5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

現行61期司法修習スレ-3-

1 :1:2007/01/09(火) 16:23:54 ID:???
人数も少ないことだし、まったり行きましょう。
新旧受験生のレベル比較はもうやめようぜ、いい加減。
スレタイどおり、修習にむけた話をしましょう。
もう受験生じゃないんだから。

952 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 22:27:59 ID:???
>>949
ある種のテクニック、というのをなんとか説明していただくことはできませんか?
説明するのは難しいのかな。



労働法とか倒産法とか簿記とか4月までに勉強しようかなと
思うんだけどそれはどうなんだろう?

そんなことより最後の休みに旅行でも行った方が有意義なのかな。

953 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 22:28:06 ID:???
>>950
944さんが、お金を貯めといた方がいいって言ってたよ。
自分もいろいろ計算してみると、あの給料だけじゃ絶対
無理だと思ってきた。
あれ廃止されたら、どうなることやら・・。

954 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 22:31:11 ID:???
>>951
企業法務とか一般民事とか、その辺は微妙なんだよね。
弁護士の中には「企業法務ってなに?家族経営の企業の個人に対する
貸金返還請求事件でも、その企業が当事者だから企業法務?」
みたいなことを言う人もいるくらいで。

俺のところは、企業法務もやるし、一般民事も少々やる感じ。
まあ、その辺のフィーリングは、就活が本格化すれば修習生の間で
自ずからコモンセンスが形成されるから。

955 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 22:34:31 ID:???
次スレ立てました

現行61期司法修習スレ‐4‐
http://school6.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1169991133/

956 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 22:37:26 ID:???
>>952
説明しづらいな。司法試験でも、人権パターンのように、「型」があったでしょ?
そういうものが、事実認定でもあるんだよね。これをつかめない人は辛そう。

労働法とか旅行とか、その辺はお好きに。確かにそういうことをやってる人もいました。

957 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 22:39:26 ID:???
企業法務ってのは、この前NHKでやってた村松とかっていう弁護士みたいなの?
倒産処理とか、M&Aとか・・・?

958 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 22:40:39 ID:???
>>954
ありがとうございます。
そういう「中堅」事務所というのは

自己受任不可で給料は800万ぐらいって感じですか?

959 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 22:46:05 ID:???
>>958
そういう条件のところもあるけれども、旧60期の大手・外資以外の事務所の年収は
550〜700万が相場の気がする。個人受任は可の方が多いかな。ただし、何割かは
事務所に入れるところが多い。

正直、初年収の額だけを見ると、大手の1000万超えとかうらやましいと思うこともある。
ただ、仕事内容、実質的勤務時間及び個人受任を含む数年後の実質的年収等も考慮すると、
最終的な判断は当然に人それぞれの価値観に依るよね。

960 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 22:50:51 ID:???
>>959
どうも。
そうすると中堅でも個人がやってるような事務所でも
給料の相場はそんなに変わらない感じですかね?

企業法務が多いところは個人受任の場合は何割か取られるって感じでしょうか。



961 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 22:52:50 ID:???
>>959
全同意。
あと,収入で就職先を選択するのは絶対やめたほうがいい。
この業界では,自分に合わない仕事は,いくら金積まれても続けられない。
そのくらい精神的にハードだと思う。


962 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 22:55:39 ID:???
>>960
給料はボスの気質とその時の時勢によるところが一番大きい。
個人か中堅かはあまり関係がないと思う。
また、企業法務の割合の多さと個人受任の搾取のパーセントは関係がないように思える。

963 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 22:56:01 ID:???
>>960
初年度は大差ないが,その後少しずつ変わってくる。
個人事件の収入は,事務所により,また個々の弁護士により千差万別。

964 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 22:56:36 ID:???
>>961
結局その人の性格によるってことになるよねぇ。

渉外の地味で退屈な事務作業に耐えられない人もいるだろうし
一般民事のドロドロした人間関係に耐えられない人もいるだろうし。


俺はどっちも耐えられ無さそうだが。

でもどっちかというとドロドロしたのに耐えられないかな。
といっても30代なんで渉外いける年齢じゃないから
仕方ないが。


965 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 22:58:34 ID:???
>>962-963

そうすると個人受任の搾取の割合が
事務所選びの大きなポイントになるってことですかね?

