには
悪用対策など様々な注意が必要でしょうが、1さんのような方の出現で
また一歩人間の尊厳ある生と死の自主的な選択に近づけたのではないかと思います。

68 :無責任な名無しさん:04/07/23 10:46 ID:PMi6D60l
要するに >>24 >>26 のような理由で実現はできないんでしょうね。
誰でも簡単に安楽死できるようになれば、まず最下層貧民が全滅。
次にその1つ上の階層が全滅...と将棋倒しになるのを国家は恐れて
いるんでしょう。

69 :無責任な名無しさん:04/07/23 13:47 ID:flPR8D22
しかし今切羽詰まっているのは年金問題。
高齢者数が減ってくれるなら国としてもウマ〜であることは否定できない。
一般的な病苦など以外の理由による安楽死適用可能年齢の下限を
条件として盛り込めばよいのでは?60歳以上とか。

70 :無責任な名無しさん:04/07/23 18:23 ID:E0T4bSOM
自殺、過去最悪3万4427人…経済理由12%増


動機は、病苦などの「健康問題」が1万5416人と最も多く、「経済・生活問題」が8897人、
「家族問題」が2928人、仕事の失敗など「勤務問題」が1878人の順だった。

年齢別では、60歳以上が3・7%増の1万1529人、50歳代が1・8%増の8614人、
40歳代が12・6%増の5419人。60歳以上と50歳代は過去最悪だった。
急増したのが、初めて4000人を超えた30歳代の自殺。
一昨年を17・0%(668人)上回る4603人だった。
一方、小中学生の自殺者は93人で、前年より57・6%(34人)増。
高校生も前年比29・3%増の225人だった。

ttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20040723it01.htm



71 :無責任な名無しさん:04/07/23 18:37 ID:E0T4bSOM
安楽死が合法化されても、みんなが心配するほどの多人数が自殺するわけはない気がする・・・


72 :無責任な名無しさん:04/07/23 22:15 ID:oG3BC6Vs
自殺より出産のほうが
よほど肉体的苦痛が大きいですが、なにか。

73 :無責任な名無しさん:04/07/23 22:34 ID:oG3BC6Vs
でも昨日今日と急にこのスレ盛り上がってるね。
何かあったんでつか?

74 :無責任な名無しさん:04/07/24 00:02 ID:O2+MLj3i
>>70
60歳代が全自殺者数のうち約45%、半数近くを占めているんだね。

75 :無責任な名無しさん:04/07/24 00:07 ID:BVVFvnSC
安楽死が合法化されても
本当に死にたい人しか死なないと思うよ。
人が惰性的に生きるのって、
死ぬ苦痛(そんなの一瞬)に対するものよりも
もっと本能的なものでしょ。

生きることになんらかの精神的・肉体的苦痛のない人は
自分からは自殺したりしません。


76 :無責任な名無しさん:04/07/24 00:19 ID:O2+MLj3i
>>74ですが
60歳代が→60歳代以上が
スマソ


77 :無責任な名無しさん:04/07/24 11:15 ID:BVVFvnSC
思うに人が結婚したり子供をもうけたりするのも
自殺しないために無意識にやってるのかもね
独身者って年代にかかわらず自殺のことを
考えやすいそうだから。

78 :無責任な名無しさん:04/07/25 00:43 ID:xINSi3E1
>>24
>安い給料、サービス残業でこき使われている多くの労働者。
>その1%でもこの安楽死の道を選ぶだけで、生産活動が大きくとどこおる。
人数制限する。

>ほかに、仮に安楽死施設ができて誰かが自殺した場合、なぜそれを事前に知らせなかったと
>親族などから非難が出るのは必至。
無視する。

>残された親族が悲惨な目にあう。特に自殺者が稼ぎ手の場合。
どうしよう。

>また、各生命保険会社で自殺の場合は一切保険金を出さない、となるだろう。
>その場合、せめて残された家族のために借金を生命保険金で返すという最後の手段が取れなくなる。
保険金が欲しい人は安楽死施設に行かずに普通に首吊りやら飛び降りやらすれば良い。

これくらいしか考え付かなかった(゚∀゚)

79 :無責任な名無しさん:04/07/25 12:21 ID:xxydBVKa
安楽死は不妊手術みたいなものだね。
海外ではやってる人が日本に比べて格段に多いらしいが、
あまりに若い(20代とか)と医師もかなり念を押すらしい。
それでも本人の意思を尊重するらしいけどね。

安楽死する権利・・・全然あってもいいと思うけどなー
他人のために生かされているなんて、真っ平だ。

80 :無責任な名無しさん:04/07/25 12:37 ID:lk57Ffb7
「高瀬舟」の喜助の場合,あれは過失致死で,おそらく
緊急避難か期待可能性がないということで,
刑はかなり軽くなるな。

81 :無責任な名無しさん:04/07/26 00:47 ID:eYc7/9J2
>>56
>「自分の思ったとおりに生きて、診断だから仕方がない」と。
>死にたくて納得して死んだ奴はそれでいいと思う。

ちょっとまて、あの人は「死にたくて…死んだ」わけではないだろ。
 「危険の覚悟」はあったかもしれないが、それは「死ぬことに同意」して
いたのとは異なる。勘違いしないように。

82 :適当に作ってみた:04/07/27 16:28 ID:w+8zQYxE
【安楽死に関する法律(案)】
(目的)
第一条 本法律は、医師(歯科医師を除く、以下同じ)が患者に対し安楽死の措置を行なうにあたっての指針とすることを目的に定めるとともに、自発的意思により安楽死を望む患者を尊重することを目的に定める。
安楽死の措置を取る医師は、本法律に基づいて行なわなければならない。
(定義)
第二条 本法律における用語は、左の通り定義する。
一 安楽死とは、患者の希望により、医師が投薬その他の方法を以て、患者に極力苦痛を与えず死に至らしめる行為を指す。
二 患者とは、18歳以上で歯科及びレントゲン科を除く何れかの医療科目で治療を受けている者を指す。但し、禁治産者及び準禁治産者を除く。
三 親族とは、民法第七二五条乃至同法第七二九条に準ずる。
(方法)
第三条 安楽死措置は、医師の監督の下、患者に極力苦痛を与えないよう政令で定める患者の意識レベル及び血圧範囲内において行なわなければならない。
第四条 予め定めた安楽死措置に失敗した場合は、直ちに追加措置を行い安楽死措置を継続するものとする。
(患者の希望)
第五条 安楽死を希望する患者は、政令で定める書式に従い安楽死申請書を医師に提出するものとする。医師は、安楽死申請書を提出していない患者に安楽死措置を行なってはならない。
第六条 患者は自らの意思のみにより申請するものとする。患者本人以外の意思により行なわれた申請は無効とする。
(安楽死申請書)
第七条 安楽死申請書は患者による自書複写式とし、原本を医師が所持し複写を患者が所持し、医師患者双方の割印を行なうものとする。医師は安楽死措置を行なってから又は安楽死申請書の有効期限後1年間原本を保存するものとする。
第八条 患者の止むを得ない事情により安楽死申請書に自書できない場合に限り、弁護士立会いの下医師または親族または弁護士が代筆することができる。この場合、立会いする弁護士と代筆する弁護士は同一人物であってはならない。
(措置期日)
第九条 安楽死措置期日は、申請を行なった日から起算して二日後から三十日後の範囲内とする。安楽死申請書には、安楽死措置期日を明記しなければならない。
(申請の取消し)
第十条 安楽死申請書に記載した安楽死措置期日の前日まで、患者は政令の定める方法により申請を取消すことができる。

83 :適当に作ってみた(つづき):04/07/27 16:29 ID:w+8zQYxE
(申請の変更)
第一一条 安楽死申請書の内容を変更することはできない。但し、申請を取消した後別の内容で再申請することができる。
(有効期限)
第一二条 安楽死申請書の有効期限は、安楽死申請書に記載された安楽死措置期日までとする。
(費用)
第一三条 安楽死措置に係わる費用は全額患者負担とする。但し、保険適用に関しては別に法律で定める。
(医師の義務)
第一四条 医師は、患者から申請取消しの申し出があった場合はこれを拒むことができない。
第一五条 医師は、止むを得ない事情を除き、合意された申請の履行を患者の意思に反して拒むことができない。
第一六条 医師は、患者に対して安楽死措置の方法について充分な説明を行なわなければならない。
(医師への罰則)
第一七条 左の各号の一に該当する者は、十五年以下の懲役に処する。
一 第五条の規定に反して安楽死申請書を提出していない患者に対し安楽死措置を行なった医師。
二 第一四条の規定に反して安楽死申請の取消しを申し出た患者に対し安楽死措置を行なった医師。
第一八条 左の各号の一に該当する者は、五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
一 第三条の規定に反して患者に苦痛を与えて安楽死措置を行なった医師。
二 第一六条の規定に反して患者に対する説明を怠った医師。
第一九条 左の各号の一に該当する者は、一年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。
一 第七条の規定に反して安楽死申請書の保存を怠った医師。
二 第一五条の規定に反して安楽死措置を履行しなかった医師。
(医師以外への罰則)
第二〇条 左の各号の一に該当する者は、十五年以下の懲役に処する。
一 第六条の規定に反して患者に安楽死申請書提出を強要、要求、もしくは教唆した者。
二 第八条の規定に反して患者が安楽死申請書に自書できるにもかかわらず代筆した者及び代筆させた者。
(施行期日)
第二一条 この法律は、公布の日から起算して六月を越えない範囲内において政令で定める日から施行する。

84 :無責任な名無しさん:04/07/27 18:45 ID:ewQFMrUT
第十八条の一と第十九条の二は入れかえるべきではないでしょうか。
もしくは第十八条の一を「故意に苦痛を与えて措置を行なった場合」に。

不測の事態により苦痛が生じてしまうこともあるんではないかと思いますので、
少々これは医師にとって不利な条文かと思います。

85 :無責任な名無しさん:04/07/27 23:32 ID:RrZI3qJs
私はむしろ苦痛を与えた医師に対する罰則の強化が必要と考えます。
安楽死は「安楽」でなければ意味がなく、これを希望する人間は
「死」はよしとしても「苦痛」をよしとしない。ここを外して考えることはできません。
これを容認すると、「どうせ死ぬ奴のことだ、失敗しても告訴もできまい」
と、医者が思うこともないとはいえないのでは。
医師側にも緊張感を持って頂くための罰則は重要だと思います。
ただし最善を尽くした上でやむを得ず生じた苦痛は責められるべきではないでしょう。
苦痛の程度にもよると思いますが。
立ち会い人を増やすなどにより、医師側に過失があったかなかったかの
公正な判断ができる状況で行うことが必要と考えます。
そのための人選システムも熟慮の必要があると思われます。

86 :無責任な名無しさん:04/07/28 10:36 ID:xkaKsLIM
安楽死・自殺を合法化すれば、当然、楽に死ねる方法で死ぬだろう。
自殺キットを作っても、合法なわけだ。自殺幇助がなくなるからね。
自殺者数は2−3倍になるだろうし、国家の経済・財政・法秩序は
簡単に破綻するだろう。

自殺と比較するといいと思うのは、麻薬だ。精神的自殺に等しい。
麻薬を解禁したらどうなるか、これは自明のことだと思うが。

87 :無責任な名無しさん:04/07/28 10:40 ID:+eQJ+rhE
>>82
どうして、安楽死を医師が行う必要性がある? 実際、死刑は、
公務員が行っている。医師は死亡確認だけだ。米刑務所の刑務
官は自分たちの死刑方法が苦痛もなく行われていることに自身
を持っている。医師よりずっと、経験も多い。

88 :無責任な名無しさん:04/07/30 00:16 ID:/yHyfMyH
身体的に健康な若年層に対して安楽死の門を安易に開くべきではないと思う。
若者にはもう少し精神的に強くなって頂くよう、学校などで心理面の教育チャンネルを
増やすなど工夫の余地がある。

先天性の病気を苦に死を望むケースなどもあるかもしれないが、
こういう、生まれて成長してから苦しむリスクを背負わせて子供を産むという
行為そのものに制限をかけることを考えるべきである。
たとえば遺伝性の重い病気を持つ者は子孫を残さないほうが無難であり
社会的にもその方が望ましいことは否定し難い。

89 :無責任な名無しさん:04/07/30 03:44 ID:rEAUQTYM
>>24
>俺は感情的には賛成だが、これが合法化されたら日本が崩壊するので反対。

>安い給料、サービス残業でこき使われている多くの労働者。
>その1%でもこの安楽死の道を選ぶだけで、生産活動が大きくとどこおる。
>正直、はした金で馬車馬のように働く層がいることで、今の日本がある。

こいつ、嫌だねえ。
大昔の野蛮な世界では奴隷が自殺すると困るから
権力者は奴隷が自殺しないように様々な工夫をしていた。
自殺未遂者はひどい拷問にあった場合もあった。

庶民は権力者の搾取の対象として存在するのだと。
こんな意見をまだ堂々と言う奴がいるんじゃ
日本は文明社会といえないね。

90 :無責任な名無しさん:04/07/30 07:11 ID:wCDbJ+8O
案外、いつでも楽に死ねるやと思ったら、
みんな頑張るかも。

91 :無責任な名無しさん:04/07/30 10:46 ID:zY6mBxFb
>>89
感情的には賛成してるんだから、本心というか社会構成員としての義務的発言
なんじゃないですか。あまり悪意は感じられません。
感情よりも秩序を重んじるロウフルタイプなんでしょう。

92 :無責任な名無しさん:04/07/30 10:57 ID:ytUmq/WE
>>91
>感情よりも秩序を重んじるロウフルタイプ
裁判官タイプだね。
実質的な人の幸せよりも、上層部の安定と
形式的な秩序を重視する。
だから日本の裁判は腐ってるんだよ。

93 :無責任な名無しさん:04/07/31 14:33 ID:pu3X4gVv
つうか会社倒産しても惨めな待遇で生きてる野師見ると
哀れになるね。
死ぬ勇気もプライドもないのか。

94 :無責任な名無しさん:04/07/31 23:42 ID:8Z9adjcK
>>87
安楽死と安楽殺を混同しないようにお願いします。

95 :無責任な名無しさん:04/08/01 01:44 ID:hhyg7CJ4
>二 患者とは、18歳以上で歯科及びレントゲン科を除く何れかの医療科目で
> 治療を受けている者を指す。但し、禁治産者及び準禁治産者を除く。

但書にはちょっと異議アリ!かな。いろんな意味で。


96 :無責任な名無しさん:04/08/01 20:54 ID:UrsfxdVm
安楽死に反対してる奴も
自分が刑務所に入ることになったり
すごい苦痛を伴う病気になったりしたら
安楽死したいと言い出すんだろうな。
結局、安楽死反対派なんて
自分勝手な奴らばっかりなんだよ。

97 :無責任な名無しさん:04/08/02 04:18 ID:nF+Sq1dl
みじめ?あわれ?
べつにいいんでねえの
なにカッコつけてるのさ
だから疲れるんだろ
最低でいいじゃん、のらりくらりでいいじゃん

98 :無責任な名無しさん:04/08/02 04:24 ID:nF+Sq1dl
不治の病に対する安楽死には賛成だな
でも経済問題に起因する安楽死ってのは反対だな
資本主義の限界をフォローするカラクリが必要だと思うな
しかし現在の日本て暮らしにくいのは確かだよな
競争ばっかでクタクタになるだろ、いい加減
人は本来、森林で暮らしていたのに・・・


99 :無責任な名無しさん:04/08/02 22:48 ID:S2V3Dii5
>>97
じゃお前が最低レベルの生活してれば?
動物並みの。

100 :無責任な名無しさん:04/08/03 22:40 ID:1xlHv5Dl
病気だけを安楽死の条件にするのは反対。
「病気」だけは貧富にかかわらずやってくるからね。
不治の病だけを安楽死の対象にするのは、
搾取する貧乏人がいなくなると困るが、
自分は苦しい思いをするのは嫌だという
金持ちの我儘にしかとれない。

101 :無責任な名無しさん:04/08/03 23:45 ID:nTGw348X
安楽死が増えれば、臓器移植が容易になる。
安楽死申請の際に、ドナー登録ができる人に協力をお願いしてもよいのでは。


102 :無責任な名無しさん:04/08/03 23:56 ID:1xlHv5Dl
俺は、日本尊厳死協会のカードと
日本臓器移植ネットワークのカード、
両方持ってるよ。


103 :無責任な名無しさん:04/08/04 00:13 ID:EpjXjOtJ
病院としては、不治の病の患者を長く入院させておいたほうが潤うという点からも
安楽死に対してはなかなか肯定的になってもらえないように見受けますが、
安楽死が多い病院では臓器移植手術の機会も増える。
こう連動させると医療関係者、とくに経営側からの反応は変わってくるのでは。
但し臓器売買のような危険性を孕んでいるため、慎重を要すると思いますが。


104 :無責任な名無しさん:04/08/04 01:24 ID:t5TdC6NT
>>103
>病院としては、不治の病の患者を長く入院させておいたほうが潤うという点からも
儲からないよ。

105 :無責任な名無しさん:04/08/04 02:07 ID:7AGLHw2/
病苦に苛まれて死んでいく患者等を常に見ている医師も
人道的視点を添えて主張してもらいたいものだ

106 :無責任な名無しさん:04/08/04 08:43 ID:EkprIcZf
>>703
そうでもないっすよ。漏れは何回も入院したことがありますが、保険の関係で
3ヶ月たつと追い出しモードに入ります。

107 :無責任な名無しさん:04/08/04 11:37 ID:t/CapY7Y
>>104
>>106
人件費は高い。
高価な医療機器を備えている病院・医院はそれをただ置いているだけでは意味が無く、
使わなければ収入が得られない。
故に、人手がかからず、機器や薬品を大量に使える患者は病院にとって上客となる。
そういう病人を安楽死によって死なせてしまうことにより収入源を失うことになる。
というパターンがあり得ます。

108 :無責任な名無しさん:04/08/04 12:43 ID:1CudVhqm
>>107
どの程度の病気の人が安楽死になるかにもよるけど、
一般に安楽死の対象として考えられているのは、
医学的に打つ手のほとんどない患者。
だから、入院しててもやることがなくて
病院にとっては儲からない。
今時、ベッドを単に埋めているだけでは赤字。

109 :無責任な名無しさん:04/08/04 15:01 ID:1O+RJ/1j
既に自殺者数は2003年に34,400人で史上最高。合法化するも何も、既に
小泉政策で+1万人増えている。

110 :無責任な名無しさん:04/08/04 17:25 ID:vlPiRBm+
どっちにしろ死ぬんだから
楽に死なせてやればいいじゃん
かわいそうな奴らなんだから

111 :無責任な名無しさん:04/08/05 00:55 ID:pcsiOxAv
>>108
それは現状の尊厳死(消極的安楽死)で認められているレベルを
さしていると思いますが、このスレでの安楽死とは、もう一歩踏み込んだ
積極的安楽死の合法化を考えています。
たとえば癌患者でも末期ならばモルヒネの大量投与などで実質的には
安楽死に至るケースも結構あると聞きますが、末期に至るまでの治療費は
かなり高額なため、「上客」となり得るでしょう。
その「上客」でいるうちにもし本人がリビングウィルを表示した場合に
まだ続ける余地のある治療を打ち切って安楽死させれば、病院側では
当初の見込みより減収となるでしょう。
その他にも、致死性はなくとも慢性病で治療費を懸念して家族に迷惑をかけたく
ないから安楽死を望むケースなど、いろいろあると思います。

112 :無責任な名無しさん:04/08/05 01:14 ID:tp7MVq/e
高齢化社会の到来と共に巷には特別養護老人ホームと言う名の姥捨て山が復活し、
ネット上では苦しい生活を送ってるとは思えない連中が
苦しい生活を送ってる人たちの気持ちを都合良く代弁して安楽死法案を正当化しようとしている。
人間の行き止まりは意外と近いのかもしれない。

113 :無責任な名無しさん:04/08/05 01:39 ID:e1krXKl9
どなたか本気で請願を視野にいれてみませんか

114 :無責任な名無しさん:04/08/06 01:05 ID:zZXGKYY/
6月23日(水)
「延命中止の指針作成へ 厚労省

 治る見込みのないがん患者らの終末期医療の在り方を検討していた
厚生労働省の検討会は23日、日本ではまだ明確でない、延命治療の実施と
中止の具体的手順を示すガイドラインを専門医学会が作るべきだとする
報告書をまとめた。
 これを受け、厚労省はがん患者や高齢者らに対する終末期医療の在り方と
延命治療の中止の手続きに関するガイドラインを作成する研究班を年内にも
設置することを決めた。作成には数年かかる見通しという。
 この日まとまった報告書は最近の安楽死事件にも触れ「(致死量の薬を
投与するような)積極的安楽死と、単なる延命治療の中止との境界が法的に
あいまいになっている」と問題提起。患者や家族の意思確認方法などについて、
明確な社会的合意が必要だとした。
 さらに在宅で最期を迎えられる体制づくりや緩和ケア病棟の拡充も提言した。
 厚労省が昨年実施した意識調査では、自分が痛みを伴う末期患者になった時、
単なる延命治療はやめたいと望む人は74%。(共同通信)」

115 :無責任な名無しさん:04/08/06 01:06 ID:zZXGKYY/
>>113>>114
漸く消極的安楽死の輪郭作りの体制に入ったと言えるでしょう。
この作成に数年かかる、とのことですから、積極的安楽死については
それ以上先になるかと思われます。
それまで準備期間として、オランダや米国オレゴン州の前例なども
いろいろと下調べの上、日本の実情に合わせ、安楽殺に利用されぬよう
悪用防止に万全を期した草案作りが必要と思います。

116 :無責任な名無しさん:04/08/08 13:58 ID:KogMQTk3
 自ら命を絶つまでに追い詰められた人をどうすれば救うことができるか。この問いの持つ意味はずっしり重く、しかも一段と重みが増している。

 三万四千四百二十七人。警察庁が発表した昨年の自殺者数である。過去最悪となった。三万人台は、一九九八年から六年続いている。毎日九十四人が自ら命を絶っている。
交通事故で亡くなる人より四倍から五倍も多い。人口十万人当たりの自殺率の高さは、先進国の中でも際立っている。

 わたしたちの社会は、そういう社会であることを自覚する必要がある。

 原因・動機別では、病気を苦にしたものが全体の約45%を占めて最も多い。次いで経済・生活問題の約八千九百人、家族問題の約三千人、仕事の失敗など勤務問題の約二千人と続いている。

 中でも経済・生活問題の増加が著しく、前年より約千人増え、過去最悪だった。負債を理由にしたものや生活苦、就職失敗などの理由によるものが急増している。

 さらに、心を重くするのは三十歳代の自殺が初めて四千人を超えたことである。

 リストラなどの影響で、仕事の負担がのしかかるようになり、過度のストレスを抱える人が増えたのではないか、との見方をする専門家もいる。

 いずれにせよ、現在の社会状況を色濃く映し出した結果といえるだろう。今や自殺は「個人の問題」として済まされなくなっていることは、はっきりしている。

117 :無責任な名無しさん:04/08/08 19:29 ID:loePX5yW
本格的に「姥捨て山」の必要性が生じるのは
今の団塊の世代が80代になったころから。
けどそのとき急に安楽死を認めたら
いかにも老人に死ねと言うようなもんだから、
自殺者がこれだけ増えている現在にこそ
安楽死を合法化するのがより適切だと思う。


118 :無責任な名無しさん:04/08/08 19:31 ID:loePX5yW
>三十歳代の自殺が初めて四千人を超えたことである。
毎日11人の30代が自殺していることになるな。
競争社会も大変だね。



119 :無責任な名無しさん:04/08/08 23:26 ID:dC6Iici/
強者が弱者の生殺与奪件を握っていた封建時代、弱者、というか一掴みの支配者以外の
者には、文字通り生きる自由も死ぬ自由も許されなかった。
奴隷として生きることのあまりの辛さに自殺しようとしても、自殺さえ許されず、
未遂者は罪人として見せしめに拷問にかけられたりした。
現在我々の社会では、他人の命を利己的に奪うことは犯罪となり、皆が自らの命を
守ることが許され、自殺未遂者も罪人扱いされることはなくなった。
人間はこのようにして進歩してきたわけです(一部の国を除いて)が、

120 :無責任な名無しさん:04/08/08 23:27 ID:dC6Iici/
ここで自殺という陰惨な行為を安楽死に変えることで、個々人の命の生殺与奪件は
完全に他人の手から自分のものとして認められることになるのではないでしょうか。
ただしそれを行うことができるのは、十分に分別のある判断を下せる者でなければ
ならないと思います。
安楽死を希望する側も、安楽死幇助(?)を行う側も。
より高度な文明行為を行うためには、人間にもそれに見合う資質が必要ですから。

121 :無責任な名無しさん:04/08/08 23:28 ID:dC6Iici/
現状日本の社会では「死」があまりにもタブー視されており、生きている間に
死を語ること自体が尋常でないというとらえ方をする人がほとんどだと思います。
自分の死がどうありたいか、何歳ぐらいまで生きたいか、という希望があっても
いいのではないでしょうか。
死は誰にも訪れることであり、いくら目を背けていても逃げることはできない。
私は自らの人生設計とともに「死」の設計もできる社会がくることを望んでいます。

122 :無責任な名無しさん:04/08/09 00:36 ID:2HGF2SQh
法律家は自分さえ社会の上層部で安定してたら
それでいい奴らばかりなんだよ。
人の心の痛みなんてわからないんだから。

123 :無責任な名無しさん:04/08/09 00:37 ID:9pSSBwp2
>>116 のような文章を読むと、「自殺するのではなく氏ぬまで働いて税金を払
え」という声が聞こえてくるようだ。社会のために生きているんじゃないぞ。

その前に働くところがないわけだが。無職は自殺容認してよ。頼むよ。

124 :無責任な名無しさん:04/08/09 11:56 ID:EXI8p3LP
「死因と自殺の統計」

http://www6.plala.or.jp/fynet/5tokei-jinko-siin-jisatu.htm#平成13年%20主な死因の死亡数・死亡率(人口10万対),都道府県(13大都市再掲)別

>>70に加え、過去からの推移もわかります。

125 :無責任な名無しさん:04/08/09 12:00 ID:EXI8p3LP
上のURLの右側の「平成13年〜」はなぜか貼り付いてましたが、
13年以外の統計もあります。

126 :無責任な名無しさん:04/08/09 14:56 ID:2HGF2SQh
陰惨な自殺は本人はもとより周りの家族や人間も不幸にする。
陰惨な自殺でなく、本人が自分の意思で安楽死したんであれば
周りの人間も陰惨な自殺よりずっと救われると思うんだが。

127 :無責任な名無しさん:04/08/13 22:26 ID:uLUsRGzC
安楽死は、自分では死ねない人にのみ許すべきだと思う。
末期患者とか。
精神のみをやんでるひとには適応しないほうがいい。
間違いなく自殺者は増える。結構軽はずみに自殺が行われるのは問題だ。
肉親が自殺したため生活苦に陥ったり、精神病になる人も増えるわけだし。
できる限り適応範囲を限定していかないと悪用が怖い。
今、安楽死に関しては、裁判官の判例しかなく、
この宙ぶらりんの状態はまずいと思うが。
とりあえず、法律を制定する必要は認めるが、
その範囲は限っていくべきだと思う。



128 :無責任な名無しさん:04/08/13 22:53 ID:Gb8IWE6c
小泉首相=最大の“疑惑人”、“最凶”の“抵抗勢力”

1 :小泉首相(自民党総裁)って、どんな人?(以下、新聞・雑誌等より抜粋) :03/05/14 02:47
簡潔に表現すると、小泉首相とは、最大の“疑惑人”であり、かつ“最凶”の“抵抗勢力” である。
鈴木宗男汚職、大島前農水相疑惑、そして小泉首相自身の重大な疑惑が発覚した結果、
小泉首相は、自民党族議員の手の平で「改革ごっこ」を演じる客寄せ(票集め)パンダであることがばれてしまった。
小泉政権の本質的役割は、自民党の腐敗政治=利権政治の延命にあると判断せざるを得ない。
今後、小泉政権は、見せ掛けの改革と既得権の温存の二重構造という今までの自民党政権と同じ道をたどることになるであろう。
結局、「自民党腐敗政治の“延命装置”」「“抵抗勢力”当選のための票集めパンダ」でしかない小泉首相を“延命”させることは、
日本政治の変革をさらに数年遅らせることにしかならないのだ…。

http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1052848049/l50

129 :無責任な名無しさん:04/08/21 00:26 ID:4M+xD6bd
安楽死ほう助で執行猶予 豪、合法化に進展と歓迎も

 【シドニー26日共同】オーストラリア・タスマニア州の最高裁は26日、
末期患者の年老いた母親が自殺するのを手伝ったとして、自殺ほう助の罪に
問われていた男性に対し、執行猶予付きの禁固1年の温情判決を言い渡した。
 同最高裁のアンダーウッド裁判官は判決理由で「彼の犯罪は思いやりと
愛情だけが動機だ」と述べ、安楽死に理解を示した。自殺ほう助罪の最高刑は
禁固21年。
 安楽死の合法化を求める団体はこの判決を「合法化に向けた大きな進展」と
歓迎している。
 この男性は海洋学者のジョン・スチュアート・ゴドフリー被告(63)。
 判決などによると、激しい筋肉の痛みなどに苦しんでいた母親のエリザベスさんは
2002年12月、被告の助けを借りて睡眠薬などを服用、警察が駆けつけた時には
頭にビニール袋をかぶって窒息死していた。88歳だった。詳しい病名などは不明。
(共同通信)5月26日

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040526-00000148-kyodo-int

130 :無責任な名無しさん:04/08/28 01:39 ID:V5dgy4ji
保守んこ

131 :無責任な名無しさん:04/08/28 12:03 ID:REyeINcU
末期で、ほっといてもいずれ死ぬ人間を苦痛なるべく減らして、ってのはあるだろうけど、
「人生に疲れた、世の中とはウマが合わない等の
理由から自殺願望がある人達にも安楽死適格を与えるべき」なんて言う奴は1の他いないね。
大体自分で首吊ればいいんだし、それに協力する医者はいないね、例えそれが合法化しても。


132 :無責任な名無しさん:04/08/28 23:35 ID:iscEbpyK
「会社とウマが合わない」人がクビになるのはなぜですか?
日本は、何でも少数派が冷や飯を食わされる世界。
多数と価値観が違う者はとことん排斥される。
だから池田小事件みたいなのが起こるんだろうな。

133 :無責任な名無しさん:04/08/29 13:36 ID:s5NmaLhy
私は裁判に負けて自殺した人を知っています。
遺族によると、遺書に
「被告が偽証を重ね中傷に膠着した訴訟なのに
裁判官は何の客観的な証拠もないのに
被告の主張を全部採用し、判決で酷く自分を中傷した。
そして自分はすべてを失った。
こんな世の中でこれ以上生きる意味を見出せない。
たとえ世の中が恥知らずな人ばかりだとしても、
自分は最後まで正直な裁判をして良かったと思う。」
と。

>>131は、きっとそのときの裁判官か偽証を重ねた
被告のような人なのでしょう。



134 :無責任な名無しさん:04/08/29 13:37 ID:s5NmaLhy
私は裁判に負けて自殺した人を知っています。
遺族によると、遺書に
「被告が偽証を重ね中傷に膠着した訴訟なのに
裁判官は何の客観的な証拠もないのに
被告の主張を全部採用し、判決で酷く自分を中傷した。
そして自分はすべてを失った。
こんな世の中でこれ以上生きる意味を見出せない。
たとえ世の中が恥知らずな人ばかりだとしても、
自分は最後まで正直な裁判をして良かったと思う。」
と書いてあったそうです。

>>131は、きっとそのときの裁判官か偽証を重ねた
被告のような人なのでしょう。

135 :無責任な名無しさん:04/08/30 01:00 ID:RqHfyR51
精神的な苦痛も身体的な苦痛も苦痛であることには変わらない。
精神的苦痛が身体的苦痛より大きい人もいるだろう。
事故や災害で身体が不自由になるのも、
人に陥れられて全財産を失うのも、
不運という意味では同じ。

その意味では、むしろ病気による安楽死だけを認めて
それ以外の理由の安楽死を認めないほうが、
整合性を欠いているような気がするが。
一律的に決められる話ではないと思う。


136 :無責任な名無しさん:04/09/04 23:30 ID:mtkrvuun
病気は治るものと治らないものがあります。
精神的な苦痛にしても、今は昔と違い心理学分野も発達してきており
カウンセリングなどでよくなるものもあります。
そういう意味では精神・身体という線引きは古い感じがします。
精神的苦痛にしろ身体的苦痛にしろ、それが治癒可能なものかどうか、
但し治療にはそれなりの費用がかかりますので、経済的な意味も含めて可能かどうか。
そこまで検証してなお不可能と思われる場合に安楽死を許容すればよいと思います。

137 :無責任な名無しさん:04/09/05 01:15 ID:0+5hlMmO
ちょっと話が逸れるが、
今日NHKで、最近の子供の犯罪の原因特集やってたな。
いじめられてる子供が、誰かを殺そうと思ったのは
殴られたときじゃなくて、理由なく土下座させられたときだったんだと。
殴られる痛みよりも、理不尽な屈辱の方が、余程心に残す傷が
大きいんだと。
法律的には、身体的な暴力は罰せられるが、精神的な暴力は
余程悪質でないと罰せられないし、罪も軽い。
でも今の世の中、実際には逆にすべきなんじゃないかと思ったよ。

いずれにせよ、身体的な不自由や身体的な暴力ばかりを
偏重する今の法律は時代にそぐわないと感じるね。

138 :無責任な名無しさん:04/09/05 01:20 ID:lc1zuIde
殺人に例外不可。論理崩壊のデメリットの方が大きい。

139 :無責任な名無しさん:04/09/05 14:24 ID:Sg1Y14zR
一般国民を故意に自殺に追い込む
裁判官の倫理は崩壊している。

やりたい放題、言いたい放題。
結論じたいは変えられなくても
人が受ける心の傷をもう少し考えられないのかと
思えることがある。

140 :無責任な名無しさん:04/09/13 08:38:56 ID:iya49bQf






アアアアアアアアアアア
アアアアアアアアアアア

アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア
アアアアアアアアアアア
アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア
アアア早く安楽死を合法
化してくれよツライツライツライツライツライツライツライツライツライツライツラ
イツライツライツライツライツライツライツライツライツライ頭がぶっ壊れ.AGらWらやまかなはMJGMGはPJはG.ぬ6JAJ.DpGらMGー

141 :無責任な名無しさん:04/09/13 22:48:01 ID:JRA6GmVu
昔はうつ病なんて病は存在しなかった。
病気や苦痛に対する社会通念が変化していることに
法律はもっと配慮する必要があるね。

142 :無責任な名無しさん:04/09/13 22:58:19 ID:OF4iuQ7Z
お前ら敗者になっても勝ち気になったつもりで1に賛成する発言する気あるの?

