5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

   かわいたちの夜 栞その1   

1 :名無しなのに合格:2007/03/26(月) 05:31:59 ID:ZAUj1H+P0
春の日差しが肌に心地よい。
僕は今、某所にある河合塾の前に立っている。
僕の名前は透。
現役時代には早慶を志すも全敗、
滑り止めの高千穂大学にも落ちて浪人が決定した19歳だ。
そう、僕はリベンジに燃えながらこの場所へとやって来たのだ。
僕は、

A 「さあ入塾だ!」 勢いよく河合塾へと飛び込んだ。
B 「可愛い女の子いないかな?」 早速初心を忘れていた。
C 「やっぱ代ゼミにしよ。」 河合塾を後にした。

2 :名無しなのに合格:2007/03/26(月) 05:39:36 ID:flgZpQdVO
2かな

3 :名無しなのに合格:2007/03/26(月) 05:42:57 ID:A9omJF65O
Bで

4 :名無しなのに合格:2007/03/26(月) 05:58:31 ID:uqvVQZK+O
塾の中に入ると早速、新垣結衣似のかわいい女の子が目についた。
A話し掛ける
B無視する
Cお尻を触る

5 :名無しなのに合格:2007/03/26(月) 06:00:11 ID:noXmWaGH0
C

6 :名無しなのに合格:2007/03/26(月) 06:05:31 ID:A9omJF65O
そういや最初は犯人特定できなくて、彼女にやられたなww
二回目はなんとか犯人分かったけど彼女以外全員やられたww

7 :後は頼んだw:2007/03/26(月) 06:15:28 ID:ZAUj1H+P0
僕は「可愛い女の子いないかな?」 早速初心を忘れていた。

そもそも僕が早慶を志した最大の理由は、真理が慶應志望だったからだ。
高校の同級生だった真理に憧れていた僕は、志望校が同じ事を理由に
彼女に接近、どうにか一緒に勉強する仲にまでこぎつけたのだ。
結局真理は現役では慶應に受からず、マーチを蹴って河合塾で浪人する
ことが決定している。だから今、僕は河合塾の前に来ているのだ。
僕は、

A 「さあ入塾だ!」 勢いよく河合塾へと飛び込んだ。
B 「やっぱ代ゼミにしよ。」 河合塾を後にした。

8 :名無しなのに合格:2007/03/26(月) 06:55:18 ID:A9omJF65O


9 :名無しなのに合格:2007/03/26(月) 12:22:02 ID:V5U/0MlE0
くわしく!

10 :名無しなのに合格:2007/03/27(火) 22:23:02 ID:zemDgNM90
僕は「さあ入塾だ!」 勢いよく河合塾へと飛び込んだ。

河合塾内部に入ると中は比較的閑散としていた。
左手には受付があり、正面には階段が見えている。
右手にはロビーがあり数人の学生が何やら話し込んでいる。
僕は・・・・・・。

A 「とりあえず入塾手続きをしないとな。」 受付へと向かった。
B 「2階見てこようっと。」 足早に階段を駆け上がった。
C 「あいつら何話してんのかな?」 ロビーへと移動し聞き耳を立てた。
D 「やっぱ代ゼミにしよ。」 河合塾を後にした。

11 :名無しなのに合格:2007/03/27(火) 22:26:55 ID:xKKncT7iO


12 :名無しなのに合格:2007/03/27(火) 22:44:45 ID:zemDgNM90
僕は「2階見てこようっと。」 足早に階段を駆け上がった。

階段の途中で3人の女の子たちとすれ違った。
僕はその3人組にそれぞれ「キャバ・眼鏡・バタービーン」という
アダ名を付けつつ階段を昇りきった。

バタービーン選手データ
http://www.prideofficial.com/free/fighters/details/1153910199.html

2階に着くと手前には広い自習室があり、奥にはいくつかの教室がある
ようだった。春先ということもあって自習室は空いており、奥の教室も
電気が消えたままだ。
僕は・・・・・・。

A 「とりあえず自習室に行ってみよう。」 
B 「奥の教室はどんな感じかな?」
C 「さっきの3人組が気になるな。」

13 :名無しなのに合格:2007/03/27(火) 22:46:53 ID:h1PhyvqKO


14 :名無しなのに合格:2007/03/27(火) 22:51:06 ID:4U3rZkdmO
なかなか面白いスレだ。Cで。

15 :ピモ ◆cG9/G9eWTA :2007/03/27(火) 22:53:03 ID:1U8pTqzA0
ウケタ
弟切草しかやったことないけど、あのオープニングは傑作だった