仕事内容はなかなか入る前にはわからなそうだし。


966 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 22:59:33 ID:???
>>964
ドロドロには耐性が出来るよ。
あと,ルーティンになるとパターン化してくる。またこれかって感じ。
そんなに心配することはないと思うよ。

967 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:00:16 ID:???
もっとも、大手の立地のよさ、執務環境のよさ、秘書の美人度、一般人へ与えるイメージの華やかさなどは
特筆すべきことだと思う。大丈夫、弁護士は朝4時に帰ってボロボロでも、秘書は夕方に帰るので
秘書はいつも綺麗だから。

968 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:00:42 ID:???
>>965
それも入るまでわかりにくいだろうな。
個人受任可となっていても、事務所事件を大量に振られて
個人事件を処理する暇があんまりないところもあるようだ。

969 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:02:14 ID:???
>>965
搾取割合も大事だけど,個人事件を現実に受けられるかの方が大きい。
事務所事件が殺人的に多いところでは,忙しくて個人で受けられないから。
事務所訪問のときに,期の若いイソ弁に「現在の手持ち事件は何件ですか?」って聞くといいよ。

970 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:02:27 ID:???
>>965
あなたが収入に重きをおいているのなら、そうなるね。
あと、仕事内容はけっこう事務所のカラーがあるので、入る前でも説明を聞くと何となく分かるもんだよ。
一番大きな要素は雰囲気とか、ボス弁、兄弁との相性かなあ。

971 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:04:01 ID:???
>>968-969
そうそう、兄弁にこっそり「個人受任できますか。事務所の事件で
手一杯じゃないですか。何年目くらいからできますか。」って聞くのを忘れちゃいけないw

972 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:07:25 ID:???
横浜のとある事務所は、初年度500万、個人受任不可、だった。

973 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:10:44 ID:???
>>972
仕方ないよ。あそこは買い手市場だ。

974 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:16:20 ID:???
500万て手取りにするといくらぐらいになっちゃうわけ?

975 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:17:19 ID:???
>>947
> >>945
> いや、俺は実務修習中に決まった。
> 大手にはギリギリいける年齢ではあるけれども、自由度の高さを求めて
> 中堅に行きたかったから(ただ、食事と夜景でセレブな雰囲気を
> 味わいたかったので大手の説明会にはいくつか行った)。


大手や中堅以外に、外資は考えなかったんですか?

外資も自由度からいえば大手と変わらないんですかね?

976 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:17:57 ID:???
>>974
弁護士会費が自分持ちなら380〜400くらい

977 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:19:13 ID:???
>>974
税、社会保険、会費とうを引いたら、月額30万弱ぐらいか

978 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:19:52 ID:???
事実認定のセンスだけど、
俺は前期修習の間は民事も刑事も、さっぱりわからなかったが
裁判修習をして、なんか身についたかも、という感じる。
前期の起案を見直すと「なんじゃこりゃ〜〜w」というものばかりだった。
難しいなあ〜と思った記録も見直すと「ここまで整理されてる事件なら、凄い楽だ」と感じる。

このストーリーならば、こんな証拠があるはずなのに、何で出てこないのか、あやしい
この言い分なら、この次はこうなるはずなのに、なってない、あやしい

なんていう着眼点が重要で、スパっと身につける天才や、元々持ってるセンス派や
なんども繰り返すうちに身につける経験派や
なにも考えずのんべんだらり過ごしている落ちこぼれや
いろいろいると思う。


979 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:21:46 ID:???
>>976
いや、税金、年金ひいたら300くらいだろう。

980 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:25:41 ID:???
>>979
あと交通費も引かねばならない

981 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:28:12 ID:???
>>979
住居費(10万*12ヶ月=120万)、食費(1日2000円*30日*12ヶ月=72万)
を除いたら、自由に使えるの枠は年間100万ほどか。
その他いろいろな物入り(書籍代含む)で半分に減るとして
本当に自由に使えるお金はのは年間50万、月4万円ほどか。
服買ったら残らない。車買ったらローンで全部消える(そして駐車場、維持費で赤字になる)。
酷い話だな、おい。