143 :無責任な名無しさん:04/09/13 23:22:02 ID:JRA6GmVu
ん?142の言いたいことがよくわからん

144 :無責任な名無しさん:04/09/14 00:01:23 ID:Ap7r79zn
ある程度成功したつもりでいる奴が「自殺したい奴は邪魔だからさっさと死ね」って遠まわしにいいたいだけなわけだろ?
飛び込み自殺者に通勤を邪魔されたのに腹立ててる満員電車利用客が。


145 :無責任な名無しさん:04/09/14 00:38:19 ID:mfy40sFZ
いや、俺は自殺したい奴は死んだほうがいいと思うよ。
邪魔だからというより、本人にとってそれが幸せだろうから。

146 :無責任な名無しさん:04/09/14 14:34:40 ID:rmIpLOdz
死にたい奴は早く死なせてやるのが筋。

<付属池田小事件>宅間死刑囚の死刑執行 判決確定から1年

 児童8人が犠牲になった大阪教育大付属池田小学校(大阪府池田市)の乱入殺傷事件(01年6月)で、1審・大阪地裁の死刑判決が確定した宅間守死刑囚(40)に対する死刑が14日、大阪拘置所で執行された。
事件発生から3年3カ月余り。昨年9月26日の判決確定から1年足らず。宅間死刑囚は確定から6カ月以内の執行を求めていたが、今回の早期執行は、死刑存廃論議とあわせて波紋を広げそうだ。
死刑執行は、野沢太三法相が昨年9月22日に就任して以来初めて。
 刑事訴訟法は、判決確定から6カ月以内に執行を命令し、5日以内に執行すると定めている。しかし、数年から10年以上たって行われるのがほとんどで、宅間死刑囚のケースは極めて異例だ。
 確定判決によると、宅間死刑囚は01年6月8日午前10時過ぎ、包丁を持って大教大付属池田小の通用門から敷地内に侵入。休憩時間中の南校舎1階教室などで、2年生と1年生の計8人を刺殺。
このほか、児童13人と教師2人に重軽傷を負わせた。宅間死刑囚はその場で教師に取り押さえられ、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された。
大阪地検は精神鑑定で刑事責任能力が認められたとして、殺人、殺人未遂などの罪で起訴した。
 宅間死刑囚の弁護側は大阪地裁の公判で、心神喪失か心神耗弱を主張。再度の精神鑑定が実施されたが、「情性欠如者(人間らしい良心を持たない人)ではあるが、精神病ではない」として、完全な責任能力が認められた。
宅間死刑囚は一貫して事件について、反省の気持ちを表さず、法廷では「どうせ、死刑になるんだ。はやく死刑を執行しろ」などの発言を繰り返した。
 大阪地裁は03年8月28日、死刑を言い渡し、川合昌幸裁判長は「離婚や父親への恨みから、自暴自棄に陥り、子どもを道連れにした」と動機を指摘。「再発防止のための真剣な取り組みが社会全体でなされることを願ってやまない」との所感を述べた。
 弁護側は控訴したが、宅間死刑囚がその後、自ら控訴を取り下げたため、9月26日に判決が確定。宅間死刑囚は確定直後、弁護団に「半年以内、できれば3カ月以内の死刑執行を望む」との手紙を送っていた。
遺族側からも早期執行を求める声があった。
(毎日新聞) - 9月14日13時4分更新


147 :無責任な名無しさん:04/09/16 09:33:59 ID:I9zaI1K/
>安楽死合法化
賛成〜

148 :無責任な名無しさん:04/09/17 15:16:57 ID:yyHUGDa1
凶悪犯罪者の宅間だって
死にたいといえば
絞首刑という名の安楽死をさせてもらえたのに
一般国民は凶悪犯罪者以下ですか?

149 :▼無責任な名無しさん :04/09/20 17:00:17 ID:4A8hForW
   ,.ィ⌒ヽ..
  ι ο  Ο  | <頼みがある! もし俺が知的障害者になるような事があれば…、
 (  д   丿 俺がまだ人間であるうちに…、
  ι -  ν)   人としての尊厳を失わないうちに…、お前の手で俺を殺してくれッ。
  し〜し'

150 :無責任な名無しさん:04/09/21 08:32:07 ID:InGlnhjZ
   ,.ィ⌒ヽ..
  ι ο  Ο  | <あ゙あ゙ぁぁうゔううぅぅっぅぅ…
 (  д   丿 
  ι -  ν)   
  し〜し'

151 :無責任な名無しさん:04/09/22 01:53:56 ID:Zb+c/JcY
aa

152 :無責任な名無しさん:04/09/26 11:19:41 ID:6w4kGoRJ
安楽死は財政再建とかにも一役かうと思うけどな。

153 :無責任な名無しさん:04/09/26 21:20:26 ID:Lw2dDB1E
これはマジで賛成する

154 :無責任な名無しさん:04/09/26 21:21:11 ID:+UGYtqte
もれも一票

155 :無責任な名無しさん:04/09/27 11:42:21 ID:uQsOUseV
マジで署名してーな。メチャクチャ支持されると思うよ。
でも倫理的に難しくて一歩もすすまん&適用要件超厳格で意味なしと予測。


156 :無責任な名無しさん:04/09/29 05:55:12 ID:XBD4f7sS
あげ

157 :無責任な名無しさん:04/09/30 01:43:28 ID:64Gfp+Ec
age

158 :無責任な名無しさん:04/09/30 17:33:07 ID:64Gfp+Ec
age

159 :無責任な名無しさん:04/10/02 00:07:28 ID:JQI4YVtB
どのへんまでを安楽死させていいかが難しいところだと思うが、私も心情的には賛成

160 :無責任な名無しさん:04/10/02 00:43:26 ID:nezQ2T5U
新自由主義時代の思考傾向なのだろうか。うーん

161 :無責任な名無しさん:04/10/02 01:20:36 ID:ROgVvlT7
わたしも賛成です。
反対する奴は他人の幸せを考えられない
自己中だと思われ。

社会は進化する。

162 :無責任な名無しさん:04/10/02 09:11:38 ID:OkKFThWo
「死の権利」国際会議開幕 延命拒否の意思主題に

 安楽死や尊厳死の権利確立を目指す各国の団体でつくる「死の権利協会世界連合」の
国際会議が30日、4日間の日程で東京で始まった。
 会議は1976年に東京で始まって以来、2年ごとに開かれており今回で15回目。
無理な延命治療はしないよう、あらかじめ書面で意思表示しておく「リビングウイル」を
中心テーマに議論する。
 医療の進歩で延命や緩和など終末期医療の選択肢が増えた結果、自分の死にざまは
自分で決定したいという考えが各国で広がっている。現在、世界連合には日本を含む
23カ国の38団体が加盟している。
 10月1日と2日に公開で行われる分科会では、世界各国のリビングウイルをめぐる
活動状況を紹介。無理な延命治療を断り安らかな死を望む尊厳死も、議員連盟が
結成されるなど国内で動きが見られており、法制化について意見が交わされる。

(共同通信) - 9月30日9時15分更新

163 :無責任な名無しさん:04/10/02 19:22:45 ID:JQI4YVtB
私は精神障害で一度自殺未遂したけど死にきれませんでした。
それで精神障害者のリハビリ施設に通っています。そこで同じように自殺未遂して通ってきている人と出会いました。
その人はもう自殺する事しか考えられないそうです。1さんの言われるように自殺は苦痛がともないます。
未遂に終わり障害が残ってしまう人も多いそうです。誰でもやりたければ安楽死させていいとは思いませんが、自殺未遂体験者として、そして身近に一度自殺未遂してまた自殺を試みようしている人と接していて、
安楽死を望む気持ちが大きいです

164 :無責任な名無しさん:04/10/02 19:40:53 ID:ROgVvlT7
安楽死したいのにさせてもらえない人間って
檻の中で生かされている動物のよう。
それが人間の尊厳なのか?

165 :無責任な名無しさん:04/10/02 23:31:02 ID:JQI4YVtB
自殺者三万人以上、その原因として一番多いのが病苦によるものだという。
それを思うと日本でも安楽死について考える必要もあるかなと思う。
難しい問題だと思うが、安楽死が合法の国もあるのだし、日本でももっと議論されてもいいかなと思う

166 :無責任な名無しさん:04/10/04 20:19:58 ID:wYvdMMNG
あげ

167 :無責任な名無しさん:04/10/04 22:16:41 ID:wYvdMMNG
死ぬ時は苦しまず安らかに死ぬのが私の一番の願い

168 : ◆ZbXQK0wd/U :04/10/05 12:33:15 ID:bJRNECmc
知的障害者に望まれて産まれてきた者などいる訳がないのだから、
そんなのを過剰に擁護するのは間違っているんだよ。

知的障害者たちは、どれも同じような顔をしていると感じたことはないだろうか?

我々人間にとって、同じ種類のカエルや魚を顔で見分けることが困難なのは
(みんな同じような顔に見えるのは)、カエルや魚は我々人間とは種族が違いすぎるからだ。
知的障害者にも同じ事が当てはまらんか?

知的障害者もカエルや魚のように、人間と同じ生き物だとは言い難いのではないか?

本能のみで動くものが動物。本能に理性を備えたものが人間。
人間の形でありながら理性的な行動が振舞えないのであれば、それは人の皮を被った獣であろう。
人間の思考、活動の中枢である脳が壊れてしまっていては、どうすることも出来ない。

知的障害者に関しては“人権”云々よりも、「“人間”とは何か?」という命題に戻らなければならない。

169 : ◆YpfI1HQLcc :04/10/05 12:34:43 ID:bJRNECmc
376 名前: 名無しさん@5周年 [sinjimae!!] 投稿日: 04/06/29 19:39 ID:gNk3W25v
天皇は癌でくたばり、皇族一同は集団自殺。
そして、バカウヨは全員殉死。
もしくは、テロで皇居に原爆が落とされ皇族全滅。

これが一番じゃねーの?
414 名前: 名無しさん@5周年 投稿日: 04/06/29 19:50 ID:gNk3W25v
実は、もう死んでたりしたらウケるんだけどな。
424 名前: 名無しさん@5周年 投稿日: 04/06/29 19:53 ID:gNk3W25v
昭和天皇のバカなんざ、斬首に処しときゃ良かったんだよ!!
439 名前: 名無しさん@5周年 投稿日: 04/06/29 19:57 ID:gNk3W25v
やっぱ、もう死んでんじゃねーのか!?
463 名前: 名無しさん@5周年 [sage] 投稿日: 04/06/29 20:06 ID:gNk3W25v
>>452
"次"の戦争で勝つまでは、日本は永久に敗戦国だからな!!

こーゆー考え持っている野郎って、マジきもい。
497 名前: 名無しさん@5周年 投稿日: 04/06/29 20:14 ID:gNk3W25v
誰か今から、テンノーの死骸を盗んで来いや。
521 名前: 名無しさん@5周年 投稿日: 04/06/29 20:20 ID:gNk3W25v
>>507
皇族どもは全員、今すぐ安楽死させてやろーゼ!!

170 :無責任な名無しさん:04/10/05 22:01:27 ID:zxlH4lGB
安楽死選択は1% 米オレゴン州で調査

 【ワシントン3日共同】全米で唯一、医師による末期患者の自殺ほう助を「尊厳死(安楽死)法」で認めているオレゴン州で、最終的に死を選ぶのは真剣に検討した患者の1%程度とする調査結果を、オレゴン健康科学大のグループが3日までにまとめた。
 自殺ほう助の数は、合法化されていない他の州の平均の約4分の1とみられることも判明。自殺の権利を認めることには懸念の声も強いが、法律による要件の明確化が抑止につながっている可能性もあるという。
 オレゴン州では同法に基づいて1997年以降、約170人が自ら死を選んだ。
(共同通信) - 10月3日15時54分更新

171 :無責任な名無しさん:04/10/05 22:02:25 ID:zxlH4lGB
延命拒否の書面意思尊重を 死の権利国際会議が閉幕

 安楽死や尊厳死の権利確立を目指す各国の団体が集まり、東京都内で
開かれていた「死の権利協会世界連合」国際会議は3日、無理な延命治療を
行わないなど終末期医療の選択を患者があらかじめ書面で記した
「リビングウイル」を合法と認識し、従わなければならないとする東京宣言を
採択し閉幕した。
 終末期医療をめぐっては、延命治療を拒否する尊厳死を法で認める地域もあれば、
オランダやベルギーのように患者の要請に応えて医師が患者を早く死なせる
安楽死まで認めている国があるなど、考え方はさまざま。
 日本では、延命治療の中止手続きに関するガイドライン作りを厚生労働省が始め、
尊厳死の法制化に向け議員連盟が結成されるなどの動きがある。
(共同通信) - 10月3日17時7分更新

172 :無責任な名無しさん:04/10/06 18:57:35 ID:iG/K548j
age

173 :無責任な名無しさん:04/10/07 01:58:13 ID:2w8vV4G9
私も安楽死に賛成です。先日、障害者の叔父を看取った。最後の3日間は意識が無く、目は見開いたまま・・・もし自分だったらと思う。

174 :無責任な名無しさん:04/10/07 13:25:36 ID:b4cs0RhS
法が社会の変化についていっていないな。
もっと議論すべき分野だろうね。

175 :無責任な名無しさん:04/10/07 14:45:24 ID:EvB4MfJE
ついに、このようなスレが立ったか。
素晴らしい、待ちに待ったスレだ。

子孫繁栄とは笑止、精神異常者も、犯罪者も、ひきこもりも少なくなる。
犯罪者の中には自分が嫌になって自殺したいがうまくできない⇒
何故自分だけがこんなに苦しまなければならない⇒天誅!!
パターンが多い。
なんと合理的で理に適った法律だろうか。
だが国に、世間体、国が廃れる、その他諸々を理由にお断りされるだろうが。

さすがに、今の世の中「命を粗末にするな」とか「君だけの命じゃないんだよ」等の
偽善と精神論の非現実主義者は少なくなったようだ。
時は来た、早急に願う。

176 :無責任な名無しさん:04/10/07 21:22:36 ID:5/+ebmDc
私も賛成。オランダの安楽死について書かれた本を読んで、いいな。と思った
日本でも安楽死させたという事件もあるらしいし。日本でももっと議論されていいと思う
日本にも尊厳死協会というのがあるらしいすね

177 :無責任な名無しさん:04/10/08 13:02:51 ID:rGFW2oyP
私は積極的な活動家じゃありませんが、
30代にして尊厳死協会の会員になってる。
「植物状態になったときは一切の延命措置を拒否する」という
趣旨のリビングウィルを協会と自宅に保管、カードも持ってる。

法的効果は不明なんで気休め程度かもしれないけど、
なんかお役所が尊厳死協会の存在を認めるのに
否定的みたいよ。
よく忘れたけど、社団申請しても却下されるとかいろいろ曰くが
あるらしい

178 :  :04/10/08 15:40:43 ID:dH7JVnAx
エゴかもしれないけど、誰にでも生きて欲しい。
まだ会った事のない人にも これから会うことのない人にも生きて欲しい。

誰かが死ぬなんて悲しい。


179 :無責任な名無しさん:04/10/08 16:57:17 ID:RsscfVDc
きれいごとだ。

誰かが死ぬなんて悲しい。

そう言いながらお前は今日も肉を食らう。

180 :無責任な名無しさん:04/10/08 17:48:57 ID:caiZREBc
age

181 :無責任な名無しさん:04/10/08 19:43:47 ID:qmlxSesU
>>178
ほんと君は自分勝手だな

182 :無責任な名無しさん:04/10/09 18:41:25 ID:Nzj8DzoI
age

183 :無責任な名無しさん:04/10/09 19:39:39 ID:ZBnmWL8A
強制参加だった人生が任意参加になると考えれば
これほど素晴らしいことはない。

184 :無責任な名無しさん:04/10/09 19:57:44 ID:qiBgQmE1
厳密には任意にリタイヤが可能になるだけで強制参加なのは変わらん。

185 :無責任な名無しさん:04/10/09 20:00:58 ID:ANIz4h2Q
法律は自然死マンセーだからなあ。。。
漏れも変に長生きはしたくないけど
根本的に日本の法律の概念を
変えなきゃなんない話だから
難しいよね。


186 :無責任な名無しさん:04/10/09 23:08:27 ID:bHkRNMic
医療が末期に介入しすぎて不自然に長く生かされて迎える死を
「自然死」と言っていいものか?
ということに人が気づき始めたのさ。

187 :無責任な名無しさん:04/10/10 02:08:31 ID:lDfUYzRy
503 :[名無し]さん(bin+cue).rar :04/10/09 18:27:11 ID:+7TzhpOi
http://yasai.2ch.net/male/kako/1007/10071/1007133192.html

こいつは逮捕されたのか?

504 :[名無し]さん(bin+cue).rar :04/10/10 00:09:10 ID:RjS4ZwEV
>>503
死んだ

188 : ◆xKvzozvsSk :04/10/11 02:14:06 ID:4f3qUPc8
知らない人が多いようだが、日本ではすでに絞首刑は行われていない。

98年に死刑執行を委任された刑務官が職務を拒否し、刑が執行されないという変事があった。
このことはもちろん公にはされず、ひそかに対策が考えられた。

では、どのような対策がとられたのか?
死刑囚に出される最後の晩餐には、睡眠薬が混ぜられている。
そして、眠りに落ちた死刑囚に筋弛緩剤が注射される。
身動きできない死刑囚は、『死んだものとして』棺桶に収められ、
翌日、刑務所内の火葬施設に送られるのだ。

火葬を担当する刑務官は、この事を知らされていない。
だが、もちろん気づいてはいる。

火葬炉の中から、恐ろしいうめき声や叫び声が聞こえてくるのだから当然だ。
しかし、火葬を担当する刑務官は誰にも言わない。
この方法だけが、すべての刑務官を死刑執行という呪わしい仕事から解放させる、
唯一の手段だからだ。

189 :無責任な名無しさん:04/10/11 02:29:29 ID:JyafH+Pk
人が苦しんで死ぬ妄想に快楽を感じる
>>188のような奴が今の日本に多くいる限り、
安楽死の早期導入を切望する声、
そして安楽死は他人事と臭い物に蓋の態度をとり続ける
官僚に対する非難の声はますます大きくなっていくだろう。

190 : ◆.7FhrQ4rjk :04/10/11 04:44:41 ID:ko9+BXnL
397 : ◆OtQl08.rcI :04/10/09 16:14:44
本当に、このような発言があったのでしょうか?
それとも、氏賀Y太先生による創作なのでしょうか?

「元気ハッスル!オロナメンG!!」
http://para-site.net/up/data/341.gif

オロナミンかオロナメンかは別として、
そういった一字一句まで、
みんなが大好きな裁判記録に残ってるモンだとしたら、
それはソレで、すげーな。

191 :無責任な名無しさん:04/10/12 00:35:53 ID:UrIAJOX+
age

192 :無責任な名無しさん:04/10/12 18:02:29 ID:UrIAJOX+
極限の苦しみにある人やそういう人を見たことがある人とかじゃないとピンとこないことなのかもしれないが私は賛成です

193 :無責任な名無しさん:04/10/13 18:36:46 ID:5OVP/G2w
age

194 :無責任な名無しさん:04/10/15 03:12:38 ID:NQWczioc
age

195 :無責任な名無しさん:04/10/15 06:26:23 ID:NQWczioc
安楽死のできる国 三井美奈 著 新潮社 
オランダの安楽死について主に書いてあるが、日本の安楽死事件や安楽死運動についても書いてある。

196 :無責任な名無しさん:04/10/16 17:47:31 ID:rmqmHFeD
age

197 :無責任な名無しさん:04/10/17 23:10:20 ID:TQl99Y1Z
お前ら「自殺自由法」は読みましたか?

198 :無責任な名無しさん:04/10/18 11:44:54 ID:6MGv/kfd
大学で安楽死の是非についてディベートをすることになり、
私は反対派になった。研究の資料材料として、
諸外国で安楽死を否定する国を教えていただきたい。

199 :無責任な名無しさん:04/10/20 06:12:04 ID:i5yJCR4u
age

200 :無責任な名無しさん:04/10/20 22:04:12 ID:i5yJCR4u
ドイツ?

201 :無責任な名無しさん:04/10/22 21:23:48 ID:PNXdSKEV
基本的にキリスト教国では自殺はだめって感じらしいが、例外も多々あると思うが

202 :無責任な名無しさん:04/10/23 15:23:59 ID:/N77xP/5
>>198
合法のオランダとデンマーク以外は否定と言う事だろ

203 :無責任な名無しさん:04/10/24 12:04:04 ID:bZnP0N1i
age

204 :無責任な名無しさん:04/10/24 21:46:54 ID:5C44YW/P
オレゴン州の尊厳死(安楽死)法

 2人の医師が余命半年未満と診断した末期患者の要請に基づき、
医師が致死量を超える薬剤を処方、患者が自分で服用することを認める内容。
住民投票での可決を受け1997年から実施された。米国では他に実施州はない。
これ以外には、オランダとベルギーが安楽死を合法化している。(ワシントン共同)

205 :無責任な名無しさん:04/10/24 21:47:36 ID:5C44YW/P
安楽死は罪か−息子に対する哀切の母情

死ぬ権利を要求する全身マヒの息子を安楽死させようとして逮捕された
母に対し、仏検察が釈放を決定した。
フランス北部のブルニューシュルメール地方検察庁は25日、全身マヒの
息子の注射液に毒物を入れて安楽死させようとした容疑で、前日逮捕されて
いたマリ・ウンベルさん(48)を釈放した。 ウンベル母子の悲劇は、3年前の
2000年9月24日に始まった。義勇消防隊員だった息子ベンサンさん(22)は、
高速道路で交通事故に遭い、全身マヒに加え、視力と言葉を失った。
動かせるのは右手親指だけだった。
ベンサンさんは、親指でなんとかパソコンのキーボードを叩き、家族と意思を
通い合わせた。 だがベッドの上で毎日を苦痛の中で過ごすベンサンさんは
これ以上絶えることが出来ず『僕に死ぬ権利を下さい』という題の本を出版。
涙の中でこれを見守ってきたマリさんは、息子の本が発売される前日で
事故3年目となる24日、息子の願いを聞き入れ、毒物を混入した。
この事件は、フランスだけでなく欧州全土で、再び安楽死についての
論争を巻き起こしている。
2003.09.28

206 :無責任な名無しさん:04/10/25 23:06:48 ID:dQUzRVV9
>>186
ズバリ

人は簡単に死ねなくなった。
そして生に対する敬意を失いかけている。

207 :無責任な名無しさん:04/10/26 16:38:35 ID:aC7RLQvp
>>1
ドクターキリコにでも頼んで来い

208 :無責任な名無しさん:04/10/27 11:56:02 ID:24ItYgyC
「安楽死事件/医療の深淵に目向けよう 」
(2003/08/10 神戸新聞より)
http://www.kobe-np.co.jp/shasetsu/030810ja20690.html
長いので2回に分けます。前半

 大阪市福島区の関西電力病院で、大腸がん末期の男性患者が、
医師に塩化カリウムの原液を点滴投与された直後に死亡していたことがわかった。
 大阪府警は、医師の行為が法律で認められていない「安楽死」に当たるとし、
殺人容疑で書類送検した。
 患者の死亡から八年以上がたち、死亡に至る詳細な経過が確定できないことや、
患者・家族が同意したと受け止められる経緯などもあり、実際に殺人罪で起訴するのは
難しいという。
 たとえ患者の死は避けがたく、患者本人や家族の同意のようなものがあったとしても、
医師には最後まで最善の医療を尽くす責任がある。薬液で死期を早める行為は許される
ものではない。
 同じような安楽死は、過去にも繰り返されてきた。背後にある高度医療技術に
支えられた終末期医療の問題とその混乱状況に目を向けない限り、根絶するのは
難しいのではないだろうか。担当の医師のみを責めて済む問題とは思えない。
 問題になってきた安楽死のほとんどは一人の医師が生死の判断を行ってきた。
今回の事件も、そうである。
 死に直面した患者と、見守るしかない家族に対し、病院としてどのように医療を
尽くそうとしたのかが見えてこない。
 病院が内部告発で初めて事の次第を知ったことや、患者の死亡直前の医療カルテを
紛失していたことに、それが表れている。

209 :無責任な名無しさん:04/10/27 11:56:44 ID:24ItYgyC
「安楽死事件/医療の深淵に目向けよう 」
(2003/08/10 神戸新聞より)
http://www.kobe-np.co.jp/shasetsu/030810ja20690.html
長いので2回に分けます。後半

 病院がふだんからチーム医療を徹底しておれば、違う対応も可能だったはずだ。
 一九九一年の東海大病院事件の裁判で、裁判所は罪に問えない安楽死の
要件として、耐え難い肉体的苦痛▽死期が迫っている▽他に肉体的苦痛を取り除く
手段がない▽患者の意思表示―の四つを示した。
 しかし、実際の医療の現場はもっと複雑である。四要件には当たらないが、高度な
医療技術の下で、本人の意思とは関係なく生かされている事例も多く存在する。
むやみな延命治療も問題になっている。
 問題の解決に近づくためには、病院が日常の診療を通じて安楽死を生む要因を
洗い出し、どうすれば防げるか考えることだ。それは、医療を見直すことにも通じる。
 同時に、わたしたちも、人間らしい終末期を迎えるために、どういう医療を望むのかを
はっきりさせておく必要がある。受けたい医療、受けたくない医療を、家族や医師に
伝えておくのも一つの方法だろう。
 大切なことは、安楽死を社会が抱える問題と認識することである。


210 :無責任な名無しさん:04/10/27 20:08:12 ID:YCn8IThF
実際には、末期患者の抹殺なんてよくやられレるんでしょうね

211 :無責任な名無しさん:04/10/28 13:47:27 ID:hZTQsY0B
「 安楽死 」
 一般に
(1)耐え難い肉体的苦痛がある
(2)死期が迫っている
(3)苦痛緩和の方法を尽くし、ほかに手段がない
(4)安楽死を望む本人の意思表示がある
―の4要件を満たした場合、医師による積極的安楽死が「緊急避難」
として認められる。4要件は1995年3月、横浜地裁が東海大安楽死事件
の判決で示したが、96年の京北病院(京都府京北町)や98年の
川崎協同病院(川崎市)などで要件を満たさないケースが相次いだ。
患者の意思で延命治療をせず、自然に死を迎える「尊厳死」とは
区別される。

東奥日報 2004.6.4

212 :無責任な名無しさん:04/10/29 16:37:21 ID:YtH2PmSn
age

213 :無責任な名無しさん:04/10/29 17:13:40 ID:kq9uKhv9
耐え難い精神的苦痛じゃダメですかね?

214 :無責任な名無しさん:04/10/30 13:32:43 ID:39aa+FU8
age

215 :無責任な名無しさん:04/10/31 10:38:53 ID:0GsNW491
あげ

216 :無責任な名無しさん:04/11/01 00:28:20 ID:Hj5u89PI
週刊医学界新聞
〔連載〕続 アメリカ医療の光と影 第46回
医学的無益(medical futility)をめぐって(1)
評 決
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

『・・・ DNRとは「Do Not Resuscitate(蘇生禁止)」の略であるが,
癌の末期など救命の可能性が望みえない患者に「不要・不適切」な
心肺蘇生を行わない(註1)ことをいう。・・・』

http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2004dir/n2603dir/n2603_05.htm#00

217 :無責任な名無しさん:04/11/01 00:28:46 ID:Hj5u89PI
週刊医学界新聞
〔連載〕続 アメリカ医療の光と影 第47回
医学的無益(medical futility)をめぐって(2)
安楽死との混同
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

『・・・ 英国上院医療倫理委員会報告書(1994年)によると,安楽死は
「癒しようのない苦痛から患者を救うために,命を絶つという明瞭な目的を
持って行われる意図的な行為」と定義される。一方,「無益な治療の差し
控え・中止」は,「死の過程を人工的に引き延ばすことを避け,自然経過に
よる死を許容することを目的とする」(国際ホスピス・緩和治療学会,
1999年)ものである。「安楽死」が,たとえば,高濃度塩化カリウムを
急速静注したり筋弛緩剤を投与したりするなどの手段で「命を絶つ」ことを
目的とするのと異なり,「無益な治療の差し控え・中止」は「人工的な
手段でいたずらに死の過程を引き延ばすことをしない」ことを目的と
するのであり,この2つは水と油ほどに違うのである。・・・ 』

http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2004dir/n2605dir/n2605_03.htm#00

218 :無責任な名無しさん:04/11/01 17:09:52 ID:7GjSQF6a
age

219 :無責任な名無しさん:04/11/02 16:36:34 ID:aXcr58ze
age

220 :無責任な名無しさん:04/11/03 14:35:14 ID:n5T6Qws+
あげときます

221 :無責任な名無しさん:04/11/05 18:09:27 ID:/cpvgl+O
安楽死の件数とか、肯定・否定の世論の割合とか
最新の情報がわかるサイト知りませんか?

222 :無責任な名無しさん:04/11/05 18:16:29 ID:2piySB+y
どこの国の安楽死?
日本のデータなんてあるわけないじゃん
今はまだ犯罪なんだから

223 :無責任な名無しさん:04/11/05 18:17:44 ID:/cpvgl+O
どこでもなんでもいいです。切羽詰ってます

224 :無責任な名無しさん:04/11/05 18:39:00 ID:2piySB+y
なんで切羽詰ってんの?

225 :無責任な名無しさん:04/11/07 22:03:19 ID:J397PKuh
ageときます

226 :無責任な名無しさん:04/11/08 17:09:29 ID:Afb1tbZ8
age

227 :無責任な名無しさん:04/11/09 17:17:51 ID:/bFKD0WW
>>213
>耐え難い精神的苦痛じゃダメですかね?
絶対ダメ。

228 :無責任な名無しさん:04/11/09 19:45:09 ID:3auSu3Qv
age

229 :無責任な名無しさん:04/11/09 21:32:37 ID:3auSu3Qv
<227
なんでだめなの?