16 :名無しなのに合格:2007/03/27(火) 22:56:52 ID:4U3rZkdmO
やっぱBにした。

17 :名無しなのに合格:2007/03/27(火) 23:08:53 ID:1+hwrt1m0
「奥の教室はどんな感じかな?」
半ば河合塾に訪れた理由を忘れながら、好奇心で教室のドアを開いた。
目の前にはいくつもの机と椅子がひしめき合っていた。
どうやら学生はいないらしい。
僕はそのまま教室を一周だけすると、なんだか虚しくなってすぐに教室から出て行った。
教室のドアを閉めると、先ほどの三人組の一人のバタービーンが血相を変えて今度は階段を上がっていた。
僕は・・・・・・。

A 「やあ、バタービーン」僕は思わず禁断の名前を口走ってしまった。
B 「そろそろ受付でも済ませるか」 僕は階段を下りて受付に向かった。
C 「いや、この際 自習室も覗いてみるのも悪くないか」僕は河合塾に来た理由を忘れ、とことん探検することに決めた。


18 :名無しなのに合格:2007/03/27(火) 23:10:46 ID:yfbEqwy3O


19 :名無しなのに合格:2007/03/27(火) 23:17:21 ID:b2VWdJuyO
初プレイで真理殺した人ノシ

20 :名無しなのに合格:2007/03/27(火) 23:18:24 ID:4U3rZkdmO
書き手が代わったw Bで。

21 :名無しなのに合格:2007/03/27(火) 23:24:42 ID:1+hwrt1m0
「そろそろ受付でも済ませるか」 僕は階段を下りて受付に向かった。

階段を下りると、ロビーにいた数人の学生はどこかに行ってしまったのか、入ってきたときよりも閑散していた。
僕は今度こそ受付で入塾手続きをするために受付に向かった。
「すみません、入塾しに来たんですけど……」
僕の声と共に顔を上げたのは、どこかホームレスの匂いを漂わせる、小汚い中年の男性だった。
僕は・・・・・・。

A「すいません、ちょっと出直してきます」何事もなかったように、河合塾を後にした。
B「うちに河合からはがきが来て……」 僕は鞄からはがきを取り出してその中年に渡した。
C「ここって、河合ですよね?」自分でも訳の分からない事を質問した。


22 :名無しなのに合格:2007/03/28(水) 00:03:51 ID:LVmrXkN4O
A

23 :名無しなのに合格:2007/03/28(水) 00:05:58 ID:6ifU2MFWO


24 :名無しなのに合格:2007/03/28(水) 01:59:53 ID:ASzqHEHw0
Bでお願いします

25 :名無しなのに合格:2007/03/28(水) 03:54:09 ID:x+ohP8scO
「うちに河合からはがきが来て……」 僕は鞄からはがきを取り出してその中年に渡した。


あっ!

渡そうとしたその時僕は気付いた。
河合のものと思っていたはがきは、なんと「記憶術」の入会用はがきだった。


A 「(ダメでもともと…!)」このはがきで申し込んでみる。

B 「(一生の不覚…!)」切腹する。

C 「(仕方ない…)」家にはがきを取りに帰る。

26 :名無しなのに合格:2007/03/28(水) 04:54:54 ID:MF6U4kJiO
Cって言えば良いんだろw

27 :名無しなのに合格:2007/03/28(水) 16:04:28 ID:LVmrXkN4O
C

28 :名無しなのに合格:2007/03/28(水) 16:22:42 ID:Te9plVRB0
「すみません、はがき忘れちゃいました」仕方ない、僕は家にはがきを取りに帰る事にした。

僕は本当に何をしにここまで来たのかと自分を呪いたくなりながら、記憶術のはがきをかばんにしまいこんだ。
その後申し訳なさから、なるべく中年の顔を見ないように伏しながら一礼する。
そして受付の中年に背を向けて歩き出そうとしたとき、なにやら嫌な予感と共に痛いくらいに腕が掴まれた。
前のめりになったまま僕は喉の奥底からせりあがる悲鳴をどうにか押さえ込んで、受付に振り返った。
正直見たくなかったが、見なければ多分もっとひどい事されそうな予感がしたし、このまま腕を掴まれたままでは逃げる事も出来ない。
意を決して振り返るとそこにはひどい形相の中年が必死に僕の腕に絡み付いてきている。
「な、なんですか!」
震えながらも、僕は必死にしがみついて離そうとしない中年を振りほどくように、腕を振った。
体を支配する五感全てが警鐘をならした。

