5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

美術(科&家)教育を考えるスレッド2

1 :実習生さん:2006/11/19(日) 23:46:01 ID:nG/wk4Pb
新しいスレッド立てました。かきこよろしく。

2 :実習生さん:2006/11/24(金) 22:50:26 ID:VMal/Nca
2get

3 :実習生さん:2006/11/25(土) 13:56:49 ID:VlB2wzck
日本美術で鑑賞をやる予定です。風神雷神図をやろうと考えていますが、難しいでしょうか。
どなたか実践したことがある方がいたら教えてください。ちなみに中2でやろうと考えています。

4 :実習生さん:2006/11/25(土) 15:15:26 ID:NVzxIlbl
三年の評価やらないと

あ〜も〜遊びにイキテェ

5 :実習生さん:2006/11/25(土) 15:31:27 ID:VlB2wzck
>>4 大変だね。俺は全校が35人だから楽だが、国語も全学年持っているので
そちらが大変だ。テスト作るのは大変だが、採点と評価は一瞬で終わる。う〜ん

6 :実習生さん:2006/11/26(日) 12:46:22 ID:TXfVUgqf
>3
どこまでじっくり掘り下げるかによると思う。
酒井抱一まで言及するとか、安田靫彦の『風神雷神』出すとか、
敦煌の壁画の風神雷神とかまで出して図像学的なルーツを探るとか……
いろいろ角度は有るだろうけど。
中二なら江戸時代は社会でもうやってるし、さらっとやるだけなら、
ぜんぜん平気だと思う。
ちゃんと補助のプリント作ったり、黒板にはる観賞用の教材なんかを充実させれば、
生徒は興味を持つし、作品に引き込まれていくと思う。

自分は期末テスト用の鑑賞授業に、
1年 ブリューゲル『雪中の狩人』(風景画の実技とあわせて)
2年 原始時代の洞窟壁画、ラスコーとアルタミラ中心。加山又造の動物モチーフの作品
(動物をテーマにした版画の実技とあわせて)
3年 修学旅行の見学のおさらいと、油絵と日本画の違いと歴史、ジャポニズム
で、やった。教材やプリントも自分で作った。

で、これから3学年分の期末テストとか諸々、ひとりでやっつけるわけだが……。
でもひとつの学年が6クラスも有る。実技の作品の採点もまだ全部終わってないよ……



7 :実習生さん:2006/11/26(日) 23:00:34 ID:uYxQTIsd
>>7 レスどうもありがとうございました。他に、どんな作品を鑑賞の授業で取り上げているか
他の方々も教えてください。いつもピカソや浮世絵と印象派とか、マンネリ化してるので、たまには
他の作品も扱いたいのですが、なかなかこれは!という作品がなくて・・・・。

8 :実習生さん:2006/11/26(日) 23:06:40 ID:5I7Bsa5N
>5

うらやましすぎ!!

私18クラスですよ。人数にして約630人の五段階これからやります。35人ってうらやましい。
美術は本来個別指導の教科だから指導が行き届くことがうらやましい。

これは○○事務所のいじめだと思ってます。



9 :美奈子:2006/11/26(日) 23:06:49 ID:yq/nh1OS
初めまして。私は今、先生に恋をしています。
最近よく話すようになって、先生からも声をかけてくれるようになりました。
でも、この間どこに住んでいるのか聞かれて、私が答えたら
「同じ場所じゃなくてよかった。」って少し笑って言われてしまいました。
その言葉がすごく気になっています。
これって先生は私のことを嫌いだから言ったんだと思いますか??




10 :実習生さん:2006/11/26(日) 23:09:47 ID:5I7Bsa5N
個別指導に力を入れられたら子ども達の画力、想像力、感性は伸びます。

感性を育てよう、個の指導とかいってるくせに、現状は全く違う。



11 :美奈子:2006/11/26(日) 23:11:00 ID:yq/nh1OS
ゴメンナサイ。書くところを間違えました。

12 :実習生さん:2006/11/26(日) 23:28:39 ID:5I7Bsa5N
18クラスだと余裕がないです。

感性に訴える前に「今日、この時間でこれだけはやらねば」が優先してしまう。。。。

13 :実習生さん:2006/11/27(月) 00:42:09 ID:H9BvcbLz
あげ

14 ::2006/11/27(月) 21:28:55 ID:w9Zvnpie
>>8 そうでもないよ。校務分掌は大規模校と同様な数だけあるから、1人で負担する量は相当なものです。
しかも、美術なんか軽視されているし、結局五教科を中心にやらざるを得ません。やっぱり、美術教師は
専科で担当出来ないとね・・・・。でも大規模校も大変そうですね。お互いがんばりましょう。

15 :実習生さん:2006/11/27(月) 21:36:36 ID:UjloT+mh
なんでこんなに軽視されるんだろう、美術は。

16 :実習生さん:2006/11/27(月) 22:34:55 ID:Ss9M1prH
美術の教師自身が、努力しないとダメだと思う。

他の教科と教科書の内容較べてみ。
載ってる図版は小さすぎて、鑑賞には使えないし、
作品の紹介もうわべだけで、補助のプリントが無いとダメ。
作品の制作に至っては、いうまでも無く……。
指導要領の変化で、内容に対象の変化があっても、
相変わらず授業に使えないし、子供が見ても面白くない教科書を作ってるところしかない。

中学の美術なんて、学校教育で最後の美術になるかも知れないのだから、
もっと具体的で実用的なことを教えた方が良いと思う。

教員になる前は、デザイン会社で広告つくっていたけど、最終的なOK出すのは、
美術を専門的に勉強したこともない上司や、クライアントの地元の中小企業の社長……。
物を売るのには広告の力は無視できないし、
町おこしなんかにもデザインのセンスは大きく関わってくる。
美術が精神的な意味でも、金銭的な意味でも生活を潤すことを、
もっと教えていかないと時間の無駄だと思う。
造形遊びの延長の教育は、もうやめにするべきだ。

17 :実習生さん:2006/12/02(土) 19:56:44 ID:s0rDnic+
> 美術が精神的な意味でも、金銭的な意味でも生活を潤すことを、
> もっと教えていかないと時間の無駄だと思う。
> 造形遊びの延長の教育は、もうやめにするべきだ。
小学校の図工専科です。
去年は民間にいて、今年から非常勤で教えてます。

図工は特にこの学年に何を教えるとかが決まっていなくて
どうしていいか分からないことが多いです。
私は、道具の使い方をもっときちんと教えたり、混色指導などの技術的なところが
もう少し重要視されるべきではないかと思いますが、実際は個性とか自分の思いが表現できることに
重点が置かれすぎていて、それも基準が曖昧なので自信を持って教えることができていません。

この前6年生で彫刻刀を使った時、版画板(版画の板の下に敷いて板を固定する台)を使用したのですが、
使い方をはじめて知ったというこどもがたくさんいて、今まで何を習ってきたのだろうと思いました。

中学校の先生から見て、小学で最低限教えておいて欲しいと思うことはありますか?