230 :無責任な名無しさん:04/11/12 01:44:21 ID:V7a7732D
age

231 :無責任な名無しさん:04/11/12 21:16:29 ID:XsPQWk0Z
耐え難い精神的苦痛では、死期が迫っているという要件を欠くことになるのでは?


232 :無責任な名無しさん:04/11/14 00:19:04 ID:fm6a/3eQ
なるほど

233 :無責任な名無しさん:04/11/15 00:40:01 ID:DrzS1MzN
あげ

234 :無責任な名無しさん:04/11/15 19:15:43 ID:Y/BIPVbc
この板では盛り上がらないな

235 :無責任な名無しさん:04/11/16 22:54:00 ID:mZ9kWIBI
みなさん盛り上げましょう

236 :無責任な名無しさん:04/11/16 23:27:02 ID:3AcwSwOS
ムリ

237 :musekininnsyoshi:04/11/17 16:59:47 ID:jHnOV9LV
他人の力、もしくは自分で生存できない場合は、安楽死の対象


238 :無責任な名無しさん:04/11/17 19:17:22 ID:lSRhI0zj
>>237 本人の意思に反する安楽死はいかん

239 :無責任な名無しさん:04/11/17 20:20:58 ID:TmU/Hhoo
そうだね。それだと死刑って感じだな

240 :無責任な名無しさん:04/11/18 17:45:36 ID:BhWoinnl
age

241 :無責任な名無しさん:04/11/18 20:29:19 ID:9IKHkLGX
終身刑受刑者にも尊厳死を認めてやれ

242 :無責任な名無しさん:04/11/19 08:37:20 ID:ANR+DQI5
>>241 それは尊厳死じゃないでしょーが

243 :無責任な名無しさん:04/11/19 16:45:20 ID:6daiy+6o
age

244 :無責任な名無しさん:04/11/21 15:08:06 ID:KhsNiHA+
ちゃんとした議論期待あげ

245 :無責任な名無しさん:04/11/23 14:28:10 ID:Zz3fgnIi
日本では安楽死について議論するのはタブー視されてるって聞くが、実際どうなんだろ

246 :無責任な名無しさん:04/11/24 22:45:40 ID:E4owf4IV
age

247 :無責任な名無しさん:04/11/24 23:47:34 ID:DLgLFEL0
>>245
なんでたぶーなの?
下民どもから生かさず殺さずで搾り取るためかな?

最近また集団自殺のニュースがあったし、少しは真面目に議論してほしいぜ。

248 :無責任な名無しさん:04/11/25 03:19:14 ID:f8nQkrXH



149 :▼無責任な名無しさん :04/09/20 17:00:17 ID:4A8hForW
   ,.ィ⌒ヽ..
  ι ο  Ο  | <頼みがある! もし俺が知的障害者になるような事があれば…、
 (  д   丿 俺がまだ人間であるうちに…、
  ι -  ν)   人としての尊厳を失わないうちに…、お前の手で俺を殺してくれッ。
  し〜し'


150 :無責任な名無しさん :04/09/21 08:32:07 ID:InGlnhjZ
   ,.ィ⌒ヽ..
  ι ο  Ο  | <あ゙あ゙ぁぁうゔううぅぅっぅぅ…
 (  д   丿 
  ι -  ν)   
  し〜し'



249 :無責任な名無しさん:04/11/25 22:42:17 ID:DVwdl8n2
<247
自殺、高齢化問題がこれだけある日本では、安楽死がもっと議論されてもいいと思う

250 :無責任な名無しさん:04/11/26 20:10:35 ID:GHqvy7Lx
>>1
無理

251 :無責任な名無しさん:04/11/27 00:09:49 ID:fe20norh
まあまあそう言わず

252 :無責任な名無しさん:04/11/27 15:39:25 ID:1KeCQ+yv
合法化してもしなくても、
安楽死なら、練炭でさっさと実行しちゃうでしょ。。。

253 :無責任な名無しさん:04/11/27 21:57:35 ID:fe20norh
age

254 :無責任な名無しさん:04/11/30 00:18:45 ID:EltIVUff
練炭自殺今年も多いなー

255 :無責任な名無しさん:04/12/01 03:32:49 ID:2cZKOwGg
俺もしようかなー

256 :無責任な名無しさん:04/12/01 18:02:12 ID:m0tRbUQX
age

257 :無責任な名無しさん:04/12/02 02:09:34 ID:D7USO0g/
救急病院では浮浪者や身よりのない老人、高齢の透析患者
に対して安楽死じゃあなくて殺人が行われているよ。
殺人処置担当の医者、看護婦が必ずいる。
だいたい連日下剤を投与して脱水、心不全脳コウソクをおこさせ
殺している。
一度調べてみるといいよ。


258 :無責任な名無しさん:04/12/02 19:30:55 ID:mOTvU9LX
どうやって調べるの?

259 :無責任な名無しさん:04/12/02 21:00:03 ID:fjSSijHo
実際、安楽死なんてしょっちゅうやってんだろうな
たまに見つかるのが不思議なくらい

260 :無責任な名無しさん:04/12/03 20:50:52 ID:lvaKbG/r
>>258
救急病院、透析病院の病棟の看護婦とねんごろになる。

261 :無責任な名無しさん:04/12/04 01:11:22 ID:WcxXGLVB
まじで?

262 :無責任な名無しさん:04/12/05 09:40:11 ID:UQhjcEot
まじだけど!
何度か警察に相談に行ったけど捜査をするには傷害等の診断書がいるらしい。
ばかかと思った。



263 :無責任な名無しさん:04/12/06 10:01:10 ID:BTa2S0NV
age

264 :無責任な名無しさん:04/12/07 06:19:37 ID:NlzjKUgw
>202
デンマークじゃなくてベルギーな

265 :無責任な名無しさん:04/12/07 16:24:12 ID:Hr7bsRj1
>>1って棄民の発想だな

266 :無責任な名無しさん:04/12/07 19:16:29 ID:gJH2Ewn3
あげ

267 :無責任な名無しさん:04/12/07 20:05:04 ID:TgJeC76g
>>242
尊厳死の定義って何さ?

268 :無責任な名無しさん:04/12/08 18:33:28 ID:1jzUyqhO
<267国によってちがったりすると思うが、検索すればいろいろ出てくると思う

269 :無責任な名無しさん:04/12/11 10:51:22 ID:3Xf21zdt
あげ

270 :無責任な名無しさん:04/12/11 13:27:49 ID:gFat+cHG
やっぱ一酸化炭素中毒が1番楽に死ねそう。どうなん?

271 :無責任な名無しさん:04/12/12 21:06:41 ID:xntL2ODW
オランダいって医者にやってもらうのが一番かと

272 :1:04/12/12 21:53:31 ID:nWRurBlM
おねがいします

http://school4.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1102852944/

273 :無責任な名無しさん:04/12/13 17:31:06 ID:QM7bGH2v
age

274 :無責任な名無しさん:04/12/14 16:45:45 ID:r0v+oIVm
安楽死を一旦合法化してしまうと、急斜面の論理で他の生命まで尊重性が低下する恐れがある訳で。
まあ、これは森鴎外の「高瀬舟」って小説を読むと分かると思うんだが。

275 :無責任な名無しさん:04/12/14 21:16:07 ID:9nm3jpBT
<274さん。そうですね。そのあたり問題ですよね。オランダとか安楽死が合法の国では
そのあたりどうなってるんだろう

276 :無責任な名無しさん:04/12/16 16:44:23 ID:W1nTuE7Y
age

277 :無責任な名無しさん:04/12/19 07:41:23 ID:dCbSdrvf
age

278 :無責任な名無しさん:04/12/19 10:29:39 ID:VGp7rqs+
age

279 :無責任な名無しさん:04/12/20 15:04:36 ID:8rX+9SOm
age

280 :無責任な名無しさん:04/12/22 00:01:15 ID:rt15fjiq
難しい問題やね

281 :無責任な名無しさん:04/12/22 03:01:05 ID:lqYs5bNl
凶悪殺人犯が服役中に不治の病になり安楽死を希望したら安楽死させるのか?

282 :無責任な名無しさん:04/12/23 12:40:07 ID:mv5HEVs/
どうだろ?服役中の人の病気になった時ってどうなるのかあまり聞かないからな〜

283 :無責任な名無しさん:04/12/25 16:57:43 ID:rOl6NhsG
age

284 :無責任な名無しさん:04/12/27 01:39:58 ID:Ayno32wz
age

285 :無責任な名無しさん:04/12/28 21:37:17 ID:PiFlqm5f
age

286 :無責任な名無しさん:05/01/01 21:33:11 ID:4PjcB2v+
有料で本人の意思のみで安楽死できるようになれば、
結構もうかるんじゃないか?

国内のみならず、外国からも死にたいヤツが来て安楽死代払ってくれれば
外貨獲得も可能かもよ。


287 :無責任な名無しさん:05/01/03 15:56:45 ID:Ru+rjmM0
それいいね

288 :無責任な名無しさん:05/01/14 00:05:58 ID:CTEoB78C
>>282
服役中に病気になったら治療するだろ。
で、安楽死を合法化したら医療行為になるわけだから
囚人にも受ける権利が出るのでは?
と言う事じゃないのか? >>281の問いは

289 :無責任な名無しさん:05/01/26 17:57:54 ID:0bwGiiQo
パスポートを先日取得しました。来月にでもオランダに行こうと考えています。
そこで質問なんですが、外人である私はすぐに安楽死できるでしょうか?
色々と手続きが必要なのでしょうか?
向こうに着いてからすぐには無理でしょうか?

290 :無責任な名無しさん:05/02/09 21:10:31 ID:w0eSI3hA
私思うんです。環境汚染問題、人口増加問題がこれだけ現実的に将来私たちに
大きな問題としてふりかかってくるのがはっきりしているのに社会は
まるでそれとは無関係に活動しています。例えば製品を沢山売ったやつは偉い、
というのは誰も疑いようがないことです。でも製品を沢山うる=ゴミが増える、環境汚染
と考える人はほとんどいません。私は町にあふれかえってる製品、人を見ると
将来の希望がもてなくなるんです。単純に言うとペットボトルを買うごと
に罪悪感がふつふつと出てきて将来の不安がでてきます。目先の不安では
なくて、確実にやってきている破壊への不安です。人口が増えすぎるの
って恐らく地球の資源も環境もすべて急速になくなっていくことです。
なので安楽死というか地球洗浄計画を本気で考えるべきです。
安楽死によって犯罪者やおちこぼれや自殺希望者を一掃するのです。
優秀な人以外を抹消。できるだけ少ない人口に絞り、平和で秩序の
ある地球にすべきだと思うのです。

291 :無責任な名無しさん:05/02/13 14:13:39 ID:Ciku5mNK
 

292 :無責任な名無しさん:05/02/13 14:20:27 ID:kLOBkDwy
安楽死を合法化してくれないと、
コンビニに入った老人みたいなのが増えるぞ!


というか、漏れの将来の姿っぽいw

293 :無責任な名無しさん:05/02/13 15:40:35 ID:Y0yd+24R
命の尊厳だーとか言ってるうちにけっきょく人口爆発してってんでしょ?
なんでそんな時代に自由のきかない老人を金と体力つかって
できるだけできるだけ長生きさせにゃならんのよ。本人が生きたいなら
別だけど本人だって息苦しくて早く楽になりたいんだったらなんで
生かすんだろ。命の尊厳とはただむやみに延命させることじゃないと
思う。

294 :無責任な名無しさん:05/02/16 16:19:01 ID:WgqZcXVg
堀江社長、安楽死ビジネスみたいのも立ち上げてくれないかな。

295 :無責任な名無しさん:05/02/16 19:41:34 ID:R08cnnA/
自分親のおかげですごい金もってるんだけど何かこういうのに投資がしたいんだよねえ。

296 :無責任な名無しさん:05/02/17 01:40:29 ID:VYi/XULq
どうやったら、「安楽死」合法化するんだろう。
署名運動とかすればいいのかな?
でも、リーダー格になりたくないよね、こういうのの署名運動するとき。
合法化にさえなれば、後は誰かがビジネスをすればいいことだから。
嫌なビジネスであまり敵がいなくて儲かりそうだから、誰かはやりそうだよね。

堀江社長、テレビからネットの時代へ・・・みたいな事言って頑張っているけど、
自然に移行していくと思うんだが。 私もここ数年、テレビなんてほとんど見ていないし。

こういう誰もやりたくなさそうな、でも大切な事に注目して、堀江社長みたいな力のある人が
やってくれるとなんか嬉しい。

297 :無責任な名無しさん:05/02/17 20:20:42 ID:D53y5s4Z
問題は合法化したときに誰が利益を享受するかでないかな。
下層に有利だと通りにくく、金持ち、有力者に有利だと通りやすい。

下層に近い労働者ほど、使った労力<生み出した利益 でこの差額を搾取
することで大多数の金持ちは存在しているわけだ。
自殺を加速させる社会システムは搾取先を減らすことになるので、通りにくいと思われる。
突発自殺による損害>自殺加速により失う搾取分が多いと判断されれば
通るかもな。
フリーターやニートの親御さんはかなり絞られてるってことですな。

298 :無責任な名無しさん:05/02/17 23:41:40 ID:7OrTbi8M
死にたい、死にたい、安楽死を合法化したい一心で活動してきたトップ、
しかし思いのほか金の回りがいいのと人気ものになったのとで調子がでて
死ぬ気にならなくなった、というオチがみえてきそうだ。

いや、でもやっぱり合法化したい。施設に投資する金を出してもいい。

299 :無責任な名無しさん:05/02/20 07:59:03 ID:nizyWmFe
http://fhp.jp/kousyaku/ http://e.z-z.jp/?kousyaku

300 :無責任な名無しさん:05/02/20 13:58:23 ID:CB2CSAms
>>298
そのオチはいいと思う。
トップになる人は社会的なリスクも大きいし、反対団体にも誹謗中傷されたりして大変で、
まともな社会生活を送れなくなる可能性があるので(良い意味で有名人になったとしても)、
それぐらいの褒美はいいと思う。

できれば、「現在、得に身体的に問題が無いけれど、死を考えている」という人ではなくて、
病気や加齢や障害で苦しんで自殺を望んでいる多数の人を救済目的する人がトップになって欲しい。


301 :山崎 渉:05/02/27 03:09:03 ID:050eTXwa
__∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄


302 :無責任な名無しさん:05/03/01 06:02:56 ID:242O/k7W
ひとつ思うんだけどこれは合法化じゃないと駄目なの?

裏社会のビジネスとして安楽死の薬が出回るようになるだけじゃだめなの?

303 :無責任な名無しさん:05/03/01 07:04:27 ID:zGeI9WZk
>>302
安楽死の薬を売った奴が自殺幇助でタイーホされるからダメ

304 :無責任な名無しさん:05/03/01 21:38:55 ID:pzExwt70
ホリエモンが作る前にマジで作ろうよ!!!投資するぞ!!!

305 :302:05/03/02 02:06:39 ID:q899GGB9
>303

麻薬を売る人がいるように安楽死の薬を流す人もいそうだけどな。
今でも本気で手にいれようとすればできそうだし。

それともここの議論は安楽死が成功すればそれでOKというわけではなく、
法として認められれば、色んなことが合理化されたり、死に対しての恐怖感、
社会に対してのプレッシャーなんかが軽減されるからそうすべきって話?

306 :無責任な名無しさん:05/03/02 02:27:08 ID:vbPHwZmA
>>305
安楽死の薬が売られたとして
それを買う奴なんているか?
麻薬なみに高いのに、実際に安楽死できるかどうか
わからん怪しい薬を・・・
普通に練炭自殺するか首鶴だろ

307 :無責任な名無しさん:05/03/04 12:23:39 ID:tuvbSg+P
>安い給料、サービス残業でこき使われている多くの労働者。
>その1%でもこの安楽死の道を選ぶだけで、生産活動が大きくとどこおる。

先ずフリーター、ニートの層から死んでいくと思うので、減った分は外国人労働者を
補充すれば良いと思う。看護師ですら外国人を受け入れることを議論しているので、
今フリーターがやっているような仕事(ひょっとしたら一部の正社員の仕事も?)は
全て外国人労働者で代替可能であると思う。大した能力も無いのに日本人というだけで
高い金を払わなくてはいけない。それに比べ外国人労働者は日本人より遥かに安い賃金
でこき使え文句も言わない。財界はむしろ喜ぶのではないだろうか。治安の悪化については
警察官の定員を増やせば良いのでは。

308 :無責任な名無しさん:05/03/05 01:38:02 ID:Hf1YXez+
パラダイス★ガム

309 :無責任な名無しさん:05/03/12 03:26:35 ID:AWp9+gE1
あれっ褥瘡のスレなくなったの。

米国発】ウジ療法が脚部創傷治療の主流に
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1110551452/l50

310 :無責任な名無しさん:05/03/12 03:27:38 ID:AWp9+gE1
まちがったごめん。

311 :無責任な名無しさん:05/03/16 23:51:25 ID:2otGBX0E
こんな世界生きてたくねーよ

312 :無責任な名無しさん:05/03/20 17:37:54 ID:tGpn/NA6
>>205
亀レスではあるが、欧州は安楽死に対する理解が深くて羨ましいねぇ。
>>208->>209の例を見れば日本はそこら辺遅れてるとしか言い様が無いね。

313 :無責任な名無しさん:05/03/20 17:50:41 ID:tGpn/NA6
289 :無責任な名無しさん :05/01/26 17:57:54 ID:0bwGiiQo
パスポートを先日取得しました。来月にでもオランダに行こうと考えています。
そこで質問なんですが、外人である私はすぐに安楽死できるでしょうか?
色々と手続きが必要なのでしょうか?
向こうに着いてからすぐには無理でしょうか?

個人的にかなり気になる質問(俺も同じこと考えてる)だが回答する人がいないね。
やっぱり>>289の考える方法は不可能なのだろうか。
そもそもオランダ国籍を持ってなきゃ駄目なのかな?

314 :無責任な名無しさん:05/03/20 18:02:07 ID:drlrXfF9
>>313
日本人が、外国で外国人に殺された時も日本の法律で裁かれるので、殺してもらえない
だろうね。
オランダ国籍になってからじゃないと。

315 :無責任な名無しさん:05/03/20 19:19:49 ID:FLPqdePN
国籍変えても病気で末期症状にならんと殺してもらえないだろ

316 :無責任な名無しさん:05/03/21 00:13:05 ID:f/5Wh2E5
>>315
オランダでは「精神病」の末期でもいいんじゃないの?

317 :315:05/03/21 03:26:37 ID:JnIVaIoh
>>316
マジ?と思ってちょろっとググったら下のヤツ見つけた。
精神病じゃなくてもいけるかも...凄いね

http://www.arsvi.com/0p/et-ned.htm
痴ほうについては、政府は今月初旬、「病気」と診断された場合に限る
、との法案解釈を示し、アルツハイマー病患者への安楽死を事実上
認める立場をとった。オランダでは九四年、最高裁判決で精神病患者
への安楽死が事実上容認され、すでに、強度の痴ほうやアルツハイマー
患者を安楽死させた医師が不起訴となるケースも相次いでいる。
先月には「もう生きる価値がない」と訴えた健康な高齢者(86)を安楽死
させた医師に対し、「刑事責任を問えない」との地裁決定も出ている。

318 :無責任な名無しさん:2005/04/02(土) 23:10:12 ID:5ijyNrFc
今日の仙台のトラック暴走事件もそうだけど
最近の変な無差別殺人事件って
自殺願望のある奴が起こしてる場合が多い。

死にたい奴に安楽死させてやらないから
こんなことが起こるんだよ・・・。

死ぬのも自己責任。
本人に死にたい意思があれば
安楽死させてやって何が悪いんだ?

319 :無責任な名無しさん:2005/04/04(月) 10:39:10 ID:AddYPzP7
これからは知的レベルに問題ある家族の場合は安楽死は出来ませんね。どれほど苦しんでも。
以心伝心が成り立たないんじゃ。それと金のない家族。金目当ての裁判の起こされる怖れがある。

320 :無責任な名無しさん:2005/04/04(月) 10:39:32 ID:AddYPzP7
これからは知的レベルに問題ある家族の場合は安楽死は出来ませんね。どれほど苦しんでも。
以心伝心が成り立たないんじゃ。それと金のない家族。金目当ての裁判の起こされる怖れがある。

321 :無責任な名無しさん:2005/04/11(月) 20:01:09 ID:0oXVsElg
320
金がなかったら裁判自体起こせないよ。
それを見越して無茶する医師もいるけどね。

322 :無責任な名無しさん:2005/04/19(火) 10:29:27 ID:lO7zyGJT
宮崎や宅間に憧れる小林薫みたいな香具師が
また出ると思うね

うまくいかない人生に嫌気がさして他人の人生に迷惑かけるくらいなら
淘汰的に処分して欲しいものだ

323 :無責任な名無しさん:2005/04/22(金) 15:25:36 ID:ftuA/jLs
不治の病に関しては安楽死をやはり認めるべきだけど、この国じゃ無理かも。
みんな今健康だから、他人事としてしか思っていないからかも。


324 :無責任な名無しさん:2005/04/23(土) 12:31:03 ID:30MMcawi
>>322
早くも出たね>17歳

325 :無責任な名無しさん:2005/04/23(土) 12:55:46 ID:u/F/fMTW
安楽死は自殺をみとめないカトリック系の国で認められている
日本は自殺を黙認してるからいいんじゃないの

326 :無責任な名無しさん:2005/04/23(土) 14:53:47 ID:zUW8HpX3
>>325
自殺をみとめないって自殺してしまえば終わりじゃん
国の法律がカトリックの教えに基づくもんでもないし

327 :無責任な名無しさん:2005/04/25(月) 20:56:46 ID:ebjffa3W
今日ある病院に行って聞いた医師の話によると、本人の意志による延命というより
家族の希望による延命がほとんどということでした。
たとえばおじいさんが危篤になって、息子のお嫁さんが
「もう年ですから無理な延命措置はやめて下さい」
とは言えませんよね(苦笑)
今ここ読んでる人で尊厳死を望む人は、子供がいれば子と、いればその配偶者や
いれば孫の世代にも、その旨あらかじめ伝えておき、家族ぐるみで合意を
とりつけておく必要がありますね。

328 :無責任な名無しさん:2005/04/25(月) 21:41:21 ID:PWCPWqTH
>>327
実際けっこういるらしいですよ、そういう家族
俺は医者じゃないけど医者の知り合いがいるんでちょくちょくそういう話しますが
このままいけば将来、国の社会福祉政策は破綻するから
社会福祉事業の完全民営化を行わないと「生きる権利」はなくなるかも知れないといっておりました。
でも実利を生み出さない福祉業界の完全民営化って俺には不可能な気もするけど…今のシステムのままならね。

329 :無責任な名無しさん:2005/05/01(日) 01:09:18 ID:wkaTTs9j
やっぱ首吊りか

330 :無責任な名無しさん:2005/05/17(火) 06:38:06 ID:25P5Fhcz
周りの人に大きな迷惑かける自殺より、国立安楽死センタ−作ったら合法で
しかも明るく、苦しみなく死んでいけるわけで将来必ずできるだろう。
今ある施設ではホスピスって、治療しないで痛み止めだけっていう施設がそれ
に近い存在だ。

331 :無責任な名無しさん:2005/05/18(水) 21:03:25 ID:JgIHM2gd
生前契約というものがあるくらいなら


安楽死契約もあってもいいとおもう。もし植物状態になったら安楽死を
してください、とか。絶対沢山の人が望んでいると思うから投資を
したいよ。自分は金持ちで今のところたいした不満はないんだけど
でも時々精神病なのかすごい躁鬱病になって死にたいと思う。でも
死ねない。時として生きていることに意味を見出せずになるていうか。
そういう時いつでも死ねる自由があるととてもいいと思う。

332 :無責任な名無しさん:2005/05/18(水) 21:33:33 ID:FqmrHdnT
>>331
>もし植物状態になったら安楽死を してください、とか。
それって日本尊厳死協会がすでにやってるリビングウィルとは違うの?

333 :無責任な名無しさん:2005/05/19(木) 23:01:07 ID:OgBpLY82
安楽死合法と言うシステムが出来たとしても、その枠からはみ出る奴が出て来るとオモ。カンだけど。

334 :無責任な名無しさん:2005/05/20(金) 19:18:01 ID:XGb0jyua
>>322
ああ、まったくだ!
生きることに意味も希望もない。
負の遺伝子なんか紡ぎたくない。


335 :無責任な名無しさん:2005/05/29(日) 22:07:09 ID:V9gO/hHo
「死ぬ(安楽死する)権利がない」ということは、この社会では事実上「生
きるのが義務」という事だよね。
生きるのは「義務」ではなく、「権利」だと思う。
「死ぬ権利」を認めてはじめて、生きることは「義務」から「権利」に変わ
るんだと思う。

今「死ぬ権利」を手に入れるためには、少なくとも「治る見込みのない重病
」にかかる必要がある。
臓器移植の意思表示ができるのが確か15歳以上だったと思うけど、例えば15
歳以上の人間に一律「死ぬ権利」を与えてもいいと思う。

一番大事な原則は「その人の命は、その人の自由」だと思う。
よく書店に「なぜ人を殺してはいけないのか」なんてタイトルの本が置いて
あるけど、その最も説得力のある理由をこの原則が与えてくれる。
同じ理由で、「死刑」も僕は反対。

人を安楽死させる(楽に死なせる)医療技術が生まれる前と後で、僕らは命
に対する考え方や社会の仕組みを大きく変える必要があるんだと思う。
技術は「ある」のに、権利が「ない」という状況は、とても苦しい。

安楽死する権利に反対する人は、自分の生き死にを自分で決める事から逃げ
てるだけだと思う。

336 :無責任な名無しさん:2005/05/29(日) 23:54:24 ID:x2OTt9YK
安楽死させる方の身にもなってよ。
本人の意思とはいえ、人一人殺すのは勇気もいるし後味も悪い。
そんで後から遺族が登場して騒がれでもしたら・・・・
法的に裁かれることはないとしても、心的ダメージは相当なもの。
現在の医療現場ですでに行われている消極的安楽死以上のことは、
仮に合法化されたとしても医師はやらないと思う。

337 :無責任な名無しさん:2005/05/30(月) 00:38:17 ID:CSpSy2lc
安楽死を許さない日本の刑法は憲法13条違反じゃないのか?

338 :無責任な名無しさん:2005/06/01(水) 23:07:50 ID:ddNa5oxo
自分が死にたいときに死にたいので賛成です

339 :無責任な名無しさん:2005/06/02(木) 23:13:48 ID:669Y/Yll
「脱落者の大半は見殺しにされる。だったら安楽死という選択肢を
社会的に用意するのは、万能ではあり得ない支援事情に鑑みて、
人道的支援の一環と言い得るのではないか」

ttp://d.hatena.ne.jp/ueyamakzk/20041222

340 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 11:16:22 ID:RJliXJtV
手段や料金を考える前に、まず合法化しなくちゃな。
安楽死する権利に反対の人は、今まで不幸な目に会ったことがないか、
会ったとしてもそれに負けない強い心を持った羨ましい人達だと思うわ

341 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 22:14:38 ID:z3QwJxkw
安楽死

342 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 22:15:00 ID:z3QwJxkw
安楽死を推進してる団体とかそういうのありますか?

343 :無責任な名無しさん:2005/06/06(月) 00:12:59 ID:GV5yJlR2
>>342
ttp://www.songenshi-kyokai.com/

344 :無責任な名無しさん:2005/06/06(月) 21:52:06 ID:H0hedVjn
それ尊厳死だけど積極的安楽死も推進してんの?
尊厳死って要するに放置プレイだから普通に苦しんで死ぬよ

345 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 17:45:38 ID:sTeEgTK/
「自分の好きなタイミングで、安楽死する」
これが、物心ついたころからの、僕の悲願、夢みたいなものです。

346 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 20:00:09 ID:1G45b8Z7
>>344
>尊厳死って要するに放置プレイだから普通に苦しんで死ぬよ
ちゃうちゃう、植物状態になったときに無駄な延命治療はしないってやつ

>>345
はげどう。
世論調査でも、20代〜30代でさえ、「長生き」したいという奴は半数しかいない。みんな不自然に長生きして痴呆などで醜態を晒すのを恐れている。
年金云々で少子化云々で巨額の予算をつぎ込むくらいなら
もっと今から真剣に安楽死を議論すべきだね。

347 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 23:15:22 ID:JbrFhKzT
>>345-346
アカギのように死ねれば本望です

348 :無責任な名無しさん:2005/06/09(木) 00:50:34 ID:t2x5jt0L
>>347
アカギってだれ?

349 :無責任な名無しさん:2005/06/09(木) 02:00:20 ID:vzZBzSF0
安楽死と尊厳死の違いは何?

350 :無責任な名無しさん:2005/06/09(木) 08:38:46 ID:vA70lAWM
>>348
2ちゃんで有名な漫画家である福本伸行(賭博黙示禄カイジの作者)が描く「天」という麻雀漫画に登場する、
主人公を喰うほど人気のある老賭博師。ちなみに青年時代のアカギが主人公の漫画「アカギ」が近代麻雀で連載中。
アカギは、「天」の物語の最後でアルツハイマーにかかり、安楽死装置を使って自殺を決行しようとする。
その理由は大雑把に言ってしまえば、アルツハイマーになってみっともない人生を送りたくないから、ということになる。
また、自殺する前に主人公の天と語るシーンがあるのだが、そこでアカギは死にそうになっている人間を
問答無用で生かそうとする医療体制を批判している。

探せばアカギについて詳しく載ってるサイトとかありそうだけど、ググってもあまり感想系のサイトは見つからなかったので
俺の拙い文を載せる結果になってしまいましたorz

351 :347:2005/06/09(木) 18:42:36 ID:Bi53o15J
>>348
「天」は漫喫にでも行った時に読んでみる事をお勧めします
終盤以外は麻雀わからないときついかな
終盤の4巻分ぐらいがアカギの安楽死について

>>350に補足すると漫画の中でのアカギは
『自分が自分であるという意識』や『自分の意思』を非常に大事にする人間で
それが失われるということは自分でなくなるということであり、死んでいるのと
(『自分』が存在してないのと)同じで、ならば自分という意識があるうちに自分の意思で死にたい
というものです。
自分も子供の時から同じように考えていたのでとても共感しました。

352 :無責任な名無しさん:2005/06/16(木) 00:17:14 ID:ps+e4fZJ
>>345
それって安楽死じゃなくて自殺じゃね…?
好きなタイミングで医者に殺してもらうなんて都合よすぎやしないか?
まぁ、合法化自体には賛成だが拡大解釈する人がでてきやしないかと
心配。

353 :無責任な名無しさん:2005/06/16(木) 15:27:00 ID:QkdNZX/l
76 名前: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん [sage] 投稿日: 2005/06/16(木) 05:50:15 ID:aaa7r252
みんな大変だ! 人権擁護法案を通すために公明党が、ネット特に2CHを潰すつもりだ!!