982 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:30:39 ID:???
それでも就職できればマシという状況になりつつある


983 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:32:00 ID:???
合格して親や周囲を喜ばせたのだ。
後は死ぬだけだ。

984 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:34:27 ID:???
>>978
修習の間に事実認定の本とか読みました?(テキスト以外で)
司法試験の場合はセンスといってもわりと努力で身についたと思うのですが。
全然センスがないとわかったらどうすればいいのだろう?


985 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:34:40 ID:???
月20万で生活できないって奴は、高卒で中小企業に入ったとしたら生きていけないな

986 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:35:50 ID:???
俺生きていけないかもw
飲み会は極力避けて、節約。
ひたすら勉強。

987 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:36:38 ID:???
>>985
月20万だと生活は出来ても、貧乏くさくなるよ。


988 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:37:41 ID:???
>>987
修習生の給与水準は知ってるよね?
先輩の姿を見てどう?貧乏くさい?

989 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:39:46 ID:???
>>988
修習生のときはなんとかやっていける人が多いんじゃない?
問題は、就職してから・・

990 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:42:37 ID:???
>>989
月20万が一生続くならそうかも知れないけど。
何だかんだ言ってまだ弁護士は,皆そこそこの収入を得てるよ。
将来どうなるかは知らないけど,今から心配する必要は全然ない。


991 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:43:02 ID:???
個人事件受任不可の事務所に行った友人は
600→700→800

個人事件受任可の事務所に行った友人は
600→900→1300

992 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:44:12 ID:???
ただなあ・・・。
個人事件の収入って安定しないからねえ・・・。

993 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:45:05 ID:???
>>985
そもそも高卒で中小企業入ってない。東大出て弁護士になってる。
やっぱり年収3000万くらいにはならないと割が合わない。

994 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:48:43 ID:???
>>993
無理だよ。分母が増えてるんだから。
どうしてもというなら,今から他の進路を考えたほうがいいんじゃないかな。

995 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:49:11 ID:???
>>993
たわけ。

996 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:50:04 ID:???
>>994
じゃあ2500万でいい
もちろん初任給じゃなくて10年後の年収な

997 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:50:18 ID:???
>>993
まだ弁護士にもなれてないわけだが。

998 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:50:44 ID:???
>>984
努力で身につけるタイプの人なら、事実認定の本を読むのは良い。
ただ、本だけ読んでもよくわからないが、実際の事件にぶちあたり
それを解決するため本を読んでいくと、本当に身につく感じはする。

刑事でいうと、「刑事事実認定(上)(下)」もいいけど、
なんといっても「状況証拠の観点からみた事実認定」「自白の信用性」
がいいと思う(自分はこれを読んだ)。
これと修習生の間に出回るアンチョコをやれば良い。
これすらやらない奴が2回試験で落ちるのだと思う。


実務修習では、試験の時代ように「間違ったら点数が低い」のではなく
「間違ったら怒られるなり、恥をかくなり、指摘される」。
そして、扱うのは本当の事件で、簡単に見えても、問題はあちこちに潜んでいる。

民事の事実認定は、それ独特な部分(2段の推定、要件事実に基づく争点整理、証明の程度)
を除けば、刑事の事実認定とそれほど差がない。先の本は民事でも十分役立つと思う。

自分は、事実認定の基本は「近接所持の理論」だと思う。
ある事実を認定する際、その事実の存在(不存在)を強く推認させる「直近の事実」を探し出し
これを見つけたときは、その後に、それを覆すような特段の事情があるかを確認してみる。
この作業で、おおよそ8割は解決できてしまう。
センスのある奴は、前期であっさり身につけてしまったのだろうね。

999 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:55:52 ID:???
>>998
いやあ参考になった。どうもありがとう。修習頑張ってください。

1000 :氏名黙秘:2007/01/28(日) 23:59:09 ID:???
行くぞ

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

214 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)