18 :実習生さん:2006/12/03(日) 11:15:52 ID:/dwydXux
あげ

19 :実習生さん:2006/12/03(日) 13:10:38 ID:vrUlgRnk
>>17 う〜ん、一言では言えないけど、色の塗り方くらいは知っておいてほしいな。
さいきんの中学生はポスターカラーでも混色せずに原色のままで塗るという生徒が多すぎる。
自分で色を作り出す楽しみとかが感じられないのかもしれない。塗り方もべた塗りばかりで、
にじみやかすれ、重ねやドライブラシなどは小学校5〜6年生では経験させておいてほしいですね。

20 :17:2006/12/03(日) 13:28:21 ID:/dwydXux
>>19
レスありがとうございます。
色を作り出す楽しみ、大事ですね。

小学校1年で水彩絵の具を使い始めますが、
教えていなくても、色を混ぜたら変化するという事象が面白いようで
それだけで大騒ぎになります。
こどもが「知りたい」と思っているときにいかにタイミングよく指導するか、
教員の責任だと思います。

技法に囚われすぎるのはよくないけど、それを知っていれば
表現の幅は確実に広がると思うので、タイミングを見て取り入れたいと思います。

これは「生きる力」を養うことに繋がると思うのですが、どうですか?
例えば、オレンジ色が無くなった時、「先生、オレンジ色がない、どうしよう。」というこどもより
赤と黄色を混ぜて自分で作れるこどもの方が生きる力があると言えますよね。

21 :実習生さん:2006/12/03(日) 15:23:33 ID:ZDKgaRzP
中2で色相環や明度について基礎から教えました。(この学年昨年度は免許外が教えていたので)

こどもの感想・・・・色のことがいろいろ知れて面白かった。色を混ぜると色が作れることを知った。

だそうです。

楽しい授業は基礎をしっかり教えてあげることだと思いました。

造形遊び・・・はじめは面白いけどそのうちあきませんか?

22 :実習生さん:2006/12/03(日) 15:27:28 ID:ZDKgaRzP
鑑賞授業について

自分は中3で「エッシャー」をとりあげてます。(よくありがちな平面構成の中でとりあげていますが)

しかし、エッシャーのビデオもしくはDVDが手に入らないので、今、渋谷の
Bunkamuraでエッシャーがやってることのことで何かグッズを手に入れに行こうと思います。

エッシャー展の情報は学校にすら来ませんでした。これが悲しい。

どうやって知ったかと言うと電車の中の広告です。

何気ない広告も目を通してみましょう。大きなヒントが隠れていることでしょう。


23 :実習生さん:2006/12/03(日) 23:39:25 ID:uI7yE44L
>16さん いいなー。そういう社会人経験ってこどもに話すときすごく貴重だと思う。

私もデザイン事務所で働いてみたかった。そういう経験ないまま教員になったから、デザインが、美術が社会にどう貢献しているかでかんがえることが大切ですね。

>16さん 
貴重な体験をしましたね。うらやましいです。


24 :実習生さん:2006/12/04(月) 14:27:57 ID:ynnRNF7Q
はじめまして。
どなたか教えてください。

この絵のタイトルと作者です。
20年くらい前、中学の美術の教科書に載ってたそうです。

海外の画家
近代
タイトルは子供の名前2人 
外から見た家の絵(この壁の向こうはどうなってんのかな?と気にさせるような絵)
精神科とかにありそう

これくらいしかわからないんですが、心当たりの方、
教えてください。

25 :実習生さん:2006/12/04(月) 14:49:59 ID:ynnRNF7Q
補足です。
絵に人物は描かれてないです。

26 :実習生さん:2006/12/04(月) 15:29:45 ID:ynnRNF7Q
ワイエスの絵でした。
解決しました。
すみません。お騒がせしました。


27 :実習生さん:2006/12/04(月) 23:31:26 ID:R9b9ZQ+2
皆さん、鑑賞の授業実践についての交流をしませんか?

28 :実習生さん:2006/12/05(火) 22:44:39 ID:+EzuIA6m
>>27
鑑賞を効果的に取り入れてはみたいですが、なかなか。
校内掲示とか、できた作品についての感想をこどもに発表させる&書かせるくらいしか
できてません。
どのような実践をされていますか?

29 :実習生さん:2006/12/10(日) 13:06:26 ID:rLfS+KPL
校内掲示は効果的だと思います。そういう設備がある学校っていいな。

うちはない。板目の裏にガムテープ掲示(ほんとはだめだけど)掲示板がない。
改修する予算も市にはない。ガラスが多く割れるとこなのでガラス代の借金に追われている。
この寒いのに特別教室には暖房がない。

だからこどもは本物をしらないけど、いいものを判断する力はあるので、
校内掲示をすると良いです。
その際、素描⇒着彩⇒大作というように順を追っていくような作品を掲示すると良いのでは?
題材の解説・ねらいを掲示するとよいです。



「鑑賞」はまずいいものを

30 :実習生さん:2006/12/10(日) 13:08:08 ID:rLfS+KPL
「鑑賞」はまずいいものを ・・・のところ

(削除し忘れました)

31 :実習生さん:2006/12/10(日) 13:25:02 ID:joX9zFTU
美術館に生徒を連れて行くときに、本当は美術館員と協力して入場料無料にできたりするらしい・・・
んだけど、大学以外との協力は見下されてる感じ
そういう苦労ってしたことありません?

32 :実習生さん:2006/12/10(日) 13:26:42 ID:eHz3pYEQ
>>29
掲示板がないって辛いですね。
教室の壁には掲示できませんか?