ネット情報規制など 政府が検討を表明
傷害容疑で逮捕された男子生徒が爆発物を作る知識をインターネットのホームページ
から得たとみられることを受け、
         “公明党の神崎武法”
代表は13日の政府・与党連絡会議で「法制上、非常に難しい問題があるとは思うが、
有害情報の規制はできないか。集団自殺の話し合い、予告をするサイトもある。
関係省庁でぜひ検討してほしい」と述べ、ネット情報規制などの検討を求めた。
これに対し、細田博之官房長官は同日の記者会見で「かねてそういう問題点が指摘 されていた。
関係当局によく聞いて対応を検討したい」と語り、 政府として検討を進める考えを表明した。
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20050614k0000m010123000c.html
2005年6月13日 23時25分

今日の新聞では
6月14日の午後に 関係省庁の会議を内閣府で開き、ネット上の違法、有害情報の対策強化に
向けた検討に着手した 各省庁が“21日”までに取りまとめ
実現可能なものから順次実施するらしいです。

行動が異常に速い!  本気で2chを潰す気でいるらしい…。

354 :無責任な名無しさん:2005/06/16(木) 15:28:01 ID:QkdNZX/l
740 名前: 通常の名無しさんの3倍 [sage] 投稿日: 2005/06/16(木) 05:58:14 ID:???
【日本を守る】6/19日比谷で反対大集会【最終決戦】
ttp://off3.2ch.net/
test/read.cgi/offevent/
1118343157/

どうやら19日の参加者が前回を下回ったら、反対派を少数派とみなし、
自民党は党内了承するそうだ。何としても成功させねばならない。
サイト、ブログ、掲示板などで告知してくれ。
コピペは嫌だとか言ってられないぞ。前回に比べて明らかに告知が少ない。
理解してくれる友人や家族も連れて参加してくれ

741 名前: 通常の名無しさんの3倍 [sage] 投稿日: 2005/06/16(木) 05:59:36 ID:???
【2ch全板】人権擁護法案反対最高司令部★【統括】
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1118823797/122

【日本を守る】6/19日比谷で反対大集会【最終決戦】
ttp://off3.2ch.net/
test/read.cgi/offevent/
1118343157/

どうやら19日の参加者が前回を下回ったら、反対派を少数派とみなし、
自民党は党内了承するそうだ。何としても成功させねばならない。
サイト、ブログ、掲示板などで告知してくれ。
コピペは嫌だとか言ってられないぞ。前回に比べて明らかに告知が少ない。
理解してくれる友人や家族も連れて参加してくれ


こんな法律が可決されれば、より安楽死法の重要性が増すだろうな。

355 :無責任な名無しさん:2005/06/16(木) 22:39:32 ID:vpr+RJ1S
安楽死法の前に公明党・創価学会殲滅法を可決させた方がよさそうだな

356 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 19:25:29 ID:D5vgzpp7
簡単に死ねる手段や方法が存在するというだけで精神的に楽になるだろう。
そういう観点からも安楽死法は必要だと思う。
ただ年齢制限だけはかけるべきだと思う。15とか20以上とかね

357 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 16:41:07 ID:EQb9PyKW
賛成

358 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 17:56:36 ID:ItobXUgb
賛成も



359 :無責任な名無しさん:2005/07/08(金) 18:24:59 ID:KJFdSIsT
ぶっちゃけニート問題を片付けるのに安楽死法は一番有効だと思うんだがな。ニートの殆どは死にたがってるだろうし。
事実ニートの俺が言うからほぼ間違いないだろう。この状態で生きて恥を晒すなぞいや過ぎる。

360 :無責任な名無しさん:2005/08/03(水) 02:27:26 ID:GyGd16jc
sage

361 :無責任な名無しさん:2005/08/03(水) 14:57:07 ID:O0i9o1rA

↓被告が近所に住んでいます
http://www003.upp.so-net.ne.jp/medical/

362 :無責任な名無しさん:2005/08/20(土) 10:15:12 ID:JuGR6G6T
ホスピスなんて癌治療を放棄して、患者をモルヒネ中毒状態にし、精神
を混乱させ、心臓衰弱死させているに過ぎないから、事実上の安楽死と
いうより、医療行為というより殺人行為に近いと思う。

363 :無責任な名無しさん:2005/08/20(土) 15:04:05 ID:WeK7bNX4
安楽死を認めてくれ

364 :無責任な名無しさん:2005/08/21(日) 01:10:02 ID:XA2aR6xY
安楽死賛成

365 :無責任な名無しさん:2005/08/21(日) 10:53:35 ID:IKR/hR9W
私も賛成

366 :無責任な名無しさん:2005/08/27(土) 01:37:31 ID:bFa2E3vz
安楽死賛成、銃やショットガンが所持可能な国ならば、自分の意志さえあれば
いつでも生死を自分で選択できる、その点日本では銃刀法違反等と、銃を所持して
自分の生死ですら選択困難です、自分の様な生命体は、法律を勝手に色々作っている
人に安楽死制度を真剣に実現可してもらいたいと願っています。死にたくても死ねない
自分の様な人間は、自分の生死を決定可能な施設を作る事は、非常に有意義であると心から
思います、生きていたい人は、生きていればいいし、そうでない人は自分で自分の
生死を決定できる場所があって当然だと思います、これだけ進化した現代の社会で安楽死認可
を認めない方がおかしいと思います、進化した社会、ストレス社会のこの国で、銃所持も不可、安楽死も不可であるので
あれば生きていたくなく、はっきり言ってどうしようもない状態の人もいると思うんですよ、
どうしようもない苦しい状態の人を、無理矢理生かしておいてもその人が生き地獄の状態で、
生かして置いたほうが良い場合ばかりでは無いと自分は思いますよ、安楽死もダメ、銃と銃弾所持もダメ
なんて言う状態が、生きていたくない人にとって見ればそれこそ完全におかしい社会ですよ、>>1さん
の意見に同意します、人は生きる自由もあれば、その逆、死ぬ自由と言う意味で
安楽死施設の設置、法律認可は、人間である以上、無駄であるとは言えないと自分は
思います、少なくとも自分は安楽死賛成です、今まで誰も、そう言う事を言わなかったのは、
そういう発言により自分に不利益になると言う考えがあるからではないでしょうか、
最初に言い出した人はこいつだ等等、マイナス面を考慮して誰も、安楽死や、銃所持に対する
意見を発言しないのだと思います、確かに銃所持は悪用される危険性があるので賛成とは言い難いですが、せめて18歳程度の年齢
になれば、自分の生死を選択できる自由があっても人間社会ですから、認められても不自然で、異常だとは自分は
思えません、ここの掲示板で、安楽死を賛成する事は非常に重要な事だと思います、
銃を所持する事を禁止するならば、安楽死は認めるべき、そうでもしないと、
今の進化した世の中においては、厳しすぎると自分は思います、

367 :無責任な名無しさん:2005/08/27(土) 01:39:01 ID:bFa2E3vz
反対意見の
方には、「安楽死しなければいい」と言いたいと思います、せめて18歳を境に、
自分の意志で生死を決定したいと言うのであれば、そうさせて上げるか、無理矢理
生きさせるしか無いと思います、無理矢理生きていける人はそれでいいと思いますが、
無理矢理生きていたくない自分の様な人が他にもいるとすれば、生きていさせる事そのものが
社会のためにもならないし、本人のためにもならないと言うのが、現時点での
意見です。 

368 :無責任な名無しさん:2005/08/27(土) 12:30:45 ID:lL9DGuAJ
いい板だな。全面的に賛成。
理由はそれぞれでも結果的に安楽死は多くの人に自分の意思で死にたい時に
死ねる権利を与えるよ。それは生に対しても積極的に考えることになるだろうね。
多少の間違いも起こるかもしれないがそんなもの何にだってあるものだろ。
死は人が最後に持つ絶対の権利だと思う。
と、言っても実際にはまだまだ偽善者だらけの世の中じゃ死を論じる空気は
満ちてないな。今のところ安楽に自殺する方法を考えるのが現実的だろ。
俺も年取ったり病気になったら、精神的にも自分が自分であり、肉体的にも多少
自由があり、経済的にもまだそれなりの暮らしができる内に安楽に死ぬつもり
だよ。ぎりぎりまで追い詰められて苦しんだり焦って電車飛び込むのはヤダからね。

369 :無責任な名無しさん:2005/08/27(土) 18:10:23 ID:bFa2E3vz
>>368安楽死認可しか無いですよ。はっきり言って、
その意見最高です、

370 :無責任な名無しさん:2005/08/28(日) 02:12:04 ID:hdQSZhV7
アタシも賛成☆そんな時代がきてほしぃ!

371 :無責任な名無しさん:2005/09/02(金) 10:33:04 ID:9p0wMhft
<日生本館>四駆車突入し炎上、男重体 裁判でトラブル? 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050901-00000133-mai-soci
男は上半身に大やけどを負い、救急車で病院に運ばれた。警察官に「裁判のことで腹が立って突っ込んだ」「死にたいんや」などと話したというが、その後、意識不明の重体になったという。

   ↑
民事裁判の敗訴者は犯罪者になる前に優先的に安楽死させてやれ。
痛々しすぎる。

372 :無責任な名無しさん:2005/09/03(土) 20:09:38 ID:lR35uMqV
g;rg所尾gフgh@wfkくぇwf「おくぇぷgh9y35y0いbsんfmn          他の板にコピペすると左の文字が
f歩0gpれうyh−wんsmcvなfg98p34ゆー^65jfwぺうdfhj          世界の真理を解く鍵へと変わる
fウィghう5t−qwjfんうぇおいyg−0rtきt「y@¥klp574げrs          神秘的コピペ
下jrp具0t79wfbウェ恩後祖f後phj:t7y−「@579−^r6yjs
ghレオygh98547y@pkbんdぃgbh5るじ76「kl」tうklt7hrt

373 :無責任な名無しさん:2005/09/04(日) 13:16:45 ID:Q7IIaWRq
安楽死の条件とかごちゃごちゃ言うから只の見殺しの尊厳死すら議論になる。
死ぬのに理由なんて何でもいんだよなぁ。死が権利なら行使するのはその人の自由。
あえて言うなら生の権利を制限される犯罪者以外は全員が安楽死の権利を有するよ。
早まり過ぎないように、安楽死センターには死のカウンセラーが必要だな。
カウンセラーは死を止めることが仕事ではなくて、生と死を一緒に考える。
そして、それでも死にたい人には安らかな死を提供する。それで何か問題ある?

374 :無責任な名無しさん:2005/09/04(日) 20:42:35 ID:SydHpsPN
>>373
搾取する側が困るんだろうな。
搾取される側にぽんぽん死なれちゃあ。

375 :無責任な名無しさん:2005/09/05(月) 21:34:22 ID:SK3dcyKl
>>374
安楽死法ができても誰もがそんな簡単には死なないから搾取に困ることはよ。
今でも自殺してる人、病気など体の不自由な人、生きる気も働く気もない人が
安楽死の中心になるだろうからね。この人達はそもそも搾取の対象としては
適当ではないでしょ。
搾取の対象に適当な元気な人はそう簡単には死のうとは思わないだろうから搾取
を理由にした安楽死の否定は説得力ないなぁ。
人は基本的には生きていたいものだと思うけど???


376 :無責任な名無しさん:2005/09/05(月) 23:57:25 ID:kV0IMCNg
またこんな自殺願望者による殺人が・・・
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050905-00000113-yom-soci
死にたい人を生かしておいても何もいいことない。
心を病んで死にたがってる自殺願望者に現実に命を奪われてる人がいるのに
安楽死を容認しない理由がどこにあるのか。
安楽死さえ認めれば皆が幸せになれるのに。

377 :無責任な名無しさん:2005/09/06(火) 12:43:26 ID:Vn+qp4H9
死にたい人を無理に生かせておいても
引きこもりになるか、生活保護を受けるようになるか、病人になるか、ホームレスになるか、犯罪者になるくらいで、社会にとって何の益もないよ。
特に死にたがってる人は自尊心の強い人が多いから、いまどき大人しく強者の思うままに搾取されてる人のほうが少ない。

弱者は弱者で開き直るだけだよ。だって安楽死が悪いという論理的な理由がないのに、人間の自己決定権を奪って安楽死させないんだから。社会に対して不条理な思いを募らせるだけだと思う。

安楽死を認めないことは、単に税金の無駄遣いをして人の自己決定権を奪っているだけ。

378 :無責任な名無しさん:2005/09/06(火) 12:50:07 ID:Vn+qp4H9
まあ一時的に死にたいと思う人はともかく
慢性的に死にたいと思ってる人(引きこもりの自殺願望者のように自殺願望期間が長期化している人)は早く死なせてやるべきだな

379 :無責任な名無しさん:2005/09/06(火) 22:08:11 ID:91J3XZyl
安楽死が合法化することで、死に対する恐怖が消えることが大切なんだよ。
人間死ぬ気で頑張ればっていうけど、苦痛を伴う死は誰だって嫌だ。
努力してもダメなら安楽な死があるっていうのは精神を病んでしまった人にも
勇気を与えないかな?安楽死法成立が大量の自殺を生むという考えが短絡的過ぎる。
夢も希望も将来も考えられない生に何の価値がある?
生きることだけに意味があるのか?
意味があると思う人は生きればいい、それもまた誰に非難されるものでもない。
末期がんだろうが、植物人間だろうが、痴呆だろうが生きたい人は生きればいい。
死にたい人は健康だろうが、金持ちだろうが死にたい時に安楽に死ねばいい。
論理的に説明できないのに安楽死を否定することが偽善なんだよ。

380 :無責任な名無しさん:2005/09/07(水) 23:07:30 ID:BGd31Wzt
安楽死できるという逃げ道を作ることで逆説的に生きることを楽にするって面は必ずあるだろう。
今の日本はセーフティネットが社会保障の貧弱さ(財政難と高齢化)から整備されていない。
安楽司法の成立は財政難の中でも比較的簡単にできる上にもしかすると高齢化を和らげる作用すら
あるかもしれない。
マイナス面というのはほとんど見当たらないと思う。倫理的に云々という話を除けばね。

381 :無責任な名無しさん:2005/09/07(水) 23:25:05 ID:qh/DI2sQ
もう一つ
いつまで生きてしまうかわからないと
多大な貯蓄が必要。
消費拡大にも役立つよ。

382 :無責任な名無しさん:2005/09/08(木) 00:35:09 ID:+tDYbHo3
死を積極的に論じる雰囲気が出来れば(自殺を煽ると意味ではなく、
個人の望む方法での死を権利として認める)、安楽死をある程度ビジネス化する
ことも可能だと思う。
死そのものは法制度によって認められた資格者の手によって行うのが妥当だが、
死に至るまでの時間や、場所は各人が自由に選択可能であるべきだ。
安楽死はその名の通り安楽で苦痛のない平和な死の形なのだから、
大げさな安楽死センターのような施設は必要なく、自宅でもホテルなどでも
何の問題もない。
家族と共に自分の家で最後の時間を過したい人もいるだろうし、
海辺や山などのホテルで友人達に囲まれて死にたい人もいるだろう。
盛大なパーティを催したい人もいれば、一人で夕日でも眺めながら死にたい人もいるだろう。
いずれにせよ最後までの時間は、それぞれが望む最良の時間であるべきだ。
そこにある程度のビジネスが発生するのは寧ろ自然だろう。
死を煽ったり、死を理想とするような広告は厳しく制限するべきだが、
サービスの提供自体を否定する必要はないと思う。
ここまで完全な安楽死の形が保証されれば、死はいつでも自分の望む時に実現
可能となり、また身体的に健康な人であれば途中で考え直すことも十分に可能だ。
悲劇的な死からの解放と、その時に最良の形での死の提供により、生はその価値
を今以上に高めるのではないだろうか?

383 :無責任な名無しさん:2005/09/08(木) 01:07:03 ID:LMoPVIQs
安楽死を認めている国があると聞いた事があるのですが、その国は非常に頭がいいと思う、
例えそういう国が少ない状態であるとしても、その国が先進国であり、法治国家であるならば、そういう制度はその国にマイナスになる
とは思えません、むしろ他の先進国で安楽死も銃も所持不可能な国は、色んな面で苦しんでいる人々に取ってほぼ地獄に近い状態であると思う、
先進国の国は、途上国に比べて高い水準の技術を駆使しているのだから、その高い次元の世界に付いていける
人々は、所得も確保出来るだろうが、人間には色々な病や、個人差があると思うんですよ、
そういった面から、所得を得る事が、困難な状態で、苦しい状態の人には、死を選ぶ自由を容易にしてもらう事は
無駄だと言えないと思います、病が治って生きていく事が以前より軽減されて、生きていたい人は、生きていれば良いし、
慢性的に病で、どうしようも無い人には安楽死出来る状態にする事で、自分の選択できる範囲も広がり、
悪い事だらけになるとは考えにくいですよ、自分は、銃所持可能な国は使い方さえ間違わなければ安楽死を認可している国と大して変わらないのでは無いでしょうか
。そう言った事から、先進国であるこの日本でも銃使用可か安楽死可の状態にしても変では無いと思います、
安楽死可能な国が世界中に少ないとしても、多数決で多い意見が100%正しいとは限らないと思いますし、
少数意見が間違っている場合が100%と言う訳でも無いと思います、先進技術を取り入れている日本は、安楽死の認可を認める
事が、遅すぎるくらいだと思ったりもします。


384 :無責任な名無しさん:2005/09/08(木) 23:00:56 ID:pSNJqTnZ
>>383
安楽死は個人の倫理観以外に否定する要素はなさそうだが、銃器の所持は倫理の
問題だけでは片付けられないと思うよ。
銃器の使用による死(安楽死というよりは自殺だが)は、他の自殺よりは時と場所を
選択可能である点で安楽死に近いものだろうね。首吊りは吊っている間に見つかる
心配があり場所を選ぶ必要があるし、飛び降りは当然高いところでないと不可能、
睡眠薬や練炭にしても何処でも自由にとはいかない、銃器は人ごみの中などで
なければほとんど何処でも可能だからね。苦しみもまあ少ないだろう。
最も銃器による自殺で構わないなら合法あるいは、合法ではないが特に規制のなく
銃の手に入る国は結構あるわけで、病気とかでなければ誰でも実行できる。
苦しみは少なそうだが、安楽死のイメージとは少し違うような気がするのは俺だけ?

385 :無責任な名無しさん:2005/09/09(金) 13:22:41 ID:vJz1uZhD
>>384確かにその通りだと思います、あなたが言っている事の方が適切だと思います、
すみません。

386 :無責任な名無しさん:2005/09/09(金) 13:26:57 ID:fRsPY00s
銃より首吊りのほうが安楽死だよ
クビ鶴と死ぬ前に意識を失います。
その意識を失う瞬間がすごく快楽らしい。
セックスでクビを締めるのって結構やってる人多いし。
日経連載の「愛の流刑地」ではそれで誤って不倫相手を死なせちゃったけど。渡辺淳一は医者だしせっくる専門家だから確かだよ


387 :無責任な名無しさん:2005/09/09(金) 13:28:32 ID:fRsPY00s
要するに頭に血液が行かないと、ぼーっとなるのさ

388 :無責任な名無しさん:2005/09/09(金) 21:32:15 ID:wDmTUgx5
>>386
残念だが首吊りはそんなに安楽にはいかないよ。
刑務所などでは専門職が確実な角度、強度で行うから安楽かもしれないが、
個人ではなかなか難しい。自殺掲示板とか見てみなよ。
首吊りはかなり苦しいし、恐怖もあるだろうし、場所も選ぶんで安楽死とは
言い辛いよ。銃の方が即死な分まだ安楽死に近いと思う。

389 :無責任な名無しさん:2005/09/09(金) 21:35:35 ID:fRsPY00s
なんだメンヘルか
「いつでも死ねると思えることが安楽死の意義」なんて言いながら
自分の気に食わない安楽死の方法を選択する奴を脅かしてるようじゃ
単なる事故中だな

390 :無責任な名無しさん:2005/09/09(金) 22:35:59 ID:wDmTUgx5
安楽死ってのは究極の事故中だからな。

391 :無責任な名無しさん:2005/09/09(金) 23:04:48 ID:fRsPY00s
事故中君:
銃を奪うために警官3人くらい殺してごらん。
銃で自殺できなくても確実に死刑で安楽死できる。
そして公判の間中「俺は誰にも迷惑をかけるつもりはなかった。ただ安楽死したかったんだ。安楽死法のない日本社会が悪い」と叫び続けるんだ。
君は2ちゃんで神になれる。

392 :無責任な名無しさん:2005/09/09(金) 23:09:09 ID:fRsPY00s
てか銃で死ぬのが本当に安楽死なら
先進国で銃殺が死刑の主流になってると思うけどなー
君の言い分て単なるないものねだり 隣の芝生は青く見えるの希ガス。
だからヒッキーなんじゃないの。

393 :無責任な名無しさん:2005/09/09(金) 23:26:16 ID:7ASAIIEo
>>390
安楽死を望むやつは事故中だって言い草は
安楽死派のひんしゅくを買うだけで
誰のためにもならないし
勿論おまいのためにもならないよ

394 :無責任な名無しさん:2005/09/12(月) 03:21:05 ID:QSyGXEvG
〔安楽死についてはスピリチュアリズムの内部でも賛否両論がある。回復の見込みなしと
診断された患者を苦痛から少しでも早く解放してあげるために安らかに死なせて
あげることは許されるはずだという意見と、霊的治療によって奇跡的に
回復する例がある以上は、それは無謀だという意見とがある。
シルバーバーチにその是非をただしてみた〕

――回復の見込みのない患者を安楽死させる権利を医者に与えるべきだという意見
がありますが、どう思われますか。

 まず申し上げておきたいのは、全ての生命は大霊のものだということです。身体が
衰えて霊がその身体から解放される時が到来すれば、自然の摂理に従って死を迎えます。

――それを医学的処置によって引き延ばすことは正しいことでしょうか。

 間違ってはいません。

――たとえそれによって苦しみも長引かせることになってもでしょうか。

 そうです。ただし、忘れてならないことが一つあります。死すべき時が来れば必ず死ぬということ、そして、地上界のいかなる手段をもってしても、その摂理だけは変えられないということです。


395 :無責任な名無しさん:2005/09/12(月) 03:22:49 ID:QSyGXEvG
――安楽死させることでその患者の死後ないしは来世(次の地上生活)での苦難が大きく
なるということはあるでしょうか。

 そういうことはありません。霊的準備の出来ていない魂にショックを与え、それが
悪影響を及ぼすのです。その悪影響から脱する過程で、
もしそういう死に方をしなかったら不要だったはずの調整がいろいろと生ずるのです。

――人間には寿命を長引かせる力は具わっているのでしょうか。

 そういう目的で努力する――それは間違ってはいません。ですが、
霊が地上界を去る時期が来れば、為す術はありません。

――と言うことは、生き長らえさせるための努力は結局はムダに
終わるということでしょうか。

 そういうことです。その証拠に、あなたのおっしゃる医学的処置によって
寿命を幾らかでも引き延ばすことは出来ても、結局はみんな死んで行くではありませんか。

――でも、少しの間でも生き長らえます。

 患者の身体が反応すればのことです。例えば酸素吸入という方法があります。
ですが、霊界へ行く準備が整えば、医師にも施す手段はありません。

――死期が決まっていて、魂に準備が整った時に霊界へ行くことになって
いるのであれば、なぜ人間の寿命が少しずつ延びているのでしょうか。

 地上人類も進化しているからです。物的な要素が霊的なものを決定づける
のではありません。霊的な要素が物的なものを決定づけているのです。


396 :無責任な名無しさん:2005/09/12(月) 03:23:35 ID:QSyGXEvG
以上、シルバーバーチの霊訓からの引用でした。

397 :無責任な名無しさん:2005/09/12(月) 03:54:54 ID:WhOnzZ3v
宗教はかんべんしてくれ
科学的にいこうや

398 :無責任な名無しさん:2005/09/12(月) 21:55:47 ID:G/xaTh5G
 国立ガンセンターがあるなら国立安楽死センターがあってもいい。むしろ
安楽死は国で管理すべき。うつ病、認知症、植物人間、末期のガン患者、無理
矢理生かされ続けている難病患者等・・・利用者の幅を広くして。費用はもち
ろん本人負担、無理な人は献体という形で。
 ただし、障害者を片っ端から放り込め!というナチスの様な思想はもって
いないつもりだが。

399 :無責任な名無しさん:2005/09/12(月) 23:03:34 ID:++xIaSiZ
安楽死が自己中だから認めないというのがそもそもおかしい。
死に方ぐらい自己中でもいいだろ。
もちろん犯罪とかで関係ない人に迷惑をかけるのは絶対に反対だが・・・

400 :無責任な名無しさん:2005/09/12(月) 23:51:51 ID:WhOnzZ3v
事故中云々ももう簡便してくれ
論理性と倫理性の観点からの安楽死の正当化を頼む

401 :無責任な名無しさん:2005/09/13(火) 21:49:22 ID:aATZceEH
そもそも安楽死を認めない倫理とはいったい何なんだ?

生に対する絶対的な崇拝、信仰と言ってもいいかも知れないが、
生は何処までも美しく、例えどれほどの耐えがたい苦痛を伴おうとも、
一切の回復の見込みがない状態でも、積極的な死という選択は認められず、
一秒でも長く生きることの何が素晴らしいのか?

それを素晴らしいと唱えること自体が単なる自己満足ではないのか?
安楽死を求めることは、苦しくても精一杯生きている人に失礼だという意見に
どれほどの説得力があるのか?

苦しくても生きたい人は生きれば良い、だが、それを他人にも求めることが
何故必要なのだ、他人が安楽死すると揺らぐ程度の生なら所詮その程度ではないのか?

安楽死の否定は単なる現実逃避と自己満足と無責任にしか思えない。
安楽死の肯定も同様に自己満足と無責任だとしても、
少なくとも他人への強制がない点で否定派よりは真っ当に感じられる。
人は一人で生きているわけではないが、人は一人で死ぬしかなく、
死の理由を他人と合わせる必要などあるとは思えない。

402 :無責任な名無しさん:2005/09/15(木) 17:18:50 ID:soWOr7vl
安楽死が自己中って行ってる奴は自殺も自己中なんだよ。
自殺が事故死だったら可哀相になるんだよ。なっ。つまり
知らぬが仏なんだわ。

だーかーら、病院でひっそり死んでいる人とか苦しんで
死んでいる人とか知らない人の事はしらなければ自己中
な奴って 思えない んだから、気にして自己中な意見
を押し付ける安楽死合法化反対派が自己中だって結論じゃね?

しかもさ、楽に死にたくない奴って異常者だよな?
安楽死したいのに出来ないから、社会に論理的に認識させ
て賛同者を増やす事のどこが自己中なんだ?ようするに
死を認めたくない感情論しか出来ない奴は論理的になれる
だけの人格が出来上がってないって事。

他人に求めるのではない、社会というシステムに選択権の
法制化をすれば、赤の他人に求める必要もなくなる。
それが法律。従うか従わないかは個人が現実的に関わって
いる小さなコミュニティー内の人間に理解させる事ができ
れば問題は無い。

問題はどうやって合法化の運動をしてどうやれば現実的
に社会問題として認識してもらえるようになるのか?
誰か法律に詳しい人いないのか?

403 :無責任な名無しさん:2005/09/16(金) 01:44:27 ID:WyjBphIW
法律は大切だが、法制度の整備は所詮手続きに過ぎないからまずは安楽死を
論じる空気を醸成することが必要ではないかな?
議論を起こすことができれば安楽死を論理的に否定するのは難しいだろうから
自然と合法化への道を進むかも?

404 :無責任な名無しさん:2005/09/16(金) 15:27:42 ID:xcg8anf8
オランダはどのような道のりで合法化されていったのだろうか?
末期症状に苦しむ人がホームドクターに安楽死を頼んで自殺幇助
が相次いだ事から社会問題へ発展、法制化までに至った?

アメリカでは末期患者自らが、法制化の為に活動したことがマスコミ
で取り上げられた事で大論争を巻き起こしたんでしたっけ?

日本はタブー視して問題に目を背けることが美徳のような面があるし
ホスピスで緩和ケアが受けられるから安楽死は必要ないという考えの
人が圧倒的だと思う。

しかし実際問題ホスピスに入れる経済的ゆとりのある人はやはり一部
の金持ちだけだし、ホスピスの数も圧倒的に少ない、ましてや精神的
苦痛で死にたいものは度外視されている。

オランダでは交通事故で息子失った悲しみに耐えられなかった母親を
医師が幇助したけど罪に問われなかったという一件があったように記憶
している。

安楽死が合法化されていなければ考えられない出来事だろうと思う。
罪を憎んで人を憎まずの世界が実践されたケースで感動した。

日本の場合はどうやったら議論を巻き起こす事ができるのだろうか?
自然と合法化というより手続きを進められる人が先頭にいて、動かな
ければ2ちゃんねるや掲示板の議論で幕を閉じてしまうのがオチでは
ないだろうか?

405 :無責任な名無しさん:2005/09/17(土) 03:14:27 ID:Yt6cezzs
やはり安楽死合法化には末期患者のような人の活動が有効なのは間違いないだろうね。
ただ今の日本の場合では例え末期患者でも興味本位で取り上げられたり、
変人扱いされる可能性があるから難しいだろうね。
ましてや精神的な理由で安楽死を唱えることに賛同する空気はないな。

個人的には2ちゃんや他の掲示板で議論も無駄ではないと思うよ。
Googleとかで安楽死を検索してみればわかるけどヒットするサイトの多くが
ほとんど用なしの尊厳死と安楽死を並列に論じていたり、
生きることはとにかく美しいという原則論というか理想論というべきか知らないが
安楽死を肯定するには程遠い偽善に満ちた言葉で埋め尽くされていたりする。

ネットでもまだまだ安楽死は市民権を得ているわけではないんだよね。
遠い将来の安楽死合法化は十分に可能だと思うが、今はまだまだ全然そんな段階に
ないんですよ。まずはネットからでも安楽死肯定が絶対多数になるようにしてみてはどうかな?
どちらにせよ長い目で見る必要があるんじゃないかな?

406 :無責任な名無しさん:2005/09/18(日) 16:24:05 ID:/zGk20j9
俺もいいと思うよ。才能のあるやつだけ生きて、ない人間は安楽死でいいじゃない
世の中生まれ持った才能がすべてだからな。人口も削れていいだろ。親が悲しむとかいうけど
時の流れが解決するか、喜ばれるの二択だしね

407 :無責任な名無しさん:2005/09/18(日) 16:34:05 ID:77kFYfhr
精神的肉体的に絶えがたい苦痛以外の理由で安楽死を認めたらだめだろう

408 :無責任な名無しさん:2005/09/18(日) 16:53:31 ID:/zGk20j9
時代が時代なんだしいいだろう。昔だれかが「生まれた生命に無駄なものはない」とか言ってたけど
それは間違いで、無駄な命はいくらでもある。生まれ持った才能がすべてでやさしい心とかなんて
人間にはもう必要ないだろう。

409 :無責任な名無しさん:2005/09/18(日) 20:47:41 ID:77kFYfhr
しかし死刑に相当する犯罪をしてない人間を本人の意思に反して
絶命するような事は許されてはならん

410 :無責任な名無しさん:2005/09/19(月) 04:13:40 ID:0BhaEjHJ
そうそう本人の意思が大切。
だから自分で良く考えて自分が生きていても意味のない存在だとおもうなら
安楽死するのも選択肢の一つさ。ただしそれはあくまでもその人だけの意思
だから他人に押し付けるのはNGだね。
他人の命を自分勝手に扱うのは全く安楽死の倫理に反するよ。
自分以外の意思で無意味に生かされることを拒否するのが安楽死なんだから
他人の意思で安楽死させられたんじゃ全然意味わかんないだろ。

411 :無責任な名無しさん:2005/09/19(月) 15:42:31 ID:ME6yiYY2
>>410
そうそう、選択肢が無い(安楽死したいときには施設なし)事に反対する人
は、他人の意思より結局は自分の気分を優先させたい自己中な人だと思うね。

いつでも人を殺そうと思えば物理的にはナイフ一つあれば殺せる選択肢はあ
るけれど、人を殺したい動機がなければ精神崩壊している人でもない限り、
殺す事の方を自然に避けるわけで、安楽死だって選択肢がないから自殺する

しか道がなくて他人に迷惑をかけ、社会問題になるわけで、選択肢を
設けていない事が原因で起こる事件や犯罪や迷惑をただ「いけません」で
放置する事の方が倫理的に言って人権無視のご都合主義だと思うね。

理性
がある人間に選択肢が無い不都合を放置しておきながら、他人の自殺反対に
ついて掲示板で議論している人なんかは、自己主張しているだけで自殺しよう
と決意している人にとっては力は及ばない事なんだし、人の人生を左右しよう
とする根性も理性的とは言い難いね。

412 :無責任な名無しさん:2005/09/20(火) 00:19:32 ID:Pe18xolB
ところで、安楽死の条件について考えてみたのだが、親になっている者は子供が
20歳、成人を迎えるまで、さらに成人していても、子供の承諾(理解)を得られ
なければは権利は無いだろう、他にも罪を償っていない犯罪者、未成年、借金を抱
えていたりして死後物理的な迷惑をかける事がわかっている者などは安楽死する権
利が無いと思う。

413 :無責任な名無しさん:2005/09/20(火) 02:18:16 ID:AoplR8vv
>>412
もっと細かく考えてみたけどどうかな?
@親、子供が成人するまでは権利無し、だだし、身体的末期は権利有り、
   子供の成人後は身体的、精神的のどちらでも権利有り(子を含む他人の承諾は必要なし)
※子供に親の死を承諾させるのは精神的な問題の場合とかかなり難しいでしょ。
 癌などの身体的な末期症状の場合は経済面など親として子供にできることが制限されるから権利有り。

A未成年、成人するまでは権利無し、ただし、身体的末期は権利有り
※精神的な問題の場合はせめて成人するぐらいまでは我慢してみよう。
 身体的な問題の場合は、子供だから我慢しろは非人道的でしょ。

B犯罪者(執行猶予含む)、刑期満了まで一切の権利無し

C債務者、債務返済までは権利なし、だだし、身体的末期は権利有り
※身体的に末期の場合はそもそも債務返済の為に何かすること自体が不可能でしょ。
 当然財産は債務返済に回る。←普通の死と同じね。

414 :無責任な名無しさん:2005/09/20(火) 15:51:31 ID:kARxf0cY
>>413
殆ど同意っす。ただ一点、子供が成人後に精神的問題で安楽死を望む親
が居た場合の責任問題なんだけど、人を誕生させた事実はどんなに精神的に苦
しくとも子供の幸せを考える義務が人間の親にはあると思うんだよ。

子供が成人していても親に違いは無い訳で、親の死にたい気持ちを理解
させる事も出来ずに一方的に繋がりのある人生を絶つ行為は、人道的、倫理的
に考えても、残された成人しているとはいえ子供の精神的苦悩と人生の虚無感
は救い難いものがあるんじゃないだろうか?