このままでは殺される。

誰かに助けを呼ぼうと思いロビーのほうに視線を移すが、そこには誰もいなかった。
それどころか、いつのまにか僕と中年以外に誰かいる音さえも、気配もない。
背中に冷や汗が流れた。悪寒もする。

「こ、こ、殺される!」
僕は無我夢中に叫んだ。誰でもいい、この声を聞いて駆けつけてくれるなら。
すると、先ほどまで掴まれていた手が放された。
「ちょ、授業中だから大きい声をださないでくれ」
「はい……?」
僕は放心したまま、中年の顔を凝視した。少し焦ったような苦笑いを浮かべている。
「それに、殺さないから」
「は、はぁ」
僕は虚を突かれたように立ち尽くした。
「ほら、はがきなんかなくても手続きをできますよ」
そう言って中年は資料を取り出した。

そのまま僕は中年が指示するままに記入していった。
どうやら僕は何かすごい勘違いをしていたらしい。
あとでその中年に謝りながら、河合塾を後にした。

こうして、僕の河合塾生活は始まった。


29 :名無しなのに合格:2007/03/28(水) 18:48:10 ID:Te9plVRB0
「今日から河合塾だ」
僕は意気揚々と着替えを済まし、身支度を整えた。
時刻はちょうど9時をまわったところ。
この時間ならちょうど最初の授業に間に合いそうだった。
僕は……。

A 「さぁ、はりきって河合にでも行くか」河合塾目指して足を進めた。
B 「なんか勉強する気わかない」目の前にあるパソコンのスイッチをいれた。
C 「敵地視察さ!」代ゼミ目指して足を進めた。


30 :名無しなのに合格:2007/03/28(水) 19:13:51 ID:iFpwxPHHO
c

31 :名無しなのに合格:2007/03/28(水) 20:35:14 ID:dOjM4Lx8O
河合の授業が9時からじゃないと言うことは札幌校に通ってるのかな?

ともあれ続きを期待してます。

32 :名無しなのに合格:2007/03/28(水) 21:41:03 ID:8KW6bEI6O
Β

33 :名無しなのに合格:2007/03/29(木) 14:04:44 ID:4zjligEKO
а

34 :名無しなのに合格:2007/03/30(金) 19:57:20 ID:XdckP9MOO
良スレ

35 :名無しなのに合格:2007/03/31(土) 15:17:21 ID:HEubXVSTO
B

36 :名無しなのに合格:2007/04/01(日) 02:13:31 ID:hyrNiO6yO
Bが多いので…


「なんか勉強する気がわかない」僕は目の前にあるパソコンのスイッチをいれた。

ガーガー

パソコンが起動し始める、と同時に僕は背筋の凍りつくような冷たい感覚に襲われた。

っ………!

振り向くとなんと母が見下ろしていた。
母の冷めた顔から僕は彼女の言いたい事をすぐに理解した。



A「僕は今したいことをする」かまわずネットに接続する。

B「考えが浅はかだった」反省してすぐに河合塾へ向かう。

C「桜って咲くまでは長いけど、咲いてからはすぐに散っちゃうよね……母さん」と言う。

37 :名無しなのに合格:2007/04/01(日) 08:48:10 ID:gAma+/fzO
B

38 :名無しなのに合格:2007/04/01(日) 12:21:45 ID:WmkCMl+sO
Bでお願いします

39 :名無しなのに合格:2007/04/01(日) 12:36:20 ID:rkxC+b/ZO
面白い

40 :名無しなのに合格:2007/04/01(日) 21:15:05 ID:hyrNiO6yO
「考えが浅はかだった」
僕は急いで家を後にした。

すぐに家を出たため最初の授業である英語になんとか間に合った。

「慶應英語」クラス―

現役で高千穂しか受からなかった僕にとってこの名前、内容もどう考えても不釣り合いなのはわかっていた。

熱い。

いきなり周りの温度が一気に騰がった気がした。

隣は……



なんと
バタービーンであった。



A「熱くて授業に集中できない」こっそり席を移動する。

B「こっちが移動するのは負けた気がする」気が進まないがバタービーンを説得して追い出す。

C「予備校に友達いないし…」話し掛けて仲良くなってみる。

41 :名無しなのに合格:2007/04/02(月) 21:52:57 ID:EIrAc1Pr0


42 :名無しなのに合格:2007/04/03(火) 22:40:54 ID:agEcpNGrO
C

43 :名無しなのに合格:2007/04/08(日) 00:39:01 ID:kIz0q9XbO
age

44 :酉儲(k´∀`) ◆kikyou/.fE :2007/04/08(日) 22:02:16 ID:JX6LKbhLO
Cの続きマダーチンチン(AA略

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)