題材の解説・ねらいがあると分かりやすいですね。

こどもの作品ではなく、芸術家の作品の鑑賞授業はされていますか?
されている方は、どんなものを取り上げてますか?

33 :実習生さん:2006/12/10(日) 13:33:54 ID:eHz3pYEQ
>>31
授業としてたくさん生徒を連れて行けば、割引とか無料になるところは多いんじゃないでしょうか?
申請書を書かないといけないところもあるんじゃないかと思います。

ちょっと前まで美術館の受付してたので知ってますが、そこの美術館では無料にしてましたよ。
美術館によってはそういう制度を積極的に取り入れているはず。
美術館の方も、生涯教育に力入れてるから。こどもの頃から美術に親しんで大人になっても来て貰えるように。

34 :実習生さん:2006/12/11(月) 20:07:20 ID:CkRh15HO
実際の制作と、鑑賞の授業をリンクしているよ。(中学)

空想画をやろうとした時、「空想」という課題だけでは
生徒にとって難しすぎるので、「ランドスケープ」というテーマを与えた。
最初、Google Earthとか、ギーガーとか千住博とか、
フランク・ロイド・ライトのスケッチ画、山岳写真家の写真、
北宋の山水画、養老天命反転地の写真、ブリューゲルの「雪中の狩人」
とか、補助プリントを配って、いろいろ見せた。
で、自分で資料を集めさせて、小さいアイディアスケッチをいくつか描かせて、
その中から自分で描きたいのを選んで、本制作をした。

透視図法を授業でやる前の中一だったので、面白い作品が多かったよ。
ちなみに教育困難校で、刺激を与え続けないと、授業にならないので、
こんなごった煮。

つづく

35 :実習生さん:2006/12/11(月) 20:13:56 ID:CkRh15HO
つづき

で、期末テストに使う鑑賞だけの授業には、ブリューゲルを使った。
ちょうど社会の歴史で、狩野永徳とかでてたので、
同時代の狩野永徳と画家一家と言う点で比較してみたり、
ブリューゲルの人生や生きていた時代のこともからめつつ、
「雪中の狩人」の構成の秘密を探っていったりした。

それと、教育困難校で田舎なので、子供は、
美術館や博物館というものに馴染みが無く、鑑賞のマナーも危ういので、
「博物館と美術館について」の授業をしたよ。
クラス数が多く、近くに手ごろな施設が無いので、
県立の博物館に頼んで、パンフレットと博物館通信を生徒数分もらってきて、
授業に使ったよ。すごく快く協力してくれた。

あと、ほとんどの県で公立の教員が県立の博物館に出向してるので、
中学、高校の授業にはおおむねフレンドリーだと思われ。

36 :実習生さん:2006/12/11(月) 20:22:59 ID:CkRh15HO
>22
展覧会情報なんて、学校にたよるんじゃなくて、
「日曜美術館」みたり、日経なんかの文化面に力を入れてる
新聞みてたらだいたいわかるよ。
それに授業のネタにもなる記事があったりするから、BTとか、
そのへんの美術雑誌は立ち読みでもいいから、
目を通すクセをつけといた方が……

自分が好きだったら、企画展でなくても、
常設で季節ごとに国宝や大物作品が出るスケジュールや、
寺社の特別拝観などを知っておくといいかも。
杜若とか紅白梅図とか生々流転とか、奈良京都の国宝公開とか。
授業の導入の時事ネタに使える。

37 :実習生さん:2006/12/13(水) 22:05:36 ID:q1YRY+mh
>>17
うまく言えませんが、子供たちが「加減」ということを知るようにして欲しいです。
例えば、「紙を折る」でも、厚い紙、薄い紙、きつく折る、そっと折る・・・
用途、目的、素材、道具いろんなもので変わってきます。
(表現として)何が適切なのか、そうするにはどうしたらよいのかを体で感じ、解ってくれていたら、
そして、そのことが楽しいことだと感じてくれていたらよいと思います。

38 :実習生さん:2006/12/14(木) 00:04:40 ID:Ng75b4CE
子供たちは自分たちだけで美術館に行く習慣が無いから、タダ券や割引券をあげて行く習慣をつけられるように手助けをする
全員には無理だけど、効果的

39 :実習生さん:2006/12/14(木) 00:22:27 ID:tk9M3Non
↑ほんとにない。


おどろくことに、というほどではないが、美術部のこどもですらない。

感想用紙をみて「はじめてきたけど、よかった」という美術部の子ども達。

まずはここから広めていくことかな。

40 :実習生さん:2006/12/17(日) 20:07:28 ID:SGG/kG5E
あげ

41 :実習生さん:2006/12/20(水) 00:03:08 ID:4YPSfiVu
携帯電話のデザインをさせる

携帯電話をただの悪だと思うのは早計

42 :実習生さん:2006/12/20(水) 23:48:58 ID:4YPSfiVu
携帯電話のデザインがやりたければまずは市場調査から
・・・だそうです(高校美術教師)

43 :実習生さん:2006/12/23(土) 17:54:58 ID:7jeIhJfV
デザインで飯を喰ったことのない人が、
教科書でデザインについて書いてる愚かさ……

自分はデザインやユニバーサルデザインについて、
自力でプリント作って教えたよ。

基礎の大事な段階で、造形遊びの延長の教育しか受けてないのが、
欧米の製品に敵うモノが作れるのだろうか……すごく不安だ。

44 :実習生さん:2006/12/23(土) 18:51:01 ID:3bKCfps4
>>43
確かに!