そこはやはり、とことん話し合って同意を得られてから、というのが人間とし
て筋じゃないかな?自分の希望で生んだ子供のその後の事は知らん顔で安楽死
は許されないように思うんだがどうだろう?

あと、アメリカで死刑執行するときはモルヒネ打って、塩化カリウム
注射だったと思うけど、安楽死の場合モルヒネじゃなく全身麻酔したの
ちにというやり方に統一するべきだと思うね。

それと、安楽死の許可書を持参すれば救急救命指定病院でなら安楽死
を受ける事が出来るようにして、許可書獲得までを国で管理するのが
良いんじゃないかなと思う、どうせ死ぬのだからといって安楽でない
死なせ方が出て来ないとも限らないから、やはり、一般の医療機関で
行う方が開かれたイメージがあって良いかなと・・・・
なんだか話膨らみすぎか・・・。

415 :無責任な名無しさん:2005/09/21(水) 00:53:29 ID:fxbk0lWK
>>415
子供のいる親の話だけど、子供の成人後も子供の承諾が必要ってことにすると
いったい子供が幾つになれば自由に安楽死を選べるのかってのが難しくなる。
極端な話子供が40、50になっても承諾が必要になってしまう。
子供も世間体とか気になって承諾できない可能性も出てくる。
出生率低下とか言ってもほとんどの人は結婚して子供を作るので安楽死を選べる
人が極端に減ってしまうのは権利としての安楽死を認める上で矛盾になってしまわない?

それよりは安楽死は希望してから1ヶ月以上経過してからしか許可されない制度
にして安楽死を申請したことが子供にも通知されるようにしてはどうだろうか?
それくらいの期間があれば親が突然安楽死して困惑するようなこともないと思うけど?

安楽死は極限まで安楽に行われるべきだから全身麻酔は基本だね。
安楽というより快楽に近い形が理想だと思うよ。

安楽死は無料ではなくて当然ながら有料で行われるべきだからどうせ死ぬから
とかではなくて権利として安楽に死ねないと意味がないね。
有料と言っても治療行為と違って高度な医療行為ではないから高額な費用はいらないよ。
安楽死できる場所は担当者が出張可能にすることでどこでも可能にするのが理想だと思う。


416 :無責任な名無しさん:2005/09/21(水) 00:54:19 ID:fxbk0lWK
>>414の間違い

417 :無責任な名無しさん:2005/09/21(水) 15:02:53 ID:6GH+3YAk
子供のいる親の話だけど、子供の成人後も子供の承諾が必要ってことにすると
いったい子供が幾つになれば自由に安楽死を選べるのかってのが難しくなる。
極端な話子供が40、50になっても承諾が必要になってしまう。
子供も世間体とか気になって承諾できない可能性も出てくる。
出生率低下とか言ってもほとんどの人は結婚して子供を作るので安楽死を選べる
人が極端に減ってしまうのは権利としての安楽死を認める上で矛盾になってしまわない?

世間体は自己と違って安楽死の場合病死として扱うのが基本ではないかと思う
合法化されているのに、世間体を気にするというのは、個々人の性格如何だね。

確かに承諾を取るのは難しい場合がありますね。そうなると
心の傷が原因で後追い安楽死という事もありえるかもしれない。
結局そこなんだよね、死にたければ死ねばいいという安易さがまかり通る
のは死にたい人にとっては有益なんだけども、生きたい人にとっては許容
出来ない関係の人が出てきた時、後追い自殺同様後追い安楽死が多発する
のではないかと思うんだよ。 つづく


418 :無責任な名無しさん:2005/09/21(水) 15:04:26 ID:6GH+3YAk
つづき
人間は赤の他人の苦しみを理解することはなかなか難しいけれど、親子関係
の場合、死を選択する事で本当に安らげるんだということを理解を得て
気持ちの上で、関係者に見送ってもらう形がベストだと思う。

結婚して子供がいるような成人の場合なら、親の苦しみを理解して、希望
通りの死に方を認める事は逆にいえば出来るはずなんだよね。

ただまだ社会人として自立出来ていない成人がいることも事実で、そういう
親子関係の場合、親もなかなか安楽死できないのが人情かもしれないね。
親子で安楽死なんていうパターンも出て来そうな気がするけれ
ど、それは他人が関わる問題じゃないし、415さんが言うように、1ヶ月、
いやせめて、3ヶ月から半年ぐらいは話し合いの後には安楽死できたほうが
良いんだと思えてきたよ。

ところで出張の場合やっぱ、料金高くなりそうだなw
全身麻酔の器具って持ち運び大変そうだし、けれどそれが実現したら人生
パラダイスだな!

昨夜テレビで脳腫瘍で苦しんで死んでいった男の子のドキュメントをやってたけど
ああやって苦しんでいる人たちは知らないだけで、ごまんといる訳だし、元気
な人が変わって、安楽死合法化の選択肢だけでも本当に早く決まれば良いと

心から思うよ。ただ、いざ病気になってみればどんなに苦しくとも生きたい
という希望が湧くものなのかもしれないし、それはそれでその努力や希望
が人間にとって一番大切だというのは判るけれど、選択肢が無いまま
苦しい死を余儀なくされたり、頑張らなければならないという気持ちを
家族の為に奮い立たせる事にどれだけ意義があるのか判らないと思った。

419 :無責任な名無しさん:2005/09/21(水) 21:27:56 ID:fxbk0lWK
>>418
基本的に同意なんだけど、死にたい人にとっては有益なんだけども、
生きたい人にとっては許容出来ない関係の人が出てきた時、
後追い自殺同様後追い安楽死が多発するというのはちょっと理解できないなぁ。
でも一緒に生きたいと思っていた人が突然安楽死するのはショックかもしれないね。
後追いを言うなら親が死んだ場合より子が死んだ場合の方がありえるかも。

結局のところ他者との関係を持って生きている人が安楽死する場合は、
生きる人のことも考える必要があるということだろうね。そこは同意します。

人は死ぬ権利もあるってことが安楽死だとすると如何に両者の意見に
折り合いをつけるかだね。承諾がないと何がなんでも死なせないだと、親に
恨みがある子供の場合苦しませてやりたいと考えるかもしれない。
やっぱり一定の期間(3ヶ月ぐらいが妥当かな)以上前に申請するとかにして
その間に家族間で考えればいい、説得されて生きるも良いし
説得できなければそれだけ意思が確固か、そもそも家族関係が弱いのかもしれない。

家族や親子関係は確かに考えるべきだけど美化しすぎるのもどうかなと思う。
全ての家族が素晴らしい関係ではないだろうからね。
全ての生が絶対に素晴らしいということが偽善であるようにね。

安楽死の出張サービス自体は終末期医療に比べればそんなに高額にはならないと思うよ。
長期入院やホスピス、手術や特殊な医療行為の費用を考えればわかると思うよ。
葬式代に比べたってずっと安いはず。

安楽死合法はずっと先の話だと思うけど、単に法律的な手続きの問題じゃなくて
まだ全然議論が起こってないからだろうね。2chですら賛同者は多くてもまだまだ
色んな意見を出している段階だと思う。


420 :無責任な名無しさん:2005/09/21(水) 23:28:26 ID:8mGNWEbp
>>419
他人でもこのように、考え方をよく話し合えば解り合って大体合意できるのだから
なるべくなら、家族の場合理解しあえる場合と、上手くいっていない家族
の場合もあると両面を考えると、419の案が丁度良い所だと俺も思ったよ。

本当に安楽死についての意見というのは、ヤフーなんかでも全然議論になってい
ないから、もっと広くタブー視せず色々な意見を聞いてみたいね。

421 :無責任な名無しさん:2005/09/23(金) 23:37:11 ID:r+MszCM7
>>420
将来の安楽死合法を考えて今から色々な意見を聞いておきたいね。
議論を深め、広げてゆくことでいつかは実現すると思うよ。

422 :無責任な名無しさん:2005/09/24(土) 14:02:57 ID:i9r5VR6I
ちょっとレベル低い相談事で申し訳ないのだが・・・

自分が自殺をした後のことについて。

自分が背負っている金銭的債務というのは、
連帯保証人に請求が行ってしまうんだよね?

その場合、自分にかけられている
県民共済などの死亡保険金で賄いたい。
自殺でも保険金は出るんだよね?

あと、自殺だと警察やら救急やらで
死体処理の費用は結構な金額を請求される?

また、葬儀に関しては、
最低限のものにしてもらいたいのだけど、
その辺は遺書にして書いておけばいいの?
市民規格葬取り扱い業者のチラシを同封して。

ほかに、こういう書類を用意しておいたり、
意思を表明しておいたほうがいいことってある?

423 :無責任な名無しさん:2005/09/24(土) 18:33:18 ID:JumCMOiv
>>422
連帯保証人ってのは本人がどういう状況だろうと
(別に死んだりしてなくても)請求されるよ

だから恐いんや

424 :無責任な名無しさん:2005/09/25(日) 03:06:22 ID:KEzMzfM9
何故苦しんで死ななければならないのでしょうか。
何故安楽に死ぬための設備がないのでしょうか。人類最大の謎です。
死ぬ知識があるのに何故、知識を生かして安楽に死ねる社会を希望しないのでし
ょうか?皆苦しんで死にたいのでしょうか?私は迷惑かけず、楽に死ぬことが
人間らしさの最たる選択だと思うのです。合法化するには政治家にメールすれば
いいのでしょうか?どうしたら皆まじめに考えるようになるのでしょうか?
誰か教えて下さい。

425 :無責任な名無しさん:2005/09/25(日) 03:32:05 ID:KEzMzfM9
政治家で安楽死に積極的な人なんていたっけ?

426 :無責任な名無しさん:2005/09/26(月) 07:40:55 ID:JVP1tI0p
政治家で安楽死に積極的な人なんているわけない、税収減るから。
安楽死を法律で決めるには、多重債務者が安楽死に登録したら生命保険会社
は払わないでいいとか決めないと生命保険会社は困るだろう。
無理やり生かされてる人を病院で見ると、安楽死を法で決めていいんじゃないかと
思う。





427 :無責任な名無しさん:2005/09/26(月) 11:48:44 ID:APhCtVh2
>>426
政治家って結局は国民の為とか言いながら、金で治安が維持できると思ってる
馬鹿ばっか。
多重債務者が安楽死できるって条件認める必要がない……>>412あたりか
ら読んでみてほすい。


428 :無責任な名無しさん:2005/09/26(月) 21:14:19 ID:QY7REBm8
多重債務者っていうけどまずは自己破産を考えるべきだろ。
借金作ったのは自分なんだからまず清算ぐらいしなきゃね。
ヤクザがらみとかでなきゃとりあえず債務はなくなるだろうから安楽死はそれから考えればいい。
税金云々言っても自己破産されたら貸してる方は結局損するようになってるんだよ。
自己破産はしたくない、家族に借金は残したくない、安楽死したいは都合良過ぎ。
家族が自殺したって負の遺産の方が多い時は相続放棄すれば借金が家族には残んないんだよ。
多重債務者は犯罪者じゃないんだから必要以上な返済義務もないし、債務が消えれば当然安楽死もありでしょ。
政治家が安楽死に興味ないのは税金の問題じゃなくて変人扱いされるのが嫌なのと
金持ちはホスピスとかあるから一般人ほど苦しむ心配が少ないからかもね。

429 :無責任な名無しさん:2005/09/27(火) 17:41:43 ID:Mxb+Lspg
>>428
そう多重債務者だろうが返済可能な借金だろうと、とにかく借金のある人や自己
破産しても法的義務に置かれている者がが安楽死したいなら、義務をクリアして
からというのは当然だよね。

政治家が変人扱いされるのが嫌っていうのは・・・・
国を治めるのが政治家の根本的な役割だと思うんだけどね。小泉さんなんか変人
扱いされてると思うし、オランダやアメリカも州によっては合法化されてるのだ
から、変人扱いより、最後1行の金持ち待遇で関心ないというほうが説得力ある。



430 :無責任な名無しさん:2005/09/30(金) 20:54:55 ID:r9DAzU0M
安楽死施設はあったほうがいいな。こんな時代に苦しみながら生きるのは
嫌だろう。景気でもよくなれば必要ないが回復の見込みなさそうだし
日本だけではなく世界全体が荒んでるしね。人類もそろそろ終わりかも


431 :無責任な名無しさん:2005/10/01(土) 11:18:06 ID:sUM5AYoy
>>430
終わらないよ、金持ちは人生楽しく生きられるからね、貧乏人と精神的
弱者が金持ちの気分と自由の為に労働している体制が変わらないかぎり、
人類自体は終わらない、犠牲者と奴隷者と権力者の構図が延々と地球が
ある限り続くのが人類。
それを少しでも良い方向へ持っていけるのが安楽死合法化なんだと思う。

生きたい人が平等に苦労を分かち合って、生きる意義に喜びを感じる
ような人類のレベルにならないと、自分が自殺したって、残った弱者
が自分の苦しみを経験するハメになるだけなんだよな。


432 :無責任な名無しさん:2005/10/01(土) 23:52:25 ID:okUcuG3X
もう優秀な人間だけ残ればいいよね。あとは削除対象でOKだな。
俺もフリーターで20歳。将来どうせないから作って欲しいね。
死亡した後は世の中どうなろうと関係ないし。優秀な人間が
適当にやるだろう。

433 :無責任な名無しさん:2005/10/02(日) 01:37:50 ID:B/XREOB9
優秀とはは知的面なのか、年収面なのか、精神性なのか、考えればいろいろ
倫理的価値の思想によっては優秀な人でも賛否両論、別れるれるとおもわれ
死亡した後は世の中どうなろうと関係ないというものではない。それが倫理
ってもの。

434 :無責任な名無しさん:2005/10/02(日) 02:06:47 ID:SufgDauS
デンマークとかに連れていって安楽死させたら自殺幇助?殺人罪?

435 :無責任な名無しさん:2005/10/02(日) 13:11:33 ID:HbUxrIK2
試してみれば、自分の馬鹿さ加減に気付くでしょう。

436 :無責任な名無しさん:2005/10/02(日) 17:10:30 ID:DijTxO7G
こんな時代だと安楽死したがる人は多いだろうね。
リストラ・サービス残業・治安の悪化・家庭の問題・人間関係
とか色々あるし安楽死施設作って欲しいね。いきたい奴から
すれば誰が死のうとなんとも思わないはずだ

437 :無責任な名無しさん:2005/10/02(日) 17:46:15 ID:GLdNR0c3
>>436
人格異常でもない限り、誰が死の うとなんとも思わないはずだと本気
で思えるものではありません。あなたが「いきたい奴」と称した全ての
人が「誰が死のうとなんとも思わないはず」だと言い切るのは単なる
妄想ですから・・・


438 :無責任な名無しさん:2005/10/02(日) 19:25:36 ID:HhzQnIMa
俺は安楽死合法化には大賛成だが、それは誰が死のうがどうでも良いからでは
ないし、搾取がどうこうとか、フリーターだからとかリストラされたからとか
ではない。
ほとんどの人は多少辛いことや苦しいことがあっても未来に希望を持っている
限り生きていたいと考えると思っているし、俺もそうだ。

しかし、医学の進歩した現代でも不治の病気などは数限りなく存在し、それは
人の本来持てる夢も希望も絶対に叶えられない状況を作りだしてしまい、
俺のように生きることは只呼吸していることではなく、俺自身の努力により
自分の理想と考える生活に多少なりとも近づけてこそ生きている意味があると
考える人間には全く生きている意味がなくなっていまう。

もちろん医学的な病気ではなく精神的な病気によって普通とされる生活が不可能
になってしまった人とかもいるだろう。病気といってもいっても一見健康でも
呆けのように自分が何であるかすらわからなくなってしまう人もいるだろう。

死は無闇に実行されるべきではなく、推奨されるものでもない、しかし、生きる
価値と人それぞれであり、自分の未来に対して本当になんの希望も見出せない
のであれば本当に最悪の状況になる一歩前で綺麗に安楽死したいと考えるのは
至極当然のように思える。

俺は俺自身や家族や友人が誰だかわからない呆け状態や、人並みの生活すらでき
ない身体状態になっても生きていたいとは全く思わない。
そんな時、安楽死が制度化されていようがいまいが俺は死ぬだろう。
もちろん周囲の人間には可能な限り俺の考えを伝え、死が俺にとって最適な選択
であり、それは決して最悪な出来事ではないことを理解させようとするだろう。

439 :無責任な名無しさん:2005/10/02(日) 23:08:52 ID:Wnejt02C
安楽死の問題は、自殺するかどうかじゃないよね。
自分で死ねないやつが、人の手を借りないと死ねないとか、そういうことでしょ?

たとえ本人が死にたいといった意思を持ち、それを他者に理解させたとしても、
手を加えるのが本人以外なら、それは殺人か、殺人幇助になるとかいわれる訳。
治る見込みが無くても、本人の意思無しに家族や医師が安楽死を選択する事は、
結局は他者が殺すだけだから、法として成立することは無い。

現実的に考えると、意思表示が最も重要であるから、それを示せる状態の時に、
自分で意思決定が出来ない状態になり、かつ、意思決定出来る状態に戻れない
場合の選択を示しておかなければならない。

また、他人の干渉を受けて死することが殺人と絡む以上は、自分で死ねる奴に
法的に死ぬことを保証する、なんて合法化もあり得ない。遺書を書かせて安楽死、
それだけで合法的な殺人になっちゃうしね。

たとえ医師とかでも、死んだ後に患者が安楽死を選択しました・・・なんてこと
言っても、本当かどうかが分からない以上、合法的な殺人を作る要因となるから、
容認してはならない。

最も重要なのは、意思の表示とその証明だろうね。その辺は遺言とのからみでも
発展させる必要のある法分野だと思う。

個人的には、安楽死の合法化はそれを望む本人が成立させるしかないと考える。
当人以外の論議は、あくまでその本人意思を受け入れる為の、前置き程度かな。

なわけで、誰かの意思を受け入れる前置きに参加してみるテス

440 :無責任な名無しさん:2005/10/03(月) 00:15:50 ID:rF9qk6QB
>また、他人の干渉を受けて死することが殺人と絡む以上は、自分で死ねる奴に
>法的に死ぬことを保証する、なんて合法化もあり得ない。遺書を書かせて安楽死、
>それだけで合法的な殺人になっちゃうしね。

合法的になれば殺人にならないんですよ。こちらは悪しき歴史ですが、戦争で人
を殺しても殺人罪にはとわれないのと同じ道理です。
殺人とは他殺の事で、他殺とは相手の命を一方的に死に至らしめる行為であって
仰るように意思の表示があれば、末期の癌、認知症になった場合など法制化にあ
たって儲ける諸条件をみたしていれば、合意の下に人権を尊重するというのが
基本的に現存する安楽死合法化が実現している国の理念でしょう。

>たとえ医師とかでも、死んだ後に患者が安楽死を選択しました・・・なんてこと
>言っても、本当かどうかが分からない以上、合法的な殺人を作る要因となるから、
>容認してはならない。

そのための法制化であって、国で条件を満たす手続きをとるわけですから、医者が
かってに患者の意思を尊重して安楽死させれば、それは合法にならないわけです。

>個人的には、安楽死の合法化はそれを望む本人が成立させるしかないと考える。
>当人以外の論議は、あくまでその本人意思を受け入れる為の、前置き程度かな。

合法化したい人のスレです。そのために法律板でせめて法律関係を目指している
方、法律家の方の目に触れて考えてもらいたいから皆書き込みしていると思います。



441 :無責任な名無しさん:2005/10/03(月) 17:43:56 ID:yDt0/PJp
近年まれに見る良スレage

442 :無責任な名無しさん:2005/10/04(火) 17:14:09 ID:8bSQ/A6g
やっぱり無能な人間が生まれる限りはこういった施設みたいなのは必要だね
俺もあればそのうちお世話になる。他人が死のうが他の人間には関係なし。



443 :無責任な名無しさん:2005/10/04(火) 17:50:27 ID:HFsbw/Zf
無能な人って?知的障害者の事?そういう人は意思表示できるかどうか
精神鑑定して認められなければ、国は人権を尊重して生活保護など最悪
行政 に委ねられる話で、全然関連の無い話だって理解できてます?
あなたの意思は私には関係ないけど、安楽死合法化したいなら、書き込
まないほうが無難では・・・

444 :無責任な名無しさん:2005/10/04(火) 21:44:09 ID:G5l8DqIi
無能かどうかの判断はあくまで自分自身についてのみ行うべきだろう。

自分は無能で生きている価値のない人間なので安楽死したいと言うのなら特に
意見するつもりはないが、他人を含む人を無能として安楽死を合法化したいという
なら賛同者はほとんどいないんじゃない。

個人的な意見だが意識不明とかでない限り、安楽死は一般的な思考力や理解力を持
ち、意思を明確に表示できる人に認められるべきであり、もしも重度の知的障害者
で生きる事にも死ぬ事にも何の意味も感じられない人がいるとしたら、そんな人は
寧ろ福祉制度によって生きる為の最低限の生活を保障されるのが本来だろう。

例え社会的に弱者であり、無能に見える人であっても死にたいと感じていない人を
安楽死させるのは只の殺人だ。

445 :無責任な名無しさん:2005/10/06(木) 20:36:23 ID:qOwQ1DsP
用は死にたがってる人専用に作ればいいのさ。今の世の中絶対必要
いきたい奴は生きて死にたい人間は死亡で。無能・有能関係なく
まあ大半は社会的弱者がこれをほしがるだろう。俺のような
フリーターはね。

446 :無責任な名無しさん:2005/10/06(木) 21:23:19 ID:r83tIgx/
>>445
死にたがっている人が未成年でも死にたがってるなら死ねばいい、というものでは
ありません。真面目にいきましょう。


447 :無責任な名無しさん:2005/10/06(木) 23:33:12 ID:PWaq2b41
本当に無能というか考えることのない人はあんまり死にたがらないだろうね。
安楽死の合法化を本気で考える人はそれなりに有能というか考える頭のある人
じゃないかな?

448 :無責任な名無しさん:2005/10/07(金) 08:45:56 ID:oZroecwc
少なくても俺は利口じゃないよ。だけどこんな世の中じゃあった方が
いいってこと。この先日本だけではなく他国も未来あるかわからん

449 :無責任な名無しさん:2005/10/07(金) 12:45:23 ID:ek9lllef
近所の病院で安楽死やってくれるけど?
大体の流れは入院、衰弱、安楽死で老人を対象に儲けてる病院なんだけど。
そこなら金次第で健康体でもやってくれるんじゃないかなー?

450 :無責任な名無しさん:2005/10/07(金) 14:30:08 ID:zQ8JbDTB
合法化の意義も考えられない人ばかりなのでしょうか?そうではないと信じたい
ですが、不真面目な書き込みが続きますね。


451 :無責任な名無しさん:2005/10/07(金) 17:05:17 ID:d9ETuTgK
安楽死を作らなくても自殺者はこれからも増える
増税、サービス残業合法化etc
でも都会での自殺は場所も限られてるので公共の場所での自殺も増えてしまう
駅のホームで電車に・・やビルからの飛び降り、公園等での首吊りetc
自殺する人間は死ねればいいが それによってもたらされる被害もある
電車は止まる、死体の処理に金がかかる、アパート等で死なれたらその物件の価値すら下がる
ならば簡単だ 簡単に死ねる施設を作ればいい

452 :無責任な名無しさん:2005/10/07(金) 17:17:44 ID:zQ8JbDTB
>>451
法律を作らなければ、施設は作れないんですよ
安楽死賛成と安楽死合法化は別問題ですから

453 :無責任な名無しさん:2005/10/07(金) 17:27:18 ID:d9ETuTgK
>>452
あー ごめん書き方が悪かった
つまり安楽死をつくらなくても自殺者はこれからも増えるから
なら安楽死法作って施設作れってことです^^;

454 :無責任な名無しさん:2005/10/07(金) 17:44:40 ID:clqIpdSK
>>453
レスありがとう。自民党の憲法改正案によって、取りあえずは国民投票と
いう仕組みが出来る可能性もあり、社会問題として合法化に向けて政治家
に請願するといった方向で、なんとかなると言いのですが…

455 :無責任な名無しさん:2005/10/07(金) 20:38:53 ID:lbpXVbgv
確かに本当に社会問題化することでの合法化はありえるだろうね。
ただし、多少自殺者が増えた程度では所詮遠い世界の話で終わるだろう。

医療、年金など社会制度への不満があってもある意味正常な現代人は政治的に
ややこしくて偽善や利害絡みだらけの市民運動のような事には興味がないだろう
から。単純に自殺と考える人が増えるのは自然な流れかもしれなね。



456 :無責任な名無しさん:2005/10/07(金) 23:07:19 ID:ek9lllef
意義を考えて合法化する必要性は?
楽に死ぬやり方はいくらでもあるのだよ。


457 :無責任な名無しさん:2005/10/08(土) 01:55:33 ID:u9pzARZr
>>456
意義の必要性を何故、貴方自身が問う必要があったのか自問自答すれば、わかると
思います。
ところで、楽に死ぬやり方がいくらでもあるから、どうしたと言うのですか?
自殺幇助は犯罪です。


458 :無責任な名無しさん:2005/10/08(土) 10:38:45 ID:yEL5myRO
>>457
あなたは生真面目な方なんですね^^ スレの内容に
「死に伴う苦痛からその意志を遂行できないというジレンマ」
と書いてあったので。落ち着いてください。

459 :無責任な名無しさん:2005/10/08(土) 12:06:10 ID:VUEgDXHQ
冷静にみれば>>456>>450を読んでだと普通思いそうですけどね。

460 :無責任な名無しさん:2005/10/08(土) 20:35:03 ID:I/iL5gYT
まぁ反対意見からも合法化への糧になる意見があるかもしれないし、まとも
な理論なら、合法化反対意見も聞いてみたい気はするね。

461 :無責任な名無しさん:2005/10/08(土) 23:14:31 ID:6jJ0CMb6
さて・・この施設を欲しがる人が増えてるのは異常だよね?
国が貧しくなるとこうなるね。

462 :無責任な名無しさん:2005/10/09(日) 00:41:22 ID:DX9J6Nzv
もったいぶらないで、異常だよね?の先を突き詰めて行ってみてはどう?

463 :無責任な名無しさん:2005/10/09(日) 05:49:31 ID:rVX0McsD
そうだな。
何がどう異常なのか突き詰めてみると面白いかもしれん。
俺は正常だと思ってるから、異常だと思う人の話も聞いてみたいね。

464 :無責任な名無しさん:2005/10/09(日) 16:21:06 ID:dxrkz4K4
安楽死の合法化の論主は、難病などの不治の病などによる苦痛以外に先に何もないような、
絶望的極地にある人の、本人の意思により、苦痛から解放される唯一の手段が本人自身で
死以外に無いとした場合に、その死を許可することではないかと思う、だから、単に本人
が死にたいという意思を持っただけでは、法的にそれを認める事は、その他の憲法の法意
に反すると考える。

憲法前文
>平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
あたりがあるから、生きられる人を死なせる法案には、整合性が無くなることや、合法化は
このスレでいえば、安楽死の合法化であるし、単に死にたいとする意思を他者が成就させる
事とは似て非なるものであって、むしろ、法意に沿うのならば、死にたいと考える人々には
生きる希望を与える事や、その場を提供することが求められるものであって、施設としては
カウンセリングを受ける場や、社会適応訓練施設などしか作れないであろう。

本人の意思を尊重するという部分についても、死以外に苦痛から解放される手段が無い場合、
このような特殊な場合にしか認められないであろう、単に死を自分の意志で求める者として
憲法第十三条の個人の尊重(自ら死を選んだ意思の尊重)や幸福追求権(苦痛無く死ぬことを、
幸福であるという意思)があったとても、憲法第十二条にある濫用の禁止や、第十三条と共に
公共の福祉に反しないことを条件としたり、公共の福祉の為にこれを利用するという法意が
あるからこそ、本人の意思だけではなく、客観的合理性が法案には求められる。

以下、人生的経験から・・・
人の意思は尊重すべきことではあるけれども、人の意思そのものは変わる事が出来る性質を
有するものでもあり、人生が死ぬまでを一生とするならば、その死を先延ばしにすることで
初めて得ることの出来る幸せや、命をかけるものが見つかることもある。そのような希望的
感情を捨てて、認めさせようとするのは無理だろう。生きたことでその先の希望を得られた
私には、たとえ自らの意思を成就出来ない人生であったとしても、その先を生きる者たちに
幸福が与えられるように、法律志として生きるまで。

ちゅうことで、誰かの意思を受け入れる前置きに参加してみるテス その2

465 :無責任な名無しさん:2005/10/10(月) 17:42:19 ID:yOcKjZnS
あげ

466 :無責任な名無しさん:2005/10/11(火) 18:04:36 ID:AnzNpP1v
>>464
憲法前文の「平和のうちに生存する権利」という「平和」ってとこが鍵で
ないかな?
精神的な問題のみであり、公共の福祉により現状の改善が有り得るのであれば
その努力なしに安楽死合法化のみを急ぐことは客観的に難しいと思う。
現実には公共の福祉には限界があり、決して全ての人の精神的苦痛を取り除く
ことが出来ないことが明白であってもやはりまずは身体的苦痛による安楽死を
合法化した後議論すべきだろう。

現状は「死以外に苦痛から解放される手段が無い場合」でさえ積極的安楽死
を認める事はなく、責任逃れにしか思えない尊厳死すら簡単には認められない。
「平和のうちに生存する権利」と言うならば回復の可能性の薄い状態での身体
的苦痛を伴う生存は、「平和」とは言えないだろう。

「平和」の定義は個人により異なるのが当然なので如何なる状態でも生きる
ことに意義を感じる人もいるであろうし、それを否定することは間違いに
思える。しかし、身体的に「平和」とは感じられない人が無意味な闘病生活よ
り安楽な死を選びたいと考えることは「個人の尊重」、「幸福追求権」で
考えても認められるべきではないだろうか?

精神的なケア、セーフティーネットなどの公共の福祉の充実を常に議論する
傍らで、身体的苦痛からの開放の為の安楽死合法化を議論しておくべきで
はないだろうか?

467 :無責任な名無しさん:2005/10/11(火) 19:35:37 ID:L5EhgJXS
>>466
> 憲法前文の「平和のうちに生存する権利」という「平和」ってとこが鍵で
>ないかな?
平和を含む"生存する権利"が鍵
君は"平和"を鍵にした事により、平和に関する扉しか開けない。だから、君の意見は"?"が多い。

法律を作るという事は、その他の法律との整合性が重要である。
特に憲法はその根っこだから、全ての憲法との整合性を考えなくてはならない。
一旦の追求により、かろうじて合理性は導き出す事はできるが、客観的ではない。

よって、>安楽死を合法化した後議論すべきだろう。
というのは、一旦の追求ができただけであり、客観的合理性を有するものではない。

しかしながら、君が追求した一旦は、これら安楽死の論議には必要なものである。
法律を木に例えると、君の一旦は根になる。実を熟すには、根を張り巡らして、
木を支え、育む事が必要だから。
君はもっと根を張れる。自分の言葉に"?"が無くなるまで突き詰めればね。

そして、法学において最も忘れてはならないのは、一旦の根だけでは木を支え
育む事はできないという事。法を志す者は、それを見極める眼を閉じてはならない。
公共の福祉には、限界は無い。あるとすれば自分があきらめたというだけの事であり、
あきらめた時に、誰かの権利や自由が奪われる。

あちしが当事者を必要だと思うのは、法は単なる法であり、それを享受する人が
全ての国民であり、平等に享受する事が出来てこそ、人々が幸せをつかめる。
法は、規則を作る事がその本質ではなく、人々が幸せになる事が本質である。
これを踏まえて、憲法の法意を理解しなくてはならない。
あちしが示した憲法も、その一旦に過ぎない。

なわけで、誰かの意思を受け入れる前置きに参加してみるテス その3

468 :無責任な名無しさん:2005/10/11(火) 20:09:53 ID:aIEgLPX/
>>464
安楽死の合法化は尊厳死を包括せずに、成立することは常識的に言って有り得ませ
ん、倫理に反するからですよ。論者が誰かの死を許可することもありえませんから、
「許可」という言葉も誤用。成人が社会生活を送る上で、尊厳を脅かされている認
識があれば平和にはなく苦悩、苦痛を引き伸ばす事は、平和のうちに生存する権利
を個人が有していない意志表示があれば、前文の整合性がなくなることはない。

治る見込みのない耐えがたい肉体的苦痛、苦悩の場合成人に達している事、負債や
責務の清算、カウンセリングや精神科等々、個人的事前策の経歴、当人の自決が最
優先される、といった事は当然条項に入るでしょう。人は単に生きていく事は出来
ない社会的動物です。意識、精神性が伴わなければ苦痛の意思表示はそもそもでき
ない、精神的苦悩と肉体的苦痛の別で安楽死の合法、非合法を分けるのは、人とし
ての尊厳を無視した人間性の否定につながります。

憲法第十三条の個人の尊重とは、安楽死合法化に限ったものではなく、普遍的な個
人の尊厳を重んじる事、幸福追求権にしても、勝手に死ぬ事で他者に損失を与える
不幸を避けることに幸福を見出すのは客観的。自称法律志の貴方が第十八条を省い
た意図は解せないですね。耐えがたい苦痛、苦悩を味わいながら何時訪れるかもわ
からない死を待たなければならない生しか選択権がない社会制度より、社会の構成
員に等しく安楽に死ねる選択権がもたらされた生がある場合、選択権がある方が幸
せだと判断する人間は多いでしょう。

むしろ法治国家として社会の構成員に等しく、精神的苦悩、身体的苦痛による耐え
がたい生を見過して起きる迷惑や、損失は情報を通して不幸を共有しているのが現
状。公共の福祉に安楽死の合法化は反しない。

これまで自殺した者は、それまで築いてきた人間関係、社会環境の中で人格に希望
を及ぼす物理的、心理的範囲に個人では限界がある事を物語っており、現行の行政
にも希望も見出せない人に、安楽合法化で尊厳の受け皿を用意する包括的な法案は
十二条、不断の努力の相互扶助に当たり、合理性、客観性に欠けていない。


469 :無責任な名無しさん:2005/10/11(火) 20:12:05 ID:aIEgLPX/
その先を生きる者たちだけでなく、今、現に苦しみ苦悩しながら耐えるしか選択す
る道が無い弱者に人間の尊厳において孤独に、苦痛に、苦悩の中で死を迎える事な
く、社会との相互関係の中で何人も安楽に最期を迎える豊かさの為に、法律志とし
て貢献してください。


470 :無責任な名無しさん:2005/10/12(水) 13:48:16 ID:exM7PVTu
前置き参加は不要だよ、テス123氏。具体的にどうぞ。

471 :無責任な名無しさん:2005/10/12(水) 15:28:34 ID:P1Q5RZlN
>>444 あなたが言ってる事> 自分は無能で生きている価値のない人間なので安楽死したいと言うのなら特に
意見するつもりはないが、他人を含む人を無能として安楽死を合法化したいという
なら賛同者はほとんどいないんじゃない。 ←そう思います、すみませんでした。
その時の精神状態が不安定な時に、安楽死賛成と書いたりしましたが、自分が馬鹿だったのだなと思いました、
精神状態が不安定な時に、安易に書き込まない様にしようと思います、失礼しました。


472 :無責任な名無しさん:2005/10/14(金) 20:19:28 ID:401C8jYi
安楽死合法化の為の署名集めやろうかなー

473 :無責任な名無しさん:2005/10/15(土) 14:38:46 ID:AIPI03Rs
今日も首切って自殺しようとして、死に切れず川に飛び込んだ自殺のニュースを
聞きました、痛ましいです。

474 :無責任な名無しさん:2005/10/16(日) 10:24:25 ID:h0UgRkQo
死ぬなら奴隷になってでも働けみたいなこと政府の連中とかはいいそうだな。
無駄だと思うよ。基本的にこの国の上の方の人間は国民なんて道具としか
見てないからな。

475 :無責任な名無しさん:2005/10/16(日) 15:04:08 ID:CBV9keDM
前例が無いなら無理かもしれないけど、実現している国があるんだから全く
無理ってことはないと思うよ。俺が癌にでもなったら、安楽死合法化叫ぶか
もしれないから、そのときは賛同よろしくな。

476 :無責任な名無しさん:2005/10/16(日) 18:02:01 ID:Ljl4BpB4
>>468
まず先に謝っておく。けだるさいっぱいのあちしの発言を許してほしい。
君は>>466 の意見よりも"?"が多い。そればかりか無理に" ?"を無くそうとした為に、
法解釈以前に言葉の捉え方が逸脱してしまっている。
合法、許可、整合、尊厳死、苦役、とりあえずこれくらいかな?
もし君に師がいるのであれば、>>468での意見を見てもらい、師の意見を享受してほしい。
あちしなんかの意見でよいのであれば、少なくとも上記で挙げた言葉の"君の解釈"を、
あちしに伝えてもらえないとムリポ

>>466 の意見は、その言葉から自ら出た率直な意見であったと感じる事ができるものだが、
君の場合は安楽死を認めさせる、という目的によって構成された内容であり、議論の余地がない。
あちしなんかと話すのが目的ではなく、自分の主張をしたいだけなら、あれでもいいけどね。

>>469
断る。
理由:君の願いと、あちしの志は、目指す高みが同じ安楽死の合法化であっても異なる。


477 :無責任な名無しさん:2005/10/16(日) 18:03:08 ID:Ljl4BpB4
>>470
具体的にってなに?
安楽死の合法化を進めるという事であれば、ひとつこのスレで意見を集めてみたいと
考えるものがあるけど、この安楽死の合法化について、なぜか自分で死ぬ権利として
認めてもらいたいという意見の主張にとどまり、論理性に欠ける反応がいっぱい。
そんな中で出しても、たぶん意見は集まらないのではと考える。

あちしは、私人として安楽死についてこう考える。
たとえば、あちしの目の前に「難病などの不治の病などによる苦痛以外に先に何もない
ような絶望的極地にある人」が居たとして、そいつが死にたいと言ったとしても、
認める事が難しい、その者に個人としての尊重が必要である事も十分理解してはいるが、
あちしには殺せない。

そして、あちしは私人としての感情や倫理を超えて、誰かの権利や自由の為にこの問題を
見極めなくてはならないと考えている。あちしの意見一つでは足らない、その足らない事
を埋める為には、論理性のある他者の意見が必要。それが無いと感じる今はまだ、ここで
具体的な話が進む事は無い。

故に、誰かの意思を受け入れる前置きに参加してみるテス その4 に留まってしまいまつ


478 :無責任な名無しさん:2005/10/16(日) 19:38:53 ID:j64wAJPP
君の受け入れ態勢もできていない、テスはこれから面倒臭いのでスルーする。
論理性のある他者の意見が出るまで、その4で留まっててくれて構わないよ。

479 :無責任な名無しさん:2005/10/17(月) 02:53:53 ID:rOy7x+5u
>>476
これに対するレスは結構だが、合法、許可、整合、尊厳死、苦役、全て文字通
りの意味だから解らなければ辞書を引いて意味を調べ、文章を解釈してレスす
ればいいだけの事だったのだよ。

貴方が言葉の捉え方が逸脱していると思う原因は、貴方が使う言葉の誤用か、
けだるさが原因。君に師がいるなら、単語の意味を解釈と捉えるのは逸脱で
しょうか?安楽死合法化の論主は〜許可する事が目的という時の許可は誤用
でしょうか?と聞いて師の意見を享受してほしい。

何故単語の意味を解釈と誤用するんだい?論理性を重視し誰かの権利や自由の為に
この問題を見極めなくてはならないと考えているなら、言葉の誤用は注意すべき
だよ、そうでないと議論以前に頓珍漢なレスしかできないだろう。


480 :無責任な名無しさん:2005/10/17(月) 02:55:49 ID:2IAdU4Jz
※参考までに、2006年度の正しいクラス分けを再確認。

大阪大学・一橋クラスw--------------------------------------------

--------------------2ランクの壁----------------------------------
70.0: 慶応(法) 早稲田(法・政) 早稲田(経) ICU(教)

旧帝国大学(名古屋・東北・九州・北海道)クラスw------------------------------------------------  
67.5: 中央(法) 早稲田(商) 慶応(経) 上智(法)
 
神戸・横国クラスw--------------------------------------------
65.0: 早稲田(文・教・国・社) 慶應(文) 上智(経) 立教(社)同志社(法・文) 立命館(国)

都立・千葉・筑波クラスw------------------------------------------
62.5: 法政(法) 上智(文) 立教(法・営・文・心) 明治(政・文) 青山学院(文)
    慶応(商) 同志社(社) 立命館(文・産・政)
 
岡山・金沢・熊本・大阪市立クラスw--------------------------------------------
60.0: 法政(文・社会・国際) 立教(経) 明治(法・経・商・営) 中央(商)  
    青山学院(国) 学習院(法・経・文) 同志社(商) 立命館(法) 関西学院(文)  
57.5: 立教(観光・福祉) 法政(経・営・人環) 中央(経・文) 青山学院(法・経・営)  
    同志社(政・経・策) 立命館(経・営) 関西学院(法・商・社)
    関西(法・社会・経・商) 早稲田(二文)

地方駅弁クラスw-------------------------------------------- 
55.0: 関西学院(経)
52.5: 同志社(情)



481 :無責任な名無しさん:2005/10/17(月) 06:15:43 ID:acFqJMFE
自殺はとんでもない迷惑をまわりの人たちに及ぼすんだよ!
自殺は犯罪だ、といってもいい!
不治の病で、苦痛だけで、また植物人間で、痴呆で、無理やり生かされている患者を
見ると安楽死センタ−が必要と思う。
国立安楽死センタ−は必要だ!

482 :無責任な名無しさん:2005/10/17(月) 12:22:07 ID:F2XpwfXH
>>481
まぁとりあえず、不治の病の苦痛からの救済という意味で安楽死合法化
されると良いですね。犯罪者を未然に予防するのも国の役割だけどね。

483 :無責任な名無しさん:2005/10/19(水) 13:06:07 ID:2E0Iifeb
今まさに、病院で不治の病で数ヶ月の命の人居ないの?そういう人が
署名活動やれば安楽死合法化も夢じゃない、だれか当事者出てきて訴えれば
いいのに。
これから医学が進んで病じゃなくて障害者ばかりの日本になりそうな予感。
不治の病でも生死に関わる病気でもないから、蛇の生殺し、自殺者増えそう。
人間って惨めな存在だから、自殺でも別にいいけど。。。。。

484 :無責任な名無しさん:2005/10/20(木) 11:28:56 ID:aZWO6A9V
死にたくて死にたくて仕方が無い人に
「頑張って生きていけばいいことが必ずあるよ。」と助言するなんて
どれだけ残酷な事か、言われた側はそんな薄っぺらい言葉にどれだけ絶望するか…。

安楽死がまだ合法化されてないなんて信じられませんね。
やりたいならやりなさい。死にたいなら死になさい。死ぬ努力も怠らずして。

485 :無責任な名無しさん:2005/10/20(木) 17:21:16 ID:S1YvXOOK
ただ単に死にたいわけじゃないんだよねー、安楽に死ねてこそ今までの
人生を悔いなく終わらせる事ができる、幸せに。

486 :無責任な名無しさん:2005/10/20(木) 22:15:23 ID:VbtL7w1q
生きる気力なくした人のために作って欲しいよね。俺も公務員じゃないから
将来ないしまだ若いけど作って欲しい。死にたい人間だけ死んであとは
いきたい奴が適当にやるだろうし。リストラ・長時間労働・就職難と
ある今の世の中絶対必要。

487 :無責任な名無しさん:2005/10/21(金) 01:35:44 ID:bVnUHRrb
人間、気力や意欲がなくなったら精神的に末期症状だからねぇ・・・
それでも働かなければ食べていけない世の中で無理やり社会に生かされるのは拷問。
人間だからこそ、そういう苦痛を許容できる社会の方が正常だと思う。

488 :無責任な名無しさん:2005/10/21(金) 06:57:05 ID:g7Agfs4/
「大地震に脅えながら生きるのは辛い」
という理由で安楽死は無理か。

489 :無責任な名無しさん:2005/10/21(金) 15:13:29 ID:3bYwScHq
>>488
ワロタ藁藁 
地震予知出来るようになればいいな。

490 :無責任な名無しさん:2005/10/23(日) 02:15:13 ID:KDBEw8pW
思ったんですけど、安楽死というのは医師が行わなければならないのですか?
例えば死刑執行は医師以外の人間がやっているわけだし、可能性はある気がするのですが。



491 :無責任な名無しさん:2005/10/23(日) 12:43:55 ID:oNr3ZmIb
安楽死は終末医療ですから、安楽に死を迎える技術は医療従事者しか持っていないわけで・・・
死刑執行は技術はいらない殺し方ですから・・・・

492 :無責任な名無しさん:2005/10/23(日) 16:24:47 ID:Ko+f7sm2
とは言ってもまだある命を絶つのですから、
死にたい精神の病を身体機能を苦痛なく停止して安楽死
に導くのが安楽死の合法化でもあり、積極的安楽死の場
合は終末医療の範疇にならず、別に新しい概念で設立さ
れる可能性のほうが大きいかもしれませんね。

493 :無責任な名無しさん:2005/10/24(月) 17:18:23 ID:JW6twQDA
小泉自民が大増税案を了承した模様
早急に安楽死法案を認めるべきだ!低所得者の自殺ラッシュが起きるぞ

494 :無責任な名無しさん:2005/10/24(月) 19:54:19 ID:z7IFdoBp
自殺する人は自民党とマスコミに安楽死合法化の要請と必要性を訴えて
世間に訴えてから死ねばどうだろう。

495 :無責任な名無しさん:2005/10/24(月) 21:44:22 ID:6SeWjpJW
合法化されたら実際に安楽死したいと申し出て
書類やら家族やら会社やら保険やらなんやら小難しいことがいっぱいあるんだろうね。
申し込んだその日から安楽死できるまでにどれだけ日数を要するかな
決行は再来年の10月です、とか。

496 :無責任な名無しさん:2005/10/24(月) 22:12:35 ID:n6jyyua0
何処かの国では3ヶ月意志が変わらない事を前提にやってくみたいだから
条項をキッチリ作っとけば、それだけ照合が早いだろうし実際申し出る
段階では、希望者が条項に見合う準備しておかなければ申請書の段階で
却下されるだろうな・・・準備を怠らなければ意外と早いとおもうけど。

497 :無責任な名無しさん:2005/10/24(月) 23:20:40 ID:+1Tlp0ri
安楽死先進国のオランダは末期のガン患者などは別にして
実質一年近い猶予期間を設けてるよ。
で、じっくりカウンセリングして、それでも意志が変わらなければ実行。
書類を提出して、じゃあ何日で、ということをやってる国はない。

498 :無責任な名無しさん:2005/10/25(火) 01:02:21 ID:VSNvNOjA
へーそうなんだ〜。まぁ合法化してくれれば実質一年でも良いんじゃないかな。
半年とか早くても良いとは思うけどね。
流石に何日っていうのは有り得ないだろう。

499 :無責任な名無しさん:2005/10/25(火) 23:09:33 ID:Pbdxr0B0
安楽死法があれば無理に生きている必要がなくなるんだよな
社会全体からみればトータルコスト減だな

500 :無責任な名無しさん:2005/10/26(水) 00:59:33 ID:ZMJD1DVw
そうなったらどんだけいいか・・・
人生は気が重すぎるよね。犯罪者じゃないならいつでも自由に
安楽死を申請できる世界になって欲しいもんだ。

501 :無責任な名無しさん:2005/10/30(日) 20:38:20 ID:6zVE70Te
人口も多すぎるしあった方が良いと思う。もっとも本音はいつか
俺もお世話になりそうな気がするから作って欲しいんだけどね
あとは生き残りたい人間が適当にやるだろう

502 :無責任な名無しさん:2005/10/30(日) 21:27:21 ID:yq0bd41u
生き残りたい奴はことごとく安楽死に無関心か反対だから
合法化は夢に終わるだろうけどねぇ。。。

503 :無責任な名無しさん:2005/10/30(日) 22:36:45 ID:6zVE70Te
反対する意味がわからん。だれもお前に死ねと言ってるわけではないんだしね。
生きたいならいきればいいだけだし

504 :無責任な名無しさん:2005/11/04(金) 12:33:26 ID:9LoIcTHm
安楽自殺の法制化はなんといっても倫理問題に託けた政治的策略と、ドグマの要因は深いよね
不治の病の安楽死合法化ですら、日本人は関心なくて自分が死ぬ
時になってみて、ジタンダ踏んでも既に時遅しなのか、今は案外モルヒネ打たれて楽に死
ねるのか???よくわからんが、日本はなんでも遅れてるな。

505 :無責任な名無しさん:2005/11/04(金) 18:18:38 ID:OGy4brbB
>>1はどうしちゃってるんだろうか?もう飽きたのか・・・

506 :無責任な名無しさん:2005/11/05(土) 09:00:27 ID:6DdXKTUt
名無しで書き込みしてるんでしょう

507 :無責任な名無しさん:2005/11/05(土) 20:08:19 ID:74xN7Mnd
たまには>>1ですが・・・とかで顔だせばいいのに。

508 :無責任な名無しさん:2005/11/21(月) 10:40:57 ID:TzNnrW6S
あげ

509 :無責任な名無しさん:2005/12/02(金) 11:14:11 ID:+qjEhfpW
あげ

510 :無責任な名無しさん:2005/12/05(月) 07:14:36 ID:0s6EwaXS
死 = 悪、敗北
という考えが社会に根付いてしまっているね。


511 :無責任な名無しさん:2005/12/06(火) 01:51:06 ID:YSOdagvw
根付いているなら、ここまで人間増えてないと思うよ。
いづれ死ぬと知っていても、人を生むから社会はあるのだし。



512 :無責任な名無しさん:2005/12/10(土) 20:43:57 ID:iJ13tbYb
日本は安楽死以前に、尊厳死さえ難しい国。
自分が植物状態や末期の状態になったら、楽に死にたいと言うが、
それが自分の家族であったりすると、できるだけ長く生きてほしいと言う。


513 :無責任な名無しさん:2005/12/11(日) 01:59:32 ID:bOqw3S5X
尊厳死は日本尊厳死協会の会員になり、担当医に意志表示の書類を持ってけば延命
はしないんじゃない?
自他の境界が甘い自律できない人間が、そういう(自分の時はYESで他者の時はNO
という自己欺瞞)態度を取るのはある意味し方がないとは思うけど、社会システム
を構築していく連中まで、未成熟だから法が作られないんだろう。。。

514 :無責任な名無しさん:2005/12/18(日) 01:19:51 ID:R+q/w+8L
40才以降、各種税金等を完納していて犯罪歴がなく、負債・その他義務
が無ければ、好きなときに安楽死出来るって制度があればいいのに、と思う。
そうなれば多分多くの人が楽に生きられるようになるし、逆に死のうと思う人も
減るんじゃないか。いっぱい死んでも年金医療問題が解決できて、社会負担も
減るし。生きたい人にとっても、逝きたい人にとっても有難い制度じゃないか。

515 :無責任な名無しさん:2005/12/20(火) 13:27:47 ID:KLsYifJ2
もう世の中、利用する者とされる側というまったく有り難味のない
人間社会になったようです。
利害関係で生きているのですから、当然ですよね。
弱い動物が食われる自然の摂理に生きているだけの、
野性動物以下に成り下がったのが人間世界ですね・・・。
人間ならではの理性は全人口的に見て殆どが死んでいるようです。


516 :無責任な名無しさん:2005/12/20(火) 22:56:00 ID:Hz4aurlX
あんまり盛り上がらないみたいだけど
世間的にもそんなに需要ないのかねぇ・・・

俺は『死ぬ権利』欲しいぞ
ある程度時が経ち、やりたいこともやりおえ
自分が死にたいと思ったときに死ねたら
どんなに幸せかと思うよ

517 :無責任な名無しさん:2005/12/21(水) 14:24:24 ID:BtDgHKD9
今ある自由は個人的に意志を決定できるだけで、死に方の
自由化が情報レベルでもされていない、対策を講じる法律
の必要性を政治家が考慮しないから法律作りようがない。

マスコミで大々的に自殺の法制化についてやれば視聴率
取れるよ。昨日だか、一昨日の自殺未遂者のNHKの報道なんか
だからどうするんだ?で終わってしまう低レベル…
 
死んでも生きても好きな方を選択できる法的権利として
選択権が無い事に、これだけ多くの日本人が毎年自殺し
ている国だというのに、政治家が取り組まないのは日本
の恥だし、政治家の倫理的意識に鈍さによる落ち度だよ。

518 :無責任な名無しさん:2005/12/24(土) 03:56:13 ID:Jrov92LI
「命」が何よりも尊いのです。
「生きている」ことが何よりも素晴らしいことです。
それがどんな状態か、状況下か、などは関係のないことです。

519 :無責任な名無しさん:2005/12/24(土) 15:43:05 ID:Q6Z7K6mm
安楽死が合法化されても518が安楽死の権利を放棄すればいいだけの話だわな。
どんな状態か、状況下か、などは関係のないことですよ。

520 :無責任な名無しさん:2005/12/24(土) 15:59:20 ID:MYhLSGTl
安楽死を制度化するには、医師会の審査をへて死刑と同じように関係省庁の長の許可をもらうようにするといいかもしれないな。

521 :無責任な名無しさん:2005/12/24(土) 17:43:12 ID:3qm1d4Rr
医師会の審査って何の審査を期待しての発言?

522 :無責任な名無しさん:2005/12/24(土) 17:50:38 ID:MYhLSGTl
>>521

安楽死制度が安易な自殺や他殺に用いられる事への歯止め。

523 :無責任な名無しさん:2005/12/25(日) 17:35:14 ID:GIMA41AZ
医師会って事は、何人もの精神科医に見てもらうとかいうこと?

524 :無責任な名無しさん:2005/12/25(日) 19:17:00 ID:f4RTXE1x
だから、この患者は本当に安楽死を適用できる要件を満たしていますよ、という病院外部の組織による確認。

525 :無責任な名無しさん:2005/12/25(日) 20:02:56 ID:hCdDR0to
病気で安楽死するのと、自殺で安楽死するのでは全く別の話だが
その辺はどういう解釈してんの?

526 :無責任な名無しさん:2005/12/25(日) 20:39:55 ID:f4RTXE1x
>>525

病院というのは建物ではなくてシステムを指した言葉だったんだけどな。
安楽死を行う場合、患者は回復不能な重い病状にある事が前提にあるから、かかりつけの病院が必要になる。
病院の医師と確認組織の医師の立ち合いのもとであれば、自宅で行う事も可能だと思う。
また、安楽死は終末医療の一種であるから、費用には保険が適用される。

527 :無責任な名無しさん:2005/12/25(日) 23:51:29 ID:8QzJExLu
>>1とは別の話だね。

528 :無責任な名無しさん:2005/12/30(金) 21:19:49 ID:XTaRzvx8
恐ろしいほどの良スレ発見!



529 :無責任な名無しさん:2005/12/31(土) 01:02:14 ID:gc92IBgk
別に病気じゃなくても死ぬ権利は欲しい
というか必要じゃないか?

65歳ぐらいになって「あ〜いい人生だったな〜」と思えた頃に
自分の意思で死ねたら最高だな
その後に来る老後の心配もしなくていいしな

死ぬ権利が認められるよう → 老後の心配をしなくてもよくなる

という路線もありだと思う。

530 :粋狂ナイト ◆JyBKIMWTaU :2005/12/31(土) 11:38:44 ID:7/lHFfQg
>>483
> 今まさに、病院で不治の病で数ヶ月の命の人居ないの?そういう人が
>署名活動やれば安楽死合法化も夢じゃない、だれか当事者出てきて訴えればいいのに。

安楽死を必要とする当事者ってのは、自身で訴えることは出来ないような状況だから、
安楽死(他者の手を借りて死ぬこと)を必要としている訳なので、署名活動などでも
行われるとすれば、身近にいる身内か親友とかに安楽死について理解してもらった上、
周りの人に頼み、動いてもらうしかないだろうね。

でも、その当事者ってのが安楽死を必要としている状況ならば、それほど時間は無い
ことが予想出来るから、身近な人に理解してもらい、それから署名を行ったとしても
署名を集めている最中で、苦しみながら待ち、死期が訪れるだけだろうね。

署名活動やれば、安楽死の合法化が出来る訳ではないと考えます。その行為が無意味
ではありませんが、署名活動はその範囲や有利性が限られるもので、市町村などでは
その市町村に関する署名活動を地元で行うことで、有利性があると思いますが、問題
が合法化となれば、日本全国に及ぼす影響からも、一部の地域で集める程度では数に
どうしても限りはありますし、逆に言えば、署名の数が少ないと、理解が少ないとの
解釈も成り立つので、日本全国に影響のある合法化に、一部の地域の署名の数だけで
少ないと捉えられ、消極的に考えられてしまうのも忍びないですね。

署名活動等で、有効性があるといえば、署名活動を通して少しでも多くの人に安楽死
について考えるきっかけを作ることと、議員などの代表者に理解を求めることに関し、
安楽死の合法化に働きかける実直な手段だと思います。

531 :粋狂ナイト ◆JyBKIMWTaU :2005/12/31(土) 11:39:40 ID:7/lHFfQg
しかしながら、民主主義の中で合法化を成立させるには、合議によって決定される事、
つまりは、過半数の可決を得られなくてはなりません。安楽死の問題は、ただでさえ
当事者と知り合う機会もなければ、その実態が延命の処置を中止することや、死期を
早める処置を行うことですから、倫理的に受け入れ難いとする考えは多いのも事実で、
一方で個人の生命の尊厳を認めたいという考えも持ち合わせていたとしても、手段が
他者の手を借りなければならないことから、当事者のことのみならず、家族や医師の
気持ちを考えるとさらに容認することに抵抗感が生まれます。当事者の意思の尊重を
必要するのと同時に、その周りの人にも等しく尊重を必要とする事から、ジレンマに
陥ってしまい、思慮も滞ることでしょう。

そしてさらに、安楽死を自殺と同一視されてしまうと否定的概念が強まる要因であり、
これについては>>1の内容からして、このスレでの安楽死が自殺を楽にする方向でも
捉えられてしまっている原因であると考えます。

あちしは、安楽死を単に自殺の手段としてではなく、当事者の主観のみならず客観的
な観点からも。死以外に選択の余地のないような 絶望的極地にある者の、そのか細く
尽きようとする真摯な願いに、たとえあちしの心がその死を受け入れることに激しく
悲しむ結果になるとしても、それをそいつの為に受け入れて生きる事を受忍すべきと
認めるものであり、勝手に死にたいというわがままを受け入れることではないよ。

なんか"蜘蛛の糸"を思い出すねぇ
自殺したいと思う程度の精神的な苦痛は、絶え間なく続く肉体的苦痛とは比べるにも
程があるよね。自殺したいと考えるなら精神科を頼ってよ。道があるなら誰かの道を
奪う必要までは無いと思うけどね。論理性のある他者の意見まだぁ?とか思いながら
自殺志願者も誰かの意思を受け入れる前置きに参加してみない?とお誘いするテス

532 :無責任な名無しさん:2006/01/02(月) 02:00:42 ID:v8OmPE5+
>>531
>そしてさらに、安楽死を自殺と同一視されてしまうと否定的概念が強まる要因であり、
>これについては>>1の内容からして、このスレでの安楽死が自殺を楽にする方向でも
>捉えられてしまっている原因であると考えます。

安楽死は意志の上では自殺であり、否定的概念を他者が持とうが持つまいが事実
自分で死を決断する事を自殺と表現する事は否定できないだろう。
さらに>>1の内容は最初から自殺の安楽死について合法化しようという主旨だ。
読解力が無さ過ぎる…


533 :無責任な名無しさん:2006/01/02(月) 02:18:27 ID:v8OmPE5+
ところで、粋狂ナイト ◆JyBKIMWTaU って、他人の精神的な苦しみを客観的に
理解できるとマジで思っての?


534 :無責任な名無しさん:2006/01/06(金) 16:32:53 ID:rg3tk7Hn
安楽死議論のポイントは、病気の自然経過を選択する権利が、
患者にあるかどうかってこと。今の日本の患者にこの権利はない。

一旦治療を始めれば、自然経過に戻すこと(消極的安楽死)は
日本では今のところ違法である。(実際にはやられてるけど)

「自然経過に任せる権利」ってのは、
アメリカなど、いくつかの国で認められている。

自然経過より病状を悪化させること(自殺、積極的安楽死を含む)が、
できるのはオランダだけ。





535 :無責任な名無しさん:2006/01/06(金) 17:03:05 ID:rg3tk7Hn
キーワードは、

      「自然経過」


この言葉を欠いた議論は無意味。



536 :無責任な名無しさん:2006/01/06(金) 17:07:53 ID:jbto5vv5
寿命は伸ばしてもいいのか?

537 :無責任な名無しさん:2006/01/14(土) 22:51:04 ID:AByPhF5E
脳死は人の死か否かなんてやってる連中に安楽死なんて議論できるはず無し。

538 :無責任な名無しさん:2006/01/27(金) 00:08:43 ID:nC7pc21R
粋狂ナイト ◆JyBKIMWTaU 読む気もしない。
コテハンは消滅しろ、いらねー

539 :無責任な名無しさん:2006/01/27(金) 00:11:05 ID:nC7pc21R
いんやーそれにしても死ぬ権利は人間なんだし必須だ必須。
おーい生きていたくなくなっても生きなきゃなんないから
社会問題って起こるんだよな。
自分の人生が嫌で楽ーにやめられれば、別に犯罪おかして
拘束されるような馬鹿は精神病ぐらいしかいないし。
どう?

540 :無責任な名無しさん:2006/02/02(木) 17:38:40 ID:mMnzevaa
こちらの方が盛り上がってます

安楽死施設を実現させよう
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/mental/1134791653/l50

541 :無責任な名無しさん:2006/04/08(土) 16:46:59 ID:2I4IpoyD
↑のスレは終了したね。

自殺希望者の安楽死はともかく、助かる見込みのない患者が希望するなら
安楽死合法化されるといいね。
そうやって社会が人の死に方に関わってくる土壌を作らないと弱者が可哀想
だと思う。

542 :無責任な名無しさん:2006/04/09(日) 13:05:06 ID:iOUPwFrg
自殺希望者の安楽死を合法にするのは無理。
現状の死刑は首吊りだけど、アメリカの一部の州みたいに
麻酔→塩化カリウムの薬殺刑にする運動をしたらどうだろうか?
絞首刑が人道的な手段かどうかが争われた過去もある事だし。

これは、福本伸行の漫画でアカギが使用した
ケボーキアン博士の自殺装置「メルシトロン」と同じ方法だ。
そして矯正不可能と思われる再犯者は、臓器の提供等を条件に
本人の希望で死刑を選択できるようにすればいい。
刑務所の維持費もバカにならない。


543 :無責任な名無しさん:2006/04/12(水) 20:14:29 ID:rwfK+cdU
>>542
それで死にたくなったら人殺しして安楽死させてもらったらどうかとか、そういう話?