45 :実習生さん:2006/12/23(土) 19:02:01 ID:Gc8uJIaw
別にデザイナーを作ってるわけじゃないんだし
教科書はあって無いようなものだね
「創る喜び」「アートからみた世の中」「センスのある日常」ってものに触れてもらえればうれしい
成績はちゃんとつけなきゃダメだけど

46 :実習生さん:2006/12/24(日) 13:06:25 ID:/YqcDtXC
デザインの授業っていうと、「ポスター」って視覚伝達デザインという視点と、配色、字体、など
総合的に見て1番良い題材だと思うんだけど、時間がかかるんだよね・・・・。しかも、今の勤務校
は学級の半分が準要保護家庭だから、ポスターカラーも買えない。困った・・・。
格差社会は美術教育にも影響を及ぼしていると感じる今日このごろ。


47 :実習生さん:2006/12/24(日) 13:23:28 ID:JXrHn8fR
>>46
全部パソコンの作業に切替えろ。
備品、消耗品、すべて学校持ち。

48 :実習生さん:2006/12/24(日) 15:10:33 ID:/YqcDtXC
>>47 そうしたいけど、ウチの中学校は山奥の僻地なので、そんなことにお金を使う
ことはしないんだよね。今は学校の統廃合が噂されてて、そんな学校に予算を使うわけに
はいかないっていうのが、教育行政の考え方だから。

49 :実習生さん:2006/12/24(日) 21:41:19 ID:sKNXFd3V
教育困難校&貧困家庭&ネグレクト多い、ので、
うちの生徒が最も多く使ってる色材は、100均の色鉛筆。

でも、それを逆手にとって、混色とグラデーションの授業やった。
水彩よりも色鉛筆は難しい色材だし。
それで、ついでにパワポもつかって、
ディスプレイの発色と、印刷で出る色の違いとかも説明した。

今度、クレヨン持ってこさせて、ボール紙に油絵描かせようと思ってる。
画用油くらいは材料費で何とかなるし。
で、関連付けて鑑賞で戦争と関連した美術をやるつもり

>別にデザイナーを作ってるわけじゃないんだし
デザイナーだけじゃなく、公務員なんかのセンスが悪いと、
町の景観や雰囲気が壊滅的に悪くなる。
また、消費者のセンスが悪いと、「悪貨は良貨を駆逐する」ようになるよ。
良いクライアントがいないところには、いいデザインは生まれない。


50 :実習生さん:2006/12/29(金) 04:06:07 ID:KcSWknsU
芸術科は学校で低く見られているような気がしますがあれはいじめではないでしょうか?

51 :実習生さん:2006/12/29(金) 04:53:02 ID:3STCcqTQ
>>50
んなことは,ない。
美術科(出身)の校長様や学年主任様(2年前の俺だ)は少数ながらも存在する。
但し,美術科は変わり者や人付き合いが下手な奴も多いから,まんざら大間違い
でもないよ。

52 :実習生さん:2006/12/29(金) 11:08:40 ID:I07O1zgM
>>51
と言う発言の中に、既に差別が有ることに気がついていない。

53 :実習生さん:2006/12/29(金) 13:46:01 ID:v7uyRvuP
>>52 いや、51の言うこともある意味正しい。俺自身も美術科だが、周囲で精神疾患で
病休のはみんな美術科だ。あくまでも他校の話だが、管内で三人。
俺は生徒指導部長、生徒会担当、学年主任、特別支援コーディネーターなどをすべて兼任
あげくにバスケの経験あるのでバスケ部の顧問で休日も練習試合のオンパレード。でも、全然
苦痛には感じない。充実しているからね。でも、今の学校にきて管理職に言われたことは
「君みたいな美術科の教員は珍しいね。」だった。だから、きっと他の美術科の教員は。たぶん、
心が繊細すぎるんじゃないのかなと思う。どうだろう。自分の技能は高いかもしれないけど、
指導力不足や生徒との人間関係構築、生徒指導への問題への対応ができない人が、自分の周囲で
多かったのはまぎれも無い事実。


54 :実習生さん:2006/12/29(金) 23:31:18 ID://TeacvH
>50

うん、いじめだとおもうよ。

だってクラス数が減ったという理由で美術科が他校へ異動させられ、移動先が積立金未納者多数の極貧学校だったりします。

>46

格差社会は美術教育に大きな影響を与えていますね。
美術が所詮、お金持ちがやるもの・・・とかいわれそうですが、
そうなのかもしれません。

55 :実習生さん:2006/12/29(金) 23:33:21 ID://TeacvH
>46

・・・・準用保護家庭ならまだ教材費は保証されるからまだいいですよ。

未納者のほうがタチガ悪い。

なかにはいい服着て、いい車乗ってるのに未納。

教育を馬鹿にしている親もいる。

56 :実習生さん:2006/12/29(金) 23:47:24 ID:dfUWmT7U
>>50
> 芸術科は学校で低く見られているような気がしますがあれはいじめではないでしょうか?

他教科(受験科目)の教師に面倒くさい生徒を押し付けられて「どうせ芸術は暇でしょ?」と言われるとか
生徒を面倒くさい、で分類することも失礼だが

57 :実習生さん:2006/12/30(土) 05:53:20 ID:7mjGusvZ
>>56
おまえ、以前から意味不明な愚痴っぽいカキコが多すぎる。
論議以前に文体自体がキモイ。日本語になっていない事も多い。
一人で思い上がることは勝手だが、それを多くの人間が目にする
場所でそれをまき散らさないでくれ。読んでいて気持ち悪くなる。

58 :実習生さん:2006/12/30(土) 12:49:20 ID:TRVu2PuR
最近美術を教えていて思うこと。

いい作品に対して、子どものほうが指導が入りやすい。不器用な子どもでもなにが良くて何がよくないかの判断力はある。


むしろ、わからないのが職員。
「美術はわからないから」
会話の中でその言葉だけですまされてしまっている。

子どもが制作の中で頑張っていてもなかなか職員に伝わらない。

今後の課題は↑だと思うが。職員にわからせる方法はないですかねー?

だから、>56、50さんの場合、上がそのように見ているのかもしれないよ。

59 :高校生:2006/12/30(土) 14:29:56 ID:Z+cP7n8v
美術の先生を含め芸術の先生は凄いよね。先生の作品を見ると「すげぇー」と思う。

60 :実習生さん:2006/12/30(土) 21:54:45 ID:TRVu2PuR
でしょ?

だけどね。文化祭とかで発表してもね、当日は教員は生徒指導とかで動き回らなきゃいけないから同僚の作品なんて見ている余裕なんてない。それが現実。悲しいね。

61 :実習生さん:2006/12/30(土) 22:02:24 ID:TRVu2PuR
54のつづき。

さらに言うと、美術科飛ばして、変わりにもっと力量のある生徒指導とか学級経営バリバリの
美術教師を置くかとおもったらそれはない。

変わりに他教科の先生が持つことになりその先生は四苦八苦。
その先生、美術を持つのは始めて。

美術科がばかにされているようで悔しい!!