544 :無責任な名無しさん:2006/04/22(土) 14:04:35 ID:HUdXwgy2
死にたい者の安楽死は賛成。例え命より大切なものは無いという意見があってもだ。
漏れは鬱で、4年間通院してるので、医療費だってバカにならない。
今後、団塊の世代が老人へと化していく時代になるので、医療費の国家負担は莫大なものに
なるだろう。ならば、安楽死を合法化して、死にたい奴は死ねばいい。
命はかけがえのないものだと声高に叫んでいる奴は、本当の心の苦しみを知らない。知らなすぎる。
青木が原樹海の辺りに安楽死センターを造ればどうなんだ?
こんな小さな島国に、ただでさえ1億3000万人以上も暮らしていることが異常なんだよ。自殺者を増やして
人口減を図れば、もう少し暮らしやすくなる。

545 :ぁぃ:2006/04/22(土) 19:31:53 ID:ipcWPOon
安楽死認めたら楽に死にたいって思ってた人が今生きてて良かったと思ってる事も無くなってる。死にたいと思うのが一時の感情に過ぎないかもしれないのに楽に死ねるならって皆安楽死を選ぶ…。

546 :無責任な名無しさん:2006/04/27(木) 00:59:12 ID:0VNlWvt6
ところで、オランダの安楽死法では精神的苦痛も安楽死の要因になるみたいだけど、
具体的にはどの程度のレベルなら認められるか分かる人いる?
例えば、
「自分は20数年生きてきたが、生まれてからこのかた、まともに人間関係を築けたことはない。
そんな自分はまともに社会生活を送るなど不可能なので死なせてほしい。」
と、抽象的になりすぎてしまったが、こういった理由なら認められるだろうか。

547 :無責任な名無しさん:2006/05/03(水) 03:17:37 ID:fdXMjUfR
えっとね、交通事故で息子を無くした、母親が生きている価値が人生にはない
と訴えて認められたと思うよ。
精神科にも通ったけど、その虚しさ、精神的苦悩は治らなかったんだろうね。
546さんの訴えも、オランダのように合法化された安楽死が社会的に定着して
くればだんだん認められるようになるという例だと思う。

548 :無責任な名無しさん:2006/05/03(水) 22:12:55 ID:YFILnk1r
ttp://game9.2ch.net/test/read.cgi/gamerpg/1105107574/l50
673 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2006/04/26(水) 12:57:26 ID:746DYoUv
オランダでは、癒しがたい精神的・社会的苦痛があれば、国が安楽死させてくれるみたいだな。
ニートの俺もオランダ人として生まれたかったorz オランダよ、安楽死法の門戸を他の国の人間にも開いてはくれないか。
674 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2006/04/26(水) 23:23:25 ID:gnXrqTdT
ニートにもなれないやつはやる手段だろ。
ホームレスになっても生きているやつはいるし。
勝手なこと言うんじゃないよ。
675 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2006/04/26(水) 23:27:37 ID:ZWgQACIt
まあその程度の単なる甘えた奴を合法死させてくれる訳はないよ。
新着レス 2006/05/03(水) 00:54
676 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2006/04/27(木) 18:18:41 ID:OFPgclju
むしろ死ねばいいと思う

とあるスレでこの様なやり取りを見かけた。この>>674-676は精神病患者の痛みなぞ理科できない連中だな。
ま、その方が人生幸せなのは事実だよな。それはつまり、自身が精神病と縁がないということだから。

549 :無責任な名無しさん:2006/05/07(日) 17:40:54 ID:oaEgUA+I
生かさず殺さず...。

550 :無責任な名無しさん:2006/05/15(月) 07:42:17 ID:YsYOIhko
大人しく税金払うような奴らが次々と安楽死するようになると税収が減るしな。
とりあえず、死なれると困るんだよ。

551 :無責任な名無しさん:2006/05/15(月) 23:15:18 ID:1s2UfL7W
しかし、税金払えないようなニートを始めとした駄目人間に生き残ってもらうのも、迷惑ではないか?

552 :無責任な名無しさん:2006/05/15(月) 23:55:43 ID:fbb1IVN1
容姿が悪かったり、性別が気に食わなかった場合にも安楽死を認めるべきだと思う。
すぐ「整形しろ」とかいうけどうまくいく奴なんて半分くらいで、あとは泣き寝入り。
だいたい高額だしつまらない苦労ばかりで嫌になる。

まあ自分は生き残るつもりもないし、どの道勝手に逝くけど。



553 :無責任な名無しさん:2006/05/17(水) 15:12:00 ID:PwH5Srss
>>550
禿しく同意。
結局国は底辺の人間を理不尽な環境で働かせることで成り立ってるしな。
>>24にある通り、この国は(つーかどこの国も)
底辺に死なれるとしわ寄せが来るからお偉いさんは困るわけなんだよな。
>>551現段階で人数的に、素直に働く奴隷>>>>>>ニート、ダメ人間
だから、少数のニートが税金払わなかろうと全然問題なし。
奴隷には死ぬ権利すらない。あるのは苦しい世界を生きさせられる義務だけ。

554 :無責任な名無しさん:2006/05/18(木) 14:29:15 ID:xMfvSGni
では実際に安楽死法があるオランダ・ベルギーの社会状況はどうなっているのだろうか?
俺もその手の考察サイトや書籍を探そうとしたが、見つからなかったがorz

555 :無責任な名無しさん:2006/05/20(土) 01:03:51 ID:F9c/Qc3a
ひきとかニートとか、心神錯乱ではないメンタル患者とか、
人生に価値を見出せなくなった人たちに 死ぬ権利法制化基金を募って、
集めたお金で国を告訴したらどうだろう。

国は政府として、人の欲望を利用し経済で安定した秩序
を保てると踏んで、国民に労働の義務を設けているが、政府は赤字国債
を生んだため経済競争が加速したため、多くの人が人間として社会に不適応
を起こし、社会参加する意欲を奪われるほど、国民の精神衛生面に重大な
ストレスをもたらした。

結果、ひきこもりやニート、ホームレス、自殺者が続出したのは 国の責任であり、
社会に適応できないまま人間の尊厳を尊重できぬまま、生きていかなければ
ならない権利を放棄し、死ぬ権利を国に要求する。

国は法的に自殺を自由化し、善良な成人個人には生と死を選択する権限を
与え、経済界にコレを解禁し、何人も国に強制されぬ自由を与えるべきである。
と言う主旨でどうだろう?

556 :無責任な名無しさん:2006/05/20(土) 01:05:36 ID:F9c/Qc3a
555です。他スレで書き込んだものの、反応があまりないので
こちらの議題にしてもらえたらと。。。

557 :無責任な名無しさん:2006/05/20(土) 01:47:55 ID:F9c/Qc3a
>>554
オランダはホームドクターがついていて子供の頃から成人した後まで
親密にそのドクターと人間的なつながりをもっているそう。
医者が親身になって患者の苦しみを癒したいという状況に陥り、自殺
の幇助が始まり、お国柄としてもホームレスが存在しないほど福祉に
力を入れている倫理観の高い人たちだから、法的に医者による自殺の
幇助が認められるようになっていったそうですよ。うろ覚えですが。

558 :無責任な名無しさん:2006/05/20(土) 03:10:57 ID:PTFasxRm
>>553
合法化されたら日本はまともに生まれ変わると思うので賛成。

今の日本が感情的に平和や幸せや豊かだと思っていないから、感情的に、>>24
が賛成しているように、欲深さを控え国が破産宣告し、身の丈に合った穏やかな生活をすることがこれからの日本に求められる社会だと思う。

例えば、稼ぎ頭云々より、養育義務がある親や、借金を抱えた者、犯罪者は
もちろん安楽死する権利を得る条件に満たないと倫理的な条項がつくだろうし
国が安楽死者を認めるという事は、同世帯で収入がひとつの場合、例えば主婦
で無職なら、ワークシェアリングをしてでもサポートすればいいだろう。

国力が衰退しても、命の重みではなく、人を重んじる社会になり、
国土に見合った人口で、オランダのように自律した真に国力のある国に
なるというもの。


559 :無責任な名無しさん:2006/05/21(日) 09:53:47 ID:xKKF8d3+
ここはオランダマンセーな人が多いインターネットですね。ま、俺もだけどw

560 :無責任な名無しさん:2006/05/22(月) 11:26:08 ID:9zrZl7IF
オランダは見本国

561 :無責任な名無しさん:2006/05/22(月) 23:19:55 ID:fWvsr0Cf
安楽死合法化運動しようって人はいないんですかー?

562 :無責任な名無しさん:2006/05/23(火) 22:33:31 ID:y2yRVMs2
梵も合法だしな〜

563 :無責任な名無しさん:2006/05/26(金) 11:38:26 ID:sLs8n9Sd
自殺は迷惑かけるけど、犯罪ではないから自殺したい人が安楽に死ねて
自殺される人に予め有意義に死ぬことを伝えて、話し合いをしてみても
生きたくないという結論に達した場合、

自殺するに当たって、他者や社会に実質的な損害を与えるのは
法的な制度がない無法地帯が原因で起こる予防可能な問題な訳で、
死にたい人に安楽に死ねる制度を設ける事は、
人権を尊重している政府ができる唯一の公共の福祉でしょ。

もちろん死にたがる人がいる国民って問題なんだけど、個人としては
死ねば問題なくなるわけだし、国に問題を受け止める制度がないのは
国民の幸福な生活を保障している憲法に矛盾している。

国として安楽に死ぬ制度を利用したがる人に見合う対策がないなら、
せめて、制度だけは作り上げる役目が政府にはある。


564 :無責任な名無しさん:2006/05/27(土) 00:39:51 ID:5vUGHr/w
【密告制度】来月から本格的ネット規制開始【意見公募するも全て無視】
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1148377393/l50

こんなもんができたら、このスレとかメンヘル板の自殺関連の存続が危うくなるな。
さらに生苦しくて息苦しい世の中にしてどうする。

565 :無責任な名無しさん:2006/05/31(水) 22:40:12 ID:mnErQJzT
本サイトの趣旨に賛成です、国は新たに「自殺防止対策法」を審議しているようですが、福祉予算の削減により増加する生活困窮者
に対する救済はむしろ減退しているのが現状で、「死ぬことは許さない、けど援助はできない」これでは生き地獄の末惨めに野たれ

死ねと言っているようなもので、これに長生き至上論者が政府の後押しをする結果となり彼らの苦しみをより長引かせていると思
います。もちろん国にも予算があり、無い袖は振れないわけで、理想論だけでは立ちいかないことも理解できます、だからこそ実

効性のある現実的な対応こそが真の救済になると思います、長年培われてきた「いかに長く生きるか」という概念は時として人間
の誇りと尊厳を奪い、苦痛をあたえ続ずける結果になることもあり、長さより「質」に重点をおいた人生を認めてもよいのではな
いでしょうか?



566 :無責任な名無しさん:2006/06/01(木) 02:22:22 ID:UtRAiCdg
>>565
そうですね。自殺したい人間の希望をないがしろにした、防止対策は
はっきりいって人権侵害でしょう。政府が一方的に防止するべき対象
にしていいのは、犯罪だけ。
自殺は犯罪ではないのだから防止対策を権力にまかせて行うのは憲法
の平等に反する行為だと思います。


567 :無責任な名無しさん:2006/06/01(木) 07:14:31 ID:9r7cqJog
思ったんだけどさ・・・。
いっそのこと、自殺や自殺未遂は、死刑にすればいいんじゃね?

568 :無責任な名無しさん:2006/06/01(木) 14:50:00 ID:XNF46Bp+
なんで?

569 :無責任な名無しさん:2006/06/02(金) 00:32:23 ID:qVN+z2bQ
比較的楽な自殺方法Part9
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/mental/1144064130/l50
【募集禁止】練炭自殺12【雑談ご法度】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1136173853/l50
【練炭自殺総合3】練炭自殺総合3【練炭自殺総合3】
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/dame/1143411968/l50
そうか!練炭焚いて一酸化炭素中毒氏だ。 part25
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/mental/1144388056/l50
自殺します
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1148810607/l50
【自殺】死にたいです【願望】15
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1147610339/l50
もう自殺しか道が残されてない人 2人目
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/dame/1147176406/l50
☆自殺したら地獄に行くというのは無知蒙昧2☆
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1148665740/l50
【わいわい】自殺仲間募集スレについて Part2【がやがや】
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/operate/1135477655/l50

570 :無責任な名無しさん:2006/06/04(日) 22:05:16 ID:uaTYtqW8
安楽死法の制定については賛成なんだけど、

高齢者で安楽死を選ばない人への差別が生まれそうで怖い
要介護状態になっても安楽死はイヤだって人いるだろうし、
いてもおかしくないと思うし
そういう人が周囲から「なんで安楽死選ばないんだよー迷惑なんだよー」
とかプレッシャー受けて苦しみそうじゃない?

571 :無責任な名無しさん:2006/06/04(日) 23:23:50 ID:pNQ7xoMB
>>570
迷惑かけられていると要介護者が思われるのは場合によっては仕方がない事ですよね。
実際、自分で自分の面倒を見られなくなり、経済的負担をかけたり、精神的、肉体的な
不自由分を家族や、他者に依存しなければ生きていかれない訳ですから・・・。

そうなった時、それに耐えても、命そのものに尊厳を見出すならプレッシャーに
打ち勝とうとする気概がそのヒトの生きがいになるんじゃないでしょうかね。

死を望まれてしまうほど他者に負担をかける事が良いか悪いかは本人が判断
することで、そのことによって苦しんだとき、安楽死を選択できる自由が保障
された国の方が人間社会としては高貴だと思いますね。

つまり、安楽死が合法化されていようといまいと、そういう迷惑がる家族を
持っている人は要介護状態になった時、どの道、大切に扱われる保障はないのです。

ただ、介護され、家族に煙たがれながら、それでも生きていたい人は安楽死が合法化
された場合、家族を脅迫で訴える事をもできる訳です。

そうなれば、特養老親ホームで引き取るといった福祉制度によって生活が保障される
利点もあると思います。

572 :無責任な名無しさん:2006/06/05(月) 14:43:02 ID:ST3I2e5y
人間が自殺したがるのって、結局は外圧に耐えられなくなった時と自分で自分の人生が肉体的にも精神的にもままならなくなった時だから、そういう場面でこそ安楽死が合法化されているメリットが浮き彫りになるん
じゃないかな自尊心もって自らの人生の決着を付け、社会的援助の下、安楽に死ねる権利を選択できるってそういう事だと思う。要介護者だろうが、経済苦だろうが、病苦だろうと、精神的苦悩でも原因はなんにしても。

573 :無責任な名無しさん:2006/06/05(月) 18:39:16 ID:e6tqi9gW
単純に自分が死にたいと思うときに死を選択しやすくしてほしいな

アカギみたいに死ねる人は少ない

574 :無責任な名無しさん:2006/06/10(土) 03:10:17 ID:qnNC+69H
法律の改正ってどうやってするものなんだろうか・・・

575 :無責任な名無しさん:2006/06/12(月) 12:29:14 ID:KvSdP8rg
安楽死だけ訴えても難しいから、
安楽死の後臓器提供で行きたい人をいかせられるという利点も一緒に
いうのがいいのかと。

そして死ぬというのが脅威みたいなので、死んだら遺体の頭部のみを
保存したらいい。 今は火葬で灰にしてしまうけど、冷凍保存しておくわけだ。

未来の技術で生き返る可能性があるんで。

安楽死→臓器提供→頭部は冷凍保存でみらいに生き返る  と言う形がいい。

>>570
そういうプレッシャーと安楽死できないプレッシャーをかんがえると、できない人の
方が上。 プレッシャー受けないような方法があれば考え出すしかない。

576 :無責任な名無しさん:2006/06/12(月) 17:51:20 ID:xMV4Hmgx
臓器提供は良いけど、頭部冷凍保存は個別でやりたきゃそういう
施設探すしかないんじゃない?
どっちにしても、法的には自殺の他者介入について合法化するためには
どういう理論が有効なのかが問題。

577 :無責任な名無しさん:2006/06/13(火) 02:41:04 ID:LokcHbF+
末期の病苦に経済的理由で、苦しみながら生かされ続ける人、
色々な事情で、今や100万人超えるニート、引篭もりや、高齢化社会で
ますます増えるだろう孤独に生かされている人生に耐えられなくなる
老人等、近い将来に不安を抱えているだろう人・・・年間3万人
どころか、苦悩に満ちた生を拒否する価値観の人達がこの先ますます
増える事は確実に予想される。

生きている苦痛や苦悩に、本人の意志で自殺をする事を許されているだけの現状を
を見直して、法整備された制度の下、安らかな尊厳をもって、死に方を尊重される
最期の選択肢に需要が出て来るのは間違いないと思う。

基本的人権を満たされていない人の自殺する意志の尊厳を、国が尊重して
他の何人の基本的人権の尊重にも違反しない人には、医療機関との
相互扶助等によって、安楽死する権利を与える法制度化の実現に向けて
肯定的な人が居ないものだろうか・・・




578 :無責任な名無しさん:2006/06/13(火) 08:45:25 ID:px8TT0nJ
また893に悪用されそうな制度案を考えたねー。みなさん。

いつかあなたがたがその制度で自殺に追い込まれないようにね

安楽死?おー嫌だ嫌だ。



579 :無責任な名無しさん:2006/06/13(火) 12:31:55 ID:ZoQsiNSa
どうしたら893に悪用され、自殺においこまれるんじゃまいか?
という結論に達するんだろう・・・借金抱えて現に脅しまがいの取り立て
をされるような生活をしているとか?
なんかしら893さんににらまれるような生活をしているとそういう発想
になるのでしょうか???
一般人は893さんと接点がまるきりないので、安楽死と893が
繋がらないんですよ。
寧ろ安楽死から終末医療とか、がん患者とか自殺志願者とか。
真っ当に生きていないとどんな制度でも悪用されるのは世の常なんじゃない
でしょうか?

580 :無責任な名無しさん:2006/06/13(火) 15:59:35 ID:aIqs3tBy
今の法律では経済的ゆとりがない弱者は苦痛の緩和ケアを受けられる筈もなく、
延命の為に医療行為を行われる事に従うか、延命処置を取られぬよう、
苦しくても我慢して一人で最期を向かえるかしかない。
そうなると、最後は精神的にも肉体的にも、その人が望む尊厳を持った死
に方は到底望めない。

安楽に死にたい望みを叶えられる患者も、家族も現状の法的では有り得
無い状況、こういう何の手立ても選択肢もない法律の不備に有意義な法を
国民が進んで国に申請していくべきだと思う。
本人の意識がある間に安楽に死ねる死に方を選択できる制度が望まれる。

581 :無責任な名無しさん:2006/06/14(水) 12:59:00 ID:UBh7f+4j
>>576
安楽死合法化→人をコロスんですか??→いやいや、安楽死合法化
すると臓器提供がなされて、同時に生きる人が増えるから死ぬ人生きる人が
プラスマイナスゼロになるので、同じ。どのみち3万人毎年死んでいるし
そして、死んでも頭部を凍結しておくから、未来で生き返る可能性もあるので
厳密には、ころしているにはならない


こんな感じ

582 :無責任な名無しさん:2006/06/14(水) 16:24:23 ID:5OM50v/i
>>581
憲法や法律との兼ね合い上無理があるんだろうけど
人と人間の概念が同列に扱われていて、面白い理屈ですね。

583 :無責任な名無しさん:2006/06/21(水) 23:30:05 ID:gua4duJK
安楽死サービス業自由化する法案作ろうよ〜

584 :無責任な名無しさん:2006/06/22(木) 00:14:26 ID:IZK0SodE
>>1 自殺志願者の死に伴う苦痛=肉体的な苦痛…だけだったら自殺者はもっと増えるだろう。
愛する者達との別れ…そして それを「受け入れざる事しか許されない…」悲しみや痛みを取り払わなければ 安楽死とは言えない。

安楽死合法化!死ぬ権利!など考える前に幸せにしてあげれる権利 幸せになる権利を合法化して下さい。


585 :無責任な名無しさん:2006/06/22(木) 11:38:07 ID:/trXucDJ
だから、生きている人間は誰でも悲しみや痛みを伴うんだから
死なれて悲しければ取り払えるだろ、安楽死合法化されてれば
死にたくない奴こそ、痛みや悲しみを乗り越えればいいと思うよ
幸せになる権利なんて、人それぞれ幸せの価値観が違うんだから
自分で創造していくしかない事。

586 :無責任な名無しさん:2006/06/22(木) 18:48:02 ID:IZK0SodE
安楽死じゃなくて 【肉体的無痛死】にすれば良い

587 :無責任な名無しさん:2006/06/29(木) 00:10:35 ID:vUp+lLTT
アカギみたいな死を選択出来たらそれが幸せだよ>>584

588 :無責任な名無しさん:2006/07/02(日) 22:11:15 ID:3BSGzcXh
患者に致死薬を投与・注射、ないし処方を出す医者はどうなるんだ?
安楽死を法案化するには実際に処置した人間をどう社会的・法的に無罪にするか
という側面が不可欠。

>1
現在の日本尊厳死協会の成り立ちを考えれば
そんなことおくびにも出せんと思うんだがどうだろうか。

589 :無責任な名無しさん:2006/07/03(月) 07:35:59 ID:7yd0coGp
>>588
法律変えてむざいにすればOK

590 :無責任な名無しさん:2006/07/03(月) 08:23:32 ID:freZT9DY
>>588 いつからメンヘラの馬鹿どもがきてるんだ?ここが何板か分かってないんだろうな。

591 :無責任な名無しさん:2006/07/03(月) 22:39:50 ID:17gG3BLr
分かってたら薬なんて飲んでないだろ。

592 :無責任な名無しさん:2006/07/06(木) 05:39:44 ID:via4jxyq
>>588
もちろん無罪でしょう。いやなら、薬を投薬するアルバイトを雇うのもOK
にすればいいでしょうし。

593 :無責任な名無しさん:2006/07/07(金) 21:20:01 ID:fxqfL66p
メンヘル板に行ってみてください。
いつの日か実現されることを願っています。


594 :無責任な名無しさん:2006/07/07(金) 21:36:01 ID:fxqfL66p
馬や犬猫などの家畜が安楽死させてもらえるのに
人間だけができないのはおかしい。逆差別

595 :無責任な名無しさん:2006/07/08(土) 22:23:56 ID:gACfS16p
           _,,..,,,,_   
          ./ ,' 3 `ヽーっ
          l   ⊃ ⌒_つ
           `'ー---‐'''''"


596 :無責任な名無しさん:2006/07/08(土) 23:34:33 ID:QupOwj0j
◆日本はやり直しのきかない国◆
・年齢差別を国が認めているため倒産、リストラにあうとやり直しが難しく
 失業給付期間が異常に短くおおむね3〜6ヶ月なので(外国の場合は2、3年)
 なかなか次の仕事が見つからず借金地獄に陥りやすい。
・長時間労働、サービス残業などが横行しこれを摘発してもなぜか罰則を適用
 しないという企業に甘い社会。よって過労死、ノイローゼ者が続出。
・仕事を持たないとアパートが借りられない、しかし住所がないと仕事を
 得られない。さらに保証人が必要で敷金、礼金と不条理なものがまかり
 通っているので一度ホームレスになると復帰は困難。
・一極集中なので不況になればなるほど仕事を求めて都会に人が出て来る
 ので地価が下がっても需要があるので家賃が下がらない --> 生活苦
一度落ちると這い上がることは至難のワザ
*****************************
どんな生き物も「自らが生きるための社会構造」を作っているのに
この国の構造は、人間にもっとも向いていない。
「生きるな生きるな」と言い続けているような社会
*****************************



597 :無責任な名無しさん:2006/07/29(土) 12:48:00 ID:eUfbCyDi
あげ

598 :無責任な名無しさん:2006/07/29(土) 18:13:06 ID:ZViiPo8V
http://i.i2ch.net/z/-/E6/E7IBo/643

599 :無責任な名無しさん:2006/08/24(木) 10:07:16 ID:BHc1p9Zh
安楽死を合法化したら、安い賃金で働く労働者がいなくなって、
日本経済が悪化するというのは、確実なのでしょうか?

600 :無責任な名無しさん:2006/08/26(土) 16:40:49 ID:W7hqcXH/
>>599

移民を受け入れれば問題なし

601 :599:2006/08/27(日) 15:18:04 ID:PeFVPFcF
>>600
600さん、レスありがとう。

602 :無責任な名無しさん:2006/08/27(日) 18:28:22 ID:XoMabjhx
安楽死か・・・
合法化したとして医者は実行できるのかな

603 :無責任な名無しさん:2006/08/27(日) 21:34:32 ID:Sf6sNOBd
>>602

医師がやらなくてもいいんじゃないの?医療行為じゃないわけだし。
法律を改正して安楽死執行人みたいな特別公務職を作ればいいと思う。

604 :無責任な名無しさん:2006/09/03(日) 00:38:15 ID:GUASxBFI
age

605 :無責任な名無しさん:2006/09/03(日) 11:24:01 ID:yW0T2eLc
安楽死は、どこのだれかいいかわるいか判断しているか知らないけど
検討会みたいなのがひらかれるなら、小さいところでこりかたまって会話だけ
しないで、掲示板をつくって全国の人間と一時的でもいいから議論をしてほしい
ところだけどね。 ITとかまったく有効活用されてないね

606 :無責任な名無しさん:2006/09/03(日) 23:57:42 ID:hTyVHn/3
大事な話は年寄りがやるからのう・・・

607 :史郎:2006/09/17(日) 02:12:11 ID:cHvDfgfj
首を吊って死のうと思っているんですが、
発見をされにくい場所としては、森のなかかなと思っているのですが、
それ以外にどういうところがあるでしょうか。
死体の処分など、できる限り世間に迷惑をでかけないで死ねる場所としては、どこがいいでしょうか?
富士山の樹海が有名ですが、そういうところがいいと思っています。


608 :無責任な名無しさん:2006/09/17(日) 06:50:51 ID:x8+L2ALq
>>607
山に穴掘って生き埋めになれ。
首吊りは処理する香具師が大変だ。

609 :無責任な名無しさん:2006/09/19(火) 10:45:57 ID:1D16dGOp
>>608

死体の処理には「特殊清掃」っていう専門家がいるから問題ない。

610 :無責任な名無しさん:2006/09/20(水) 00:54:15 ID:x5m5nUoM
その金は誰が払うんだよ。クズ。

611 :無責任な名無しさん:2006/09/20(水) 11:21:45 ID:Ms196i+9
>>610

5万、10万くらいでガタガタ言うなボケ。

612 :無責任な名無しさん:2006/09/20(水) 18:34:07 ID:x5m5nUoM
>>611
お前らみたいなクズが何万人いると思ってんだよ。ボケが。

613 :無責任な名無しさん:2006/09/21(木) 09:12:50 ID:NYGk5XTn
>>612
しかし、この法律は、日本の国家財政が今より悪化して、
国際的にも、先進国としての体面を保てなくなったような状態になった時、
生活保護や障害者年金の打ち切りorそれらの大幅幅削減と共に、同時に合法化されそうな気もするな。
保守派的な言論人の一部が、既に、言い出しているしな。(日経新聞で連載持っていた橘玲とか。)

働けなくて、税金納められない様な人間は、安楽死制度を使って、表面的に穏やかに退場してもらおうという訳だ。

そんな可能性の懸念の声が障害者から、既に挙がっている
働けなくて税金納められない障害者等は、
親にパラサイトせずに、安楽死制度で潔く死ぬのが、親孝行というものだ、
という価値観を広めようという言論運動が保守の間で盛り上がりそうだ。

今すぐ安楽死したい人には、面白くもなんともない話かもしれんが、
ニ十年後とかは、合法賛成派が運動なんか起こさずとも、
自然に為政者側で実行する状況といのが起こりそうに感じるよ。

そのような状況は、日本の貧困層が激増した時、起こりそうだ。
竹中元総務大臣は、公式サイトで「フリーターこそ安定した終身雇用」
という意見を出しているしな。「正社員という労働貴族を無くそう」という趣旨の事を言っているからな。
生涯フリーターなら、それは、貧困層というものだろう。

ttp://takenakaheizo.cocolog-nifty.com/mania/2005/10/post_c9e1.html

614 :無責任な名無しさん:2006/09/21(木) 21:31:52 ID:bTrQ1NvZ
> フリーター=「負け組」ではないとらえ方のヒントになりそうなのが、パソナ代表の南部靖之さんの日経新聞10月21日「ご異見拝聴」インタビューでの以下の発言。
> 「正社員が安定した雇用で一番常識的な働き方という考え方は、20年後にはひょっとしたら非常識になっているかもしれない」
> 「フリーターのような立場なら本当の意味で一生涯の終身雇用が可能だ。だから今は不安定といわれるフリーターが安定した働き方になる」

さすが人買い。
中途半端な規制緩和で暴利を貪る犯罪者。
本当の規制緩和を行えば生きていけない業界だ。

615 :無責任な名無しさん:2006/09/22(金) 10:02:04 ID:a3H5icjD
>>613
実際貧困に耐えながら生きていたい日本人ってあんまりいないと思うよ。
死んでもらおうって考えの政治家は甘いよね。
高齢化社会が進んで税収もなくなったら、現政治家が総辞職しろって
暴動になるんじゃない?
政治家が安楽死を権力によってなかば強制するなんて
考え方が法的に認められることは世界の倫理としてありえないと思うし。
倫理観が壊れた政治家ならニートに徴農なんて
甘っちょろい強制じゃなく、海外強制労働派遣とかやりそう
海外出稼ぎで日本に税を納められる担い手を作ろうとか言って。
散々経済援助してきた日本人を労働者として向かえて恩返しする諸外国って
変な構図が出来上がったりしないかな?
殺しちゃったら、労働価値なくなっちゃうもんね。


616 :無責任な名無しさん:2006/09/24(日) 19:45:48 ID:YZwxiCTF
a

617 :無責任な名無しさん:2006/09/29(金) 15:43:11 ID:/GvU5MyT
q

618 :無責任な名無しさん:2006/10/13(金) 18:21:23 ID:ptnP39Q1
なんかアンケートで自分が要介護状態になっらた、楽に死ねれば死にたいか?の問いに
約8割の人は「死にたい」と答えたそうだ、自然な感情だと思うなぁ

それでも生きたいと言う人まで殺せとは言わないけど、本人の意思が尊重されないほうが
おかしいんとちゃう?人間いずれは死ぬんだし、人生の価値は長さじゃなくて質だろ。

619 :無責任な名無しさん:2006/10/13(金) 23:30:13 ID:YWad0eT5
>>618
要介護者になっていない時点で
アンケートに答える人はいても
じゃあ今、要介護者のために
安楽死合法化運動の活動をしよう!
という人はいない。
安楽死ってそれを必要とする人
が活動できなくなってからの問題
だからね・・・
日本社会の場合、恥の文化もある事だし
これからも弱者は要介護者として恥入り
我慢して死んでいくだろう。

620 :無責任な名無しさん:2006/10/14(土) 00:12:24 ID:f6DLsygV
何がいいてんだぁ???

621 :無責任な名無しさん:2006/10/14(土) 00:14:18 ID:4t16pocJ
日本は安楽死の合法化は有り得ないだろうね

622 :無責任な名無しさん:2006/10/16(月) 19:19:15 ID:Zg/4s/4q
でもさ小泉医療改革で療養病床が次々閉鎖されて、患者が自宅に追い返されてるけど、当然
家族は世話しきれない、かといって特養は3年待ちが当たり前で行き場が無いという状況なわけで、
これは穿った見方をすれば安楽死容認の世論を作る前準備をしてるとも考えられるんじゃないか?

623 :無責任な名無しさん:2006/10/17(火) 02:55:47 ID:S5cVn8c9
別に自宅で死に際に家族が救急車呼ぶなり、会社から帰ったら死んでました
で救急車呼ぶだけのことでしょ。

624 :無責任な名無しさん:2006/10/17(火) 13:27:16 ID:bGTFF0uG
末期患者への大漁の薬消費から考えて安楽死法案はまずできない。
業界からの反発、圧力で終わり。

625 :無責任な名無しさん:2006/10/17(火) 13:33:59 ID:csK0RAcN
大量の薬は必要ないけどね、手術一回分の全身麻酔と塩化カリウムであぽーんだ

626 :無責任な名無しさん:2006/10/17(火) 21:54:20 ID:fCj0KbAb
安楽死の敵は医薬業界でFA?


627 :無責任な名無しさん:2006/10/18(水) 02:04:18 ID:jHiJ+X4H
なんでFAだと思うんだ?

628 :無責任な名無しさん:2006/10/18(水) 10:43:40 ID:zOAvzxlo
安楽死出来る国はないんですか?

629 :無責任な名無しさん:2006/10/19(木) 20:13:39 ID:5neKNfLJ
>>623

何年先に死ぬかなんて分からないだろ。寝たきりで10年くらい生きるかもしれないし
それともお前は自分の親の介護を平気で放棄できるのか?

630 :無責任な名無しさん:2006/10/19(木) 21:44:04 ID:zZBO4xlq
>>629
622は家族は世話しきれないっていってんだからしょうがないんじゃないの?


631 :無責任な名無しさん:2006/10/21(土) 13:54:43 ID:s3Wz4hnZ
家族に苦労かけたくない、介護されてまで生きたく無いって老人も沢山いる、選択の自由を与えろって言ってんだろ。

632 :無責任な名無しさん:2006/10/21(土) 14:52:05 ID:JZKw3zt6
介護するつもりがあっても、ストレスたまって暴力ふるってしまうとか悲劇の種はいくらでも転がってる。
我慢しろというのは酷な話だ、人間そんなに立派に出来てない。金がなければサービスも利用できない世の中だしねぇ。
死にたいのに死ねない世界で我慢させておいて、介護殺人や虐待が起こってしまってから犯罪者として社会的に制裁をくだせばいいやという単純なシステムが悲劇を生む。
理性が働いている間に、介護する人される人の間で、我慢の無理強い状態になる前に、経済的余裕の無い人には互いで話し合いをして、もう充分生きた、感謝しているという状態で安楽死を
受けられるようにしておかないのは大問題ですな。

633 :粋狂ナイト ◆JyBKIMWTaU :2006/10/22(日) 19:41:09 ID:o8sS8mmi ?2BP(0)
安楽死の合法化が可能かどうかについて。

死を選択する自由とは、憲法上で言えば、第13条の「個人としての尊重」と
「幸福追求権」、そして第19条の「思想の自由」を理由として、安らかに
死を迎える事が出来るようにしてほしいというものだと認識する。

「思想の自由」に関しては、死を自ら選択する事を考えたとしても、これが
侵されるという事は無いだろうが、要は実行する時に、その考えを受け入れて
欲しいという事であると思う。しかしながら、実行を請け負う側にも、同じ自由
が認められる訳だから、良心によりそれを拒絶する事が可能である。この事から
「思想の自由」を理由するのは無理だといえる。

「個人としての尊重」と「幸福追求権」によって、自分が死を選んだ事を認めて
もらい(個人としての尊重)、安らかな死を迎えたい(幸福追求権)ということ
が合法化を必要とする理由としているのだと思う。しかしながら、憲法13条には
公共の福祉に反しない限りという制約があるため、その者が死を迎える事により
他者の利益を損なったりする可能性がある場合は、認められない。

以上の事から、死を選択しようとする者に、何かしらの責任がある場合はそれを
果たせなくなる事により、他者が利益を損なう事が十分予想されるので、安楽死
の合法化においては、不治の病等、極めて先の無いような者にしか適応できる
範囲は無いといえる。

634 :粋狂ナイト ◆JyBKIMWTaU :2006/10/22(日) 19:44:14 ID:o8sS8mmi ?2BP(0)
なぜ、健常者のような者がその対象でないかといえば、子供や親といった扶養を
必要とする者がいる可能性がある為。死はその責任を果たせなくなる事が確実
であるから、病気等により扶養義務が果たせないような場合のみが、公共の福祉
に反しないとするのはともかく、働いたり出来るなら当然その責任も免れない。

例えば女性なら親がいるか、今まで出産していないか、現在妊娠していないか
など現時点での状態で、扶養の必要性が解るだろうが、男性では親がいるかは
すぐ解るが、子供がいるかについては、調べようが無い。妊娠させている女性
がいるかどうかを完全に把握する事は不可能である。合法化に至には女性のみ
という制限も、平等の観点から設けるのは難しい。

「安楽死の合法化」が可能であるかを考える上では、個人の恣意を放れてのみ、
その議論が可能だと思うが、そもそも、憲法13条を理由に自分を楽に死なせる
要望をかなえる事には繋がらない。なぜなら、その権利の中には生命が含まれ、
それが最大の尊重を必要としているからである。

以上の事から「安楽死の合法化」は、不治の病等限られた者にしか認める事は
出来ず、それ以外に死を望む者には、生きる事に対する経済的・精神的な援助
を行うのが憲法上の法意といえる。

もし、不治の病でもない者が安楽死を選択できるとするならば、その者が自分
の親に対して、その気持ちを述べて、親がそれを受け入れたときぐらいだろう。
親の気持ちを無視する者には、合法化という事を成す事は出来るはずも無い。

親に自分の気持ちを伝えられますかね? 親より他人の方が、あなたの考えを
受け入れてもらうのは難しいです。親にすら伝えられないなら無理ですかね。

635 :無責任な名無しさん:2006/10/22(日) 21:52:32 ID:pD04zx9T
親が死んでからで問題解決

636 :無責任な名無しさん:2006/10/23(月) 02:42:24 ID:NumSgENp
【命の重さ】どうなる日本の死刑制度 2【償い】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/court/1161081097/
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆
【◆G10zQMdncg(通称:死刑反対君)の更正・社会復帰へ】スレ
☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆
◆G10zQMdncg(反対君)の両親・家族の涙を笑顔に変える為に応援のレスをお願いします。
このままではいつか犯罪を起こします。
犯罪者脳から正常脳へ

637 :無責任な名無しさん:2006/10/23(月) 09:42:25 ID:uqV+BIF+
犯罪を起こす人は起こすんで、悪いけどかかわらないのが一番だよ
かかわる人間がいなければ、自殺するからほっとけ

638 :無責任な名無しさん:2006/10/23(月) 23:44:12 ID:kVi/DM+o
不治で末期の患者が人工呼吸器をはずす場合、
患者の明確が意思がなくても家族の同意のみで許す。
この考えに賛成ですか?反対ですか??


639 :無責任な名無しさん:2006/10/24(火) 16:29:21 ID:FXCZ9f9D
合法化って前提なら当然反対じゃない?意思がなくなるまえにリビンクウィル
していたなら許されていいと思うけど

640 :無責任な名無しさん:2006/10/28(土) 17:47:45 ID:k2tU0u8F
死ぬ事を決意した成人が憲法13条幸福追求権に安死術を見出し
行政に申請制度を設け、認可された人が安らかに死ぬ権利を行使する為に
ホスピスの医師に執行を依頼する事や、自分で執行する手段がない場合も、
そのための知的情報・技術・薬物等を得て、自ら行使執行死する為の
法制度の請願に賛同される方はどの程度いるでしょうか?


641 :無責任な名無しさん:2006/10/29(日) 14:35:07 ID:oLGmr947
人間自然に逆らって必至に利便性を追求し、生きがいを楽しみに見出してはいるけど
死ぬ時は自然に任せて苦しみながら死にたい馬鹿ばかりなり

642 :無責任な名無しさん:2006/10/30(月) 13:04:58 ID:jU2SrLyj
>>640のような活動をして法制化しない限り合法化はむりです。

643 :無責任な名無しさん:2006/11/07(火) 05:46:51 ID:zr/W7Acq
さっさと安楽死させろよ
もう辛いんだよ
たしかこの国って民主主義でしたよね?

644 :無責任な名無しさん:2006/11/08(水) 19:05:06 ID:BONpDmWW
↑気の毒になぁ、偽善者どもに苦しめられてるね、本人の意志を尊重してあげるのがホントの福祉でしょ?

645 :無責任な名無しさん:2006/11/09(木) 17:06:10 ID:hcVKhncc
ここで本人が死にたいと言っているからといって
果たしてそれは本当に本人の意思かどうかを議論する展開に入るわけだが
安楽死法を法制化することによって患者にどれくらいの圧力がかかるのか
家族からの圧力とかで死にたくなってくる患者もいるだろう

646 :無責任な名無しさん:2006/11/09(木) 19:51:02 ID:lhvUGmJB
↑偽善者の典型登場!あれこれ難癖つけて苦しむ人々の解放を阻む、他人の苦悩を理解せず、自己の視野狭窄で世間体の良い尊命論を振りかざす、口ばっかで何もしないくせに、外野で野次とばすクズ野郎!

647 :無責任な名無しさん:2006/11/10(金) 06:52:35 ID:fddrA/LY
当然の権利の追求にご協力下さい。

死ぬ権利法制化
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1148347902/-100

648 :無責任な名無しさん:2006/11/10(金) 15:00:01 ID:Zoc/6Erg
>>646 マジメにレスされるのが迷惑なら、この板には向いてませんので基地外板にお帰り下さい。

649 :無責任な名無しさん:2006/11/11(土) 02:03:59 ID:K34IUhTT
↑ふっ!おまいこそ

650 :冥界代理人:2006/11/13(月) 01:08:26 ID:VEZmxlgp
 こんばんは。はじめまして。自殺権の憲法上の根拠について二つ教えて下さい。
 そして、もうひとつ医者に死なせてもらう安楽死契約は公序良俗違反になりますか?

651 :無責任な名無しさん:2006/11/14(火) 18:45:52 ID:HXLbT+yP
t


652 :無責任な名無しさん:2006/11/15(水) 15:48:57 ID:ZNUz4YuF
f

653 :無責任な名無しさん:2006/11/26(日) 23:56:04 ID:IehdGfQo
安楽死合法化運動
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/welfare/1164459891/

654 :08:2006/12/13(水) 10:40:45 ID:Q3iZnZ7q
やっぱ、安楽死はみんなで話合うべきだと思う

655 :メメ:2006/12/13(水) 10:45:29 ID:Q3iZnZ7q
安楽死を望む人が増えてきているいま、私も安楽死を合法化するべきだと思う


656 :¥」:2006/12/13(水) 10:46:48 ID:Q3iZnZ7q
安楽死が増える前に、脳死や植物状態になった人を治す『医療』の発展が重要ではないか


657 :無責任な名無しさん :2006/12/13(水) 12:32:53 ID:DlPhn11u
安楽死は合法化されないと思うな。
支配者層の人間は低賃金で奴隷根性丸出しで働く人間が
いなくなると金と労働力を搾取していい生活できなくなるから

658 :無責任な名無しさん:2006/12/14(木) 20:10:44 ID:lEnaQISx
【速報】自民党内部に安楽死法案化の動き
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/neet4vip/1165838514/

659 :lどsj:2006/12/15(金) 10:22:17 ID:fFpZEe8D

なるほど〜



660 :無責任な名無しさん:2006/12/22(金) 12:27:05 ID:/2GlL9QX
>>657
低賃金で働かせたいなら売春合法化は必要でしょう。低収入で
女もゼロだときついけど女があるとかなり楽しく生活できるんでね

661 :無責任な名無しさん:2006/12/23(土) 08:04:38 ID:+574QVl0
>>654-657 巣に帰れ

662 :無責任な名無しさん:2006/12/26(火) 21:46:14 ID:hMYqcohU
自殺は私的な判断に任されているけど、人間関係に適応できなかったり
社会生活に適応できない立場の人達にとっては、自殺の原因は自分にあっても
その要因は社会的なものが殆どだと思う。
そこが終末期医療の安楽死と次元が違うところだよね。
終末期医療の患者は社会的というより、私的で個人的な体の問題だから客観的に
安楽死の対象として社会制度に導入されやすさがある。

いっぽう社会に要因の一部があるとなると共感が得にくい。同情もされにくい。
努力が足らないと見られがちだし、社会の役にも立たない連中は自殺したけりゃ
安楽死じゃなくて、勝手に惨めに自殺するのが適当という弱肉強食の
暗黙のルールがあるような。

成人以降も社会に適応できないなら、それはもう自分の責任なのは分かるけど
経済社会や子供の学校という社会は引き受けるか受けないかの私的な了承もなく
負う義務で、参加しなければ食っていけない、もしくはのちのち食っていけなく
なるからという事実が社会的にあるからで、社会制度としてある職業や義務教育
に席をおけないそれらの人たちにとって、社会的な立場というものは無いと
言ってもいいぐらいだ。
そんな社会的責任、適応力もない人が、私的に自殺をしなければならない責任はあるんだろうか?
そう考えると、やはり公の役割として、安楽に人間らしく死ねる社会制度導入の合法性があると
思うし、倫理面からも人権として必然的なものではないかと思う。

663 :無責任な名無しさん:2006/12/27(水) 10:12:09 ID:t+xnwRMR
韓国政府に、衛生管理政策を通した事実上の犬肉売買合法化を中止するよう、あなたの請願を送って下さい!
http://www.all-creatures.org/ha/kaps.html


664 :無責任な名無しさん:2007/01/05(金) 19:59:21 ID:KsDEv9WG
>>636は死ぬ

665 :無責任な名無しさん:2007/01/15(月) 01:52:38 ID:ID3cQQ3x
「今日はどうなされました?」

「安楽死したいんですが」

「先払いで保険がききませんが、それでもよろしいですか?」

「はい、お願いします」

「××××円になります」

「死後のご遺体の搬送先をこちらにご記入ください」

「書きました」

「それでは中へお入りください」




666 :無責任な名無しさん:2007/01/15(月) 04:07:20 ID:wNomvtMY
はよしにたい。
電車に乗るとみんな俺をヒソヒソ嗤ってる気がする。
横断歩道で待ってたらトラックが俺をひき殺そうとしてる気がして
走ってるトラックを殴ったら手首折れた。トラックは走り去った。
きちがいだというのです

667 :無責任な名無しさん:2007/01/16(火) 00:45:34 ID:lI2MtWv1
必要性、妥当性は説明できるとして、その次の
弱者には権限が無く、どう政策に反映させていくのかという点が最大の問題になる。

どういう手順を踏むべきであると考えるのだろうか。

668 :無責任な名無しさん:2007/01/17(水) 20:33:42 ID:rPGj9skq
自殺対策基本法が成立した時のように地道な署名活動と集まった署名を
法務省に請願書か嘆願書と一緒に提出するとマスコミに報道してもらう
などが早道かな

669 :無責任な名無しさん:2007/01/21(日) 23:05:25 ID:T/z5DNvQ
>>665
実際合法になったとしたら10万くらいでできる??

670 :無責任な名無しさん:2007/01/22(月) 02:49:33 ID:oYOuciUK
>>668 すでに社会的に認知された団体が13万の署名をスルーされてますがなにか?

671 :無責任な名無しさん:2007/01/22(月) 05:27:53 ID:6WGOTTvi
人間は死ぬ権利はないってこと

672 :無責任な名無しさん:2007/01/22(月) 23:37:01 ID:YXPB30RU
生きるのは権利であって義務じゃないはず。

安楽死できないのは変。

673 :無責任な名無しさん:2007/01/23(火) 01:24:23 ID:KB85XbTu
「薬や機械で延命する」という不自然なことが許されてるのだから
それらを使ってで死を選ぶことも許されていいと思う。

674 :無責任な名無しさん:2007/01/23(火) 06:51:13 ID:LtkhfPqa
苦しんで得られるものなんかなにもない


675 :無責任な名無しさん:2007/01/24(水) 12:13:30 ID:5CVYOma1
>>672 認められてるだろ。何言ってるんだ?
リビングウィル知らないのか?

676 :無責任な名無しさん:2007/01/26(金) 08:33:27 ID:S2O63yCt
国は経済効果だのなんだのと上の利益しか頭ねえからな。
自殺者数も捏造だろ、どーせよ。

677 :無責任な名無しさん:2007/01/27(土) 03:48:24 ID:CCFOmS5V
>>670
それ知らないな。その団体名は

678 :無責任な名無しさん:2007/01/28(日) 03:08:58 ID:dougPwYt
国力がどうとか言っている人もいるけど、
そんなの関係ない。
皆さんの力でぜひ合法化して下さい。


679 :無責任な名無しさん:2007/01/28(日) 15:08:42 ID:xxUpjiLj
生きるのは権利であって義務じゃないはず。

安楽死できないのは変。




680 :無責任な名無しさん:2007/01/28(日) 17:55:35 ID:NnESpk5e
スレタイ検索で何板かも知らずに来た人。多すぎ。

681 :無責任な名無しさん:2007/01/30(火) 20:10:26 ID:Ip71eP3W
自殺補助施設の概要

・どなたでも理由のいかんに関わらず自分の意思であれば処理が可能です^^
・他人に迷惑をかけることもなく心配、準備は必要ありません
・施設は全国の国公立病院内の関係者以外立ち入り禁止区域等に設置されます
・ご希望の方は一般の患者さんと変わらず指定病院のいづれかの科を受診していただくだけです
・通常の診療扱いですので病院の診療時間内であればいつでもOKです
・処理希望の際は身分証明書やその他必要書類をご持参の上ご来院ください
・担当医に処理希望である旨をお伝えいただきますと書類等をお渡しします
・ご自身の意思で処理を希望されることを書類に明記し、署名、捺印してください
・意思の確認がなされ本人の意思が固い場合は施設内に案内いたします
・処理の前に各臓器や血液の検査等が行われます(臓器提供希望者のみ)
・処理の前に入院の措置が行われる場合もございます
・各施設の設備によりますが現在最も安全で苦痛のない方法を選択できます
・処理後はご希望の死因(事故、病死等)で事務処理を行いますので残された家族にも優しいです^^
・ご希望であれば法的に有効な遺言状の作成も支援いたします(別料金がかかります)
・処理は効率的・事務的に行いますので処理決定後は即処理に入らせていただきます
・利用可能な臓器、血液等を提供可能の方は内容に応じて処理料金を割引きまたは無料とさせていただきます
・処理が決行なされる寸前までいつでもキャンセルが可能です(キャンセル料は料金の30%いただきます)
・キャンセルの際は書類等はその場で一切破棄されますので情報が漏洩することはありません

682 :無責任な名無しさん:2007/01/30(火) 20:10:58 ID:Ip71eP3W
施設を作ることによるメリット
・骸の処理や行方不明者捜索などの費用負担が減少します
・他人に迷惑が掛かる自殺が減少し物理的にも霊的にもクリーンな世の中になります
・希望者からの提供により移植用臓器や不足しがちな輸血用血液を新鮮な状態で大量に効率よく採取できます
・臓器摘出をベテラン医師指導の下で外科医研修生に行わせることで技術を養成し医療ミスの抑止になります
・国や企業は生きる気力のない人間を保護、雇用せずにすむためロスや負担が軽減し社会の生産性が向上します
・同様に医療、福祉の負担の軽減が見込まれます
・処理の際の手数料(一律50万等〜)または臓器提供による利益は各地方自治体の収入となります
・自分の死とリアルに向き合うことでカタルシスを得られ、立ち直られる方もおられます
・基地外による自滅的な無差別殺人を抑制する効果があります

施設を作ることによるデメリット
・人道的に問題がないとはいえません
・施設があっても逝ってしまう方は勝手にどこかで逝ってしまいます

683 :無責任な名無しさん:2007/01/31(水) 05:05:15 ID:lwAmzV5l
安楽死施設できたら皆行っちゃうから国が許可しないが本音

あと失恋直後の美人が自虐で行ってしまうかも…

684 :無責任な名無しさん:2007/01/31(水) 10:42:04 ID:qHKqtDX8
鯨を取るだけで不買運動を起こされ国が有るのが現実。
そんなもん作ったらキリスト教圏から干されかねません。


685 :無責任な名無しさん:2007/01/31(水) 10:46:54 ID:qHKqtDX8
あと死刑囚からの臓器提供(本人の同意を得たことになってた)が、
どれだけ非難浴びまくったかご存じ無いらしい。
経済効率の向上は、国内で経済を完結させ、かつ無借金でなければ無理。


釣り?

686 :無責任な名無しさん:2007/01/31(水) 12:23:06 ID:Yvvnt3W4
>>685 同意があったとしても人道上問題なんじゃなかった?

687 :無責任な名無しさん:2007/02/02(金) 14:26:33 ID:3GLaweOK
>670
この辺りだね。13万の署名は尊厳死に関してのもののようだ。
日本安楽死協会ttp://www.arsvi.com/0p/et-nak.htm
日本尊厳死協会ttp://www.songenshi-kyokai.com/


688 :無責任な名無しさん:2007/02/06(火) 17:36:30 ID:xwGR6m+W
224 :無責任な名無しさん :2007/01/25(木) 17:02:09 ID:SH1lBNNa
生命の権利について
全ての国民は個人として尊重され、生命の権利は公共の福祉に反しない限り、立法(法律を制定(法律や規則を定めること)すること.)
その他の国政の上で最大の尊重を必要とすると保障されている、生命の権利とはなにか具体的に考えてみた。
生命にはいのち・最も大切なもの・寿命といった意味があり、結局、最も大切な寿命は公共の福祉に反しない限り尊重(価値を認めて大事にすること)
されると言う意味で、最も大切な寿命の権利と言い換えられる。
権利とは(1) ある物事を行なう資格(2) ある利益を主張し,それを受ける力という意味があり、生きる資格があり、最も大切な寿命の利益を主張し、
それを受ける力を保障していることになる。
さて、最も大切なもの・寿命・いのちの利益とは何か?
命そのものに利益と不利益があるとしたら、命の長さ(寿命)によって得する事とは命の長さを公共の福祉に反しないように、長らえたり、
縮めたり長さによって得する事を主張できるわけで、とどのつまり延命治療を受ける経済力などがあればそれを享受でき、
寿命を縮めたければ公共の福祉に反しない限り立法その他の国政の上で最大の尊重を必要とすると保障されている。




689 :無責任な名無しさん:2007/02/08(木) 15:28:50 ID:CUoPWZFb
縮めることが保障されてるなんて初耳。
引用元はどこ?大概の書籍なら閲覧できるから確認するけど。

690 :無責任な名無しさん:2007/02/09(金) 13:33:00 ID:GMgXPX6w
引用元>無責任な名無しさん

691 :無責任な名無しさん:2007/02/11(日) 15:12:23 ID:r6+V9JgL
>>689
保障されているのは、寿命を縮めることではなく利益の主張について。
こんな短い文章誤読するんようでは、書籍読んでも誤読しまくりで解釈してしまうのでは?

692 :無責任な名無しさん:2007/02/11(日) 15:41:58 ID:PotMZwoE
>687の団体を作って長年活動をしてきたものの考えてる事、現状などを読んだ上で
改めて問題点を洗い出し検討、議論、てとこかね。やる事は
どうも億劫で全く読んでない。

693 :無責任な名無しさん:2007/02/11(日) 18:04:33 ID:J9wWVct2
>>691 つ 煽り

主張だけなら幸福権でもかわらんよ。

694 :無責任な名無しさん:2007/02/12(月) 00:37:02 ID:VotMb6E1
幸福権で主張しても、生命の権利が国民になければ根本的に意味ないんけどな。


695 :無責任な名無しさん:2007/02/12(月) 21:18:05 ID:tAotoO4n
初心者質問スレがひつようですね。

696 :無責任な名無しさん:2007/02/13(火) 02:26:34 ID:m5MLfu5e
どういう意味?

697 :無責任な名無しさん:2007/02/14(水) 15:50:56 ID:5FHs14pq
初心者しかいないから質問しても意味ないと思う。

698 :無責任な名無しさん:2007/02/16(金) 17:04:11 ID:V10AJbQo
議論にならないね。何を話しても結局結論は
幾ら内容が正当であっても「権限が無い」点において制度化は無い、という所に行きつくのが
目に見えてるから始めから議論自体無駄なのかね
横暴を極める財界人なんかは欲だけあれば政策に反映されるというのに。

699 :無責任な名無しさん:2007/02/17(土) 10:48:08 ID:/O9g6eGp
安楽死の合法要件は出ているから、その要件にそった法案を作成して制度化へ
向けて合法化の為の署名を集めて請願してみれば結果が出ると思う。
まだ、だれもやってないし。

700 :無責任な名無しさん:2007/02/18(日) 22:15:41 ID:+D1wf+a6
財界人や政治家は安楽死に興味が無いのかな。
貧乏人と同じ死に方しかできない現状を変えようとすればいいのに。

701 :無責任な名無しさん:2007/02/20(火) 00:18:46 ID:BUkPr+54
現状も金持ちは緩和ケアを万全に処置して貰えてるから・・・

702 :無責任な名無しさん:2007/02/21(水) 01:12:43 ID:R/bis5XX
いや、緩和ケアぐらい、貧乏人でもして貰えるでしょう。

私の知る限りでは、モルヒネはあまり使わないし、呼吸困難や神経系統には殆ど効かず、めまいや吐き気には効きにくいらしいですよ。

703 :無責任な名無しさん:2007/02/21(水) 05:53:09 ID:4AVOtuGx
暇か敗北。行動と反省の繰り返し。
成長どころか、人に言われるくらい頭だか精神がおかしくなった。
いい加減、人生バカくせーよそして眠てぇ。


704 :無責任な名無しさん:2007/02/21(水) 18:30:07 ID:zuwknCCa
>>702
貧乏人は緩和ケアのある病院に入院すらできませんよ。
緩和病棟のある病院ならモルヒネ使わないなんて有り得ないし
浅い昏睡状態を維持する療法すらある。
金とコネのある人らが優先的に入院するし、それでも待ち状態。
一般人が死ぬような病院でまともな緩和ケアをしてもらえると思ったら大間違い・・・。

705 :無責任な名無しさん:2007/02/22(木) 01:00:44 ID:8HsUaCbN
ふむ、そういうものなんですか。

>浅い昏睡状態を維持する療法
床ずれの為、長期間は無理なのでは?

老いてからは肺炎が特に恐ろしいと思うのですが、どの程度まで緩和できるんでしょうかね。

安楽死には、死の恐怖を軽減する効果も有りますから、やはり緩和ケアより遥かに優れた対処法でしょう。

706 :無責任な名無しさん:2007/02/22(木) 01:59:03 ID:DMLlzrfw
>>705
長期間って・・・もう死が間じかに迫ってる患者が
息できなくて苦しんでるのに、床ずれになるから
緩和ケアしないでくれっていうのかよ?

707 :無責任な名無しさん:2007/02/23(金) 00:41:37 ID:W/qENFh+
床ずれは1〜2週間くらいで起きると思いますが。

息ができなくて苦しいという理由だけで、常時、浅い昏睡状態にしてもらえるとは考えにくいです。

708 :無責任な名無しさん:2007/02/24(土) 01:26:16 ID:YdglMvmn
安楽死の話をしてるんじゃないの?
安楽死させられる合法要件て、床ずれと関係ないから

709 :無責任な名無しさん:2007/02/25(日) 17:08:36 ID:rvAvisNI
合法化する為にはお偉いさん方を説得する必要があって、
お偉いさん方が頼りにしている緩和ケアより、安楽死の方が優れていますよ、
という流れだったのでしょう。

710 :無責任な名無しさん:2007/02/25(日) 18:58:38 ID:aKxOZGfa
うーん、結局お偉いさん方は安楽死を法制化する手間をかけることなく
安楽に死なせて貰えるってことでしょ

711 :無責任な名無しさん:2007/02/27(火) 01:19:40 ID:veVlyRfP
緩和ケアで安楽に逝けるとは限りませんよ。
安楽死施設での安楽死は数時間で済むので死の恐怖を感じる時間は少ない、
これに対して緩和ケアは長期間死の恐怖を感じたり、普段と違う生活に辛さを感じるのではないか。

712 :無責任な名無しさん:2007/02/27(火) 23:38:41 ID:ol/3SQU9
緩和ケアでも安楽死でも好きな方を選べる法律にしておいてw

713 :無責任な名無しさん:2007/03/06(火) 21:41:10 ID:c65I4CZV
近い将来に、日本の公的債務は返済可能な金額を超えてしまうと予測される。
そこで私有財産の部分接収がどうしても必要になってくると思うのだが、
引き換えに安楽死権と特別債を渡すという案はどうだろう。
法律的に可能だろうか。

714 :無責任な名無しさん:2007/03/10(土) 17:44:26 ID:geinUbcV
裁判所に判定してもらうしかないね。たださ、一応個人の尊厳が尊重されている以上
個人的に裁判を起こして、安楽死を認めてもらえるかどうかを争うつもりがあればと言う事になるけど。
法律的には以前判例であった、安楽死合法要件の条件に適合していなければ、
参考までにみてみてはどう?
ただ安楽死の合法化については、法制度化せずにケースバイケースで裁判によって決める
らしいから、裁判を仰ぐ気持ちがあるなら、無駄ではないと思う。
そして、そういう勇気ある人がでてくると安楽死したい人の裁判を起こす率も上がりいいと思うよ。借金が原因で安楽死というてんで、どういう判決がでるかわからないけどね

715 :無責任な名無しさん:2007/03/11(日) 01:44:22 ID:m8Y/ofJZ
個人はひとまずおいといて、
日本政府が、財政破綻状態解消の為に、安楽死制度制定に乗り出すことが法律的に可能か知りたいのです。

716 :無責任な名無しさん:2007/03/11(日) 22:38:35 ID:7hYO/A7n
さぁ

717 :無責任な名無しさん:2007/03/12(月) 01:41:15 ID:mXuzLlPZ
アメリカで、自分の子供の人工呼吸を外すの外さないので
親が裁判に委ねた件あったけど、日本ではそういう裁判ってできるのかね?

















さぁ?

718 :無責任な名無しさん:2007/03/26(月) 11:47:59 ID:kUfmsu6x
いつ頃になると進展がありそうですか

719 :無責任な名無しさん:2007/03/29(木) 04:05:17 ID:XY7KE4h6
署名活動とかしたらどれくらい賛成あつまるかな?
やるひといたらいってね。漏れの名前提供するから。

720 :無責任な名無しさん:2007/03/31(土) 18:08:50 ID:L261xWyU
1年に本当に自殺する人が年間3万人いるから3万人ぐらいかなぁ
そのうち、自殺の安楽死が合法化されたとしても
自殺じゃないと死ねないひとがいるから(借金苦とか)
まぁそうね、1万人ぐらいか。

721 :無責任な名無しさん:2007/04/01(日) 10:43:18 ID:KxHsT+y8
終末期医療のたたき台には回復の見込みがない末期患者ってことになってるから
精神科で回復の見込みがない患者も患者の意思があれば終末期医療患者として
自然死するまでモルヒネでケアされてもいいって事になりそうだね。

722 :無責任な名無しさん:2007/04/02(月) 18:34:03 ID:8SxhG521
モルヒネって高いから莫大な請求されたり、
払えない人もいるんじゃないか
患者が貧乏なら生保や健保組合に負担がいく
誰が得するんだか この場合製薬企業か
安楽死認めてさくっと逝かしたほうがいいんじゃね


723 :無責任な名無しさん:2007/04/02(月) 19:02:39 ID:p5ykJk0Z
まぁね、負担がいくことで、それらの処理を仕事としてる人らにとっては
おまんまの種だから、さくっと逝かして面倒が減ると困る人も出てくるから
そう簡単にはいかないわけで。でもある意味、モルヒネじゃなく意識の
コントロールをするような終末期医療をするようになってくれば、あえて
安楽死しなくても、事実上死ぬまで無意識なんだから、死んでるのと同じ事で
生きてる辛さも感じないわけで、どちら様も丸く収まると思う。


724 :無責任な名無しさん:2007/04/04(水) 03:12:16 ID:kHLPOC8R
gene30代ぐらいの人なら、自殺志願者も安楽に死ねる世の中が到来しますよ
そうしないと治安も守れないし、人権も守れないし、問題が大きくなりすぎますからね。
ただ安楽死って言葉を使う事が無いだけで、麻酔科の進出によって大きく前進するでしょう。
合法化運動をする必要も無く近いしょうらい、国民の意識は安楽な死に方にたいして
倫理的問題が無いとする価値観を持つ人が多数を占めるでしょう

725 :無責任な名無しさん:2007/04/04(水) 23:55:55 ID:Gy0MTgIc
そうなんだよね、けっきょく安楽死させろさせろと弱者的立場の当事者が
自主的に物申して死なせろという形で安楽な死を成就させようと頑張るより
社会的に弱者にも人権として自ら選択できて社会参加しながら、社会に
抗うのではない形で穏便に死にたい意思を緩和医療の延長線上で結果的な
安らかで穏やかな死を迎えることを批難する人はいないと思いますしね。

726 :無責任な名無しさん:2007/04/07(土) 00:22:56 ID:+ijj7i3g
格差社会を認めたなら命の格差も認めてくれ
県立安楽死センターだけが希望の光!

727 :無責任な名無しさん:2007/04/09(月) 02:37:48 ID:zz9KsOmh
安楽死合法化のための具体的責めどころとしては何が上げられると思いますか?
やはり、自殺したい人が安楽に死ぬための知識や道具や薬物を使用できないという
問題が大きいと思いませんか?
誰かに安楽死させてもらわなくても、今の時代知識と道具と薬物さえあれば
他殺によらない安楽自殺ができます。それらに規制をかけているのが行政ですので
行政訴訟で、自殺するための知識や道具、薬物の使用権利を求めていくなんていう
のはどうでしょうか。都合のいいことに自殺は犯罪でもありませんし、適法の行為です。
ですから、社会的責任や身辺整理をして社会に迷惑をかけない証明を受理するシステムを
設け、必要書類が提出できれば安楽に自殺するための知識や薬物購入の許可を出してもらえる
そんな制度で十分だと思います。

255 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)