美術科が関わらなかったその学校の行事の装飾は中学校なのにまさに幼稚園レベル。
でもどうしようもないし。

62 :実習生さん:2006/12/30(土) 22:07:57 ID:EN4FFjq3
おれは、英語の先生が英語しゃべってるのとか、体育の先生が鉄棒してるのとかもスゲーって思うけど、
まあ、そんなの、クソカキベラなんだとも思う。
社会性のない教師なんて、教師じゃないよ。どっかの教頭みたいなのは最悪だね。

63 :実習生さん:2006/12/31(日) 01:32:31 ID:SrVXTnui
美術教師の美術作品も、体育教師の運動能力も、すごいとは思うけど考えてみれば当たり前だよな
ただ、教師、なんだからそれを生徒にうまく伝えられる人、ってのが本当の意味で優れた美術教師、ってことになると思う
某G大を出て、学歴はすごいかもしれないけど、授業もロクにしないで自分の作品ばかり作ってて
でも、その作品では食っていけなくて公務員の給料で生きてる先生とか・・・
教師としても芸術家としても中途半端じゃないの?って思うもん
(公務員の給料で食えている=ハングリーさが無い・・・優れた芸術作品も作れない、ということかもしれないw)
っていうか、教師なんだからちゃんと「教えろ」ってのw

技術を教えるだけじゃなくて、興味をかきたてるとか、造詣を深めてくれるとか、新しい視点で物事を見させてくれるとか

上記のような美術教師も原因のひとつだろうけど、
一般に芸術科が低く見られるのは、大学受験に不要な科目だからだろうね・・・
(見下したがっている、のも事実)
それを言えば体育やら他にもあるだろうけど
受験第一っていう学校を作ろうとおもってるのかな?
でも受験に関してのみでは勝てないんじゃないの?
学校は「受験戦士」じゃなくて「人間」を作ってほしいね

進学校なのに3年生がみんな「美大を受けます!」とか言い出しても困るけどさw

64 :実習生さん:2006/12/31(日) 02:44:15 ID:D2Eisiho
一見まともなことを言っているようなのに
G大の名前を出しちゃったせいでただのひがみにしかみえません。
生徒がどう受け取りどう学ぶかが問題なわけで
美術科においては「教育する」なんて考えはおこがましいと思うのです。

65 :実習生さん:2006/12/31(日) 04:09:45 ID:SrVXTnui
>>64
おれは芸術家でも、美術教師でも、G大の受験すらしていないが、、、
それ以前にG大出ってのはそんなに良いことなの?
実際、食えていないでしょ?
妬む人がいるのが不思議

ああ、ごめん。授業料が安い(であろう)ことはうらやましい

66 :実習生さん:2006/12/31(日) 10:08:50 ID:DnjUBTvh
皆さんは、学校教育に何を期待されているんでしょうか?

67 :実習生さん:2006/12/31(日) 17:53:33 ID:JIrGJX2D
落ち着いた環境で学習できること。


荒れた環境ではすべてが腐っていく。



そうそう、G大はすごいよ。デッサンからして上手い。
知り合いではG大は高校の先生に何人もいるの知ってるけど、中学校ではほとんどいない。てか、G大出の中学校教師ってあまりきかないなあ。

68 :実習生さん:2006/12/31(日) 19:10:16 ID:JCvaBmLW
>>67

美術家として優れていることと、教師として優れていることは同じじゃないと思う
厭世的なG大の芸術家肌の教師がDQN教師でも当然っていう感じ
だから>>63の話もわかる。その上で>>64のようなブランド力も生きてるとは思う(むしろ教師の中に)
大体、G大出て、教師にしかなれなかった、っていうのは・・・どうなの?

あと、デッサンなんて好きでちゃんとやってれば誰でも上手くなる

G大に限らず美術の予備校なんかでもそうだが、ああいうところの先生は自分のコピー学生を作ろうとする
教える側のセンスにそぐわない芸術を排除しようとする
基礎と反復練習は必要だが、コピー芸術家は不要だろう?

69 :実習生さん:2006/12/31(日) 20:52:52 ID:JIrGJX2D
あげ


70 :実習生さん:2007/01/01(月) 20:13:32 ID:N3FiVF3F
>68

私の知っているG大での素晴らしい先生は「生活のため教師やってる」
っていってた。指導力ほんとすごいんだよ。デッサンだってすごいし。

実際、美術教師って子どもに教えながら安定した生活保っているし、子どもに感謝しなくてはいけないいんだろうな。

私も大学出るときあまりにも自分の周りが職に対して無頓着な状況に腹が立って
(クラスの半分はお嫁さんかフリーター)
「美術で役に立つ仕事」ということで教職を選んだし。。。。。。


71 :実習生さん:2007/01/01(月) 20:52:24 ID:HX/twZXG
ちゃおの付録にこんなの付いてるってマジ?
http://www.42ch.net/UploaderSmall/source/1167579459.jpg

72 :実習生さん:2007/01/01(月) 22:02:58 ID:N3FiVF3F
なにかの間違いでしょう・・・。

73 :実習生さん:2007/01/02(火) 00:40:50 ID:TEVCGR5M
>>70
> 私も大学出るときあまりにも自分の周りが職に対して無頓着な状況に腹が立って
> (クラスの半分はお嫁さんかフリーター)

それが許されるのが現代なんだよねぇ〜

美術の能力をそのまま生かす仕事って狭き門だし、教職はアリだと思います。

あとは、実際に美術に関わらなくてもそこで学んだセンスや考え方は他の職でも生かせるわけで、
そういう指導を芸術の先生方にしていただけると嬉しいですねぇ〜

74 :実習生さん:2007/01/02(火) 11:41:45 ID:9mD6q+Zy
>73 具体的には?

75 :実習生さん:2007/01/02(火) 15:17:20 ID:g0X7ZEM5
>>74
> >73 具体的には?

それを自分で考えてくれるのが良い美術教師だとは思いますが・・・

年齢や経験によって変わりますが、だいたい下から
・興味を持たせるために漫画やアニメを教材に使う
・映画を観させて美術的な説明を付ける
・技術も平行して教えるがその必要性も伝える
・美術を本職にしなくてもあらゆる職業に美術的センスが必要であることを伝える
・最後に一歩抜き出るためには反復練習しかないことも伝えるが強制はしない

ちょっと抽象的で思いつきですがいかがでしょう?

76 :実習生さん:2007/01/02(火) 17:26:14 ID:NadZ3Baa
G大や有名美大卒の場合ファイン出身なのかデザイン出身なのかで
教師に「しか」なれなかったのかどうか違ってくる。
ファインの場合制作続けるには教師が1番都合がいい。
作品で食えるようになるのは中年以降だから
新卒の時点では負け組か勝ち組かもわからない状態なわけで
身をもって美術の面白さはよく知ってるから
そのまま意外と良い教師になるのもいるし、
作品で食えるようになったらさっさと辞める人もいるだろうしいろいろ。
やはり出身大学に呼んでもらえるのがベストではあるが。

77 :実習生さん:2007/01/02(火) 21:27:16 ID:UqUVVZjA
>75

・美術を本職にしなくてもあらゆる職業に美術的センスが必要であることを伝える
・最後に一歩抜き出るためには反復練習しかないことも伝えるが強制はしない

これを目指したいですね。


作品で食えるようになったらさっさと辞める人もいるだろうしいろいろ。
やはり出身大学に呼んでもらえるのがベストではあるが。

・・・・これもめざせたら最高だろうな・・・・・。


78 :実習生さん:2007/01/02(火) 21:46:54 ID:Ht3insJY
>>77
>最後に一歩抜き出るためには反復練習しかないことも伝えるが強制はしない
賛成。
洗練とは、イヤになるほどの繰返しの結果である と思っているけど、解る人はすごく少ないですね。


79 :実習生さん:2007/01/03(水) 18:40:31 ID:LSFbCfIu
美術科教員を増やしてくれ!・・・って言っても無理か・・・・。
軽視される一方だからなあ。俺、中学校で他教科の免許も持ってるけど、
そっちが本職になりつつあって困る。研究授業でいろいろな先生方に見て
もらって授業のスキルを高めたいけど、全然やらせてくれない。本業でない
教科だけをやらされてる。どうするか悩んでる。

80 :実習生さん:2007/01/03(水) 19:01:11 ID:1uChm5pX
>>79
他教科がナニかは知らないケド、
こういうやり方もある。
つ ttp://www.yononaka-net.com/mypage/model/movie.php?file=y45&no=45
要するに、2つ(あるいは3つ)のものを一遍にやってちまえばエエんでないかい。
今、複眼でものを見られるってのは大事だよ。

81 :実習生さん:2007/01/03(水) 21:46:48 ID:fEqXkVQD
>79

やはり美術科は危機的状況でしょう。

79さんの他教科の免許はなんですか?

教育委員会とかこの現状しらなすぎるんだよね。

82 :79:2007/01/03(水) 23:42:06 ID:Z31ZwBwc
国語です。OECDのPISA調査の結果を受けて、読解力の向上に学校として
力を入れることになりました。小規模校なので国語科は自分ひとりです。
3学年をまとめてはキツイな・・・・。愚痴いってもはじまらないけど。
国語って、全ての教科の基本になっているような風潮だから、周囲に
国語の先生がいないっていうのはキツい。
研究授業だと、様々な国語科の先生がきて、あ〜だこ〜だと偉そうなこと
を言っていく。そりゃ、大規模校で、1学年しか担当してなきゃラクだわな
と言いたいが、言えないこのつらさ。

83 :実習生さん:2007/01/04(木) 11:08:29 ID:ZiRmUYpo
>>82
俺も15年間以上,連続で英語・数学(臨免)を持たされて,
授業数にしてみれば持ちコマの半分は他科だった。
面倒なALTとの授業や分数もワカラン奴の対応など結構大変だったが,
その分,教員としての視野も広がるってもんよ。

本業の美術も人様に(こうしたらどうよ?と)言えるくらいには
自分の考えを持つことが出来るようになったし,まあ何とかなる。
むしろ「美術しかできません!!」と言ってる奴で,評判がいまいちな奴をみると
---頼むから美術科の評判落とさないでね。と思うけどね。

84 :79:2007/01/04(木) 18:38:46 ID:elm4/skM
>>83
すごいですね、15年も・・・。上には上がいるものですね。何か自分が
すごく恵まれているような錯覚に陥りました。言っていること全てが
心に沁みます。よ〜し、がんばるかな!

85 :実習生さん:2007/01/10(水) 02:07:12 ID:LxbWmGTu
中2で一版多色版画をやろうとしたら、彫刻刀の種類と使い方を小学校で指導して
いなかったらしい・・・・。計画が狂った・・・。何やってるんだ小学校の図工は?

86 :実習生さん:2007/01/10(水) 10:01:27 ID:T55H06Lw
刃物は一切ダメ ってのが今の学校の方針じゃないのか?

87 :実習生さん:2007/01/10(水) 20:29:57 ID:5LR8TBEJ
鉛筆を削れない高校生続出だもん

88 :実習生さん:2007/01/13(土) 23:30:13 ID:SxGxxeMW
>85

造形遊びです。

89 :実習生さん:2007/01/14(日) 13:58:21 ID:8Q/BCb10
造形遊びもいいが、教えるべき事もきちんとやってもらわないとね。
小学校の怠慢が、中学校に大きく影響を与えていると感じる今日この頃・・・。
教科に限らず、生活指導など、こんなことも指導していなかったのかと驚く
ことも多い。困ったもんだよ。

90 :実習生さん:2007/01/14(日) 14:13:58 ID:0Pbh/vpL
それって教員の責任なのか?(責任が無いとは言わないけど)

91 :実習生さん:2007/01/14(日) 18:08:20 ID:8Q/BCb10
そりゃそうだよ。授業規律なんか全然ダメ。家庭教育とは別に、教師が学校で
教えなければならないことをやっていない。これは事実。授業以前の問題。

92 :実習生さん:2007/01/15(月) 03:18:55 ID:Hqd3vb+c
>>85-90
造形活動に関して少しは一家論ある中高の美術教員に比べ,
小学図工は,ほとんどが素人さんの一般の学級担任が教える。
そんな人たちが図工授業を研究・立案・計画する場合,
文科省お墨付きの「新題材観」とやらに飛びつきやすいだろ。

小学校の校庭のジャングルジムや鉄棒を色とりどりのスズランテープで
巻き巻きするのとか授業研究でブレイクしたのは記憶に新しい。
中学だって小学校の動きに釣られてBoxArtが大流行だった。

そういうわけで構造的に仕方がないってこった。

93 :実習生さん:2007/01/15(月) 18:18:34 ID:hFyBlOKX
確かにな・・・BOXアートは、女性の先生方が好んでやっていたな。自分の周囲では。
でも、あれって完成して生徒に返却したら、速攻ゴミ箱に捨てられてた。そういうのを
見てるから、自分としては、生徒が自分の作品に愛着を持てそうなものや、実用的なもの、
または家でインテリアになりそうな題材しか扱わないようにしている。

94 :実習生さん:2007/01/15(月) 22:20:21 ID:cfmOI1gq
同意。
オレも、ゴミ増やして何してんだって思ってた。

95 :実習生さん:2007/01/16(火) 21:42:28 ID:t6GDl/nf
BOXアートって作品保管が大変。ほこりもたまり色もあせてくるし。

場所をとってしまい邪魔・・・・。

96 :実習生さん:2007/01/16(火) 23:40:37 ID:Fe1zew3E
廃材などを使用するのはアッサンブラージュっぽくて面白いと思ったけど
所詮は廃材を利用しているから、結局は捨てることになるんだよね。
しかし、一生懸命に制作していたのに、返却すると、あっさり捨ててしまう
生徒たちの心理とは一体・・・・。

97 :実習生さん:2007/01/17(水) 03:46:22 ID:t2+91MhX
アパートや団地やマンションや建て売り一戸建て住まいで
どの家庭も兄弟が2人はいるとして、
いちいちそんなの持って帰ってたらすぐにゴミ屋敷になるよ。
一般庶民は作る過程を楽しんだら作品とオサラバするしかないじゃん。
ゴミ袋だって有料なんだから。
3年間作品の制作過程含めて写真撮り貯めるように言って
3年の最後にポートフォリオにして持ち帰れるようにすれば良い。

98 :実習生さん:2007/01/17(水) 08:00:36 ID:EhEg+9TN
おまえら、そんなのを、本気で、芸術って思ってるの?
芸術に繋がっていくって、思っているの?

99 :実習生さん:2007/01/17(水) 22:50:10 ID:cay35Mhp
>>98
> 芸術に繋がっていくって、思っているの?

繋げていけるかどうかは教師にかかっているんじゃない?
繋げられない人も繋げられる人もいるだけ
あなたはどっち?

100 :実習生さん:2007/01/19(金) 18:57:05 ID:wq5aEsog
作家活動してない人には芸術論は語ってほしくない。
生み出す立場じゃないから論も想像や理想でしかないし実体験を伴っていない。
そういう人は教育における美術を語っていれば良い。
作家活動もしているのなら自らの芸術観をおおいに語るが良い。
しかし押し付けてはいけない。

101 :実習生さん:2007/01/19(金) 20:00:39 ID:s4xG4U/q
>>99
生活 即 芸術
を目指す。

今日から柳宗理の展覧会@近代美術館

102 :実習生さん:2007/01/20(土) 01:28:53 ID:2VKSRmK7
>>100
> 作家活動してない人には芸術論は語ってほしくない。

商業的活動じゃなきゃ駄目かね?
芸術家としてのレベルと教育者としてのレベルは必ずしも比例するとは限らないのでは?

103 :実習生さん:2007/01/20(土) 04:10:49 ID:Ax5oHeW1
学芸員のような美学美術史の知識に裏打ちされた理論も持たず
表現者としての実体験もないのなら「芸術論」は語れない。
が、教育における美術なら語れるんじゃない。

104 :実習生さん:2007/01/20(土) 11:28:55 ID:u06NpM4E
何もないヤツに、何が語れるの?
何もないヤツから、何を学ぶの?
反社会的な生活をしている(自称)作家の語る芸術論って、何?

105 :実習生さん:2007/01/20(土) 21:23:54 ID:Ax5oHeW1
ですから、クリエイターに対して
何もない・反社会的
という感想しか持てない人には芸術とは〜なんて語れないということ。
すぐに反社会的という言葉が出てくるあたりからして
そもそも作家、クリエイターの定義が偏見で固定されているわけだけど。
美術は純粋芸術だけではないですから。

106 :実習生さん:2007/01/21(日) 19:11:41 ID:lS7/cPzb
そう考えているんだったら、
上で出てきたボックスアートやジャングルジムの色紙巻きなんて発想は
絶対に出ないと思うのだけれど・・・・

107 :実習生さん:2007/01/21(日) 22:11:26 ID:9U58Ek3a
>>103-106
君たち,せめてレスアンカーぐらいつけろ。


108 :実習生さん:2007/01/22(月) 22:42:56 ID:NfD3YAJp
古今東西絵描は気違い。美術廃止

109 :実習生さん:2007/01/22(月) 23:26:12 ID:xQnrEE52
と、絵心のない人は必ず言います。
でも、それはある意味ショウガナイことです。
アンテナのない受信機みたいなものですから。

110 :実習生さん:2007/01/23(火) 00:06:52 ID:uVFiG7CQ
美術も音楽も面白いと思うけどね
その面白さ知らないで過ごすのはもったいない
それを伝えられない教師・受け取ることができない生徒
もったいないね〜

111 :実習生さん:2007/01/23(火) 21:09:07 ID:li9PePbq
>>100
作家だけからの視点では決して普遍的な芸術論は生まれないと思いますよ。
観るものからの視点がないと作品として成り立たないってのは、少なくとも専門教育を受けたことのあるものなら常識中の常識。
もっと言えば、観るという行為も創造的活動だということを無視しては話にならん。

でだ、もし、何か言いたいのだったら>>100は、「観るものからだけの自分勝手な芸術論はノーサンキュー」程度に書くべきかと。
ともかく肩の力を抜いて楽しく美術と関わるのが先決だよ。>>100

しかし、相変わらずレベルが低いなこのスレ。
昔のコテハンがいたころは、変なカキコも多かったが、それなりに面白かったんだが。
とりあえず、大変遅まきながら>>1乙。

112 :実習生さん:2007/02/11(日) 20:03:21 ID:KtikI13Q
あげ

113 :実習生さん:2007/02/11(日) 20:13:37 ID:aeWb2ZCZ
>>111
名選手が必ずしも名監督では無いもんね
逆もまたしかり

114 :実習生さん:2007/02/24(土) 08:16:21 ID:nd6wRo5l
安芸

115 :実習生さん:2007/02/25(日) 12:36:12 ID:/b2fs7oh
G大は入試倍率高い割には、レベルは低いのか?
学生の展示物がつまらん・・・
それともこれから伸びるのか?

116 :実習生さん:2007/02/25(日) 13:18:17 ID:B8wgXCHL
戦後のG大からは何も出ていません。
ということは、戦後教育は、この部分に関しては間違いだったといえると思う。
だいたい、あの教授連の顔を見れば・・・・

117 :実習生さん:2007/02/26(月) 02:32:13 ID:UWYCbc6T
どの大学にしても卒業後どうするのかが大事なので、これから伸びるほうに期待したい。

118 :高三藝大志願者:2007/02/26(月) 02:39:03 ID:2C7M5Pca
高校の美術どうにかしていただけないですか?
って一教師に言っても無駄ですね
失礼

119 :実習生さん:2007/03/04(日) 13:21:57 ID:RN2692bH
>118  なんで?

高校の美術って専門的にできてうらやましいよ。


・・・・・小学校の造形遊びなんてつまんないし。

120 :実習生さん:2007/03/04(日) 16:41:56 ID:961F557u
>>119
どうして専門的にやらないの?

121 :実習生さん:2007/03/05(月) 01:15:09 ID:7t/33rtJ
age

122 :実習生さん:2007/03/11(日) 17:40:54 ID:uCnwuvAE
age


123 :実習生さん:2007/03/17(土) 15:11:19 ID:NXyBropY
あげ

124 :実習生さん:2007/03/19(月) 12:32:36 ID:TaHm5sKy
東京芸大絵画専攻の入試倍率は39倍…ある意味東大より難しいよ

現状としては東京5美大(東京芸大・多摩美・東京造形・武蔵美・女子美)は予備校に通わないと絶対に入れない入試難易度になっている

だから高校美術課程では到底受験対策にはならないため1浪2浪は当たり前になっている

125 :実習生さん:2007/03/24(土) 21:53:10 ID:/Bj3p+Ey
専門教育は予備校任せか・・・・・。
なんかむなしいな・・・・。

126 :実習生さん:2007/03/24(土) 22:34:51 ID:eJaAiTek
>>125
>124は,高校美術課程で専門教育をやってないと書いてはいない。
受験対策にはならないと書いている。読み違いをしないで。
あなたは芸大や美大の競争の激しい科の受験を経験したことがあって
そういうことを感覚的に述べているのか?

127 :実習生さん:2007/03/29(木) 23:10:25 ID:vPikW/MV
まあ正直、高校の美術の授業は、その時間予備校にいかせろと
思うような感じだった。
息抜きとして楽しんでたけどさ。
美大目指してた人間だってそんなもんなんだから、
一般生徒なんてもっとグタグタだったと思う。
こんな自分が教壇に立つんだから、人生わかんないわ。

128 :実習生さん:2007/03/30(金) 00:06:58 ID:8o7dQ0lZ
教師の質にばらつきがあるだけでしょ
芸術科教師は、
学歴・芸術家としての実力・商業デザイナーとしての実力・教師としての実力
と、いろんな面で見られるからばらつきが更に大きく感じるだけ
・・・本来は教師としての実力のみで判断すれば良いと思うが

129 :実習生さん:2007/03/30(金) 23:56:47 ID:They7pgH
>128

教師の画力にもばらつきがあるとおもう。

美術科教師でもすごく上手な人もいれば、下手な人もいる。おどろいた。

130 :実習生さん:2007/03/31(土) 17:19:07 ID:rbVtwf0v
教師のが画力の差はしかたないよ。
図工の先生になりたくて教育大に行って教員になった人
美術の専門家を養成する大学に行って、就職時に教員を選んだ人
大学入学に必要とされる画力もちがうし、4年間で学ぶことも全然違う。

でも、それぞれの出身者と接してみると一概にどっちが優れてるとはいえないな。
自分が美大出身だから、「え?こんなヘタクソな人が教えられるの?」と
最初は偏見持ってたけど、小中学生には子どもの意欲を引き出す力のある先生なら
それでもいいのかもしれないと今では思うよ。

131 :実習生さん:2007/03/31(土) 17:55:09 ID:wbMFRvRJ
美大受験ともなるとまた別の才能が必要だろうけど
小学生ぐらいなら技法よりも画材を体験させつつ美術に対する
興味を引き出すとかそういう先生のほうがいいかも

132 :実習生さん:2007/04/01(日) 13:51:21 ID:w87sa7KO
中学だと、こどもの能力差がはっきりでてくるので意欲を引き出す人と専門を追求させられる能力といろいろ必要になってくる。

でも、上手くはないけど、「いいもの」をみせると中学生の場合、どんな子どもでも感動してくれる。
「いいもの」が感覚的に判断できるんだよね。

133 :実習生さん:2007/04/01(日) 23:06:34 ID:WwrwL0mc
中学で専門性を求められるのか・・・
40人とか、下手すると80人もの生徒それぞれの嗜好を把握できるものなのかな・・・
ここでも少人数学級さえあれば、と思える

134 :実習生さん:2007/04/02(月) 00:09:20 ID:knGBd/rk
寧ろ仕事で絵しか描いてこなくて、唐突に講師の仕事を取る事になって
右往左往の自分みたいな人間もいる。
どうすりゃいいんだかなあ。
でも、中学時代に自分が知りたかった事とか、色は何色でも皆綺麗なんだとか
綺麗な物っていうのは身近なんだとか、
そういうこと教えられたらな、とか思っている。
生徒にも先生たちにも迷惑にならないよう、頑張ります。

135 :実習生さん:2007/04/06(金) 12:12:33 ID:As1hcXNV
>>134
語りはいらないから、メソッドで勝負

136 :実習生さん:2007/04/07(土) 18:13:42 ID:57t0QoZ9
age

137 :実習生さん :2007/04/08(日) 01:06:02 ID:OBGJ2UNF
sage

44 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)